カテゴリ:TV・映画・ビデオ( 83 )
Green Hornet - The Kato Trailer.
グリーン・ホーネット(1966〜1967)20世紀フォックス・テレビジョン作品。



解説『グリーン・ホーネット』
1936年から40年代のアメリカのラジオ・シーンで人気のあったジョージ・W・トレンドル原作による『グリーン・ホーネット』の最初の映像化作品で、TVシリーズの『バットマン』と同じプロダクション・チームによって製作された。『バットマン』ほどの過剰なキャンプではないけれど、テーマ曲に軽快な『バンブルビー・ツイスト(熊ん蜂の飛行)』をフューチャーし、美しいデザインとスタイリッシュな構成、そして何よりもブルース・リーの空手アクションが話題を呼んだ。これはブルース・リーが香港に帰ってクンフー映画に主演するまえの作品であり、彼の出世作でもある。1968年にはブルース・リーの人気にあやかり20世紀フォックスがTVシリーズを再編集した劇場版『グリーン・ホーネット』(原題は"Kato and the Green Hornet)を公開している。
物語はヒーローものによく見られるお馴染みのものである。改革運動家でありデイリー・センチネル紙の編集長兼発行者のブリット・リード(ヴァン・ウィリアムス)がグリーン・ホーネットに変装し、彼の忠実な助手で空手の達人カトウ(ブルース・リー)とともに正義のために闘う。その秘密を知るのは顧問弁護士のF・P・スキャロンただひとり。リードを崇拝して止まない秘書のキャシーや頑固な犯罪リポーターのマイク・アックスフォードですらグリーン・ホーネットの正体を知らない。
悪玉たちはいずれも犯罪シンジケートに関係し、『バットマン』の奇妙な怪人たちよりも現実味があり手強い。このシリーズのもっともユニークな点は、グリーン・ホーネットもカトウもけっして高潔なヒーローではないということ。彼らは法の盲点を突いてのさばる犯罪者を、ときには非合法な手段で窮地に追い込むのだ。つまり目には目をの必殺仕掛人タイプ。だから警察にもにらまれてしまう。
『グリーン・ホーネット』は『バットマン』のように爆発的な人気を得ることはなかった。魅力的なヒーローが画面狭しと大活躍する反面、あまりにも類型的なエピソードが繰り返され、さらに悪玉が個性に欠けていたことが災いしたのである。その結果、1966年9月にスタートしたシリーズは翌年の7月に全26話を放映し、終了してしまった。
余談だけれど『グリーン・ホーネット』の原作者トレンドルが主人公ブリット・リードをローン・レンジャーの甥として創作していたことを知る人は少ない。グリーン・ホーネットの黒マスクと帽子は、ローン・レンジャーのトレードマークを原題風にアレンジしたものだったのだ。同じく助手のカトウが日本人なのも、ローン・レンジャーの相棒トントがインディアン青年という非白人だったからなのである。

Film Fantastic 4 / SF-F映画テレビ大鑑 1965-1969より抜粋


by tomenosuke_2006 | 2011-12-23 19:34 | TV・映画・ビデオ
沖縄限定特撮TVシリーズ『ハルサーエイカー』を観よ!
スタッフ・キャスト全員が沖縄在住か出身者というこだわりの、もちろん沖縄が舞台の、ただいま沖縄ローカルで絶賛放映中の特撮TVシリーズが『ハルサーエイカー』。
比嘉Bros.(ヒガブラ)さんがキャラクター・デザインや着ぐるみ造形を担当している。
沖縄に"永遠の不作"をもたらそうと暗躍する悪の化身と、それが繰り出すモンスターたちに、農業とファッションを愛する美少女、田畑愛がスーパーヒロインのハルサー・アイに変身して果敢に立ち向かう愛と勇気の物語なのだ。
ちなみにタイトルのハルサーエイカーとは沖縄の方言で"農家一族"という意味なんだとか、だからハルサーアイとは"農家の愛ちゃん"みたいな。
今年10月から放送開始、全13話中、現在6話まで放送済み。
一昨日、比嘉Bros.さんから届いたメールでは、近々最終話の現場がはじまるらしい。
厳しい製作条件を情熱で補ったにちがいない、中央の特撮モノにもひけをとらない完成度は、もうそれだけで痛快極まりない。



