留之助ブラスターAPアップツーデート-3。
留ブラAPプレビューの日程が10月3日(土)午後1時からに決まりました。
場所は先にお伝えしたとおり飛騨高山の留之助商店です。
当日はAP担当の島田英承さんをはじめ、原型製作の徳信尊さんも参加して、みなさんと楽しく語らい合えればと思っています。
a0077842_23423920.jpg
島田考察その3/5「LA取材の結果、変更または追加するAPグリップ周りの仕様について」

LA取材で撮影した画像-8〜12を見ながら。
アウターグリップフレームとクリアグリップ上端部は面一ではなく微妙なズレのあるレイアウトであり、形状の修正で対応する。(画像-8)
AP用として徳さんが再設計してくれたアルミ削り出しのカスタムフレーム(上の画像)では、上端部の形状が正しく変更されており、アウトラインはクリアグリップの曲面に擦り合わせるために若干大き目に製作されている。
グリップエンドも同様に擦り合わせを行う。
全体の擦り合わせを終えた後ブラックアルマイト加工を施し、さらにグリップ下部のアルミ地肌露出部の研磨を行う。(画像-9)
a0077842_3512665.jpg
クリアグリップは擦り合わせ後バフ掛け、チェッカーの溝に残る白いクモリを再現。
フレームとグリップはよく擦り合わされているが、いったん分解してからバフ研磨したのか、エッジ部分が面取り状に丸まっている。(画像-10)
サムレストの小指が触れる個所、外周とともにアルミ地肌が完全に出ているが(画像-11)、底部はじつに中途半端な剥げ方をしている。(画像-12)
まだらに剥げており、再現するには絵を描くように模写するしかないだろう。
以上。
a0077842_4284385.jpg
a0077842_429355.jpg
↑ アルミ製グリップフレームは図面を1から書き直した徳さんのもとへまず送られ、後加工、取付けテストなど行い、島田さんへ届けられた。
by tomenosuke_2006 | 2009-09-13 08:33 | 留之助ブラスター
<< 案の定、24個が12個に減らさ... ものは相談ですが、クロの里親募... >>