<   2007年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧
奏でるオブジェモチャだよ。
a0077842_17495721.jpg
雰囲気が作者のMarka 27(本名Victor Marka)にどことなく似ているオブジェモチャというだけでなく、高品位デスクトップ・スピーカーとしても活用度“大”なのが、このミニゴッドである。
7月のSDCCでマーカがiPodにつないだミニゴッドを抱え、デモンストレーションのつもりだと思うけれど、会場をウロウロする姿はじつに印象的だった。
メキシコ系アメリカ人のマーカはグラフィティ・アーティスト出身。
グラフィック・デザイナーとして生計を立てながら、去年4月、ミニゴッドのアイディアを実現すべく行動を開始した(メーキング・オブ・ミニゴッドについては下の追加ページを参照)。
デザインのルーツはアステカやマヤ族、ちょっと新しいところではマサイ族など、エキゾチックな世界の戦士たち。
a0077842_19371673.jpg
大小10個のむき出しのスピーカー(9個はダミ)は戦士の衣裳を彩る文様のようでもあり。
マーカいわく、お金さえ払えば素敵なアート・トイは手に入るけれど、それがワンオフじゃない限り、別の誰かも同じものを持っていることになる。
そんなのがイヤな人、自分だけの特別な何かを求める人には、このミニゴッドはうってつけなんだ。
なぜなら、これでまったく同じ音楽を聴く人なんていないだろうから。
ミニゴッドはひとつひとつ異なる音を持つ、他に類を見ないトイなんだ。
a0077842_205578.jpg
留之助に入るのはコレクターズ・エディションといわれているゴールド版(80個限定)とレギュラー・エディションのグリーン版(300個限定)のそれぞれ4個ずつ、のうちのゴールド1個は店主がノートブックにつないで使うことに決めている。
3年前に発売されたホンコンのJason Siuデザインのユニークなオブジェモチャ、サウンド・スピーカー・シリーズを思い出す人がいるかも。
中でも高音質だといわれたN-3Bと同じくらいいい音だよ、このチビ神様は。

チビ神様誕生秘話。
by tomenosuke_2006 | 2007-08-31 21:13 | イマモチャ
TOY QUBEからアンドリュー・ベルの不気味、出ました。
留之助扱いのアートブックの中ではめずらしく俊足で完売したのがNow You've Done It
作者は不思議モンスターの専門画家アンドリュー・ベルで、WWS(Wheaty Wheat Studios)から発売されているニョキニョキなジリクスの生みの親でもある。
その彼がデザイナー&彫刻師のキース・プーン率いるNYのオブジェモチャ屋兼メーカーのトイキューブで面白い仕事をしてくれました。
シャーキーに次いでキースが創作したキャラクターの第2弾、メットをかぶった変な生き物カンザーのアーティスト・シリーズに参加、一番打者として登場したんだよ。
名前をロータス(400個限定)といって、そりゃもうアンドリュー節全開、見るからに販路が限定されそうな不気味さに満ち溢れ、でも、ついオーダー入れちゃったですよ。
a0077842_17302249.jpg
ガールフレンドにプレゼントして、びっくりさせるっていう使い方もよいかも、携帯お化け屋敷? デザイナーびっくり箱?
