カテゴリ:TV・映画・ビデオ( 83 )
一足早く『ブレードランナー2049』を拝見しました
The first impression of "Blade Runner 2049" and Tomensouke Blaster

本日夕刻より『ブレードランナ−2049』の完成披露試写会が開催されました。
もちろんご招待いただいていたのですが、別冊映画秘宝『ブレードランナー』究極読本&近未来SF映画の世界に縛られて、どこにも出かけられない状態なんです。
それと、エンバーゴが解けましたのでお話しさせていただきますが、じつはこれまでに3回、『ブレードランナー2049』を観てたんです。
最初は8月29日、まだ映画がセキュリータイトル『Three Bridges』と呼ばれていたころ、東京の某所にて、50インチぐらいのモニターで。
しかしモノクロで画質も故意に落としてあり、音だけハッキリと聴こえればいいというようなバージョンでした。
2度目は9月14日、同じセキュリータイトルを、また別のスタジオで観ました。
今度は鮮明なカラー映像でしたが、モニターはさらに小さくなり、映画を堪能するというような環境では毛頭ありませんでした。
ただし字幕翻訳家の松浦美奈先生とご一緒できて、それはそれは楽しい時間でした。
3度目は9月20日、業界最高の上映環境を誇るといわれている五反田のイマジカの試写室で、字幕入りを。
なぜこんな幸福に浴することができたのかというと、配給会社のソニー・ピクチャーズさんから字幕と吹き替え台本の監修を仰せつかったからでした。
もちろんご依頼いただいた時は天にも昇る気持ちでしたが、そこはクールに落ち着き払ったふりをして、喜んでお引き受けいたしますと低音で応えたのでした。
a0077842_16095217.jpg
ドゥニ・ヴィルヌーヴがリドリー・スコットの名作をどう受け継ぎ、料理するのか、楽しみと不安で続編『ブレードランナ−2049』に臨みました。
以下、ネタバレにならないよう配慮しつつ、映画の中の留ブラについても書きますが、もしかしたらここで立ち止まる方が賢明かもしれません。
どうかこの先は、自己責任でよろしくお願いします。

さて、最初の興味はスコット監督が創造し、いまではSF映画のスタンダードになってしまった感の猥雑で混沌とした近未来都市、つまりその後のSF映画で嫌というほど見せられてきた風景を、ヴィルヌーヴ監督はどう表現するのか、でした。
予告編に度々登場する整然として広大なインテリア・シーンは、前作でデッカードとレイチェルが最初に対面するタイレル・ビルのマナーホールに似て、主要な舞台とはならないはず。
肝心のダウンタウンは? 警察署内は? オフィサーKの住居は?

心配は吹き飛び、想像をはるかに凌ぐ新たな設定に、歓喜の往復ビンタをくらったような衝撃でした。
映画はかつて新感覚だった、いまでは使い古された近未来イメージの呪縛を断ち切り、恬淡とし、さらに舞台を縦横に広げているのです。
2049年のLAは地球温暖化の影響か、海岸部は水没し、酸性雨以上に獰猛な雷雨と狂った気象のせいでしょう、時には雪も降る。
街全体がジャンクヤードのサンディエゴ、放射能汚染で廃墟と化したラスベガスなど、スピナーの行動半径も格段に広がっています。

じつは前作でデッカードのアパートのピアノの上に所狭しと並べられたセピア色のアンティック写真に、ずっと不思議を感じてきました。
20世紀初頭に撮られたと思しき数々のポートレートは、デッカードとどう結びつくのだろうか、そこに意味はあるのだろうかと。
新作では広々としたデッカードの住居が紹介され、机の上に、ただ一葉のポートレートが飾られているだけ。
しかもそれは大切な女性の、未だ色褪せぬ笑顔が美しい写真なのです。

