2010年 05月 05日 ( 3 )
太っちょティラノのバックアップ作戦、その3。
仕上げのサフ吹きも終わり、ついに比嘉Bros.さんによる石膏複製版のファッティが完成した。
すべてのダメージに見事な整形処理が施され、生まれ変わったというよりは、1980年代はじめ、映画『おかしなおかしな石器人』のためにJim Danforth(ジム・ダンフォース)がデザインし自ら彫刻した粘土原型を思わせる美しさ、神々しさである。
次のステップはこの石膏ファッティを旭化成のワッカ・シリコンで型取りすること。
そこではじめてバックアップ用のファッティがキャスティングできる準備が整うのだ。
まだ先は長い。
とりあえず来週10日、様子をうかがいがてら沖縄の方へおじゃまさせてもらおうと思います。
a0077842_1251185.jpg
a0077842_12514789.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-05 13:01 | プロップ
5月下旬の kidrobot、こちらたっぷり入荷のミニラビット。
kidrobot本家では、ただいまNational Stop Smorkin'n Month(全国禁煙月間)と銘打って、Kozikさんのタバコをくわえたありとあらゆるモチャを10% OFFで販売するセール&キャンペーンを開催中だ。
在庫整理も兼ねているのかなぁと思えちゃうのはですね、禁煙を奨励しながら、一方でこんな新製品を出すんだもの。
しかも、ちょっとあぶない。
っていうか、5月下旬のkidrobotは俄然アダルト色を強めている模様。

2010年5月20日深夜24時発売予定。
a0077842_10393612.jpg
Stoner Fort Labbit 5-Pack by Frank Kozik
バットマンのような目のまわりはクマかメイクか、とにかく飛んでるふうでもあり、座ってるふでもあり。
くわえタバコも手製の紙巻きになって、いけない香りをたなびかせている。
そばに来るなって、副流煙でも十分に効いてしまうデリケートな店主なんだから。
今度のファイブ・パックはジェリービーンのようなカラフルなラビットが4匹に、おやつのスナックがひとつ付く。
で、呼び名のストーナー・フォートって“マリファナ常習者の砦”とでも訳せばいいのかな、とうとうここまで来たかの、もはや捨て身のスモーキンラビット、お楽しみに。
a0077842_1174543.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-05 11:14 | kidrobot 新製品情報
5月下旬のkidrobot、ザ・ブライドが絶対狙い目です。
総数400個の限定生産で、うち100個はアーティストのオンライン・ショップで販売されるらしいから、残り300個がkidrobot.comをはじめ、NY、SF、LA、マイアミ、ダラス、ロンドンの直営ショップに優先的に分配され、残りを留之助商店を含む世界のセレクト・リテイラー(20〜40店舗)が分け合うことになる。
ということは多くて4個ぐらいか、まだ本家から配給数を記したセールス・オーダー・シート(受注書)が送られてこないからヤキモキだ。

2010年5月20日(木)深夜24時発売予定。
a0077842_20544288.jpg
The Bride by Joe Capobianco
コネチカット州第2の都市であり、名門イェール大学があるニューヘイブンの街で、アメリカでも屈指のタトゥー・パーラーHope Galleryを営む彫り師で絵描きの巨漢、Joe Capobianco(ジョー・カポビアンコ)。
その彼が、たびたびモチーフにしてきた『フランケンシュタインの花嫁』(1935年)を、kidrobotとコラボで見事に立体化したのだ。
その名もザ・ブライド。
トレードマークの逆立つ黒髪はところどころにお約束の白いメッシュが入り、豊満な継ぎはぎだらけの青いからだを肌色の包帯が締め上げる、なんとエロチックなことか。
一度は死んで濁った黄色の大きな瞳も、こんな流し目で迫られると、もう好きにしてちょうだいである。
彼女が腰掛けるベースもしっかりと作り込まれて全高は8インチ(20センチ)。
2008年10月のポール・ポープ作1978年ミス・ノーベンバーに次ぐkidrobot久々のセクシー路線で、めくるめいてしまうのだった。
ちなみにGID版ザ・ブライドが50個作られ、kidrobot.comと直営ショップで発売の予定だけれど、kidrobot.jpで取り扱われるかは不明です。
a0077842_201696.jpg


More: 巨漢カポビアンコとカスタム・マニー。
by tomenosuke_2006 | 2010-05-05 02:45 | kidrobot 新製品情報