カテゴリ:プロップ( 126 )
ロジック製無可動モーゼル・アンクルカービン出来。
最近は当店取り扱いモチャの広報にばっかり熱心で、ついついその他の話題がおろそかになってました。
で、きょうはひさしぶりにアンクルガン開発では留之助よりずっと先輩の、何かとお世話になっているロジックさんの最新ニュースをご紹介。
6月13日のポストで無可動版のモーゼル・アンクルタイプが再販される旨、お伝えしましたが、この度、カービン用パーツも一部改良されて再販される運びとなりました。
目を引くのはよりリアルになったストックでしょう、バットプレート回りが大幅に変わった模様です。
銃本体のグリップに変更はないため、前作のカービン所有者はこのストックだけ買ってバージョンアップが楽しめます。
詳しくはロジックさんのサイトをご覧ください。→http://www.logic.ne.jp/m1914muka1/
a0077842_143657.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-04 21:59 | プロップ
これがナポソロ最後の公式コミック。
TheUncleGun.ComのBrad Ferguson(ブラッド・ファーガソン)氏の最近の楽しみは、マルゼンのP38 Detachable用にリアルサイズのスチール製マズルブレーキを作ったり、カービンストックの“あの”バットプレート・ユニットを本物そっくりに作り変えることである。
それぞれひとつずつ試しに送ってもらったけれど、さすがにいい仕事をしています。
バットプレート・ユニットはバットプレートとネックを一体化した最強度のABSキャスト製、もちろんカチャカチャ折畳みできる。
で、店主のは同じアンクルガン・ドット・コムのABSフラットグリップに装着できるよう先端パーツも取り替えてもらったから、マルゼンの生存部分は伸縮パイプのみとなってしまった。
デタッチャブル・ストックのバットプレート回りをモディファイしてほしいという要望が何件も寄せられていたので、とりあえずこれで対応することにしましょう。
ご希望の方はお問い合わせください。
a0077842_953515.jpg
そのブラッドさんから届いた荷物の中にオマケで入っていたのが下の画像のTHE MAN FROM U.N.C.L.E.(0011ナポレオン・ソロ)のコミックブック、Millenuium Publications, Inc.から1993年に出版された上下2巻である。
ミレニアム出版の代表Mark Ellisによるオリジナル・ストーリーをNick Cholesが書き上げた味のある作品で、2巻目の最終ページには次回作の予告まで載っているのに、じつは出版されずじまい。
1990年に創業したミレニアム出版はほかにも60年代のヒットTVシリーズThe Wild Wild West(0088ワイルド・ウェスト)なども出して果敢にニッチなところを攻めていたけれど、2000年に力尽きて解散。
これがいまのところナポソロ最後の公式コミックということで、けっこうレアらしい。
a0077842_10364372.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-30 23:59 | プロップ
太っちょティラノのバックアップ作戦、その4。
比嘉Bros.さんによるファッティのシリコン・モールドの製作が着々と進み、半身が完成したと連絡をいただいた。
それが下の画像である。
a0077842_1835356.jpg

1/水性粘土を敷いてファッティの原型ベースの水平出しの後、角材を周りに当ててウォールの高さを調整する。2/水性粘土を使ったセパレーション作業。3/ウォール及びキー作業完了後、シリコン待ちの状態。4/シリコン流し後、FRPでジャケット製作。

ファッティの製品化についても進展ありだ。
『おかしなおかしな石器人』のSFXを監修した故デイビッド・アレン氏のかつてのアシスタントで、比嘉Bros.さんと親交のあるクリス・エンディコット氏を通じて、いま、ファッティを彫刻したジム・ダンフォース氏に直接製品化の可能性についてたずねてもらっているのだ。
当初、専門エージェントにライセンスの取得を依頼したのだけれど、ビジネスの規模が小さ過ぎるからなのか、なかなか返事がもらえない。
むしろ映画会社の許可よりも、ファッティの生みの親のダンフォース氏の了解を得ることの方が礼にかなっていると思われ方向転換、比嘉Bros.さんのネットワークにすがることにしたのだ。
製品版ファッティはレジン製で、おそらく比嘉Bros.さんが1点ずつキャスティングすることになるだろう。
限定50〜100個ぐらいか、ダンフォース氏のパッケージ・アートをはじめ、直筆のエディション・ナンバーとサインが入った保証書なども用意できたら最高だ。
a0077842_19345621.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-24 19:33 | プロップ
最近、こんなことしてます。
留ブラPROからひとまず解放された徳さんに、アンクルタイプ留之助ver.6の唯一気がかりだった樹脂キャストのフォアグリップを、アルミ削り出しで完全再現してもらってます。
テーマは手が切れそうなくらいエッジの立ったヤツ。
というわけで、多少のケガなど平気そうなver.6のオーナーさんに、改めてご案内させていただきます。
a0077842_745160.jpg


