ひさしぶりのアンクルガン・ネタ。
THEUNCLEGUN.COMの主宰者Brad Fargason氏が2008年4月に希望者を募り、1年半がかりで完成させた究極のアンクル・カービン・パーツがこのほど店主の元に。
これはさらにさかのぼること2006年3月に、本物を精査し、2年がかりで完成させた世界最初のレプリカ・アンクル・カービンの改訂版で、樹脂製だったグリップとスコープマウントをアルミニウムで再現したもの。
いずれもマルゼン製P38ガスガンにインストールできるよう設計されている。
1960年代から40年以上も『0011ナポレオン・ソロ』をひたすら愛し、とりわけアンクルガンに憧れ、少年時代にアメリカ・アイデアル社製のプラスチック・トイガンや日本製のモデルガン(こちらを参照)まで買い求め、ついにはソロやイリヤが手にしたものとソックリ同じアンクルガンを自分の手で甦らせ、同じ少年時代の夢を持ち続ける友人たちと共有したいと思うようになった。
ジュエリー・デザイナーであり宝石商を生業とするブラッドさんが造り上げたアンクルガンは、単に正確というだけではない、最近発表された日本製品や、もちろん留之助ver.(こちらを参照)など事も無げに一蹴する、かなわぬ憧憬と愛情を内包し、真打ちの凄みを宝石の如く放っているのだ。
一度、時間をみつけて、2挺になったTHEUNCLEGUN.COM製アンクル・カービンの紹介や、日本製品のインプレッションをまとめてみたいと思う。
とりあえずきょうはブラッドさんがお遊びで作ったこんなムービーでもご覧ください。


by tomenosuke_2006 | 2009-10-19 08:00 | プロップ
<< NYのレディ・アイコ、小姐愛子... ハロウィンといえばワーラス・ラ... >>