This TV show is a local program in Okinawa, but is a story of the super heroine, of which special effects film fans all over Japan take note. My friend Higa Bros. who made a model animation short movie for the 3rd anniversary of Tomenosuke, is playing an active role in the production of designs of characters and special costumes.
by tomenosuke_2006 | 2011-11-26 15:25 | TV・映画・ビデオ
ナポソロ役がハングオーバーのブラッドリー・クーパーに。
今年4月1日のポストで『オーシャンズ』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督が盟友のジョン・クルーニーを主演に招いて『The Man From U.N.C.L.E.』をリメイクするとお伝えしたが、そのナポソロ役が『ハングオーバー』1、2作のブラッドリー・クーパーに交替し、来春から撮影に入ることが決定した。
クルーニーだと、ちょっとお年を召されすぎかなぁと不安だったけれど、クーパーならいけそうだ。
THE UNCLEGUN.COM の主宰者Brad Ferguson(ブラッド・ファーガソン)氏によると、まだワルサーP38アンクルタイプの採用は未定だとのこと。
a0077842_8234916.jpg
Bradley Cooper has been offered the chance to replace Robert Vaughn as The Man From U.N.C.L.E. after George Clooney dropped out, according to a U.S. report. The film is reportedly set to start shooting in the spring.
by tomenosuke_2006 | 2011-11-02 08:33 | TV・映画・ビデオ
小松左京先生がお亡くなりになりました。
日本SF界のドン、小松左京先生が7月26日午後4時36分、肺炎のためにお亡くなりになりました。80歳でした。
1980年に店主がLAへ引っ越し、SF映画三昧の日々が送れたのも、太っ腹な小松先生のご支援があったからこそ。
ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

小松先生とのご縁について書かせていただいた過去ブログ
8ミリ映画上映会のお知らせ/前編→http://tenshu53.exblog.jp/5370833
8ミリ映画上映会のお知らせ/後編→http://tenshu53.exblog.jp/5484305
by tomenosuke_2006 | 2011-07-28 18:28 | TV・映画・ビデオ
shuwest編集『未知との遭遇』長尺完全版を観て。
10年前もこんな感じだったよと話してらしたのは評論家、石上三登志さんだった。
石上さんとは『吸血鬼だらけの宇宙船 怪奇・SF映画論』(1977年)や『地球のための紳士録』(1980年)などの著書でファンを唸らせた大先輩。
子ども騙しと疎んじられていたSFホラー映画をこよなく愛し、熱弁を揮う、無尽の生き字引であり、娯楽の裏方で働く名も無き人々の経歴さえ諳んじる分厚い人名辞典のような人、手塚治虫研究でも著名な電通マンだった。
なんといっても1950年代にジョージ・パルやレイ・ハリーハウゼンやウィリアム・アランドやジャック・アーノルドやロジャー・コーマンやバート・I・ゴードンのB級映画をリアルタイムでご覧になり、その経験と記憶を糧に特異な評論を展開されて、どれだけ勉強させていただいたことか。
まだまだ青かった店主の羨望たるやいかほどのものだったか。
そんな石上さんが2本の大作SF映画『猿の惑星』と『2001年宇宙の旅』が公開された10年前の1968年を振り返りながら、『スター・ウォーズ』(SW)と『未知との遭遇』(CE3K)が公開された“いま”とどこか似ているとおっしゃったのだ、1978年のことだった。
理屈抜きの娯楽大作『SW』、人と宇宙の関わりについての考察『CE3K』。
どちらが面白いか、SF映画として優れているのはどっちだといった“いま”の論争とよく似た応酬が、10年前も『猿の惑星』と『2001年』の間で繰り広げられたらしい。
a0077842_22394438.jpg

