カテゴリ:投稿画像( 48 )
これには、してやられたっていう感じ。
付属のレコード・ジャケットの代わりにレディ・アイコ・デザインの箱を小脇に抱え、左手で留ブラnanoを構えるkaNO作の純白ハイ-デフ留之助3周年スペシャルである。
この絶妙な組み合わせ、店主が思いつきました、って言いたいところですが、東京の沢田さんにしてやられました。
「サイズも思った通りでした。お目汚しな画像ですが写メ(下)見ていただければ幸いです」
去年12月の東京プレビューで留ブラOG完成モデルをお買い上げになり、もちろん留ブラnanoも通販で購入されたブラスター・ファンの沢田さんが純白ハイ-デフを注文された理由は、nanoを持たせたかったから。
その思い、図星です。
a0077842_23423381.jpg
純白ハイ-デフ 留之助3周年スペシャル在庫僅か→http://tomesyoten.exblog.jp/11258944/
by tomenosuke_2006 | 2009-10-05 22:46 | 投稿画像
本日3度目のシリーズ2009の話題です。
「当売り場で3億円宝くじが出ました!」みたいに、「当オブジェモチャ屋でスーパーレア・ダニー続出です!!」なんていう貼り紙を出したいくらいです。
前回のシリーズ5ではゴールデンチケットが出たり、今回、さっそくウッド・ダニーが入っていたというコメントをいただいたり。
これってスゴイことだと思います、4種類の合計が300個っていう噂が確かなら世界で75個ですよ、1種類各300個だって前後賞並の確率でしょ、真田さん、おめでとうございます。
UKダニー・シリーズエンダンジャード・シリーズをコンプしちゃった重症ファンの“きつねさん”からは、こんな画像付きメールをいただきました。
a0077842_2341547.jpg
今日、DUNNY2009 1ケース+3BOX受け取りました。
早速開封した結果です。(このレイアウトで入っていました。)
B.PetersにA.Bell、T.HanにとーふRED、そして意中のHUCK!
素敵なケースをお送りいただき、感謝です。
さらにさらに、BOXを開封したところ・・・1個目はPon、2個目はHUCK!!
Bat忍者のデザインは1人じゃ寂しいかなと思っていましたので、何と申しますか万々歳です。
素晴らしいチョイスいただきましたこと、心から感謝申し上げます。
3個目の開封は明日以降のお楽しみにしました。
この勢いだと何が出てしまうのか…なんて、タップリ楽しませていただきます。


ところできつねさん、単品注文のお客さまに店長がテキトーに選んで送る分にレアが混入するというのは、もはやジンクスとなりつつありまして、ほとんど毎日、お昼休みか仕事の帰りにお店に寄ってくれる地元の重症ファンからは恨み(?)を買ってる模様です。
バラ買いの3個目が何だったか、また教えてくださいね。
by tomenosuke_2006 | 2009-09-14 23:59 | 投稿画像
留ブラnano、アフターワーズ。
1/5という小さなサイズが器用な人たちの創作意欲を駆り立てるのでしょうか、留ブラnanoのカスタマイズが各方面で盛んです。
とにかく面白いので、切り刻まれ、玩(もてあそ)ばれて、生まれ変わるnanoを紹介させていただきます。
まずは1/1完成品そっくりの1/5の赤い中敷を作ったり、1/5完成品に手を加えますます本物らしく仕上げた先刻紹介のGHOST7さんが、今度はキットを使って本格的nanoの製作にとりかかりました。
グリップエンドをアルミで削り出したり、バレルをメタルに変えたりのサイボーグnano、只今鋭意手術中です。
http://jsm.web.infoseek.co.jp/hp/object/blaster/tome/nano_1.htm
a0077842_2221042.jpg
a0077842_222241.jpg
ていねいな撮り下ろし写真からも察しがつく凝り性の福戌(ふくいぬ)さんは、どこまでマクロ撮影に絶え得るヒーローブラスターnanoにするか、それを1/6フィギュアに持たせてニンマリしちゃうかがテーマ、なんて勝手に決めつけてしまいました、失礼。
しかしクールガールにヒロブラnanoやnanoアイコ箱を持たせたカットのまえで、ひれ伏してしまった店主ナノでした。
http://blog.livedoor.jp/luckydog555/archives/809099.html
a0077842_2254223.jpg
a0077842_22543592.jpg
プロップガン造形人でガンエフェクト師のとっち〜こと栩野幸知さんは、なんと電飾化をキメてくれました。
以下は、とっち〜さんから送られてきた画像と解説です。
写真1.「2個イチ」で造るって言うのも卑怯なんで、取りあえず1個だけでチャレンジするコトにして、スタイヤーのフレームの下のラインから切り離しにかかります。
アクリルカッターでスジを付けて、それをガイドに薄刃のノコで慎重にカットしていきます・・・・・
写真2. とりあえずスタイヤーのマガジン部を切り離します。
a0077842_23485294.jpg
写真3. マガシンの中をリューターとピンバイスでほじっていってLEDが入るまで大きくします。
写真4. 横から見るとこんな感じ。
電飾の穴は1ミリのピンバイスで開ける・・・通電してみると一応穴から灯りが見えます。
写真5. 銃に組込んでみたら、イイ感じです・・・LEDの足を曲げたら丁度スタンドみたいになるんで、この足をそのままスタンドに見えるように加工するコトとにしました。
まだ接着も塗装もしていないんで灯りが漏れてますが、最終的には漏れている部分は潰します。
写真6. 一応下側のLEDの穴も開けてあるんで、赤いセロハンでも挟みます。
ってコトで結論から言えば、留ブラnanoの電飾化は可能ってコトですネ!!(簡単簡単!!)
a0077842_044628.jpg
豪華賞品を用意して留ブラnanoコンテストを開催したいと思います。
詳細は後日発表ということで。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-05 23:57 | 投稿画像
やっぱり、いらっしゃいました。
留ブラnanoを製品化する際、レディ・アイコ・デザインのパッケージもまんまnano化することは考えたけれど、1/1完成品用に作った赤い中敷まではコストのことを思うと断念せざるをえなかった。
で、榎本店長か器用な常連さんにでも頼んで個人的に作ってもらおうと思っていたら、同じようなことを考える人はいらっしゃるもので、ヤフオクで見つけましたよ。
しかも出品価格からして儲け度外視のお遊び感覚、こういうの大好きです、もちろん落札させていただきました。
と、なんとこちらの出品者GHOST7さんは、ご自分のサイトでブラスターを肴にいろんなお遊びをしてらっしゃる趣味の人だったんですね。
留ブラnanoも赤の中敷だけでなく、まな板の鯉状態、カスタムされて幸せそう。
ぜひご覧になってください。
http://jsm.web.infoseek.co.jp/hp/object/blaster/tome/nano.htm
a0077842_0313477.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-28 00:35 | 投稿画像
さっそく2名様から通報あり。
けさ、Pure Tranceのシークレットが見たいって書いたら、さっそくお昼にeBayの出品ページのURLと出品画像添付のメールをいただきました。
留之助を利用されるのはこれがはじめての生粋水野ファンの青木さん。
まだお手元にお買い上げいただいたケースが届くまえの緊急通報、ありがとうございます。
で、青木さんのメールから抜粋。

