カテゴリ:留之助オリジナルモチャ( 64 )
Saint Valentine's Day PM2:00 JST on Sale.
As a joint project of Tomenosuke-syoten and Lady Aiko, a Japanese artist residing in New York, the art figures are now completed.
The figures are the complete three-dimentional version of Aiko's original artwork, Lady Butterfly.
The entire production process, including the package manufacturing, was conducted around the famous art and craft city Hida Takayama, where Tomenosuke-syoten is located.
In late January, Aiko came all the way from New York to visit the production site and did the final finish of Silver version, which will be on sale on the Valentine's Day.
Orders are taken at the following website.→http://www.tomenosuke.com/ladyaiko/#
a0077842_1456371.jpg
2月14日(月)バレンタインデーの午後2時、発売開始。

ついにレディ・アイコ作、留之助商店初プロデュースのアート・フィギュア、レディ・バタフライ・シルバー版10個限定の発売日が迫って来た。
ご注文はアイコさん特製の右のバナーからレディ・バタフライ専門ページへどうぞ。
a0077842_15213174.jpg
a0077842_15233386.jpg
a0077842_15192066.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-02-12 15:24 | 留之助オリジナルモチャ
Lady Butterfly by Aiko.
a0077842_2255935.jpg

▲アイコさんと店主/Aiko and I at Tomenosuke Workshop

7ヵ月目にして、やっとこの日を迎えることができた。
NY在の日本人アーティストレディ・アイコさんといっしょに進めてきた留之助商店初のアート・フィギュア、レディ・バタフライ(限定100体のうち一般販売分50体)入魂の儀。
アイコさんのシンボル・キャラクターを、とにかくMade in Japanにこだわり抜いて立体化したソリッド・レジン作品に、作者アイコさんのハートとソウルを目一杯吹き込んでもらい最後の仕上げとするのだ。
a0077842_2218040.jpg

▲原型 Original Sculpture

アイコさんが立川市にアトリエのある彫刻家阿部順之介さんと付きっきりで原型を仕上げたのが去年の6月末、静岡市のRCベルグさんが13個に分割されたソリッド・レジンのパーツを100体分届けてくれたのが8月末。
下呂温泉の自動車板金工場の塗装職人さんに仮組をあずけ、ラメ入りブラック版の塗装テストをしてもらう一方で、閉店後の留之助商店3階の工房では榎本店長と助っ人の中谷さんが最初の25体をせっせと組み立てる。
パーツを磨き、パーツ接合部の溝をパテで埋め、美しくシームレス化するのにおよそ1ヵ月を要した。
a0077842_22502777.jpg

▲レジン・パーツ Resin Parts

さらに同時期、アイコさんデザインのパッケージの試作が飛騨高山の専門工場ヒダシキで繰り返されていた。
銀の箔押しの技術的な問題に直面しながら、次々にアイコさんから新しいアイディアがもたらされ、いったい何種類の校正刷りを出してもらったことか。
最後には箔押しだけを新潟市の印刷会社が請け負うこととなり、校了するまでに3ヵ月を費やした。
そのころには別の25体の組み立ても済み、2番目のカラーウェイ、シルバー版も完成していたのだった。
a0077842_23514418.jpg
a0077842_2352297.jpg
a0077842_23523246.jpg

▲パッケージ・グラフィックの変遷/Transition of Package Graphic

a0077842_23524415.jpg

▲最終デザイン/The Final Design

いまでは留之助商店が一般販売する5色各10体のうち、3色30体が完成し、その第1弾として白銀の高山にふさわしいシルバー版を2月14日のバレンタイン・デーにデビューさせることが決まった。
アイコ入魂のレディ・バタフライ、作品の詳細は追ってお伝えする。
a0077842_0415077.jpg

▲アイコさん撮影/Photo by Aiko



More: レディ・アイコ・サイン会。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-31 01:12 | 留之助オリジナルモチャ
てんで遅れてますが、彼女たちの近作を見るにはうってつけ。
ここずーっと、当店取り扱いモチャの紹介に明け暮れ過ぎて、ついついそれ以外の、たとえば仲良くさせていただいてるアーティストさんの作品展情報などをお知らせするのを怠っていました。
とにかくLAはラブレア・アヴェニューのMERRY KARNOWSKY GALLERYで7月31日から開催中のVIVID FICTION展のオンライン・ギャラリーへどうぞ。
http://mkgallery.com/index.php
Aikoさんと、水野純子さんと、Samuel Lowder(サミュエル・ローダー)氏の、それぞれdebauchery(デバウチェリー=享楽・悦楽)、deranged(デレンジド=気が狂ってる)、dynamite(ダイナマイト=だいなまいと)というタイトルの、三者三様の個展が同時開催されて、何とも贅沢な、その総称がヴィヴィッド・フィクションというらしいです。
a0077842_164819100.jpg
本当はね、Aikoさんのアイコ・バニーに次ぐアイコン、レディ・バタフライのレジン・スタチューをプロデュースさせてもらってまして、RCベルグさんのサンプルが間に合えば展覧会のオープニングに持参するつもりだったんです。
それが最近やっと届き、きょう組立見本を塗装職人さんに見てもらいながら、今後の段取りを決めた次第。
それと、Aikoさんには留ブラPROのパッケージ・デザインを今度は3種類、お願いしているんですよ。
a0077842_1765254.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-08-10 17:10 | 留之助オリジナルモチャ
火曜日は原宿でアイコさんといっしょでした。
報告が遅れちゃったけれど、一昨日、お仕事で帰国したレディ・アイコさんと、店主がお手伝いできそうなプロジェクトの打ち合わせで、お昼から夕方までずっといっしょでした。
とりあえず彼女がどう思っているかは別にして、店主としては最高の女の子とデートしたようなウカレ気分の午後でした。
a0077842_1134268.jpg
6月12日(土)有楽町マルイでアイコさんのトークイベントが開催されますよ。
詳しくはこちらをご覧ください→http://www.jpubb.com/press/print.php?item=165133
by tomenosuke_2006 | 2010-06-10 01:25 | 留之助オリジナルモチャ