製作途上のマザーシップのモデルを囲むスタッフたち。左でからだを屈めてミニチュアを覗き込んでいるのはスティーブン・スピルバーグ。その右隣で腕を組んでいるのはSFX監督のひとりリチャード・ユリシッチ。中央の男性はダグラス・トランブル。右端はモデルメーカーのグレッグ・ジーン。みんな初々しい。


1978年、日本列島はSW派とCE3K派に二分されていた。
手塚治虫先生やSF文壇の大御所といわれる人たちは大方がCE3Kを推していたと記憶する。
一方、若手作家や店主などはあっけらかんとした勧善懲悪もののSWを無邪気に返り手放しで歓迎した。
それまでのニューシネマやパニックやオカルト映画の重圧から解放され、スポーツで汗を流したような爽快さを映画に感じたというのも理由のひとつだった。
そういう映画をあまり知らなかった。
劇中で神秘的な出来事に感動したり、目頭を熱くするCE3Kの主人公たちを見ているのが照れ臭くもあった。
ヒューマニズムの苦手な年ごろだった。
CE3Kはとにかく店主の中ではSW時代の添え物でしかなかったのだ。
a0077842_22402512.jpg

完成したばかりのマザーシップ・モデル。


それがいまごろCE3Kについて感想を書き留めておきたくなったのは、先日、留之助商店を訪れた東京の某TV局の報道部に籍を置くshuwestさんから、164分に及ぶDVD『未知との遭遇/スペシャル・ロング・エディション』をおみやげにいただいたから。
存在がおぼろげなSF映画の片割れを観る機会を得て、当時とはまったく異なる感銘を受けたからだった。
オリジナルは135分、1980年公開の『特別編』が132分、それよりおよそ30分も長いこのCE3Kは、市販のDVDに付属の特典映像などを利用してshuwestさんがプライベートで追加編集した情熱の賜物、文字通りの特別長尺版だ。
店主としては記憶と照らし合わせながら、どこが、どのように、どれだけ付け足されたのか判別しようとゲームの感覚で挑んだつもりが、shuwestさんの編集があまりに巧みすぎて、それどころではなく、3時間に及ぼうとする特別なCE3Kに没頭してしまったのだった。
そして改めて思った。
スピルバーグという人はなんと丁寧で根気に、レンズの向こうの人物やセットや風景をいたわるようにカメラにおさめ、カットを重ね、愛情深く映画を作っていたことかと。
a0077842_22412591.jpg

SFXカメラマンのデニス・ミューレンとモデル・メーカーのグレッグ・ジーン。
デニスはCE3KのあとILMへ移籍し、SFX監督としてリーダーシップをとることになる。


シーンのひとつひとつに苦心の跡を感じる。
進行表通りにことが運ばず軌道修正を強いられ、しかしそれが思わぬ結果を導き出すことになったり、失敗と模索とブレイクスルーが繰り返された名残を見る。
手際のいい流れ作業や、統制のとれた分担作業が重んじられはしても、すべては不確実な人間の仕業、映画がまだ工芸品の一種だった時代。
CE3Kは20世紀のぎこちなさの中にある尊い美について考えさせてくれる映画なのである。
あまりにも完全で非の打ち所がない映像と、さらにそつのないお芝居でまとめあげられた工業製品のような映画『トランスフォーマー』を30年の進化とみていいのか、店主には分からなくなったのだった。
a0077842_045052.jpg