キースだってもちろんデザインしている、こっちはもっと親しみやすい漫画風で赤丸のヘン(300個限定)と緑丸のシュー(200個限定)、アンドリューのロータスと同じ身長15センチのソフビ製で、まもなく3人そろって入荷するはずだから。
a0077842_17322465.jpg
孫にも衣裳、おかめに化粧・・・着せる服、仕上げのメイクでこうも違うかって思わせるのが立体キャンバスモチャだけど、カンザーもそんな仲間のひとり。
で、こちら(↓)の写真はキースが仕上げた粘土原型、ツルンとした丸みを出すのが大変だっただろうね。
カンザーの新しいところはメットを着けた姿と脱いだ素顔の一粒で二度おいしい構成。
今後、どんなアーティストのカンザー兄弟が誕生するか、楽しみがまたひとつふえました。
a0077842_17335922.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-30 10:02 | イマモチャ
Tweeqimについての問合せを方々からいただいてます。
a0077842_185126.jpg
Tweeqimと書いてトゥィキムと読みます。
共同で絵を描いたりオブジェを創作するmiQ(ミク)とTHUY3 willmOtt(チュイスリー・ウィリムオットー)夫妻のスタジオ名であり、ペンネームのようなもの。
最近もメルローズLAのマンキー・キングでトゥィキムの作品展が開催されて盛況だったと聞いてます。
トゥィキムの留之助初登場は今年6月、キッドロボットが香港のレッドマジックとコラボして発表したサイボーイズ・七つの大罪だったっけ。
7種類あるミニフィギュアの中でもいちばんレアで圧倒的グラフィカルなデザインの“放漫”が、彼らトゥィキムの作品だった。
a0077842_18223259.jpg
じつはこの“放漫”の在庫の問い合わせが海外からピンポイントで3件も立て続けに寄せられたんだよ、つい最近。
アメリカが2件にフィリピンが1件、よくもまぁチェックしてるもんだと感心しちゃいました。
そんなトゥィキムの最新作が、なんとあのスパイダーマン。
でもブリスタートイザラスが扱うようなフツーのアクション・フィギュアじゃなくって、ポリレジン製の高さ約23センチ、2000個限定の、どこから見てもオブジェモチャなんだな。
いろんなメーカーがリアルでスマートなスパイダーマンを発表していることを思えば、これはダントツにカッコ悪いところがいいじゃないですか。
デジタル造形技術で有名なジェントル・ジャイアント社の何万円もするヤツより、店主ならこれを選んでなごみます。
ハイ、アメリカできのう28日に発売されてほぼ完売しちゃったトゥィキム・スパイダーマン、じつは極少量ですけど留之助に入荷することになってたんです。
a0077842_195622.jpg
話は変わりますが、↓のDVD2作品、どちらも日本で観られるリージョンコード・フリーのImport Editionがあることが判明、留之助に入荷します。
スパイダーマンともども、よろしくね。
by tomenosuke_2006 | 2007-08-29 19:14 | イマモチャ
ただいま問い合わせ中の新作DVD他。
タイトルにDVDなんて言葉使うと、ちょっと気が引ける。
アメリカで年内発売が決まった0011ナポレオン・ソロのDVDセットについて情報収集している人には、とくにこのブログは気になる場所らしいから。
店主しか見られないアクセス解析ページの検索ワードランキングの上位3位以内に、いつも“ナポレオン・ソロDVD”がリストされてるくらいなんだもの。
けど、きょうの記事はナポソロとは関係ないDVDの話、ナポソロDVDについていま分かってるのは日本版が出る兆しがまったくないってことかな、現状では。
a0077842_18203475.jpg
さてと、アメリカからこんなDVDを留之助の商品ラインナップに入れてみてはどうかって話が舞い込んだ。
ひとつはImport Editionという海外向けのリージョンコード・フリー版が用意されているドキュメンタリー・ドラマ、QUALITY OF LIFE。
こちらにQuicktimeとWindows Mediaの予告編があるから、お時間のある方はぜひ。
サンフランシスコを根城にグラフィティを繰り返すふたりの若者Heir(エアー=継承者)とVain(ヴェイン=うぬぼれ屋)の友情と命がけの創作活動と彼らをとりまく人たちについての物語。
音もいいよ、予告編からぴりぴり緊張感が伝わってくる、ひしひしサブカルチャーへの愛を感じる。
オンラインで直接取り寄せることもできるけれど、残念ながらImport Editionは買えないんで要注意、留之助が仕入れるっきゃないのかなぁ。
a0077842_18592690.jpg
もうひとつは、こちらもロウブロウなDVD、Toys Are Us: A Revolution in Plastic。
ここににダイジェスト版(You Tube)へのリンクが貼ってあるんで、お時間のある方はぜひぜひ。
アーティストのスタジオ訪問とか、コミコン取材とか、コレクターやファンのお宅拝見とか、アメリカの有名オブジェモチャ屋紹介とか、パンクやアンダーグラウンド・バンドの音とともに繰り広げられる。
こういう種類の音についてはぜんぜん詳しくないけど、以下のメンバーがリストされてるね。
Mindless Self Indulgence, Longway, Brian McCarty, Stick Shift, and I, Synthesist.
