<   2007年 01月 ( 47 )   > この月の画像一覧
発表! ムカシタイトルDVD4作品。
4タイトル・ズバリ当てましょうクイズに応募いただいたみなさんにはごめんなさい。
正解者、一人もいませんでした。
大垣のTさん、オシー。
店主が気ままに選んだのは、次のとおりでした。
a0077842_1645856.jpg
1. 0011/ナポレオン・ソロ 1964〜68 全105話 26-DVDs
3. 0022/アンクルの女 1966〜67 全29話 6-DVDs
8. グリーン・ホーネット 1966〜67 全26話 4-DVDs
9. バットマン 1966〜68 全120話 7-DVDs

ライセンスの関係なのかなぁ、リージョンフリーっていうのはとてもありがたいんだけれど、画質は残念ながらデジタル・リマスターではなく、フツーのビデオ並。
取引先のカナダのDVDメーカーさん、破格の値段で卸してくれたから文句はいいません。
たっぷり楽しめるし、資料的価値も大(これマニアな表現)、留之助ホームページの入荷新着情報で発売中。
by tomenosuke_2006 | 2007-01-31 16:51 | 書店入荷新着情報
ダレクさんの新しモノ、ゾクゾク入荷スーン。
まず、ダレクのスペース・モンキー・テーマの新作ポスター2種、グレー(左)とマルーン(右)がやって来る。
サイズは約80cm×60cmと大判、サインとエディション番号入り各100部限定の最新作。
イームズなインテリアのリビングやオフィス向きかな、細めの白木のフレームで仕上げるつもりでいる。
a0077842_993226.jpg
それからダレク通算2冊目の画集SONIC ORDER OF HAPPINESS(左下)、21cm×21cm、176ページも。
出版まもなく売り切れて、店主、買いそびれちゃったんだけれど、取り引きのディーラーさんが出版社に残ってた何冊かを強引に持ってきた、ありがとう!
さらに仕入れがホント手強いキューイー・ダレク版(右下)も。
ちょっと残念なのはレッドのJP¥版とブルーのUK£版はなんとか押さえたものの、ピンクのUS$版がどうにも入手できなかったこと。
a0077842_9405817.jpg
額装に時間のかかるポスター以外の上記商品は、入荷次第、留之助ホームページの入荷新着情報で販売します、ご期待ください。
ものはついでに、3年まえ世界的に売り切れながら、当店ではフツーに在庫してるっていうか、売れ残ってると正直に申し上げるべきか、とにかくデレクのレア・オブジェモチャ、スペース・モンキーも見てやってくださいな。

a0077842_9552778.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-31 10:01 | 書店入荷新着情報
Sket Oneとコンタクトしました。
1月5日1月11日の記事で紹介したキッドロボット最新12番のアメリカン・デラックス
その作者のSket One(スケット・ワン)君と直接メールでやりとりして、けっこう好感持ちました。
a0077842_1112250.jpg
キッドロボットの掲示板に、スケットが描き下ろしたアメリカン・デラックスの35部限定サイン入りミニポスター(15×25cm)が額入りで売られているというカキコミ見つけ、彼のサイト経由で問い合わせると、スケット本人からメールが入ったと。
アメリカン・デラックスのフィギュアとセットにするとか、購入者にプレゼントするのもいいかもしれない、当店の在庫数分の3枚を仕入れることに。
ついでに新作も勧められ、額装済みサイン入りミニポスター8種類を各1点づつ、買っちゃったよ。
上の写真の中央と右側がそのうちの2点、面白いのはそれぞれたったの5部限定だということ。
スケットいわく、同じものを大量生産するより、いろんな種類を手作りすることに興味がある。ぼくの絵が大量に売れるとも限らないしね。
出身は東海岸コネチカットのストリート、好みのキャンバスはコンクリート、いまも生粋のグラフィティ・アーティストしている。
a0077842_16533999.jpg
オブジェモチャの世界に入ったきっかけはキッドロボットからのオファだったとか。
その後もジョー・レッドベターのミスター・バニーやファイヤー・キャットをプロデュースした気鋭のデザイナーズトイ・メーカーWheaty Wheat(ウィーティー・ウィート)や風変わりなヌイグルミ専門Circus Punks(サーカス・パンクス)から店主好みを次々に発表している。
スケットといえば留之助商店はじめるまえの2005年の暮れ、彼がデザインした200個限定の8インチ・ダニーレッド・キング・タット(下)がオンラインで発売されるってんで、真夜中、店長と示し合わせてパソコンに向かったっけ。
結果はン秒の差で、店長ゲット、店主ロスト。
それが下の写真のとおりです、留之助商店で売ってます。
ところで“suketto”とローマ字入力して変換キーをたたくと、うちの辞書は最初に“助っ人”と出るんですが、おたくのはどーですか?
a0077842_17543162.jpg