照明を灯したマザーシップのテストショット。
これにフォーカスをかけ長時間露光して、あの滲んだイメージを創り出した。


CE3Kを観て、とりわけカラフルに滲んだUFOの様子を目の当たりにして『ブレードランナー』を連想しないではいられなかった。
小型のUFOはフライング・スピナーのようでもあり、マザーシップの内外は2019年の未来都市を思い起こさせる。
いずれもダグラス・トランブルの映像学のなせる技であり、共通するイメージがあったとしてもけっして不思議ではない。
その『ブレードランナー』は『E.T.』と同じ1982年に公開され、まったく異なる2本のSF映画の間でまたしても論戦が繰り広げられることとなったが、トランブルのキャリアが『2001年』に始まったことを考え合わせると、彼は三つの時代を通じてつねにエポックメーキングなSF映画に関与した唯一無二の映画人といえるのだ。(石上さんの『地球のための紳士録』風)
来年アメリカでダグラス・トランブルの研究書が出版される予定だと、編集に協力しているグレッグ・ジーンが教えてくれた。
ちなみに1968年、日本SF作家クラブは『2001年』ではなく『猿の惑星』を推薦映画に選んでいる。
shuwestさんは12月14日に発売される「アルティメット・コレクターズ・エディション」の特典映像などをじっくり吟味して『ブレードランナー/スペシャル・ロング・エディション』を作ってみたいとおっしゃていた。
a0077842_0175348.jpg

この記事に添付した画像はいずれも1980年代にグレッグ・ジーンから譲り受けたものです。


by tomenosuke_2006 | 2011-06-11 11:59 | TV・映画・ビデオ
ナポソロをジョージ・クルーニーでリメイク始動。
エイプリルフールにこんな話をしても信じてもらえないかもしれないな。
去年11月、スティーヴン・ソダーバーグ監督が自作の『オーシャンズ』シリーズなどで気心も知れているジョージ・クルーニーを主演に『The Man From U.N.C.L.E.』のリメイクを検討しているというニュースが流れたけれど、ついにクルーニーが契約に同意した。
で、2012年の公開を目指して製作準備に入ったのだ。
往年のスパイ・シリーズのリメイク版といえば『アイ・スパイ』や『ゲット・スマート』などの拍子抜け映画ばかりで、あんなことになるくらいならナポソロだけはそっとしておいてほしいと思っていた。
たとえアカデミー賞監督のソダーバーグでも、クルーニーがソロを演じようとも、聖域には近づいてほしくないとさえ思っていたのだ。
が、THE UNCLEGUN.COM の主宰者Brad Ferguson(ブラッド・ファーガソン)氏によると、今度のナポソロはTVシリーズと同じ1960年代を舞台に、オリジナルの雰囲気を尊重しつつ、定番のアンクル対スラッシュの戦いを高度に進化した映画術を駆使して描く拘りの作品になるらしい。
そういえば去年末、ソダーバーグ監督作のもうひとりの常連マット・デイモンがロサンゼルス・タイムズのインタビューにこたえて、こんな話をしていたことを思い出した。
「彼はいま撮影中の『Contagion』(2011年10月21日全米公開)を終えた後、来年(今年)からマイケル・ダグラス主演の『Liberace』(2012年全米公開予定)を監督して、その後、多分ジョージ・クルーニーといっしょに1本だけ仕事をしたら引退するつもりなんだ。映画界を退いたら、画家になりたいと言ってるよ」。
