<   2007年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧
留之助書店オープン記念、送料無料キャンぺーン。
a0077842_1522863.jpgちょっとまえからお話してた書籍やポスターやDVDなどを専門に扱う留之助商店の支店留之助書店がオープンしました。
一部品切れだった人気商品や、ここで紹介しながら発売をお待ちいただいていた新刊など、とりあえず20数点を掲載、今後もどしどし追加していきます。
またオープン記念に送料無料のソフトカバー本や雑誌、DVDなどをご用意。
この機会にぜひご利用くださいね。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-30 23:59 | 書店入荷新着情報
女流作家の3冊。
留之助書店オープンをまえに、あとちょっと入荷済み書籍の紹介にお付き合いくださいね。
今回はどれも女流作家のロングセラー本やら新刊で、なかには留之助のオブジェモチャ部門でお馴染のアーティストもいらっしゃる。
とにかくウチで扱う洋書は見て十分楽しめる画集や写真集ばかりだから、つまり英語が少々苦手でも想像力豊かならぜんぜん問題なし、とくに今回のは絵本だからね。
大人が欲しくなる絵本、親子で遊べる絵物語、そんなところでしょうか。
a0077842_22274081.jpg
まずはポップアップの仕掛け付きロングセラー、Animus By Seonna Hong
“アニムス”、つまり“敵意”という題名のこの絵本は、どう猛な犬と出会ってしまった動物好きの女の子のお話だ。
ユング心理学で女性の無意識内にある男性的特性をアニムスっていうけれど、ここでは犬の性質そのものを指していて、主人公はどこまでも心やさしい女の子。
ある日、大きな黒い犬に吠えつかれ、なぜそんなに敵意をむき出しにされたんだろうと悩み、夢にまで見て・・・。
シオナ・ホンの描く東洋的でレトロで無音の安全地帯、サイレント映画をスローモーションで眺めるようなタッチを未体験の方は、この機会にぜひどうぞ。
縦18.5センチ×横13.5×厚さ3センチのかわいいハードカバーです。
a0077842_19264273.jpg
こちらはTeenie Weenie Tales by Miss Mindy(上)とPrincess La La and the Little Bee by CJ Metzger(下)の2冊セット、それを収める箱にはArtist Sisters: Box of Storiesの文字が。
在庫わずかのオブジェモチャディンクの作者ミス・ミンディと、これまた在庫僅少のいたずらマーヴの作者CJ・メッツガーのアーティスト姉妹による絵本競作。
前者はアンティック・コスプレの大好きな独身で姉のミス・ミンディらしく滑稽で気まぐれで愛くるしく、後者は4才の女の子の母親でもあるCJそのものの暖かくて詩的でチャーミングな内容だ、っていう抽象的な解説ではナンの参考にもならない?
つまりそれぞれ作者似の本であって、本同士はまったく異なる作風だといいたいわけ。
似て非なるものっていうのかな、18センチ×18センチのハードカバーです。
a0077842_2132974.jpg
この人の絵をもとに作られたフォークアートっぽい木のオモチャがたまに個展会場で限定販売されたりするんだけれど、欲しくってしょうがない、いつか手に入れたいと思ってる。
Popping Through Pictures By Amanda Visell
これは上で紹介した3冊のストーリーブックとはちがい、一貫した物語も主人公さえいない。
アマンダ・ヴィゼルの絵はひとつひとつに物語を秘め、それを見つける遊び、描かれた絵の次の瞬間を空想する楽しみに満ちている。
あえてここでは破壊的だったり残酷をうまくカムフラージュした大人向けの傑作は引用しなかったよ、縦24センチ×横19センチ×厚さ2.5センチのハードカバーをちゃんと買ってアマンダワールドを堪能してもらいたいからね。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-29 22:26 | 書店入荷新着情報
やっと見つけてきました。
ホット・チャチャチャのCRITTERBOXが2004年に出した最初のゲイリー・ベースマンものが、右手に水、左手に炎を持ったウサギのミニフィギュア、ファイア・ウォーター・バニーの4種セット。
だと思っていたら、なんと5種類あったんだよ。
この1年で4種セット3組の在庫中、2組を販売したけれど、去る6月ごろ関西からいらしたお客さまに、たまたま店にいた店主が4つでコンプリートだなんて間違った説明して売りつけたような、深く反省しています、勉強不足でした、クレーム受付けます。
じつは10月、アメリカのコレクターから「ファイア・ウォーター・バニーのホワイトver.はないか」っていう問い合わせをもらって、はじめてその存在を知った次第。
