<   2008年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧
これって何かの間違いなんじゃないですか?
太平洋標準時2月13日午前11時、日本の14日午前4時に定価120ドルでオンライン販売されたジョー・レッドベターのメタル・フィギュアBummer(バマー)は、金メッキが1個と銀メッキが99個の合計100個が瞬時に売り切れた。
支払いは方法はPayPalのみ。
そこで店主は自分とワイフのふたつのアカウントを使うことに決め、ふたつのブラウザを立ち上げ、発売と同時にオーダーを入れて、まんまとふたつの精算を済ませることに成功した。
PayPalからのレシートメールの受信時間は店主の分が4:00:55、もうひとつが4:01:15、もはや気分は「ゴールドが当たったらどうしよー」だった。
と同時に「1分足らずで120ドル×100個=1万2千ドルのビジネスかぁ、留之助じゃありえねぇ」だった。
のに、およそ3時間後、PayPalからかようなメールが続けざまに2通。

Nanomonsters (info@nanomonsters.com) has issued you a full or partial refund for your payment.

Please do not reply to this email. Email sent to this address cannot be answered.

Due to an extremely overwhelming amount of traffic this morning our servers oversold on the bummer figure. Unfortunately your order was one of these versold orders. We are sending you a full refund for this item today. Joe, would like to apologize for the inconvenience and disappointment we are working with our provider to prevent this from happening again in the future.
Thank you so much for your understanding.