デイモンの言葉を信じるなら、ソダーバーグ監督はフィルム・メーカーとしての引退記念にナポソロを選んだことになり、だったらハンパな映画にはならないだろうと思えてきた。
あとはイリヤを誰が演じるかだ。
ところでブラッドさんは、リメイク版の設定がオリジナルと同じ60年代だからP38のアンクルガンやカービンも同様に使われるべきだと、自分が手塩にかけて創り上げたレプリカを売り込むらしい。
店主もマルシン工業さんとパイプができたことだし、アンクルガンの決定版やM1-カービンを使ったスラッシュ・ライフルなんかも出来ないものかと変なことを考えはじめたのだった。
a0077842_11542669.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-04-01 12:08 | TV・映画・ビデオ
シークレット・ギグ。
飛騨地方を地震が襲った28日、日曜日。
JR高山線が不通となったため、クルマで名古屋まで出て新幹線に乗り継ぎ、人形町の三日月座で夕方5時から開催された極プライベートな映画上映会『BLADE RUNNER SECRET GIG』に参加した。
1981年2月23日付けの最終スクリプトに近付けることに主眼を置き、DVD BOXに収録されている未公開シーンや削除シーンを用い、必要に応じ字幕も打って創り上げた上映時間2時間半のTHE ULTIMATE WORKPRINTをコッソリ観る会。
知る人ぞ知るシュウさんによる執念の仕事を、仲間のポスターマンさんが尽力し、映画評論家の滝本誠氏をプレゼンターに実現した。
上映される写真も写真なら、集まって来た人たちも只事じゃない、まるで試写室も、映画の後の三日月座カフェでの懇親会でさえ、そりゃぁ高濃度で粘りっこく、ドブロクの酒樽の中にいるような気分。
下戸の店主は一足飛びで酔っぱらってしまったのだった。
a0077842_031130.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-02-28 23:59 | TV・映画・ビデオ
発売の遅れは意図的のような、ビンセントロン。
新製品の全貌を惜しげもなく公開するから発売間近なのかなぁと思っていると、これがなかなか出荷されない。
から、旬も過ぎて、ファンの気持ちも離れてしまうんじゃないかと心配させられることもしばしばのMINDstyleさんなんですが、去年の8月に早々と発表されたTHE BALCK HOLE V.I.N.CENT. Tron ver.(ブラックホール・ビンセント・トロン版)にかぎっては、この出荷の遅れは計算ずくだと思わざるをえないのだった。
a0077842_84347.jpg
いまだからこそ、ブルーの冷たいボディカラーがいっそう冴えて見える。
12月に封切られる『トロン・レガシー』の予告編が流れはじめ、氷色に発光するデジタル・ワールドを垣間見るたび、ビンセント・トロン版に大いに納得してしまうのだ。
じつはこのビンセント、『トロン・レガシー』にカメオ出演しているんですよ、なんていう冗談も本気に取られそうな迫真のカラーウェイ。
全高20センチの大玉メロンサイズで存在感もしきり、どちらかというとオリジナル・カラー版よりこっちの方が好きだったりする。
そんな子が、例のライセンスの関係で海外友好店からの並行輸入ながら、限りなく定価に近い価格で近日提供できそうなのだ。

