カテゴリ:MINDstyle 新製品情報( 98 )
SDCC 2009限定モチャ速報-2。
そろそろ次のSDCCモチャの話題でもと思っていたら、オブジェモジャンさんからいい頃合いのコメントをいただきました。
じつは当ブログでは海外の新作モチャを何でもかんでも紹介しているわけではなくて、留之助商店に確実に入荷するものと、絶対仕入れたいものが中心、ご存じかもしれませんが。
で、もちろんお付き合いさせていただいているMINDstyleのSDCC 2009限定モチャは、先方の好意で確実に1個は入ります。
あとは現地で榎本店長がどこまでガンバってくれるかですね、店主はあの人いきれを想像しただけでいまからグッタリきてますから。
a0077842_22462954.jpg
というわけで、まずは今月末出荷予定のBrandt Peters作のミニフィギュア・シリーズServ-O-Maticsから、Junior(ディスプレー・ケースの上の右端)の200個限定版、シンプルな配色で攻めてきましたね。
a0077842_22545924.jpg
もうひとつは、サーブ・オー・マチックの作者ブラント・ピータースの奥方、Kathie Olivas作のミニフィギュアThe Scavengers Series 2から、レイガン握ったCosmic Pennieの眩しいばかりのブルー版200個限定。
オリジナルはオレンジ色だったっけ?
いままで大きなイベントが開催される度に記念発売された限定スカベン・フィギュアは、基本的にシリーズ-1のバリアントだったと思うけれど、ついにシリーズ-2モノが登場ですよ、これからがコワイ。
a0077842_23304673.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-23 00:01 | MINDstyle 新製品情報
2009年上半期でいちばんの問題作かも。
早くさわってみたい、とは、率直な感想である。
ポップ・シュルレアリスム彫刻家Colin Christianの高さ5.5フィート(160センチ)のオリジナル作品Bunny Sees Boobs(ウサギ、オッパイを見る)は、冷たくて固いFRP製。
一方、MINDstyleによる瓜二つのオブジェモチャ化作品は高さ11インチ(28センチ)の触れてやさしいソフビ製、むしろうってつけのマテリアルだと思う。
日ごろ身の丈か、それ以上に大きくて高価なワンオフ作品を発表しているコリン・クリスチャンの、これは最初の机上に飾れる庶民のための芸術、妄想は膨らむばかりなのだ。
というバニー・シーズ・ブーブスの週内入荷がやっと決まったとこで、チョイお得な予約販売を開始いたします。
a0077842_2220336.jpg


More: ウサギ、オッパイを見るを見る。
by tomenosuke_2006 | 2009-06-21 22:37 | MINDstyle 新製品情報
これが最初のSDCC 2009限定モチャ速報。
ホワイトやブラックのブランク版でなくてよかった。
ご存知、Kathie Olivas作Two Faced HAZELのモノトーン仕様がSDCC 2009で限定発売される。
総数200個のうち、7月22日のプレビューナイトを含む5日間を通じて1日30個ずつ売り出される。
で、残り50個はMINDstyleが主宰するATS(Art Toy Society)のメンバーに頒布されるんでしょう。
a0077842_15391980.jpg
今年は店主と店長がプレビューナイトと初日に参加、残念ながら最終日曜日に催されるキャシー・オリヴァスのサイン会には出られませんが、とにかくふたりで4個以上は持ち帰るつもりです。
気になる人はいまからツバを付けておきましょう。
a0077842_15515023.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-17 15:52 | MINDstyle 新製品情報
マイケル・ラウのゴッドファーザー、ペイントマスター。
a0077842_10244219.jpg
大胆に彫刻刀を揮うMichael Lauの気迫さえ刻み込まれた感の、これはMINDstyle製ゴッドファーザーのオリジナル・カラーウェイのペイントマスターである。
その製品版には7月のSDCC 2009へ出かけた時にお目にかかれそうだ。