他の4つは800個ずつ作られたけれど、ホワイトだけはその1/10の80個しかないんだと。
というわけで幻のホワイトを求めてかれこれ1ヵ月以上、ついに発見しましたよ、今度こそ、本当の5種コンプリートセットが出来上がるというわけです、めでたし。
a0077842_23364928.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-28 23:40 | イマモチャ
パリ発・最新ギャング計画。
a0077842_22194460.jpg
猫科動物のDNAを注入して造り上げたような不思議な生き物ゴールドラスの創造主ミストとともに、フランスのオブジェモチャ・メーカーBONUSTOYZで双璧をなすのがSteph Cop(ステフ・コップ)。
SF趣味に走る最近のミストとは対照的で、このグラフィティ・アーティストはストリートに遊ぶキッズやギャングたち身近な若者を特異な筆致でカリカチュア的に描くのが特徴。
さらにその絵を自ら立体化したときの大胆さといったら、新世紀のキュビスムといっても大袈裟じゃないね。
正確にはキュビスムとは「いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に描き、立体的な物全体を平面上に表現しようとする試み」だから、ステフ・コップのキュビズムは「絶えず変化成長する生態の“動き”を静止した立体上に表現しようとする試み」ってな感じだね。
つまり、3Dピカソ?
顔や表情、肉体や四肢が見事に物を言う最新作は名づけてCopper、ピンク、グリーン、グレーの3バリアントが各100個ずつ、ハートマーク入り手投げ弾のオマケ付きで発売になる。
まず12月1日にパリで、ちょっと遅れて飛騨高山でも。
a0077842_22303452.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-27 23:59 | イマモチャ
ロンドン発・最新ロボット計画。
a0077842_16563921.jpg
この夏のSDCC 2007でUNKL BRANDとMunky Kingのあいだにあったブースがロンドンからやって来たNick Mannion(ニック・マニオン)の工房Supermodifiedstudios(スーパーモディファイドスタジオ)だった。
おそらく会場でいちばん小さな(コーヒーテーブル・サイズ)のブースじゃなかったかなぁ。
白いテーブルに白いABS製のロボットモチャのプロトタイプがひとつ。
ボールジョイントで連結可動する腕と脚を持ち、腕にはブラスターを装備する。
そのブラスターは着脱可能で胴体の背に取り付ければジェットパックにもなる仕様。
ブラスター(ジェットパック)を除くすべてが大胆な直線で処理されて、著しくディフォルメな仕上げが目を引いた。
全高18センチ、両腕を広げると幅33センチというけっこうな大きさで、各種スキン・デザインも計画されていた。
迷彩色もあればエイリアン2のパワーローダー風も、シリーズ名はMODといった。
その第1弾の2種類(MOD:1/Series 1)がいよいよリリースされることになったのだ。
ひとつは真っ赤なタラバガニ風CTRL(コントロール)と、もうひとつは迷走するワイヤーのシルエットが体中にプリントされたWI-FI(ワイ・ファイ)。
それぞれ200個限定で2008年はじめに入荷の予定だ。
ディーラーさんのメールでは小売店の反応上々で、年明けには次の2種類(MOD:1/Series 2)の生産がはじまるとか。
このサイズで6個そろったら迫力だ、最高のキメポーズ目指して遊んでやってくださいね。
a0077842_1901124.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-26 23:59 | イマモチャ
画像を追加しました。
a0077842_15175431.jpg
下の記事にJeffery Scottの作品4点とTim Palen撮影の映画ポスターを4点、それぞれ作品集から抜粋して追加しました。
これはまだ序の口、作品集にはもっともっと怖いのが控えています。
a0077842_15193082.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-25 15:24 | 書店入荷新着情報
セクシー、スケアリー、エグッ。
きのう画集や写真集などゴソッと入荷したものだから、眠れぬ一夜を過ごしました。
どれもこれも面白くって眠れない、きっと売れ残るだろうなぁと思うともっと眠れない。
とうに自覚してますよ、店主が面白いと感じるものは必ずしも大多数のみなさんにウケるとは限らないってこと。
とにかく在庫も増えたし、入荷新着情報も煩雑になってきてることだし、この際だ、書籍やポスターやDVDなどを専門に扱う留之助商店の支店を近くオープンすることに決定!
