1年で2倍以上に急成長。
6.75インチ(17センチ)から18インチ(46センチ)と2.7倍の大きさに育ったSoopa Maria Grayscale Tomenosuke Exclusiveを眺めると、いろいろ胸に迫るものがあるのだった。
a0077842_22471238.jpg
思い起こせば1年前の12月13日(土)にはじめてミッドナイトセールしたのが、留之助最初のエクスクルーシブ、Soopa Maria Warhol12個限定。
Erick Scarecrowにとっても、ウチにとっても、お初のコラボ作品で、本当に売れるのかしらとドキドキしながら深夜0時をむかえたものだった。
ま、心配をよそに数分で完売。
そのとき、老境に足を踏み入れた一介の男がピンク色した人形12個の売れ行きに一喜一憂するなんて、絶対、変わってると思った。
以来、今年2月にはLVL 9999 ButterとLVL 9999 Chocolate、4月にはWaffle Micci Pink Caramel、5月にはMiruku Papa Sama Chocolate、9月にはGreen Tea Chocolate Ice Cream Micci、10月にはHEADBANGER NIJIと、およそ2ヵ月に1回のペースでエリックとコラボ・フィギュアをリリースしてきた。
で、6.75インチのスーパ・マリア・ウォーホルにはじまったコラボ・プロジェクトは、今回の18インチのスーパ・マリア・グレースケールでひとつの区切りをむかえたような気がしないでもない。
明26日(木)深夜24時、限定10個のうち、9個を発売の予定。
いままでのエリック作品中、もっとも大きく念入りで、当然高価なレジン・フィギュアの売れ行きに、ひさしぶりにドキドキしてみたい気分なのである。
1年で2倍以上に急成長、スーパ・マリアのサイズだけでなく、おかげさまで留之助もいい感じで推移しておりまして、これもひとえにみなさまのおかげです。
この場をかりて、感謝。
a0077842_22583244.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-11-25 23:05 | 留之助限定モチャ
<< ブラック・フライデー記念のミル... Dcon 09オンリーのTer... >>