カテゴリ:留之助オリジナルモチャ( 76 )
東京コミコン・留之助ブース情報 - ピラニア・プロップ・レプリカ・モデル予約受付
Tomenosuke Booth @ Tokyo Comic Con - PRE ORDER: The Piranha prop replica model

映画『ピラニア』(1978年)のプロデューサー、チャコ・ヴァンリューエン(筑波久子)さんから初回限定100個製作のお許しをいただき、一方、比嘉ブラザーズ・プロダクションではラテックス製キャスト(下の画像)製作の準備も整い、ついに東京コミコンでピラニア・プロップ・レプリカ・モデル(着色完成品)の展示と予約受付ができることになりました。
場所は東京コミコンの大規模展示のひとつ、『日本SFX怪物怪獣大百科』エリアにあるスティングレイさんブースと、留之助ブースの2カ所を予定しています。
比嘉ブラザーズさんには店頭セールスをお手伝いいただいたり、ナンとプロデューサーのチャコさんも応援に駆けつけてくれるそうです。
もちろんコミコン終了後には、留之助オンラインでも予約を承ります。
そうそう、12月2日(金)19時15分から30分間、東京コミコンの大ステージで、『チャコ・ヴァンリューエン(筑波久子)IN東京コミックコンベンション2016』が開催されます。
興味津々ですね。
a0077842_1016868.jpg
As we obtained the permission from the film producer of "Piranha" (1978) Chako Vanleeuwen that we can produce 100 of them as the limited production and as the preparation has been completed, we can finally start pre-order sale of full painted prop replica model (picture is non paint cast).
We plan to sell at 2 locations those are booth Stingray and booth Tomenosuke. Chako and Higa Brothers are going to help us selling over the counter. Of course, we will take orders through online shop too after the convention.
On Friday, 2nd December, there will be a live event by Chako at the big stage for 30minutes from 7:15pm. Please look forward to it.
by tomenosuke_2006 | 2016-11-22 10:10 | 留之助オリジナルモチャ
ピラニア・アップ・ツー・デート
Piranha Prop Model up-to-date

ピラニアの粘土原型を元に、シリコン型が出来ました。
これから量産のための石膏型用シリコン雄型の準備に入ります。
画像のピラニアはテストで抜いたFRPキャストで、ヒレ・パーツが付いてません。
a0077842_1551671.jpg
a0077842_14385595.jpg
The silicone mold was made based on the clay prototype. Higa Bros.will make the silicone model from this mold for the plaster molds of mass production. A piranha model without fins is a test cast by FRP. It's a perfect detail!
by tomenosuke_2006 | 2016-10-27 16:48 | 留之助オリジナルモチャ
遂にピラニアの原型、完成
Finally the prototype of the piranha is completed

およそ40年前、SFXの巨匠フィル・ティペットがまだ無名時代に原型を彫刻し、それをもとに高校生だった天才モンスター・メーカーのロブ・ボーティンが型取り・量産したピラニア・モデルを、甦らせることはできないか。
プロップ・レプリカとしてファンに提供することはできないか。
1950年代後半から1960年代にかけて活躍した元日活女優で、人気絶頂の中、突如芸能界を引退すると、24歳で単身渡米し、1970年代には映画プロデューサーとしてデビューしたチャコ・ヴァンリューウェン(日本名・筑波久子)が製作のモンスター・パニック映画、『ピラニア』(1978年)の食人魚のことである。
ちなみにB級映画の帝王ロジャー・コーマン総指揮、 ジョン・セイルズ脚本、ジョー・ダンテ監督のこの映画は、製作費1億円の低予算ながら、興収40億円の大ヒット作となり、プロデューサーのチャコさんは、一躍、時の人となったのだった。
とにかくそういう映画のピラニアを1匹、35年前にロブ・ボーティンからもらったのだけれど、経年劣化で崩壊寸前となり、比嘉Bros.さんに修復と複製を頼んだのは去年こと。
その作業風景は2016-01-02のブログで紹介したとおりである。
その後、ヒレを別パーツ化し、木製ベースに接着するため削り取られていた胴体右側面を復元、このたび1年がかりで複製のための原型が完成したのである。
著作権所有者のチャコさんには、ピラニアのプロップ・レプリカ・モデルの製作販売についてご理解いただき、現在、契約書を準備中。
あとは比嘉Bros.さんのガンバリにかかっているのだけれど、東京コミコンで試作を数点、披露の予定だ。
そのときは、いまも意気軒昂に新作映画の準備にとりかかっていらっしゃるチャコさんをお招きして、サイン会やトーク・イベントも開催したいと思っている。
a0077842_2321269.jpg
a0077842_23213449.jpg
Piranha model which was actually used in the movie "Piranha" (1978) has aged and is about to collapse. Restoration plan by Higa Bros. has at last come to the final stage. I have applied to Chako van Leeuwen, Licence Owner for permission to make replica model. Currently I am in the process of final negotiations on conditions. If in time, I would like to unveil a few pieces of prototype at Tokyo Comic Convention. We would like to invite Chako and hold a modest talk event.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2016-10-06 11:34 | 留之助オリジナルモチャ
29日(大安)午前11時、留之助10周年記念ミクロバス発進
Microbus: To The Medetai Island, Launch on Jun 29th 11:00am JST