とはいってもオンラインストアをもうひとつ用意するだけのことだけれど、今月中にスタートさせたいと思ってる。
その名も、留之助書店、あまり面白くないか?
とにかく早めの商品紹介をさせてもらうからね。
a0077842_11531159.jpg
最初はセクシーな1冊、Vernaculis By Ragnar。
これは通称ラグナーの名で知られるLAベースの画家でグラフィックデザイナーで漫画家のBrandon Ragnar Johnsonによる通算5冊目の画集であり、大評判の前作Chromaphileの続編ともいうべき内容だね。
出版早々LAタイムスで「あんぐり、アゴがはずれそうになるくらい素敵な絵が次から次に飛び出してくる」と紹介された。
SHAGとよく似て、カリフォルニアの過ぎ去りし時代の眺めを大胆な色彩と清楚な線を用い、より肉感的でセクシーにグラフィックを利かせて表現するのがラグナー。
そのとても1960年代的な雰囲気をモッズ・ピンナップなんて呼んでもいいかもね。
ラグナーの絵をもとに作られたポリストーン・スタチューのことを傷んだ物体のオアさんが1年以上もまえに紹介してらしたけれど、もう手にされたのかなぁ、店主も欲しい。
a0077842_12553043.jpg
お次はちょっとスケアリーな、Visions From Within The Mechanism by Jeffery Scott。
店主、“From Within”っていうセンテンスに過剰反応する性質だ。
心身ともに圧倒されたデイヴィッド・クローネンバーグの1976年の映画『人喰い生物の島』の原題が“They Came From Within”だったから、ついついおぞましいものを連想してしまうのだ。
とにかく上の画像がジェフリー・スコットの“From Within”な作品集の表紙。
けっして汚したり傷つけたわけじゃない、正真正銘の新品だからね。
まずこの古ぼけた仕様に騙され、96ページにわたる写真とハイパーリアルな絵の身の毛もよだつ見事な合成処理に翻弄されて、まるで崩れた生身や歪んだヒューマノイドがひしめく見せ物小屋の回廊をたったひとりで歩いているような気分にさせられる。
目を背けたくなるような嫌悪と恐怖。
しかしそんな感情もいつしか騙し絵のトリックを読み解く好奇心に取って代わったらこっちのもの、この本を倍楽しむことができるのだ。
a0077842_16263219.jpg
で、きょうの締めくくりは、これ、発砲スチロールのトレイにのせられサランラップでくるまれた分厚いステーキ肉のような33センチ×31センチの大版写真集、エグイ見せ場が山盛りのGUTS By Tim Palen
この写真家ティム・パレンといえばセレブのポートレートをこの上なく美しくカメラにおさめたかと思えば、グラフィック・ホラー『ソウ』シリーズや『ホステル』のポスターなどダークな作品でも腕を揮う。
GUTSは多岐にわたるパレン作品の集大成なのだ。
けっして情景にのめり込まない客観的な視点による、静かで、ある時は霊的でさえある絵作り。
ちなみに肉片に感情を見てとることができるような肉の組成を克明に捉えたGUTSのカバー写真は『ホステル2』の予告ポスターに使われたもの。
ダミ・ヘッドやXLサイズのダミ・ペニスを絡ませたトリック写真もあり、実際に使うにはけっこう勇気がいるポストカード3枚のオマケも付く。
留之助書店の開店が待ちきれない方は、直接お問い合わせくださいね。

抜粋/ジェフリー・スコット&ティム・パレン。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-24 18:22 | 書店入荷新着情報
Sci-Fi Metropolisの宇宙家族。
a0077842_21442020.jpg
TREND MASTERSやTOY ISLAND製の絶版『宇宙家族ロビンソン』ものを紹介したのはちょうど1ヵ月まえ。
そのときこの3体の1/6スケール(12インチ)だけは時期尚早な気がしてしまったままでいたんだよね。
というのも計画ではこのあとも、さらに多くのメインやゲスト・キャラをはじめ、円盤型宇宙船ジュピター2や1/2スケールのロボット“フライデー”が製品化されるはずだったから、ある程度まとまったところでジャジャジャーンといこうと思っていた。
『宇宙家族ロビンソン』フリークのJeff Norman Ron(ジェフ・ノーマン・ロン)が自分の納得できる質の高い『宇宙家族ロビンソン』モチャを作ろうと2003年にSci-Fi Metropolis(サイ-ファイ・メトロポリス)を設立、2005年にまずこの3体を発表したのだけれど。