ヴィルヌーヴ監督は前作から30年後の変化を、大胆な断捨離で見事に実現したといえるでしょう。
映画全体がすっきりとした印象は、けっしてブレードランナー・ファンを裏切るものではありません。
むしろ私たちが拘ってきた重箱の隅のアイコンにまで、愛情を注ぐことを忘れてはいないのです。
例えば予告編に一瞬出てきたポリススピナーや別のアンティック・スピナー、新しいデザインのジョニ黒、あのころの小さなサイズではないけれど、リタイアしたガフが今回も意味深長な折り紙を披露します。
中でもいちばん目立つアイコンが、デッカード・ブラスターなのでした。

予告編にもあるように、デッカードがブラスターを手にしてオフィサーKと対峙するとき、Kはある理由で警察手帳もなければ、丸腰でした。
その後、敵襲に遭い、ポリススピナーは破壊され、ブラスターも瓦礫に飲まれてしまうのですが、まったく異なる場所で、そのブラスターをKが受け継ぐのです。
そしてクライマックスまで、ブラスターはKとともにあるのです。

それが留ブラであることは、ハリコレからそれを6丁仕入れ、ウェザリングし、3丁は実銃のチャーターアームズ・ブルドッグに留ブラのパーツをネジ止めしてブランクガンに仕立てた工房の主要スタッフが、仲介者でその工房を訪問したハリコレの胸組代表に、現物を見せながら説明しているのですから間違いありません。
その時の画像の一部は、留ブラ・ピューターnanoに付属のブラスター写真集に収録されています。
ここでの大きな問題は、その工房がオモチャの留ブラを使いましたとは、さすがに言えないくらいの製作費を元請け(プロップ・マスター)から受け取っていたことでしょう。
その工房がクレジットを要求する代わりに相応の製作費で下請け業に徹し、ハリウッドの大作映画に様々なプロップを提供している会社だということを、今回の騒動で初めて知りました。

そんなことより『ブレードランナー2049』です。
もはや人とレプリカントを区別するのは、その桁外れの身体能力しかないと思われます。
人なのに神になろうとする血も涙もない男もいれば、自分の生い立ちに苦悩する、人よりも人らしい煩悩のレプリカントがいます。
前作が雨に煙るエンディングを迎えたように、今度は雪がKに降り注ぎ、それまでじっと我慢していたようにブレードランナーのテーマが流れ出します。
そのシーンに涙が溢れたのは、年のせいなのでしょうか。
試写の翌日、突然思い立ち、墓参りに行ったのは、明らかに『ブレードランナー2049』の影響です。
a0077842_21105893.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-10-04 21:42 | TV・映画・ビデオ
ブレードランナー・プレミアム・パーティー
Blade Runner Premium Party

10月21日(土)、『ブレードランナー』の世界を髣髴とさせる川崎の工場夜景に包まれた異空間で、一夜限りのファンイベントが開催されます。
参加のついでに、留ブラのセールスもさせていただきます。
a0077842_14322624.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-09-05 14:55 | TV・映画・ビデオ
ついでに留ブラのセールスもさせていただきます
BLADE RUNNER NIGHT 3
a0077842_13172865.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-09-01 13:09 | TV・映画・ビデオ
ブレードランナー2049、オフィサー・K・レザーコート
Ryan Gosling Blade Runner 2049 Officer K Leather Coat