More: 旋盤加工風景です。
by tomenosuke_2006 | 2010-07-17 07:30 | プロップ
ロジック製モーゼル、無可動で再販されましたね。
今度のM1914アンクルタイプは前作のスライドやトリガーの可動部を廃した分、さらにシッカリした模様。
隠れて見えなくなるマガジンは3分の2ぐらい切り落としたり、とにかくシンプル&リーズナブルになりました。
詳しくはロジックさんのサイトをご覧ください。→http://www.logic.ne.jp/m1914muka1/hontai.htm
さ、こうなると去年のいまごろ発売終了したカービン用アクセサリーの再販もありそうで、買い逃した人には吉報であります。
a0077842_21281252.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-06-13 21:38 | プロップ
改良版ユーティリティパック発売。
5月20日のポストでお知らせしました改良版ユーティリティパックですが、6個特注したうちの3個を売り出します。
入荷新着情報には載せません。
直接、下のリンク先の“専用ご注文フォーム”でお申し込みください。

専用ご注文フォームはこちら→http://www.tomenosuke.com/order/PUP.html
a0077842_18165976.jpg
言うまでもございませんが、発売するのはユーティリティパックのみで、上の画像のアンクルガンやカービン・アクセサリーは付属しません。

More: 商品画像。
by tomenosuke_2006 | 2010-05-31 18:28 | プロップ
こんなお仕事もさせていただいてます。
4月だったと思います、当ブログのElectric Tiki製ロケッティア・スタチューの記事をご覧になった方から、すでに絶版のMaster Replicas製で金属版のロケッティア・ヘルメットを探してほしいとお問い合わせいただきました。
入手困難なモチャを探し出すことに人一倍熱くなる店主のヘキをご存知だとは思えないニューカマーさん、ウチなんかに相談されるところをみると、八方手を尽くしたあとだったんではないでしょうか。
で、ご予算内で新同品をアメリカより見つけてまいりました。
手放すのが惜しくなる出来の良さ、今度は自分用にひとつ見つけようと思った次第です。
ミイラ取りがミイラになるっていうオチじゃなく、留之助では、こういう商いもしているという一席、ただし店主の興味をそそるモチャに限る。
a0077842_1772851.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-31 17:11 | プロップ
アンクルカービン用、新ユーティリティパック。
アンクルタイプ留之助ver.5までは、カービンアクセサリーが収納できるTHEUNCLEGUN.COM製のユーティリティパックを付属させてきた。
TVシリーズ第1シーズンのオープニングでイリヤ・クリヤキンがカービンを組み立てるシーンに出てきたり、劇中でナポレオン・ソロが着用した実物を元に、サイト主宰者のブラッド・ファーガソン氏が忠実に再現したもの。
平板メタルのバネが各アクセサリーを左右からがっちりホールドし、裏側のフックでズボンのベルトに固定できるカービン必須のアイテムである。
a0077842_16133015.jpg
a0077842_16134527.jpg
ただしメタル製のバネがアクセサリーを傷つけるという欠点があり、ver.6に付属させるのはやめて、ファーガソン氏にはバネをビニールコーティングした改良版の製作をお願いしていた。
それがやっと完成し、販売用の6個が近日到着するのだ。
ver.6をご購入の2名さまには優先的にご案内させていただき、残った分を一般販売の予定です。
続報をお待ちください。
a0077842_1638959.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-20 16:51 | プロップ
太っちょティラノのバックアップ作戦、その3。
仕上げのサフ吹きも終わり、ついに比嘉Bros.さんによる石膏複製版のファッティが完成した。
すべてのダメージに見事な整形処理が施され、生まれ変わったというよりは、1980年代はじめ、映画『おかしなおかしな石器人』のためにJim Danforth(ジム・ダンフォース)がデザインし自ら彫刻した粘土原型を思わせる美しさ、神々しさである。
次のステップはこの石膏ファッティを旭化成のワッカ・シリコンで型取りすること。
そこではじめてバックアップ用のファッティがキャスティングできる準備が整うのだ。
まだ先は長い。
とりあえず来週10日、様子をうかがいがてら沖縄の方へおじゃまさせてもらおうと思います。
a0077842_1251185.jpg
a0077842_12514789.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-05 13:01 | プロップ
ブラッド作モーゼル・アンクルタイプ。
THEUNCLEGUN.COMのプラスチック製一体成型グリップやアンクルカービン無可動モデルを手にした人ならお分かりだと思う、その精度に非の打ち所はない。
製作者Brad Ferguson(ブラッド・ファーガソン)氏の本業が繊細を極めるジュエラーなのだから、それも当然だ。
そのブラッドさんから、あのアンクルガンのあだ花、モーゼルM1914アンクルタイプの原型を完成させたと連絡が入った。
アンクルガン・ドット・コム製の=つまり本物と同サイズの=ということは留之助ver.6のアクセサリーがコンパチ可。
いずれ留之助でも発売します。
a0077842_9564753.jpg


More: 各種カービン画像。
by tomenosuke_2006 | 2010-04-04 10:21 | プロップ