ご注文はこちらから→http://www.tomenosuke.com/AYA_YA/
International Order→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
a0077842_2351730.jpg

by tomenosuke_2006 | 2016-06-28 23:20 | 留之助オリジナルモチャ
留之助10周年記念ミクロバス、29日(大安)午前11時発売
Microbus: To The Medetai Island, Sale on Jun 29th 11:00am JST

もちろん留之助10周年記念モチャにあやさんのミクロバスは欠かせない。
名付けて”メデタイ・アイランド行き”、いつものように30個限定。
鮮やかな金ラメが眩しい、豪華を追求した仕上げ。
それぞれキャラクターたちの顔もに異なるメタリック・カラーを吹き付け、カラフルにてかる。
先着順にあやさんが手作りしたバッヂをはじめ、ポストカードなどのオマケ付き。
発売は大安吉日の6月29日、午前11時から、お楽しみに。

ご注文はこちらから→http://www.tomenosuke.com/AYA_YA/
a0077842_1121157.jpg
Of course, Aya's Microbus is crucial and essential as the Toy of the 10th anniversary of Tomenosuke. The name is ”To the Medetai Island”--Medetai means celebration. It gleams richly with brilliant gold glitter. The face of each character is painted respective metallic color and blazing out colorfully. Each figure is on limited and has only 30 pieces as usual. You will be treated with freebies such as handmade badge by Aya, postcards, and so on. They will be released on June 29th 11:00am (it will be the luckiest day in the traditional lunar calendar in China and Japan) at here. Don't miss it!!
by tomenosuke_2006 | 2016-06-23 12:21 | 留之助オリジナルモチャ
ピラニア計画始まる
Restoration project of Piranha

1978年の映画『ピラニア』で生き残った数少ないラバー製の殺人魚をロブ・ボーティンからプレゼントされたのは、いまからおよそ35年前の1980年代初めのことだった。
一方の面がベースの板に接着されて、まるで剥製標本のように壁掛けできるようになっていた(下の画像)。
が、経年とともに激しく劣化が進み、ヒレや尾をはじめ、胴体さえ、いまにも崩れそうな状態になってしまった。
そこで去年の夏、親しくしている人形アニメと特殊造形のエキスパート比嘉Bros.(ヒガブラ)さんに修復を兼ね、型取り出来ないだろうかと相談した。
そして数ヶ月後の年の瀬、試行錯誤の末にとうとう型取りに成功したと連絡をいただいたのだ。
しかも原型を一切痛めずに、さすがである。
その苦心の模様をご覧いただきたい。
で、留之助としては、そろそろ商品化のための根回しをしなくっちゃと思うのだった。
a0077842_1645193.jpg

▲ This photo was taken in the early 1980's.

The rubber piranha used in the film "Piranha" (1978) was given to me as a present by Rob Bottin in 1981. One side was glued to the base board so it could be hung on the wall like a stuffed specimen. It has deteriorated in the 35 years since then, and the fins, tail, and even the body seemed likely to fall apart. Consequently, last summer I consulted with the Higa brothers, monster maker I am on good terms with, about whether or not they could restore it and also make a mold of it. Several months later on end of December, I received word that they had finally succeeded in making a mold after much trial and error. Not only that, but they had done it without any damage to the original. I am thinking about making the arrangements for turning it into a product soon.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2016-01-02 23:45 | 留之助オリジナルモチャ
ミッドナイト・ジャングル行き、今夜9時発売
Microbus: To The Midnight Jungle Sale on November 27th 9:00pm JST

まるでお茄子のよう、というご意見もございますが、とてもいい色に仕上がったのではないかと関係者一同、心から満足しております。
ミクロバスの最新作ミッドナイト・ジャングル行き、例によって30個限定、奮ってお買い求めください。

ご注文はこちらから→http://www.tomenosuke.com/AYA_YA/
a0077842_1215991.jpg
a0077842_1221162.jpg
a0077842_1222264.jpg
a0077842_123445.jpg

by tomenosuke_2006 | 2015-11-27 12:05 | 留之助オリジナルモチャ
フレッシュ・ゴードン・ピストル、鋭意出荷中
We are shipping Flesh Gordon Pistol now