今年の東京コミコンは、このコートに留ブラ2049でキメてください。
留之助商店がAmazonでコスプレ・ショップをはじめました。
ただし取扱商品は1種類のみ。
ライアン・ゴスリングが『ブレードランナー2049』で着用しているレザーコートを、アメリカのレザー専門アパレルメーカーが忠実に再現した、その名もオフィサー・K・レザーコートです。
もちろん表地には本皮を贅沢に使用し、襟まわりにはフェイクファーがライニングされて、リアルクローズとしても十分な仕上がりです。
メンズのXS、S、M、Lサイズをご用意しました。
GAPと同じアメリカン・サイズなので、日本人でしたらワンサイズ小さいものをご注文されることをオススメします。
商品の詳しい説明やサイズチャートはAmazonの商品ページでご確認ください。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/daJdx9
a0077842_09175069.jpg
This is entwine material, it has been crafted in genuine leather from outside but inner is fur lining. Blade Runner 2049 Ryan Gosling Coat enfolds long sleeves parting open hem cuffs. It fulfills open front design while this outerwear is black in shade. The greatest key feature of this outerwear is its backside vent cutting on trench style coat.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-05-30 10:56 | TV・映画・ビデオ
ブラントとキャシーの人形アニメ、キックスターターで始動
Brandt Peters × Kathie Olivas’s “Calliope” Stop Motion Film Kickstarter!
a0077842_18241671.jpg
うれしいのはこの短編人形アニメにT+CPソフビのメイン・キャラクター、カリオペ・ジャッカロープとスティンジー・ジャックが主演するということ。
2年まえに計画を聞き、進捗をずっとレポートしてもらっていたけれど、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のアニメーション・クルーが協力して、とうとう、こういうかたち(キックスターター)でプロジェクトはスタートしたのだ。
キャシー・オリヴァスブラント・ピータースが原案・監督のCALLIOPE: stop motion animated short film(カリオペ:短編ストップ・モーション・アニメ)。
その予告編のクォリティーが完璧過ぎる。
魅力のリワードが用意され、あとは出資するばかりなのだ。
詳しくはこちらのKickstarter campaignへ。


by tomenosuke_2006 | 2015-11-01 18:38 | TV・映画・ビデオ
『アウターリミッツ』50周年記念本
OUTER LIMITS at 50



1963年9月16日、月曜日の夕方、アメリカ。
全国ネットのABC-TVから無感覚な男の声が流れ出た。
「あなたのテレビ受像機が壊れているわけではありません。画像を直そうとしないでください。我々が送信機を操作しているのです。我々は水平調整や垂直調整のツマミを操作します。これからの1時間、静かに座っていてください。そうすれば、あなたが観たり聴いたりするものすべてを制御します」
最高によくできたSFアンソロジー・シリーズ『アウターリミッツ』の、これは象徴的なオープニング・ナレーションだった。
TVのような小さなスクリーンでSFを真剣に取り上げようと試みた番組の、記念的な第一声だった。
日本では抑えのきいた低い声の名声優・若山弦蔵さんがナレーターをつとめ、もうその声を耳にしただけで、怖いもの見たさの少年は想像を絶するSF異世界へと迷い込んでいったもんである。
全49話のほとんどのエピソードに、不条理な生い立ちの、かつ趣向を凝らしたデザインのモンスターが登場し、刺激が強過ぎて、心地良過ぎて、いまの変な自分は『アウターリミッツ』のせいなんだと思う。
a0077842_0192433.jpg
あれからザックリ半世紀が経つんだね、老いぼれるはずだ、なんて思っていたら。
つまり『アメリカン・グラフィティ』よりも、さらに10年もむかしむかしの大昔から、ずっと『アウターリミッツ』に拘りつづけてきたドイツ生まれの脚本家で小説家のデイビッド・J・ショウ(店主より2才年下)が、素晴らしい仕事をしてくれました。
SFアンソロジー・シリーズの古典のすべてが分かるビジュアル・ドキュメンタリー本『アウターリミッツ・50年』を書き上げたのだ。
ビハインド・ザ・シーンの未発表白黒写真をはじめ、コレクターによっていまも大切に保管されているプロップの撮り下ろしカラー写真や、当時発売された関連グッズなど、図版の豊富さは驚異的である。
こういうのを見せられたりすると、もうちょっとだけガンバロウなんて気になってしまうのだった。
入荷はすでに予約受付中の『オーロラ・モンスター・シーン』と同じ。
少年時代、『アウターリミッツ』に震え上がったそこのおじさんだけじゃなく、若いあなたもどうですか。

