ウォーマシン、もとはトライポッドでした。
一連のウォーマシンのポストを見たKarl Tateさんから、参考にと、雑誌記事のスキャン画像が送られてきました。
そういえばこの記事、1980年代はじめごろに見た覚えがあるのだけれど肝心の雑誌名が思い出せない。
カール・テートさんとは、2007年のワールドコンで公開されたデッカード・ブラスター(通称ワーコン・モデル)を撮影して世界に配信し、ファンを狂喜させた張本人であり、留之助ブラスターのために高解像度画像を提供してくれたり、数々の貴重なアドバイスをくれたなくてはならない人。
本業はロボットやスペース・シップが大好きなSFイラストレーターで、留之助書店のロングセラーDVDToys Are Us: A Revolution in Plastic(トイズ・アー・アス:プラスチック革命)のプロデューサーでもあります。
そのカールさんから届いたスキャン画像、中段左の蝶ネクタイの人物こそがウォーマシンのデザイナー、アルバート・ノザキで、コンセプトモデルに手を添えている。
で、元来ウォーマシンは3本脚に支えられ、コブラはフライングマンタの尻尾よろしく後方から伸び出ていたことが一見して分かる。
ウォーマシンはトライポッドとしてデザインされたものの、撮影が困難なために省略されたのでしょう。
船底の3つの楕円のElectromagnetic Stilts=電磁石式竹馬という設定は、その名残というか、せめてもの思いだったのかも知れません。
ちなみに中段右の画像の「ジョージ・パルが組立て途中の緑色のプラスチック製ノーズを点検している」というキャプションは間違いで、ノーズを手にしているのはSFXクルーのひとりでありパルではありません。
a0077842_1133325.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-01-09 01:31 | TV・映画・ビデオ
<< Brandt Petersの春... アンクルカービン実射ムービー。 >>