まずは留之助チームがLAに到着する7月19日(日)にメルローズ・アベニューのショップDe la Barracudaで。
そこのRon English監修になる"Family Tradition" art exhibitionというイベントで初お披露目され、22日(水)からのコミコン会場へと移動する。
また2種類のカラーウェイがショップ限定で発売されるのも決まった。
Michael Lau x MINDstyelのコラボモチャはこれだけでは終わらなさそうな気配だし、とにかく日本のファンへは留之助が責任もってご紹介させていただきます。
a0077842_10294119.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-13 10:31 | MINDstyle 新製品情報
マイケル・ラウのゴッドファーザー、彫刻出来。
a0077842_17435646.jpg
Michael Lau x MINDstyel = The Godfather(シリーズの可能性大)の彫刻が完成した。
マーロン・ブランドが演じたドン・ヴィトー・コルレオーネがそれ。
高さ8インチ(20センチ)のソフビフォギュアに、上のコンセプトスケッチのようなマリオネットの道具がついて全高12インチ(28センチ)になるというけれど、仕上がりがどんななのか想像もつかない。
権利元のパラマウント映画からはコッポラによって創出されたアイコニック・キャラクターを自由に表現してよいというお墨付きをもらったマイケルである。
いつものように彫刻は言うに及ばず、ペイントマスターからパッケージデザインに至るまで彼自身がすべてこなす。
留之助ではマイケルの新作が届くまで、その進行状況が分かり次第、逐一レポートする予定でいる。
a0077842_17441562.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-01 17:49 | MINDstyle 新製品情報
MINDstyleのホームページがリニューアルされた。
つねにアクティブなオブジェモチャ・メーカーのMINDstyleにしては、長い間、HPの更新がなかった。
オンラインショップを運営しているわけじゃないから、コンシュマー向け情報サイトなんて必要ないか、製品開発や販売に追われているのか、とにかく新製品にまつわるアーティスト情報やもろもろは自力収集するしかなかったのだ。
が、ほとんど放置状態だったHPが完全にリニューアルされて、オブジェモチャの玉手箱と化した。
ぜひ、お訪ねください。http://www.mindstyle.com/
a0077842_11362893.jpg
で、その新サイトで発見した気になる画像がこれ。
今度、留之助にも入荷するServ-O-Maticsのスーパー・シークレット?
ヘイゼルのからだにスラップ・ハッピーの顔が乗るらしいことは、極細の筆でハンドペインティング中の画像のバックに目を凝らせば分かる。
a0077842_11595599.jpg
a0077842_12044.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-29 11:01 | MINDstyle 新製品情報
とんでもない限定50個。
エリック・スケアクローはアトリエに閉じこもってばかりなんだろうな、と、つい思ってしまう。
レジンモチャだけでも彼の会社ESC-TOY直販分と、留之助用スペシャル版を足すとハンパな数じゃない。
ひとつずつハンドペイントしてるんだから、そりゃ遊ぶ暇もないって。
が、きょうはエリックのことじゃない。
MINDstyleの秘蔵アーティスト、McGがミニフィギュアのDIY Scavengersを使って1個ずつ手描きで仕上げたChina Maskが2個、入荷したっていうお知らせ。
下の画像はそのうちのひとつ、ぜんぶで50個限定。
このオッソロシク緻密な筆さばきをとくとご覧あれ、手描きだからひとつひとつそっくり同じではないけれど、ひとつひとつほとんど同じ仕上がり。
それを50個もだよ、誰の手も借りず、コツコツひとりで仕上げた。
スキルだけじゃない、その集中力と根気強さには“気を付け、礼!”だ。
マックジーと発音すると思うけれど、この人、MINDstyleの中国にあるクリエイティブ部門の中心メンバーで、大半のプロトタイプのフィニッシュ・デザインは彼の手になるか、彼が承認したものなのだ。