こちらスケットモチャ、今後の予定です。
by tomenosuke_2006 | 2007-01-30 18:17 | イマモチャ
バクレツ最新ロンマガ。
バクレツパイナップルさんから待ちに待ったブツ発送の連絡あり。
ここに写真、アップしておきました。
by tomenosuke_2006 | 2007-01-29 08:04 | プロップ
3月6日(火)午後7時、メルローズとラブレアの角で会いましょう。
a0077842_127534.jpg
いまさっき入ってきたニュース。
来る3月6日〜30日までLAの1988ギャラリーでジョー・レッドベターの個展が開催される。
初日は午後7時からレセプションあり。
参加希望者は事前にRSVP(参加申込)が必要。
こういうときしか原画はみられません、買えません、もちろん店主、出かけます。
ちなみに明日まで、同じギャラリーでロボット・ガールなど最新のデザイナーズヌイグルミ展開催中。
a0077842_1284654.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-29 05:27 | ロウブロウアート
またイカレタおもちゃ期待してます。
「評価おくれてすいません商品ばっちりです!!!またイカレタおもちゃ期待してます」
ヤフオクに出したマッドヴィレインを落札してくれた人から評価もらったんだけど、そのイカレタおもちゃっていう表現、とても気に入っちゃって、イカレタモチャなんていうカテゴリがあってもいいかなって思いはじめてる。
ただし店主の考えるイカレタモチャとは、そんなもんにお金つかってどーするのと誰もが等しく思う、たとえば個人所有するには大き過ぎたり重過ぎたりして持て余すこと間違いなしの、使い道がはっきりしないもの。
店主所有の外に置くしかないシンクレアのブロントサウルス巨大ネオン・コレクションなんかがそれに当たる、かも。
もう少し突っ込んでいうなら、オモチャがイカレてるんじゃなくて、それを我が物にしたいと思う精神がイカレてる。
下のカタログ見てよ、メルローズ・アベニューのアンティック・ショップOff The Wall=オフザウォールのオーナーで友人のデニス・ボーゼスからもらって大事にしてんだけど、こんなのをワケもなく欲しいと思った瞬間から、この品物はイカレタモチャに変身するのだ。
a0077842_1959466.jpg
いちばん欲しいのは右上のトレーラーに載ってるハンバーガー・レストラン・チェーン、ボブズのマスコット“ボブ君”。
赤白チェックのオーバーオール着てビッグボーイ(マックでいうところのビッグマック)を高々と掲げてるデブッチョだね。
左上から2番目のサブマリン・サンドを抱いた水兵さんも横幅ありそうでかわいいし、右下のTボーン・ステーキ持って二足立ちしている牛のコックさんも堂々としてていいね。
以上は食べ物屋さん用のマスコット・サインでした。

a0077842_2018934.jpgほかにもアミューズメント・パーク用というにはちょいとヤボな、けれど公園やショッピングセンターの遊び場のために真面目に作られたアイテムが左。
けど、ほんとにアメリカではこんなの売ったり買ったりしてんのかなぁ、外見、極め付けのヘタだよ。
左下の口開けてるキャスパー風はゴミ箱のカバーだけど、よく見て、ゴリラの足元に人が立ってるでしょ、ゴミ箱の馬鹿げたサイズが想像つくよね。
a0077842_20412340.jpgもう、バカバカバカって3回つづけていいたくなる、左はミニチュア・ゴルフ場アイテム、インディ・ジョーンズみたいなのもいるね。
ミニチュア・ゴルフって日本では馴染薄だけれど、簡単にいえばパターゴルフのコースをお馬鹿でイカレタ各種の作り物で飾り立て、真剣にスコアを競うんじゃなくって、冗談いいながらポコポコ打つお遊び。
左下の写真、じっくり観察してみてちょーだい。
茶色の牛の足元に人がいるの分かるかな、大きさ納得してもらえるよね。
そーなんです、ここに紹介したイカレタモチャのさらに何十倍もの数と種類の、ニワトリのかたちをしたブランコや恐竜のすべり台やプール用のタコの噴水など、よーは留之助商店が注文を承りますってこと。
興味おありのまっとうなイカレタ方はご連絡ください。
例の牛のコックさんが欲しいなんて、どこかの飛騨牛レストランが名乗り出てくれたらなぁ、店主、仲間を連れて週に1度はステーキ食べに通うんだけど。
by tomenosuke_2006 | 2007-01-28 00:01 | ムカシモチャ
商談成立。
a0077842_1640215.jpg
25日の夜、ダウンタウンLAのザ・スタンダード・ホテルで開催されたキッドロボットのメガイベント
中でもダニー・コレクターが狙っていたのがここだけでしか売られないホアック・ジー作のHELLO my name isの8インチ版で、しかも7時〜9時はホアックのサイン会もあったりして、バイヤー君がんばってくれました。
とりあえず留之助商店用にサイン入り1個とサインなし2個をゲット。
あっちではとっくにソールドアウトになってるけれど、当店では売れ残ってる同じホアック作のキッドロボット君シリーズ10の3個セット2組と交換することになり、めでたく商談成立。
お金払わなくってもいいから、なんか得したような気分になってる店主でした。
by tomenosuke_2006 | 2007-01-27 12:44 | イマモチャ
P38アンクル・タイプ・カービン留之助ver. UPDATE
1月12日の記事で書いたけれど、P38アンクル・タイプ・カービン留之助ver.は、マルゼンのエアーガンにロジックさんのアクセサリー・パーツとバクレツパイナップルさん特製のロングマガジンを使用し、ブラッドさんのユーティリティパックを付属、目玉に本物のブシュネル・ファントム・ピストル・スコープを取り付ける。
でも、それだけじゃパーツを寄せ集めただけで、せっかくの榎本店長の腕の奮いどころがない。
鉄は鉄らしく、本来アルミ製パーツをプラスチック風に黒く染め上げたといわれているグリップやロングバレル・グリップはそれなりに、見ため重視の塗装とウェザリングを念入りに施す。
a0077842_22433458.jpg
a0077842_2372342.jpg
フラットな仕上げのチークパッド(右)もより本物に近づけるために、滑り止めのメッシュ処理(左)を追加した。
あとはバクレツさんのロングマガジンを待つばかり。
懸案だったアダプター部品の調達や精度を高めるための改良など、やっとメドが立って、ロンマガ最新版第1号が来週初めには届く予定、完成間近だよ。

