グリーンティ・チョコアイス、大反響は当然でしょう。
なんたってカワイイ、だけでなくイタズラで、しかもパーフェクトな色使い。
これはErick Scarecrowの才能が100%いい角度で弾けた、留之助商店開店3周年を飾るにふさわしい傑作である。
はじめ、6月4日にエリックからアイスクリーム・ミッチーの企画を知らされた。
メールに添付のCONFIDENTIAL(マル秘)と書かれたコンセプトアートの華やかな配色は3周年にぴったりのお祝いカラーではないか、ということで9月末に間に合わせてほしいと頼んだのだった。
a0077842_1384745.jpg
その後、粘土原型の画像が届き、8月10日には当店用のアイスクリーム・ミッチーのカラーテスト画像も送られてきた。
その間もエリックはウッドハーミットをはじめ、SDCC限定VINYLFALLOUT限定のスーパ・マリアたちを、すべてハンドペインティングで作り続けていたのだから、猛烈な仕事振りと言うしかない。
“Green Tea Chocolate”とエリックが命名したのは8月中旬、それをテキトーに“緑茶氷菓子”と訳し、ゴシック体の画像にして送ってあげた。
フライヤーに使われている漢字がそれ。
a0077842_255263.jpg
下の画像、左がカラーテスト、右が決定カラー。
グリーンティ・アイスの上のスプレートッピングの色が赤からオレンジになったり、ささやかな変更だけれど、エリックの最後まで気を抜かない創作魂を強く感じる。
画像を見ただけでは分からない、手にしてはじめて気付く秘密あり。
たった20個に国内はもとよりアメリカ、カナダ、イギリス、台湾、シンガポールなどから問い合わせが殺到し、販売担当の榎本店長が返信に大わらわだ。
発売は今週土曜のミッドナイト、いつものように先着順の受け付けとなります。
a0077842_2443317.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-09-24 03:26 | 留之助限定モチャ
<< またもや輸出禁制品のディズニー... 今年最後の8インチかも。 >>