生みの親の10インチ。
西 (NY) の横綱が8-inch Dunnyなら、東 (HKG) は10-inch Teddy Troop=TTっていう時期があった。
つい最近、ダニーとテディ・トゥループの両方をコツコツ集めている常連さんと、もうちょっとTTにはがんばってもらいたいものだと話をしたばかり。
いっときは、そりゃぁもう勢いがあったもの、タイペイのストリートアーティストのReach、パリの123Klan、London Police、アメリカだったらJoe Ledbetter、Kozik、Dalekたちが次々に参加して、ヘルメットをかぶったのと、脱いだときと、ダニーにはないふたつの表情で腕を競い合う、それがTTのいいとこだった。
が、ダニーのようにコンスタントに新作を出してくれるなら根こそぎ集めてみたい意欲も湧くけれど、TTときたら今年1月のBuff Monster TTを最後に鳴りを潜めてしまった。
新作のアナウンスはあっても、メーカーのADFUNTURE(アドファン)はなかなか卸売りしないし、Arkiv Instantのように自社直販だけで終わりにしそうな気配だったのだ。
a0077842_21381745.jpg
が、待てば海路の日和ありですか、ついに案内が来た。
テディ・トゥループ・プラットフォームの生みの親にして、記念すべき最初の10インチをスキンデザインしたFlying Fortress (FF) の、10インチ第2弾、その名もThe Le Mans TT。
説明は不要だよね、ル・マン24時間レースのスピード・レーサー姿のTT、さすがフライング・フォートレスらしいヨーロピアンな色調だ。
およそ2ヵ月に1個の割合でリリースされる8インチ・ダニーみたいでなくてもいいや、10インチは大きいし、飾るにもけっこうなスペースがいるから、この際、年に2〜3個でガマンする、だから今回のようなとっておきのTTを興味が薄れるまえに発表してもらいたい。
ダニーのように有名人じゃないのがまた魅力の、むしろ地味ィなところが秘かな愉しみに持ってこいのTT、その中でも最高峰のひとつは今月末に入荷します。
売り切れ必至の世界限定400個。
a0077842_2373674.jpg
TTの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Teddy+Troop/
FFの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/10891002/




a0077842_2385358.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-11-13 23:24 | イマモチャ
<< ドローン、ドローン、ドローン。 今週末、最初のクリスマスものが... >>