マックジーっていう名前、ぜひ覚えておいてください。
それから、このチャイナマスク、値段はミニフィギュアにしては高いけれど、手描きにしてはとってもリーズナブル、ひとつだけ希望のマニアさんにお譲りしたいと思います。
a0077842_10294467.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-23 10:33 | MINDstyle 新製品情報
Michael Lau x MINDstyle = SNAKE SQUARE S007。
榎本店長に教わるまで、ワニの帽子をかぶった兵隊が『メタルギアソリッド3』っていう人気の戦略諜報アクションゲームに登場する有名キャラだとは知らなかった。
ましてやソリッド・スネークという主人公が沼地で拾う隠しアイテムがワニの帽子で、ストイックなゲーム内容とは裏腹の漫画チックなカーモギアが大受けしたなんて、ぜんぜん。
きっとその種の情報源になってくれたにちがいないゲーム・マニアな中学生の息子とは、たまにしか会えない境遇だし、店主の周りの若い人たちときたら、高齢者にゲームの話なんかしても通じないと決め込んでいる。
マイケル・ラウがMINDstyleとコラボで発表するワニ帽兵士スネーク・スクエア・S007は、マイケルのホンコン・ギャラリーでちょいまえ限定発売されたカラー版のとってもレアなモノクロ化、SK3と同じコンセプトだね。
高さ6インチ(15センチ)、今月中に入荷の予定。
とにかくはじめてその画像を見たとき、ピンときたのは1959年のアメリカ製超B級映画『恐怖のワニ人間』だった。
長生きすると余計な情報で頭の中が発酵し過ぎて腐りかけ、まったくトンチンカンなことを口にしそうになる。
いやはや店長のおかげで恥を晒さずにすみました。
a0077842_0311436.jpg


でも、これが、あのワニ人間だ!
by tomenosuke_2006 | 2009-05-10 00:42 | MINDstyle 新製品情報
Serv-O-Matics by Brandt Petersの詳細。
3月はじめにポストしたピースメーカー 32.9の作者ブラント・ピータースの次なるお仕事、ブラインド・ボックス仕様のミニフィギュア・シリーズ、サーブ・オー・マチックの全体像が見えてきた。
ぜんぶで11種類、1ケース15個入り、やっかいな1/30のチェイスがひとつあり、発売は6月下旬。
バラエティに富んでいるところはブラント・ピータース夫人、キャシー・オリヴァス作のスカベンジャーズ・シリーズを凌ぐ。
で、キャシーのコラボ作品をチェイスに持ってくるところが、じつに憎いMINDstyleスタイル。
とにかく11種類のうちの、いまのところ公開可能な10種類と混入比率は下の画像をご覧ください、待ち遠しいです。
a0077842_20283758.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-10 00:14 | MINDstyle 新製品情報
kaNOのAP/STITCHが7個のみ売り出されるね。
日本では公式に輸入販売できないMINDstyel製スティッチ、いまだにどうやって並行輸入しようか思案中だというのに、あちらではメーカーから渡された7個のアーティスト・プルーフに色や模様を加えたカスタム版を自身のホームページやオンライン・ストアで販売するアーティストが登場し、そっちの方も気が気でない。
店主が知る限りBuff MonsterスティッチとAaron Martinスティッチはすでに完売、前者はスルーして、狙った後者は買い逃した。
a0077842_17183671.jpg
で、今度はkaNOスティッチの番が来たんで、詳細を紹介すると。
耳をたっぷりカラフルにして、顔の中ほどのブルーグレーのストライプを紫に変え、舌を描き足した。
結果、コントラストが強まり、よりカラフルなkaNOらしくなった。
東部標準時5月7日正午にkaNOのオンラインショップで発売開始、価格は100ドル、日本一のkaNOコレクターを目指す店主としては、何としてでも手に入れます。
a0077842_17213260.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-06 17:23 | MINDstyle 新製品情報