保証書を化粧箱の裏におさめ、箱ごとシュリンクパックしました。
その箱の角にディスプレー・スタンドを置いて、いっしょにエアキャップで包み、それを専用の段ボール箱に収め、発送いたします。
a0077842_11391512.jpg
For international customer: We will deliver Flesh Gordon Pistol on November 27th if we don't receive your payment before November 18.
by tomenosuke_2006 | 2015-11-17 11:49 | 留之助オリジナルモチャ
留之助ギャラリー・オープン記念ミクロバス、やっと完成
new Microbus was completed

今度のミクロバスはミッドナイト・ジャングル行き、いつものように30個限定です。
ついに完成して、あやさんからサイン入りヘッダーカードも届いたのですが、発売は11月27日(金)になってしまいます。
今週末からパサデナで開催のDCon 2015に出かけるためです。
楽しみにお待ちいただいているみなさん、ごめんなさい。
a0077842_1771369.jpg
Latest Microbus named "To The Midnight Jungle" will be released November 27th 9:00pm JST.
by tomenosuke_2006 | 2015-11-17 11:06 | 留之助オリジナルモチャ
フレッシュ・ゴードン・ピストルの全貌、発売は6日(金)午後9時
Sale on November 6th 9:00pm JST

スピルバーグの映画『未知との遭遇』(1977年)のマザーシップのモデルメーカーとして一躍脚光を浴び、その後も同監督の『1941』(1979年)で精巧なハリウッド大通りのミニチュアセットを監修したグレッグ・ジーン
a0077842_6394582.jpg

▲ Steven Spielberg (left of front), Douglas Trumbull (center) and Gregory Jein (right).

その彼がまだ無名のころ、モデルメーカー兼プロップマンとして参加したパロディ・スペース・オペラ『フレッシュ・ゴードン Space Wars』(1974年)で作ったのが、このピストルである。
悪役ワン皇帝の手下たちが使用した。
最低予算ながら、アナログSFXの見せ場満載の怪作。
中でもこのピストルは映画のオゲレツさを象徴するものとして忘れがたいものがあるのだった。
店主とグレッグとは35年来の付き合いで、いまではロサンゼルス郊外でのどかに暮らす彼に、フレッシュ・ゴードン・ピストルの複製を作りたいと持ちかけた時は「こんなもの誰も買わないよ」と言われてしまった。
本当にそうなのか、もうじき結論が出るわけだ。
a0077842_761153.jpg
a0077842_7624100.jpg
a0077842_763674.jpg
これは、製作時間も製作費もほとんどない最低予算映画の現場で生まれたSci-Fi ピストルの突然変異種である。
その気楽な手作り感を再現することに全力を注いだ。
けっして滑らかでない表面処理、一部に残るモールド・ライン、ラフな塗装や仕上げなども、オリジナルの雰囲気に近づけた結果である。
もしあなたが留之助ブラスターのような精度を求めるなら、けっしてこれを注文しないでいただきたい。
11月6日(金)午後9時に予約を開始し、16日(月)から順次発送の予定。
限定30個、専用のディスプレー・スタンドとグレッグのサイン入り保証書が付属する。

ご注文はこちらから→http://www.tomenosuke.com/FleshGordon/index.html
a0077842_7292342.jpg
Gregory Jein was launched to fame as the modeler of the mothership in Steven Spielberg's movie "Close Encounters of the Third Kind" (1977) and later supervised the production of the exquisite Hollywood Boulevard miniature set in the movie "1941" (1979) by the same director.
When he was still relatively unknown, he participated as a model maker and prop man in the softcore porno/space opera "Flesh Gordon" (1974) for which he created this pistol. It was used by the troops under the antagonist, Emperor Wang. In spite of the low budget, the film was a masterpiece full of examples of excellent analog SFX. As a symbol of the low-class cheesiness of the film, this pistol is an unforgettable gem.
Greg and I have been friends for some 35 years. When I took the pistol to his home somewhere in the suburbs of LA hoping to make a reproduction, he told me, "No one would buy something like this." Whether that is actually the case, we will soon find out.
This is a sudden mutation on the usual sci-fi pistol created on a low-budget movie studio with virtually no production time or funds. We threw our energies into replicating that smooth and easy effect. What you see here in the uneven surface treatment, the mold lines left behind in parts, and the rough paint job are all part of our attempt to approximate the original prop.
If you want the fidelity of something like Tomenosuke Blaster, please do not order this item. Pre-orders begin at 9:00 PM on 11/6 and will ship in the order placed beginning on 11/16. Limited to a run of 30 items. Ships with a dedicated display stand and and Greg's signature certificate.

Order site→http://www.tomenosuke.com/FleshGordon/index.html

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2015-11-05 08:00 | 留之助オリジナルモチャ