2007年 08月 01日 ( 2 )
アンクルカービン用ストックのバットプレートを特定。
アンクルガン・ドット・コムからアンクルカービン用アクセサリーが届き、謎だったストックのバットプレートのデザインとメーカーが特定できた、7月はじめのこと。
なんとRemingtonとあり、実銃の木製ストックのバットを応用していたわけだ。
さっそくブラッド・ファーガソン氏に質問メールを送ると、彼は実際のアンクルカービンのストックを分解し、バットをモールドにとり、アルミニウムでキャスティングしたものを使っていて、それの元銃までは分からないという。
で、店主の大好きなリサーチを開始、ついに特定し、例のバットプレートが取り付けられた中古のウォールナット・ストックをアメリカ・ウィスコンシン州に見つけ、購入。
今回のLAの宿泊先へ届くよう段取りしたのだった。
a0077842_23142296.jpg
元銃はレミントン700BDLライフル。
日本へ送らせるとか、ストックごと持ち帰ろうとしては、必ずやテロ対策で過敏になっているアメリカ側の税関で一悶着ありそうだから、バットだけ外し、もったいないけどウォールナット部分は廃棄した。
で、近々当店の榎本店長がそれを型どり、レジンで抜き、P38アンクル・タイプ・カービン留之助ver.4から採用することに。
またすでにお買い上げの皆さまには有償となりますがバージョンアップ・サービスをお受けしますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらお申し出ください。
by tomenosuke_2006 | 2007-08-01 23:17 | プロップ
日本からの声援コメント、ありがとうございました。
日本に戻り、2日目。
店長は帰国の翌朝からいつものようにお店を開けて、留守中に届いた荷物のチェックをしたり、よせられた数々の問い合わせに応えたり、注文品を発送したりで、あっという間の現状復帰、さすがに元気です。
時差ボケなどしたことのない国際派(?)の店主はというと、なぜか今回、ボーッとしてます。
朝から夜まで動き回り、夜中はホテルでブログして、移動中のミニバンの後部座席が寝床という近年稀に見る過酷な旅を経験し、変な頭がますます変になってしまったようです。
コメントをお寄せくださったみなさん、即レスできずにごめんなさい。
この場をかりて、お礼やら、返事など書かせていただきます。

WAKASAさん、yaliusatさん、k-takenosuke さん、ITHOさん、もっとハリウッド情報をお届けできればよかったんですが、オブジェモチャ屋の用事がけっこうありまして、ご期待にそえずにごめんなさい。
それからyaliusatさん、あのグレッグの写真、わざわざ左横のミニチュアを見せるためにトリミングしたはずなのに、キャプション入れるの忘れてました。
が、目のつけどころが鋭い! そうですヴァレーフォージのドーム型宇宙温室です。
小部屋の片隅に打ち捨てられるように置かれてました。
ロボット好きのk-takenosukeさん、ようこそ。
今回、UNKL BRANDの傑作ロボ、ハズマポのコミコン限定版を持ち帰えることができました、よろしかったらぜひ。
ITHOさん、ブレラン・サイン入りポスターはもちろん額装してお店に飾る予定です。
飛騨高山はちょっと遊びに寄るっていう距離じゃないかもしれませんが、いつかぜひお越しください。

ブレランのに〜ぜきさん、カラーコピーなんかより絶対オリジナルですよね。
最近、店主もずっと欲しかったMGCのパンフレットをお持ちの常連のTさんから、コピーではなくてオリジナルをプレゼントされ、そりゃぁもう死ぬほど嬉しかったですから。
に〜ぜきネットワークでオリジナルを入手されんことをお祈りいたします。

それからtakas1961さん、はじめまして、ぜひ遊びにお寄りくださいね。

ヤスポンさ〜ん、大変です、いっぱい面白いの入ってきますよ、もうじき。

a0077842_21235690.jpg
今回の強行軍で、ひとつだけ心残りが。
ロングビーチのクインメリー号(ホテル&レストラン&ミュージアム)で展覧会SPY-FIが開催されているのを向こうで知り、なんとかスケジュールをやりくりして訪ねてみたんですが、時間が遅すぎて入場できなかったんです。
同名のビジュアル本の著者でありスパイグッズの世界的コレクター、Danny Biederman(ダニー・ビーダーマン)のコレクションを一覧できるまたとないチャンスを逃してしまいましたです、はい。

最後に、今回の旅にご同行頂いた常連の森田茂さんには、ドライバーさせたり、カメラマンになってもらったりで、本当にお世話になりました。

みなさんありがとうございました。
そろそろ復帰いたします。
by tomenosuke_2006 | 2007-08-01 21:36 | モチャ行脚