2009年 10月 22日 ( 3 )
ルーク・スカイウォーカーの息子が作ったかわいいヤツ。
ずいぶんまえのことだけど、SWでルーク・スカイウォーカーを演じた俳優マーク・ハミルが、漫画ばかり描いているわんぱくな長男の話をしていたのを何かで読んだ気がする。
そう、彼の息子のNathan Hamillもいまでは30才。
映画・TV・出版・CMなどの美術部門でイラストレーターとして活躍するまでになっていた。
そのネイザンが子供のころから好きでこだわってきたのがアライグマ。
なんでもアライグマの絵が描かれた郵便受けのある家で育ち、いつしかそこはアライグマ・ロッジ(Raccoon Lodge)と呼ばれるようになったとか。
ピクニックや旅行で出かけた先では幾度となくアライグマと遭遇し、気が付けばアライグマを描くのが得意な少年になっていたのだ。
a0077842_2211513.jpg
キャラクター・イラストレーションを描く人が次ぎにしたいと思うのは、それの立体化。
ネイザンもまたアライグマの絵の中でもBorisと名付けたお気に入りの1匹をオモチャ化したいと考え、出資者を募って小さなオモチャメーカーU1 Toy Artsを立ち上げると、いっきにボリスのソフビ・フィギュアを完成させたのだ。
a0077842_22293916.jpg
ネイザンの絵をもとにDave Kawanoが彫刻した高さ2.5インチ(64ミリ)の小さな子は、特徴的な大きな尻尾を持ち、付け根が可動するよう作られている。
胴体と尻尾は絶妙なバランスで重さが配分されて、たとえばボリスを箱のふちに置き、尻尾を下げて飾るといったこともできる。
ブラックと深いパープルのトーンで仕上げられ、じつにオトナ色。
ピクニックランド・シリーズの第1弾ということらしいけれど、次ぎにベルトのバックルやジュエリー・アクセサリーを計画中で、別のカラーウェイが登場するわけではなさそうだ。
とにかくたくさん売れてネイザンの夢が叶えばいい、青春時代の憧れのルーク・スカイウォーカーの息子が作ったこんなかわいいヤツだもの、店主も一生懸命セールスさせていただきます。
ということで、本日よりお得な特価で予約を受付けます、第1便の12個は近日入荷予定です。
a0077842_22582053.jpg
a0077842_22583647.jpg
ボリス、商店で予約受付中→http://tomesyoten.exblog.jp/11421352/
by tomenosuke_2006 | 2009-10-22 23:20 | 商店入荷新着情報
東京プラスチック発、赤と黒のコグマがやって来る。
出遅れた感は拭いきれないな、2年以上もまえから活動しているNYのTokyoplasticが、自作のアニメキャラを3Dに発展させて何かと話題のモチャをいまから取り扱うなんて。
今月末、留之助の友好ショップのひとつmy plastic heartが東京プラスッチックとコラボレートして作るKogumaの新色をリリース、それを機会に彼らのプロダクツを積極的に紹介していくことに決めた。
東京プラスッチックとはカメラマンのLJとインダストリアル・デザイナーのDCというふたりの若者が設立したFlashアニメの製作チームの名称で、日本とは直接関係はない。
宮崎駿、大友克洋、押井 守、松本零士らを敬愛するところから“東京”を冠したというだけだ。
a0077842_17205321.jpg
2007年に触覚が生えた目玉オヤジのようなOpera Dudeとヘッドホンをつけたコケシ風Geishaを、つづいて2008年4月のNYCC2008ではコグマというつねに風変わりなフィギュアを発表してきた。
で、留之助はそのコグマを手始めに東京プラスチックに染まるつもり。
そもそもハイテクのオーディオチェアでくつろぐミニフィギュアがコグマ、太い眉毛とちょんまげ風のヘアスタイルが特徴だ。
だから相撲レスラーかと思いきや、隠さずフリチンで、そこが取り扱いのキメとなったりして。
a0077842_1738495.jpg
a0077842_17392523.jpg
どーですか、いっしょに和みませんか。
新色はオーディオチェアがブラック、子グマはほんのりグレー色、同じ色の子グマにレッドのオーディオチェアの前作もいっしょに入荷する、全高8.5インチ(22センチ)。
一部器用なファンの間では、このオーディオチェアにHeadphoniesのスピーカーシステムを内蔵させて実際に使えるようにするのが流行っているらしい。
赤と黒のコグマを左右に置いて、ステレオも悪くないかもしれないなぁ。
a0077842_1757083.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-10-22 18:07 | イマモチャ
オブジェモチャなヘアサロン。
飛騨高山からクルマで南へおよそ2時間のところにある岐阜県某所のヘアサロンのインテリアを、オブジェモチャでごっそり模様替えして来ました。
お店の一部を改装したのを期に、いままでのイメージを一新してお客さまをビックリさせたいとおっしゃる女性オーナーさんから、今月はじめにご相談をいただき、店主、ハリキリましたよ。
以前からお友だち付き合いさせてもらい、彼女のお店へも何度かおジャマしていたので、どこをどのようにイジるかの打合せはトントンとはかどり、昨晩、大量のオブジェモチャを2台のクルマに積めるだけ積んで、榎本店長ともども納品と飾り付けにおじゃました次第。
こんな感じになりました。
a0077842_2365133.jpg
a0077842_2344354.jpg
a0077842_2355437.jpg
a0077842_2422419.jpg
a0077842_2442868.jpg
a0077842_2464889.jpg
a0077842_2473449.jpg
a0077842_2483140.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-10-22 02:54 | イマモチャ