一方、登場するロウブロウ・アーティストはざっとこんな感じ。
コジック、パトリック・マー(ロケットワールド)、タラ・マッファーソン(エースとイオン)、カノー(マネーグリップ)、エリック・スケアクロー、ブライアン・フリン(Super 7)、Mars-1、ジャーマイン・ロジャース、その他。
ぜひ見てみたいのは、そのうちの何人かがパーソナルなオブジェモチャ・コレクションをちょいと自慢気に披露しているところかな。
ただいま日本のデッキでも見られるリージョン版があるかどうか問い合わせ中、あればもちろん入れるよ。
a0077842_19461100.jpg
ところで検索ワードランキングの“ナポレオン・ソロDVD”以外の上位3位の常連さんは、“ブレードランナー ブラスター”に“アンクルタイプ”、たまに取り上げるトイガン・ネタなんだよ。
毎日ひっきりなしに書いているイマモチャやアーティスト名じゃないところが面白いような、悲しいような、世界って皮肉。
by tomenosuke_2006 | 2007-08-28 20:02 | 書店入荷新着情報
もっとも安全なAK-47。
a0077842_21444115.jpg
「人類史上最も人を殺した兵器」とか「小さな大量破壊兵器」と呼ばれる自動小銃AK-47。
構造がシンプルなうえ、部品の誤差を許容する甘い設計ゆえ密造されることも多く、ノンライセンスの不正規品を含めるとAKのこれまでの製造総数は1億挺を超える。
多数の武装勢力による紛争やテロリズムに盛んに使われて、中東やアフリカ諸国の内戦の終結を難しくしている一因ともなっている。
AK-47、極悪非道な火器の代名詞。
下に突き出た弾倉は伏せ撃ちに不向きだといわれ、映画やニュース映像ではよく銃を横にして構える姿を見るけれど、少しもカッコよくないばかりか、それこそ人でなしを象徴するポーズに思えてしかたがない。
a0077842_22221115.jpg
ロマンを感じさせてくれない銃は好きになれないし、だからマルイの電動エアーガン見たって触りたいとも思わないけれど、この白いAK-47は別。
留之助がちょくちょくお世話になっているドイツの出版社ゲシュタルテンの新刊案内にあったその名も『1:1 AK-47』、ペーパークラフト・ブックなんだよ。
組立て難易度“10”ぐらいの精巧さで、白いままにしておくのもいいし、DIYしても面白そうだね。
それはそうと当店の在庫にもAK-47関連のオブジェモチャがあったっけ。
これ(↓)、カラーリングの異なる4挺ものAK-47が付属するアンドリュー・ブランドウの狙撃屋バニーだよ。
お望みなら人でなしポーズだってとらすことができる留之助では珍しいヌイグルミ系、女の子向きとはいえない雰囲気が売れ残ってる理由なのかもね。
a0077842_2352049.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-27 23:05 | イマモチャ
ジョーレッドのこれのことも。
キッドロボットの9月発売の新製品を紹介した記事で、海賊ティーターのこと、「色を変えただけのティーターとかキューイーは、もう満腹、ご馳走さまでしたっていう感じかな」なんていっちゃいましたが。
やっぱ世界限定700個のレアな子を優先的に卸してもらえることになったりすると、うれしいもんです。
というわけでジョーレッド・コレクターのみなさんは、9月20日の発売日にあわててキッドロボットのオンラインストアへ行かなくっても、留之助の入荷新着情報に来てくれたら余裕で買えます、保証しますって。
a0077842_15542517.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-26 15:56 | イマモチャ
ジョーレッドのFinders Keepersまで、あと4日。
ジョー・レッドベター・デザインのブラインドボックス・ミニフィギュア、Finders Keepersが、もう目と鼻の先だね。
