フレンチザル、もうじき上陸す。
a0077842_2116192.jpg
留之助ユーザーにはけっこうウケのいいフレンチ・オブジェモチャの、新ブランドが登場だ。
その名はLe Lab、アジアのモチャ製造業界で経験を積んだBeeと、グラフィック・アーティストDenisのカップルが立ち上げたアート・トイ・コミュニティがそれ。
で、彼らは自作のモチャをPLAYING ART(遊ぶ芸術)と位置づけ、ヨーロッパで活躍する新進気鋭のアーティストたちを起用したダニー・コンセプトなシリーズを始動させたのだ。
素体は8インチ(20センチ)のプラスチック製丸顔のお猿さん、ボールジョイントの頭と腕にベンダブルの尻尾を持ち、各350個限定、それぞれ個別にシリアルナンバーが付される。
まずはスターターの3匹をご紹介、2月上旬に入荷の予定だ。
a0077842_2154315.jpg
Bali-Bali by SPASM ONE
自称ガイジュウ中毒のフランス人アーティストSPASM ONEによるバリバリ。
バリ島民が信仰する獅子の姿をした動物バロンをモデルにしている。
どことなくエキゾチックなところや色使いなどはジェシー・エルナンデス似でもあり、けどバリバリの方が目鼻立ちがハッキリしている分、馴染めやすいかも。

a0077842_2273010.jpg
Moon-K by LEJAM
ガンダムとトランスフォーマーが大好きなフランス人イラストレーター、LEJAMがデザインした猿型ロボットがムーン-Kだ。
着脱可能な顔のステッカーが付属して、いろんな表情が楽しめたり、ウィンドーボックス・パッケージを裏返してムーン-Kを飾るにぴったりのジオラマセットにしたりと、じつにPLAYING ARTな仕様が面白そう。

a0077842_22193925.jpg
Woodi by ARO
ドイツ・ファインアート界の新星ARO作の宇宙猿がウーディ。
今度のダニー・ファタール・シリーズで活躍しているイギリス人アーティスト、Julie Westを荒々しく大胆にしたようなタッチ、AROはシャープなラインを駆使してディテールを描くことを好むとか。
今回の3人の中ではいちばん若い20代のアーティストだ。



a0077842_22493979.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-01-20 22:58 | イマモチャ
<< 留之助商店の流儀、のようなもの... 留之助商店の流儀、のようなもの... >>