a0077842_23272554.jpg

1964年に発売されたMFUピンボールマシーン・ゲーム。ソロを狙い撃ちしたルガーP08の弾が防弾ガラスに当たってクモの巣状の亀裂が走る、あの印象的な第1シーズンのオープニングのイメージが盤面に大きく印刷されている。イリヤの方が目立つ66年版のピンボールモチャとともに留之助商店に在庫あり。



バクレツパイナップル版ロングマガジン最新作の写真です。
by tomenosuke_2006 | 2007-01-27 00:51 | プロップ
IWG、宇宙を目指す。
a0077842_236146.jpg
いつまでも人間どもの好き勝手にさせてちゃ種が滅んじゃう、と立ち上がったのがIWG(I.surgents W.ilderness G.ruppo=反乱を起こした・自然界の・群)。
9匹の代表メンバーで構成され、陸海空で無慈悲な人間どもを次々に血祭りにあげていく。
どーだ、空担当のフクロウ君はミサイルを、イルカ君は魚雷をジャックしたぞ。
あとの面々も森で見つけたハンターたちをまんまと返り討ちにして、記念のドクロを足元に置いている、コワイだろ、スゴイだろ、とってもかわいいいだろ。
去年かな、大きいバージョンも出たけれど、こっちは値段も手頃な平均身長8センチのミニフィギュア・シリーズ、もうじき留之助商店に来るから。
で、このIWGが今度手にする新兵器こそ、地球のゴミを燃料に天翔ちゃうスペースロケット、宇宙侵略を企てる人間どもを成敗するために使われるのだよ。
もちろん高さ約50センチはミニフィギュアにぴったりのスケールで、出撃まえに留之助商店に寄港する予定。
a0077842_236426.jpg
品物の話。
デザイナーはPatrick York Ma(パトリック・ヨーク・マ)。
ミニフィギュアは1個ずつ迷彩柄のウィンドーボックスに小分けされ、9個揃いのカートンケースに詰められて入荷する。
当店ではその9個入りカートンで販売の予定だよ。
ロケットはというと、クラシック・ギャラクティック・シルバーとフューチャー・エコ・グリーンの2色がそれぞれ450個限定で発売になるけれど、入荷はエコ・グリーンのみ、特製ミニフィギュアがオマケで付く(上の写真のクマさんではございません、特製です)。
それにしてもたくさん売れそうな気配ないから、最低ロットで注文入れたわけだけれど、数が少なければそれだけ割引率も悪くなる。
商売って考えるとキツイけど、でも Show Buy なんだと思えば、なんとかなりそうな気がしてくるから不思議だね、単なる気休め。
↓のリトグラフも同時リリース、けど注文するかどうかは検討中。
a0077842_073285.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-26 00:13 | イマモチャ
ROBOT GIRLっていうヌイグルミ。
a0077842_22313693.jpg
Michelle Valigura(ミッシェル・ヴァリギュラ)とAmanda Visell(アマンダ・ヴィセル)のふたりの女の子が立ち上げたSwicheroo(スイッチャルー)の作品第1弾、身長36センチのちょっと大きめなヌイグルミ、ロボット・ガールを仕入れるよ。
ミッシェルもアマンダも才能豊かなイラストレーター、とにかく女の子がふたりしてがんばってるんで、店主、そんなにヌイグルミ(アグリードールとか)得意じゃないけど、ついね。
a0077842_22364326.jpg
当店が在庫しているヌイグルミといえば、ゲイリー・ベースマンの200個限定の本革製TOBYがいるけど、動かないなぁ、けっこう苦労して仕入れたんだけど、高いしね。
そういえばUFOキャッチャーの景品のヌイグルミ・サンダーバードもいろいろあったっけ。
こっちは安いし、面白がって買ってくれる人がいるみたい。
ロボット・ガールもなるべく安く、5000円以下にできるよう、数と送料の微妙な関係など只今検討中。
by tomenosuke_2006 | 2007-01-25 07:14 | イマモチャ