ところで映画の『トロン・レガシー』って、前作から20年後っていう設定だけれど、本当は28年もたっている。
ま、これは前作で主人公のフリン(ジェフ・ブリッジス)に置き去りにされたという息子が、28年もたてば主役を張るには苦しい年齢になってしまうからなんだろう。
それよりも天才プログラマーのフリンが経営していたゲーセンのセットが、そっくりそのまま再現されたり、フリンの同僚だったアラン(ブルース・ボックスライトナー)を同じ俳優が演じたりと、ノスタルジーな要素も往年のSFファンにはうれしいかぎり。
近ごろのデジタルで表現されたフィジカルなモノや現象の荒唐無稽にあまりときめかなくなってしまった店主ではあるが、この映画の舞台はコンピュータの向こうに広がる誰も見たことのない仮想世界なのだ、文句はない。
12月には3Dメガネをかけて劇場のいちばんいい席に陣取りたいと思う。
ところでご存知ですか、前作の『トロン』はCGを呼び物にしたわりには、実際のCGカットは上映時間の3分の1にも満たず、大半は台湾で製作されたセル・アニメを合成してたんですよ。


by tomenosuke_2006 | 2010-09-13 23:59 | TV・映画・ビデオ
家捜しして見つけた、こんなベタ焼き。
きょう5月10日午後からGWの振り替え休みを利用して沖縄へ行くんですが、梅雨に突入しちゃったんですってね。
プールサイドでのんびりするつもりが、たぶん全滅、比嘉Bros.さんに遊んでもらえるのがせめてもの救いです。
で、祝比嘉Bros.さんと再会&石膏複製版ファッティ完成記念、いたいけな頃の店主撮り下ろし『おかしなおかしな石器人』(1981年)のアニメーション・セットとアニメーターたちのビハンド・ザ・シーンを一挙公開。
無地のシャツを着たヒゲの人物がモデルアニメ部門のリーダーを務めた故デイビッド・アレンで、チェックのシャツでおヒゲの男性がファッティのほとんどのアニメを担当したピーター・クレイノウです。
a0077842_2213713.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-10 02:25 | TV・映画・ビデオ
こんな鉄砲のことを思い出しました + お宝?画像。
前回の留ブラPROの製作レポートでは30を超えるたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
改めてPROへの期待の大きさを知り、褌をギュウギュウに締め直した次第です。
さて、そのレポートで“生き物の気配”とか“生身の銃”とか、思いつくままに書きながら、直後、脳裏に浮かんだのはデイビッド・クローネンバーグ監督の1982年の映画『ヴィデオドローム』の銃、肉体の一部と化したワルサーPPKでした。
なので「留ブラPROには期待してますが、生き物になっちゃったら気持ち悪いなぁ」とコメントされた方も、あんな感じの銃を連想されたんだったらムリもないと思った次第です。
a0077842_958687.jpg
『ヴィデオドローム』はメイクアップで6回もアカデミー賞を受賞し、ただいま公開中の『ウルフマン』に参加したスペシャルメイクのオーソリティー、リック・ベイカーが、メイクをはじめSFXプロップも監修したカルト映画です。
ちょうど店主がLAに住んでいたときの作品で、リックの工房に入り浸り、主演のジェームズ・ウッズのテストメイクにも立ち合ったりして、カナダでの撮影前のほとんどのリハーサルを見学しました。
同じころ、クローネンバーグその人にもインタビューできて、その縁で、名前だけではありますが映画に特別出演もしております。
そんなことより、リックの工房では自由に仕事の様子を撮影させてもらい、生身のPPKもいくつかのバリエーションをカメラに収めていたことを思い出し、コメントへのレスのついでにご覧いただこうと、昔の映画資料をしまい込んでいる箱やらロッカーを探し回ったのですが、これがなかなか見つからない。
出てきたのは上のパブリシティ用の35ミリ・スライドぐらいで、代わりに、店主が別の日にリックの工房で撮ったこんなのを見つけました。
a0077842_1914922.jpg
a0077842_22242217.jpg
1982〜83年ごろ、ミュージックビデオ『スリラー』でマイケル・ジャクソンが演じたウルフマンの最終ステージの顔を彫刻するリック・ベイカー(上)と、その直前のステージのフォーム製メイクアップ・ピースの画像(下)です。
あのときマイケル・ジャクソンのライフマスク(石膏製の顔型)を見て、なんて顔の小さい人だろうと思ったものでした。

店主はCGやデジタルが台頭するよりはるかむかし、アナログでロウテクなSFXの時代に遊んだ過去の人です。
たとえばモンスターの顔に刻まれた彫刻刀のひと彫り、ひと筋から作者の情感が伝わるような作品を傑作と呼んでいました。
ひとことで言うなら、単なる固有の形をしたマテリアルではない、アイデンティティや作家性を有するもの、魂のこもった創作物を指します。
徳信尊さんによる留ブラの原型がまさしくそれで、彼の一心不乱の仕事振りを目の当たりにするにつけ、この傑作を殺してはいけない、工業製品化にともなうデザイン上の合理化はけっしてあってはならないと思うのです。
『ヴィデオドローム』の肉塊のような銃を持つジェームス・ウッズに、完成した原型を手にとり慈しむ徳さんの姿がダブってしまう。
原型は徳さんのからだの一部であり、血を分けた子どもでもあります。
大袈裟ではなく、生気の失せた留ブラPROなど毛頭造る気はありません。
現在、マルシン工業さんで図面の書き直し中、予定より2ヵ月の遅れ。
a0077842_1175212.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-05-10 01:31 | TV・映画・ビデオ