宇宙に行ったウサギ。
ロンドンに住むPetit Lapan(プチ・ラパン)の作者mr clementが夏に発表した新作がやっと届いた。
Petit Astrolapin(プチ・アストロラパン)、イエローとオレンジの宇宙服を着た2匹ふたりのウサギ、前者は手紙を、後者は丸めた地図を手にしている。
前作のマフラーを着けただけの白ウサギとは異なり、宇宙服姿というところに説得力がある、つまり留之助が扱うにふさわしいSFチックな味付けというヤツ、だから今回は多めに仕入れてみた。
ミスター・クレメントが撮影した床からの透過光で白く、ボーッと照らされたプロモーション画像がまたよいし。

a0077842_109212.jpg
a0077842_1010415.jpg
静寂な佇まいといい、宇宙服の色合いといい、胸と背中の装備といい、どこから見ても『2001年宇宙の旅』を想起してしまう。
ある使命を帯びてスターゲートを通り抜け、真っ白い部屋に辿り着いた2匹ふたりのウサギは、目の前に突如現れた黒石版に言葉を失い立ちつくす。
そこにリヒャルト・シュトラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』がかぶさって・・・。
そしたらミスター・クレメントが別の音源を使っていい感じのムービーをYouTubeにアップしていた。
前後左右からプチ・アストロラパンをご覧いただけます、ご購入の目安にしてください。



イエローとオレンジ各500個限定、どちらも高さ5インチ(12.8センチ)でブリスター・パッケージ入り、当店では2体セットでの販売となります。

プチ・アストロラパン発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/11507657/
by tomenosuke_2006 | 2009-11-03 22:04 | 商店入荷新着情報
<< 本日4日(水)はマイケル・ラウ... グッドニュースとバッドニュース。 >>