で、8月30日の発売をまえに、シークレットを含むぜんぶで16種類の顔ぶれを公開するよ。
箱絵とフィギュアをよーく見くらべれば、どれがシークレットか分かるはず。
留之助ではキッドロボットのキメどおり、ローカルタイム(日本現地時間)30日午前11時からバラとケースの2本立てで発売決定、っていうことは、時差があるから世界でいちばん早く発売するってことなんだよ。
a0077842_14481074.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-26 14:50 | イマモチャ
ついいましがた、ベースマンもの、アップしました。
ホット・チャチャチャのブルーやら、ゲイリー・ベースマン・スタジオから直接日本向けに卸してもらったレタープレス・ポスター5種とミニ・ポスター2種、入荷新着情報にアップしました。
ブルー・チャチャチャは想像つくけど、ポスターはどうなんだろうね、日本では。
by tomenosuke_2006 | 2007-08-25 19:20 | 留之助商店計画
OIL、待望のモチャ化。
a0077842_12213996.jpg
作者のSket-Oneにはおめでとうっていいたいね。
立体キャンバスモチャ(ダニーのような既成のフィギュアの表面にアーティストたちが独創的な表現を試みるオブジェモチャ)より、やっぱ自分の絵を立体化したリッタイズモチャを世に問いたいって思うのは当然でしょう。
ダニーやキッドロボット君やテレビヘッドなどで活躍している売れっ子スケット・ワンだって思いは同じ、リッタイズモチャのためにいろいろ苦心してきた。
最初のオリジナルはエッグスターだったと思うけれど、あれから1年、自らプロトタイプを準備して、ついに新作発表に漕ぎ着けたのだ。
その名もオイル。
ミニフィギュア七つの大罪でキッドロボットがコラボした香港のオブジェモチャ・メーカー、Red Magicが商品化、まずオイルの黒色フロッグ加工版が今夜ごろ、NYのmyplasticheartから売り出される。
世界限定150個中、アメリカでは80個が販売され、myplasticheartのみの取り扱い。
留之助はRed Magicさんとはまだ取り引きないんで、とりあえず個人的に1、2個、アメリカから送ってもらうつもり。
フレンドリー・ゴースト、キャスパーの親戚のオジサンで、いまは悪魔業が忙しいフレンドリー・デビルっていう感じのオイル、可笑しさの中に古き良き時代の郷愁さえただよい、ドロッとした造型が新しい食感のオブジェモチャです。
下の写真は半年まえにスケットから直接ゆずってもらったオイルのプロトタイプ、モチャメーカーでのプレゼンテーション用に作られた3個のうちの1個だよ。
a0077842_12524348.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-25 12:56 | イマモチャ
エリックって、こんな男の子なんだね。
お問合せいただくまで、うっかり忘れてました。
そろそろシイタケ発見コンテストの発表だったんですよね、当初の予定どおりなら。
でも締め切りが10月1日に延期されたみたいです。
留之助でシイタケ手に入れてエントリーした5人の挑戦者のうち、ひとりぐらい受賞できるような気がするんだけれど。
主催者のエリック・スケアクロ君からは逐一連絡が入ってるんで、何か進展あったらお伝えします、とりあえずはしばらくお待ちくださいね。

ところで"Hey"って、お気軽な書き出しのメールをくれてたエリックでしたが、あるとき店主の年齢を知ると"Hi"と改めたかわいい子でもあります。
今年はじめのNYCC関連のHP見ていたらエリックの画像を発見、自由の女神のようなやさしそうな顔で、納得です。
a0077842_18384360.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-24 18:40 | イマモチャ