ご予約はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/i0
a0077842_115404.jpg
a0077842_116473.jpg
a0077842_1161577.jpg
THE OUTER LIMITS AT 50! Written and edited by David J. Schow, author of the essential OUTER LIMITS COMPANION and the world’s leading expert on the series, this unprecedented look at the beloved show presents over 150 new pages of rare photographs and collectibles—including many in full color, unearthed here for the first time ever.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-10-04 01:26 | TV・映画・ビデオ
メルズ・ドライブインを買う
Mel's Drive-In Pre-Built HO Scale Model

映画『アメリカン・グラフィティ』(1973年)については前にも触れたことだし、ここでは割愛する。
とにかくみんな若かった。
この映画に熱狂した店主だって、まだほんの二十歳だったし、いろんな意味で感慨深過ぎる。
ロサンゼルスに住んでいた1980年代、サンセット・ブルバードとハイランド・アベニューの角に、『アメリカン・グラフィティ』で有名になったメルズ・ドライブイン・チェーンのハリウッド店を見つけ、よく通った。
映画で使われたのはサンフランシスコのメルズだったけれど、ハリウッドのここも同じ時期に、ほとんど同じ図面で建てられたと誰かに教わった。
残念ながらローラースケートをはいたウェートレスはとっくのむかしに引退していたけれど、かつて彼女たちがハンバーガーとコークを載せたトレーを高く掲げ、クルマのまえをスイスイと滑り回っただろうスケート・コースは、建物の周りにそのまま残っていた。



1980年代は安っぽい都市開発がロサンゼルスのいたるところで繰り広げられた時代だった。
メルズもまた、1985年のある日、無惨にも取り壊されて、跡地にはどこにでもあるようなミニモールが出現した。
もしかしたら6年間のロサンゼルス生活に終止符を打ち、日本へ戻ることにしたのは、憧れだった風景や思い出の詰まった場所が次々に消えて行くのを、目の当たりにしたくなかったからなのかもしれない。
なんてことは、こっちに置いといて、あの『アメリカン・グラフィティ』の象徴的な舞台、メルズ・ドライブインがHOサイズのオモチャになっていることをご存知か。
ちょいまえ、Moebius社からそのプラモデル版が出たのを知り、工作に自信のない店主は涙を飲んでスルーしていたのだけれど、この度、なんと組立て完成版が発売になったのだ。
サイズは幅40センチ、鉄道模型のHOゲージと同じスケールなので1/80のミニカー対応。
ということはドライブインのまわりに往年の名車モチャを並べて遊ぶこともできてしまうのだ。
つまりこんな感じで↓ というわけで、予約を募ります。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/22437412/
a0077842_9132595.jpg
Mel's Drive-In from American Graffiti! Ready to display right out of the box - no assembly! Perfectly sized for HO scale train layouts. Featuring classic Mel's Drive-In graphics!
Let's go to Mel's Drive-In! It's the place to be! As seen in the film American Graffiti, this cool Mel's Drive-In Pre-Built HO Scale Model Kit measures 16-inches wide x 10-inches long x 4 1/2-inches tall, perfectly sized for standard HO scale train layouts. Fully assembled and painted, the Mel's Drive-In Pre-Built HO Scale Model Kit is ready to display right out of the box! This marks the first time Mel's Drive-In has been recreated as a styrene model based on the original San Francisco location, offered in an attractive window box featuring classic Mel's Drive-In graphics.
a0077842_923326.jpg
a0077842_9225673.jpg

by tomenosuke_2006 | 2014-10-02 10:06 | TV・映画・ビデオ
立体化されたアメリカ最古のアニメの主人公
The first animation movie of America "Gertie the Dinosaur"