左からロビンソン一家のパパさん“ジョン”とスーパーセルフィッシュな“ドクター・ザックレー・スミス”、右端は第1シーズンに登場した宇宙生物の収集家“キーパー”、どれも素晴らしく似ている。
キーパーとは、あの1950年の名作SF映画『地球の静止する日』で映画史最初のカッコいい男宇宙人を演じたマイケル・レニーが、15年ののち再び演じた宇宙人なのである。
余談だが2番目にいい男宇宙人は『地球に落ちてきた男』のデヴィッド・ボウイ。
a0077842_2219675.jpg
とにかくサイ-ファイ・メトロポリスは上の3体を発売したあとも、去年までフィギュア約10種、フィギュア用アクセサリー各種、スペースポッドやドクター・スミスの1/3スケール・バストなど、それはそれは魅力的なプロトタイプを発表してきた。
留之助では秘かに直接卸しを打診していたのだけれど、なんと計画が頓挫してしまったと最近教えられたのだ。
日本なら想像つくよ、『宇宙家族ロビンソン』で育ったいい年のオジサンにフィギュアを買ってまで遊ぼうとか、しばし少年に帰ろうなんて思う人などほとんどいないってこと。
それがアメリカでも思ったように売上げが伸びず、新作を製品化するだけの資金が得られないなんて。
ひとまず様子見となったのだ。
イギリスがゲイリー&シルヴィア・アンダーソンならアーウィン・アレンはアメリカの誇り、それにしては後者のオモチャは少な過ぎだと常々思い、サイ-ファイ・メトロポリスに期待を寄せていたんだけけれど、残念だね。
最初で最後(?)の3体は、ただいま留之助商店で展示販売中。

12インチ・フィギュアのプロトタイプなど。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-23 23:11 | Sci-Fi Classicモチャ
お待たせしました、留之助ver.4の完成です。
a0077842_9115528.jpg
マルゼン製ワルサーP38エアガン+ロジック製カービン・アクセサリー+バクレツパイナップル製ロングマガジン+Bushnell 1.3x15mm Phantom Pistol Scope+アンクルガン・ドット・コム製ユーティリティパック=アンクルタイプ留之助ver.。
ブラッドさんのアンクルガン・ドット・コムの向こうを張って(?)留之助がオーダーメードしているアンクルカービンも、これでver.4を数えます。
今回、榎本店長に課せられたのは、1-銃本体の鉄の質感、2-銃とエクステンションバレルに巻かれたグリップの黒染めされたアルミの質感、3-プラスチックで代用された金属であるべきその他のパーツの質感を、最小限のタッチとウェザリングでリアルに再現するというもの。
回を追うごとにますます巧妙になっていく店長のカスタムワーク。
今度、ブラッドさんから届くABS製アンクルカービンのうち、店主用の1挺はこれでいこうと思います。
a0077842_921259.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-23 09:31 | プロップ
同じ5人組でも、こちらは完全にアダルト指定?
偉大なる将軍様お召しのオシャレな色眼鏡の製作にことのほか時間を要し、発売が大幅に遅れていたプラスチックゴッド・デザインの悪の枢軸5人衆が、やっとSRT(スーパーラッドトイズ)から到着した。
ヨ〜ガバガバ!・キャラクター・ドール入荷直後に今度はこれが届くなんて、無節操といおうか、おかまいなしといおうか、とどのつまりはアナーキー?
横40センチX縦16センチのデジタル・グラフィックの専用パッケージに、ベアブリック100%よりひと回り大きな5インチ(=12.5センチ)フィギュアが5つ、仲良く手をつなぐように収まっている。
左から順にOsama Bin-Laden, Kim Jong-il, George W. Bush, Saddam Hussein and Tony Blair.
SRTによると、たまにブッシュとブレアの位置が入れ替わってる詰め合わせもあるとか。
a0077842_14341923.jpg
注)プラスチックゴッドが何を考えこのような作品を発表したかは皆目検討がつきませんが、さしあたって当店での販売に政治的意図は一切ございません。
強いて言うなら、世界が平和でありますように。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-22 14:41 | イマモチャ