お待ちどーさまのスケアリーガール発売開始です。
遅れていたクリスマス・ラビット5種パックやTADOのクリスマス・ミニ・ダニーといっしょに、Nathan Jureviciusのスケアリーガール・スワンプフォークが到着、さっそく入荷新着情報にならべました。
a0077842_1917475.jpg
ところで2007年はじめ、kidrobotとネイザン・ジャーヴィシャスは今回の“沼の仲間”の前身ともいえる“街の仲間”、つまりシティフォーク(上の画像)というミニシリーズを発表していた。
はっきりいって、新作とくらべると彫りが甘いんですよ。
ミニフィギュアというのは、あの小さな容積をいかにたくさんの夢で満たすか、作家の情熱と、それに応えんとする彫刻や量産を請け負う人々との愛の産物なのである。
キッドロボットに限らず、どのメーカーの作品も、最近ではミニといえどもあなどれない精密で妥協知らずの傑作が目白押しだ。
最高を目指す作家と高度な技術を身に着けた工場が蜜月時代を迎えた証しといえるだろう、愛に溢れたミニフィギュアを手にするたびに、心を込めて紹介していきたいと思う店主なのだった。
スケアリーガールの沼地に棲む奇怪な11人の仲間たちは、誕生までに優に2年の歳月が費やされたといわれている。
a0077842_1958176.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-11-18 20:18 | 商店入荷新着情報
<< これ以上の派手はない新ドクター... コミック・アーティストが手塩に... >>