1980年の拙著『超SF映画』や1985年の分冊版『SF-F映画テレビ大鑑1987 - 1949』で紹介したアメリカ最初のアニメーション『恐竜ガーティ』について記述ミスがあった、ような。
1909年と記した製作年度は、正しくは1914年だった、のかもしれない。
確か当時、いくつかの参考文献で09年と14年の異なる記述を見つけ、それなりの理由があって09年と決めつけたような気がする。
というのも1914年にはキング・コングの生みの親ウィリス・オブライエンの、恐竜や類人猿が登場するきわめて精度の高いモデルアニメにして処女作の『恐竜とミッシングリンク』が公開されていたから、新聞連載漫画『夢の国のリトル・ニモ』の作者ウィンザー・マッケイによるパラパラ漫画の域を出ない『恐竜ガーティ』を同じ年の作品と考えるには、いささかムリがあるように思えたからだった。
が、ウィキペディアにも1914年とあるし、この際、長いものには巻かれるべきかしら、なのである。



偶然立ち寄った博物館でブロントサウルスの骨格標本を見て、仲間のひとりに「いくら名監督のウィンザーでも太古の恐竜は動かせないだろう」と言われ、彼は「出来るとも!」と大見得を切る。
しばらく経ち、ウィンザー家でパーティが開かれ、彼が生み出した愛らしい恐竜ガーティがお披露目される。
スクリーンに湖畔が映し出され、ウィンザーが「出てこい!ガーティ」と呼ぶと、恐竜が現れるのだ。
彼女(そうメスなんである)は木を食べ、湖の水を飲み干し、マンモスとじゃれ合いながら芸を披露したりするのだった。
a0077842_9304931.jpg
そんなガーティとタキシードを着たウィンザー・マッケイが、1990年代にILMでモデルメーカーとして活躍したキャロル・ボーマンによって、ものの見事に立体ガレージキット化されていた。
作者が女性だからか、ガーティをよりふくよかに表現し、母性を感じさせて100点満点。
そこでプロによる少数製作の完成品を輸入することにしたので、レトロ恐竜ファンの店主もですが、あなたもおひとついかがでしょうか、っていう話でした。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_9313628.jpg
a0077842_9314419.jpg
We're offering a classic garage kit of the tuxedoed Winsor McCay and his benevolent friend from the groundbreaking 1914 animated charmer "GERTIE THE DINOSAUR," sculpted and manufactured by veteran ILM model maker Carol Bauman. This extremely rare solid-resin treasure from one of the first and most important films in the history of animation comes fully assembled and exquisitely hand-painted by professional.
by tomenosuke_2006 | 2014-09-28 09:41 | TV・映画・ビデオ
『ブレーキング・バッド』のピンクのテディベア
約50分のドラマ合計48話を5日間で観切ったということは、1日平均8時間を費やしたことになる。
先週20日の日曜から24日の木曜まで、仕事や人付き合いを完全に断ち、当然ブログやFBも放置して、Apple TVにつないだ居間のテレビはもちろん、Mac、iPod、iPhoneを駆使しながら、書斎や風呂やトイレで、ベッドやクルマでも、ずっとhuluから配信の『ブレーキング・バッド』に釘付けになっていた。
アメリカで放送がはじまったのが2008年1月というから無知を恥じるばかりだけれど、とにかくあちらの玩具問屋のサイトにあった新作アクション・フィギュアから、この世紀のTVシリーズを知り、やっとあとは1話ずつ、毎週金曜日に配信されるシーズン5の50話から62話の最終回まで観ればいいところまで漕ぎ着けた。
物語の舞台が友人(ブラント・ピータースやキャシー・オリヴァス)が住むニューメキシコ州アルバカーキだから、とくに親近感を抱かせる。
今度の『ゴジラ』の予告編でいちばん印象に残る男優が『ブレーキング・バッド』の主演者ブライアン・クランストンだと分かり、『ゴジラ』にさえ過剰な期待を寄せてしまう店主なのだった。
近日、防護服姿のウォルター・ホワイトと黒の帽子とサングラスがトレードマークのハイゼンベルグの6インチ・フィギュアが先行入荷。
7月にはジェシー・ピンクマンの6インチ・フィギュアと原寸大のピンクのテディベアも届く。
とりわけ片目がもげて、ところどころ黒く焦げたテディベアはシーズン2のオープニングに登場し、やがてそのイワレが明らかになる、このドラマの特徴的なフラッシュ・フォワード演出の象徴のようなヌイグルミ。
店主としてはいちばん欲しいブレーキング・バッド・モチャなのだった。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Breaking%20Bad/
a0077842_6202134.jpg