水野純子さんは、私が中学生の時に知り(2001年ごろです)、今はなき原宿のヴァキュームレコーズや6%DOKIDOKIへ足しげく通っていました。
当時販売されていたシルクスクリーンなどは、おこづかいの都合上、泣く泣く諦めたことを覚えています。
大学生になったいまは、当時より金銭的に余裕ができたこともあり、生まれて初めてブラインドボックスの箱買いをしてしまいました。
むしろ、かぶってもいいとさえ思います。


フィギュアの色に合わせてバックグラウンドをモノクロ・ツートーンにしたところなど、さすが。
夕方には留之助のヘビーユーザーのSSさんから傑作画像が送られてきました。
ありがとうございます。
で、SSさんがおっしゃるには。

水野純子さんのPure Tranceが届きました。
思っていた以上に良くできていて大変気に入っております。
Brain-san(1/40)とAnimal Ride(1/80)以外は出ました。
Rat & Bunny Drip Bottle(?/??)の写真を添付致します。

a0077842_23255546.jpg
ピュア・トランスの追加注文分ですが、そろそろ締め切らせていただきます。
by tomenosuke_2006 | 2009-06-08 23:34 | 投稿画像
エリックのブログのニッポン語。
下の画像はエリック・スケアクローのブログの最新と、その直前のポスト。
真っピンクのプロモ画像はマウシー・ミッチー留之助スペシャルの発売を知らせた時ので、その上の3時のオヤツっぽいのは留スペミッチーを首尾よく入手された地元のお客さまのブログ画像を転載しての御礼記事です。
いずれも機械翻訳の摩訶不思議な日本語が踊ってます。
8分間で18個、あっという間に完売しました。
かわいく、ユーモラスで、クォリティの高い手塗りのオブジェモチャを提供してくれたエリックと、それをお買い求めいただいたみなさんに、店主からもお礼申し上げます。
ありがとうございました。
海外からの参戦組で先着18名に間に合ったのはカナダのおふたりだけ、ある意味、ほとんどの留スペミッチーが日本に永住できてよかったです。
販売数やや少なめの今度のアレ(近日詳細発表)は、どんな展開になるんでしょうね。
a0077842_1155786.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-11 01:17 | 投稿画像
お出かけマットポップ。
いやはやマットポップ漫画がこんなに早く完売するとは、買い逃した人にはゴメンナサイですが、店主ことのほかウレシイ。
と、同時にフィギュアも好評で、1年まえにここではじめてマットポップモチャを紹介したとき、だ〜れも相手にしてくれなかったことを思えば、石の上にも一年足らずで、いまじゃ兵庫のNさんのようなコレクターまで登場しちゃった。
留之助商店のショーケースに、なるべく目立たないよう飾っておいた未練タラタラの絶版品から、どうぞお買い上げくださいの新作まで、マットポップに関するモノ(だけじゃないけれど)を狙い撃ちしてくるんです。
そんなNさんが、本日、受け取ったばかりのコジックのレッド・デーモンやら、その仲間を連れ出して撮影したのが下の画像。
ファンの投稿写真が掲載されているフランス版マットポップのオフィシャルサイトに触発されたとか。
雑草や岩やむき出しのコンクリートなど、殺伐な背景が治安のよろしくないイーストLA生まれの彼らにはピッタリだね、クリック&拡大して見てください。
Nさん、ありがとう。
a0077842_16405938.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-05 18:08 | 投稿画像
シイタケ発見コンテストのトップスリーに、なんと、
留之助商店のカスタマーがお二人も。
1位がSHOGO KAMADAさんでしょ、で、3位がMAYU SAMEJIMAさん。
本当におめでとうございます。
どちらの作品も何気なさがいいね、余分なチカラがどこにもかかっていないところが、見ていてホッとするっていうか、和めるところだよね。
オブジェモチャを愛でるやさいい人柄が伝わってきます。
KAMADAさん、どこのビーチで“毒キノコ”君を見つけたんですか?
SAMEZIMAさん、どちらのミスドで“ムーシュ”君を召し上がったんですか?

詳しくはERICK SCARECROW OFFICIAL BLOGをご覧くださいね。
a0077842_1447897.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-31 14:52 | 投稿画像