出版会社が製造した兵器である。
Colt M16のコンパクト・バージョンであり、1960年代、合衆国海兵隊の標準武装銃として悪名をとどろかせ、ついにはベトナム戦争の拭いきれない悲しみのシンボルとなったM4A8。
その精巧な模造銃の但し書きには"for ages 18 and up and is for experienced crafters!"とある。
つまり18才以上ならだれでも買えるそこらのエアガンや電動ガンではないのだ、これを我が物にしたくば経験豊かな工芸技能を要する。
a0077842_8433893.jpg
去年好評を博したAK47・ペーパーガン・モデル・キットに次いで、ドイツの出版社ゲシュタルテンが新たに3種の長モノを投入してきた。
そのひとつが先述のM4A8であり、ドイツのヘッケラー&コッホ (H&K) 社が対テロ特殊部隊向けに開発したマシンピストルMP5と、イスラエル初の国産兵器として1951年に陸軍中佐ウジール・ガルが完成させたマイクロマシンガンUZIである。
ペーパー・クラフト作家のPostler Fergusonの精密な仕事ぶりが、実銃と紛う方なき完成度を実現し、結果、製作難易度を高めている。
当店で前作のAK47を購入された方が首尾よく完成させたという話は聞いていない。
あのexperienced crafterでもある榎本店長ですら挑戦したいと言いながら、まだ手付かずだ。
よって、どれほどの技能を要するのか具体的に語れないのが残念である。
殺人兵器の姿をかりた、踏めばグシャリとなる真っ白の紙細工に、殺伐とした世界情勢への嘆きと平和への強い思いを感じるのは店主だけだろうか。
ペーパーガン・モデル・キットの新作は11月下旬に入荷の予定。
a0077842_10181389.jpg
AK47 書店にて発売中→http://tomeshoten.exblog.jp/9458005/
by tomenosuke_2006 | 2009-10-29 10:24 | 書店入荷新着情報
<< レベル・エンジェル、赤と黒。 ハロウィンなミニフィギュア、真... >>