Watching all 48 50-minute episodes of a TV drama over 5 days works out to spending an average of 8 hours a day. Last week, from Sunday the 20th to Thursday the 24th, I completely cut myself off from work and social obligations, and using my living room TV connected to Apple TV, as well as my Mac, iPod, and iPhone, I was glued to "Breaking Bad" on hulu in my study, bath, toilet, and even my bed and car. The American broadcast started in January 2008, so I'm embarrassed not to have known about it, but anyway, I learned about this TV series of the century from a new action figure that was on the website of an American toy wholesaler, and I have finally gotten to the point where I can watch episodes 50 through 62, the final episode, that are broadcast every week on Friday one at a time. The story is set in Albuquerque, New Mexico, where friends of mine (Brandt Peters and Kathie Olvas) live, so it gives me a particularly familiar feeling. Knowing the most impressive actor in the recent "Godzilla" preview, plays the main character in "Breaking Bad," I was one shopkeeper with extremely high expectations for "Godzilla".
In addition to all of the six-inch action figures, that full-size Pink Teddy Bear will be arriving soon. Especially Pink Teddy Bear is a toy of "Breaking Bad" most wanted for me.
by tomenosuke_2006 | 2014-04-30 07:36 | TV・映画・ビデオ
新"UNCLE"ロゴ
1960年代の最高にヒップなスパイTVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』のリメイク版が、『シャーロック・ホームズ』のガイ・リッチー脚本・監督、『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カヴィル主演で今夏公開の予定だけれど、敬虔なナポソロ・ファンであり、ブラスターよりも前からアンクルガンに心酔していた店主としては、映画の時代設定がTVと同じ60年代という点に大いに賛同しながらも、肝心のスーパー・スパイのナポソロをマッチョのカヴィルが演じることに一抹の不安を感じないではいられなかった。
案の定、セットに立つスーツ姿のカヴィルのスナップを見たときは思わず悲鳴を上げてしまった。
なぜなら60年代はソロもイリヤも、ショーン・コネリーのボンドもビートルズでさえ、みんな細身でタイトな服をクールに着こなしていたものなのだ、それにひきかえカヴィルのスーツ姿ときたら・・・。
だったらアンクルガンはというと、カヴィルがP38アンクル・カービンを握るファンメードのコラージュ画像が出回っているだけで、ヒーローが銃を持つ映画スチルはこれまで1枚も公開されたことがない、から、ことさらにヤキモキさせられてきた。
映画『The Man from U.N.C.L.E.』のクルーメンバーに配られたTシャツのこの新ロゴを見るまでは。
a0077842_23294559.jpg
カヴィル似のゴツいシルエットはこの際、無視して、右手の銃の先端に目を凝らすと。
これってショートカットされ、ネジが切られたP38のバレルの先に、クルクル回転させながら取り付けられたフラッシュハイダー、別名マズルブレーキそのものじゃないか。
期待しちゃっていいのか、ちゃんとアンクルガンを復刻してくれたのか、劇中でカービンも拝めるのか、ついでにスラッシュ・ライフルもよろしく。
a0077842_23593251.jpg
Look at the T- shirt that was made for the production crew of the new U.N.C.L.E. movie. Please check the gun in the logo of the close-up shot well. The part of the gun that is showing looks like one with a flash hider like the guns used on the TV series. Perhaps we may be able to meet the UNCLE-GUN again in the movies.
by tomenosuke_2006 | 2014-01-07 00:15 | TV・映画・ビデオ