これって何かの間違いなんじゃないですか?
つまり店主が入れたオーダーはふたつとも時間切れで却下され、返金されるっていう内容、ガチョ〜ンである。
頼みの綱はもはやeBayのみ、利殖に余念のないエセ・コレクターは必ずいるもので、出てきましたよ、きょうまでに2件。
まずは定価でスタートした最初のひとつをウォッチ、落札2分まえに500ドルまで登りつめたかと思ったら、土壇場で店主の625ドルを軽くはじいて、なんと909.99ドルで落札ですよ、目が点。
a0077842_1434526.jpg
定価150ドルで売り出された50個限定のロンポリ・トゥループが2ヶ月後に倍の300ドルになったなんて恐るるに足らず、上には上がいるものなのだ。
で、最初のオークションが終わるのを待ちかまえていたかのように出てきました2件目が。
250ドルの開始価格でオークション終了1分前に600ドルとなり、10秒前に610ドル、店主あとさき考えないで8秒前に勢い710ドルを入札したというのに、信じられます? 直後にドドッと1775ドルまで跳ね上がっての終了。
目が点どころか、一瞬、クラッときました。
a0077842_14291872.jpg
なんか、変。
どこか、自分の世界とはかけ離れつつあると思う。
ふつうに定価で買ったオブジェモチャがそのうちに絶版となり、コレクターの間でレアだとか騒がれはじめて、ある日オークションサイトを覗いたらけっこうな値段で売買されていた・・・うれしい、なんか得しちゃった気分・・・ぐらいでとどめておきたいよね。
まちがってもこんなにレアなのいっぱい持ってるオレは、たいした資産家だなんて勘違いしないでもらいたい。
留之助で10万円で買った絶版レアなオブジェモチャもコメ兵の買い取りセンターへ持ち込めば、「はぁ?」ですから。
当店の絶版品のほとんどは店主の長年のコレクションの放出品で、プライスは、もしそれが売れたら、同じモノを補充するためにいまコレクターやオークション出品者に支払わなければならない相場を参考にしている。
けど、きのうの120ドルがきょうの1775ドルなんていうのを相場なんて思いたくないよ。
これにはついていけない、気持ちも、懐も。
人気のジョーレッドだから?
そういえば175ドルで売り出された60個限定のリンゴベアのクロも発売直後は2000ドル、いまでも1500ドル前後で売買されている。
ここまでくるとジョーレッド作品がいいのか、レアなのが魅力なのか、値が出るから価値があるのか、真価とはいったい何なのか混沌としてしまう。
だからこそ、自分専用の物差しを身につけたいと思う。
鑑識眼とか、価値観とか、美意識とか、好みとか、独断と偏見という言葉に置き換えられるかもしれない。
そういう物差しがしっかりはっきりしていれば、値段の安い高いは関係なくなるし、たとえ人が高額と感じるモノも自分にはそうでないと思えたり、その逆もしかりで大多数が無価値と決めつけても自分にはたいそうなモノだったりする、自信を持って、悩むことなく。
という意味でバマーに1775ドルを投じた人も専用の物差しを持っていたとしたら、それは特大サイズなんだろうね。
ちなみにバマー(bummer)とは“怠け者”とか“浮浪者”の意味だけれど、“とっても不愉快”ってときに“It's a real bummer”というんだよ。
a0077842_2236912.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-29 22:44 | イマモチャ
9ヵ月ぶりの5種詰め合わせは、お騒がせ。
コジックの仰天スモーキンスイカ5種詰め合わせで盛り上ったのは去年の夏まえ、もう9ヵ月もたつんだね。
で、今度の5種詰め合わせはモンガーズ・ブレックファースト、例によってキッドロボット製品なんで、お約束の深夜0時、つまりあとちょっとで発売になります。
が、このブレックファーストには、榎本店長、けっこう振り回されたんだよね。
というのもきのうの昼、大阪空港詰めのUPSの担当官さんからお店に電話が入り「内容物表記にBREAKFASTとあるが、これは食べ物か?だったら簡単には通関できない」ウンヌン。
そこで店長「それはビニール製の食べ物を模した玩具です」と説明し、一件落着かと思いきや、また電話が。
「これは食品のサンプルなのか?」
「いえちがいます、単なる玩具です」
「だったら子どもが口に入れる可能性があるから、衛生法にのっとった輸入検査をしなければならない」ウンヌン。
ほとんど店長、泣き声で「お願いしますよ、商品を見ていただけたら大人向けのジョークトイだと分かるはずです。とにかく発売日が迫っていて、木曜日じゅうには入荷してないと困るんです」
とまぁ、いろいろありましたが、つい先ほど留之助の閉店間際に到着、店長によれば「梱包を開けて内容物を見たり、検査した形跡いっさいなしなんですよ、ったく」。
というわけで、当店ではモンガーズ・ブレックファーストに“お騒がせ”の文字を冠して発売することに決めました。
おっと、それから寄せ書きにぴったりのブランク真っ白のゴショドールも発売開始です。
a0077842_19395487.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-28 19:42 | イマモチャ
DIYフィギュアの正しい使い方。
いつだったかめずらしく留之助の店頭でセールスに立ったときのこと、コジック作10インチ・スモーキンラビットの白を買おうかどうか悩んでた女の子がいてね、そこはほら、口からでまかせ、出たとこ勝負の店主であるから「この白はね、ほかの色付きとはちがって別の使い道があるんだよ。たとえばバースデーパーティや卒業式、結婚式やその他いろんな記念日の寄せ書き用に利用するのが、アメリカではけっこう流行ってるんだから」。
ぜんぜん流行ってなんかいないし、けど、なるほどっていう感じで買ってくれたね。
以来、留之助では白ムクのDIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)フィギュアはスキンデザイン用というより、「寄せ書きに重宝しますよ」で売り抜けているのだった。
a0077842_19503619.jpg
で、先ごろ、お馴染さんのひとりが、お友だちの結婚記念の寄せ書きに使うからって、テディ・トゥループのDIYを買ってくれた。
店長がヘルメットにカップルのお名前"Ryohei・Eriko"と"Happy Wedding"のタイトルを書いてお渡しすると、
a0077842_20524.jpg
ハッピー・ハッピーに変身したね、とってもいいじゃないですか。
テディの上で青春が、友情が、飛んだり跳ねたりしています。
色紙や画用紙の寄せ書きは、あの日の思い出や純愛までもいっしょにどこかへしまい忘れそうだけれど、DIYフィギュアを使った立体寄せ書きなら、いつまでも飾ってられるし、ソフビ製だもの永遠の愛よりも風化の恐れなし。
今度、ゴショドールのDIYを売り出します、みなさんもいかがですか、こんな利用法。
ところで上の世界にひとつしかないテディに対抗して、下に50個しか作られなかったロンドン・ポリスの特別なのをご紹介します。
今年はじめ、人知れずNYのショップMy Plastic Heartから1個150ドルで発売され、一瞬にして売り切れてしまった10インチ。
ヘルメットのパターンといい、ブルーぐあいといい、まさしくラッド&ドッグだね。
で、およそ2ヵ月のあいだにeBayに出品されたのはふたつのみ、もちろん両方とも強引に落札させていただきました。
ひとつはすでに到着済みです、ウットリです。
興味のある方はこちらまでお問い合わせくださいねって、結局はセールス・オチで失礼。
a0077842_2295980.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-27 22:14 | イマモチャ
ハイ・フルクトース7号、3月に入荷します。
5号から取り扱いをはじめたアートの秘境ガイド誌ハイ・フルクトース
ひとりでもファンを増やそうと(在庫を抱え込まないようにしようと)、アメリカからの取り寄せ料をいただかない現地価格での販売キャンぺーンをしてみたり、高額商品ご購入のお客さまにサービスでお付けしたかいあって、売れはじめたね、石の上にも3ヵ月ってとこでしょうか。
いまでは5号以前のバックナンバー(簡単には手に入りません)のお問い合わせをいただいたりして、仲間ができたような感じ、うれしいかぎりです。
というわけで3月上旬発売の最新7号のご紹介を。
a0077842_2218115.jpg
まずオブジェモチャ関係でいうと、同じ3月にSTRANGEcoから発売予定のミニフィギュア、ちょっと留之助には眩しすぎて仕入れるつもりはございませんが、WISH COME TRUE(下)が大きく採り上げられています。
2008年版オブジェモチャ・カレンダーの写真家Brian McCarty(ブライアン・マッカーティ)の撮り下ろしですね。
a0077842_2244491.jpg
出版社が提供してくれたその他の内容を見る限り、明るい絵はウィッシュ・カム・トゥルーぐらいで、Paul Pope(ポール・ポープ)のカバーをはじめ、あとは“どんより”の続出か。
毎号紹介されるジャパニーズ・アーティストの今度はNaoto Hattoriの登場だけれど、彼もまたどんよりな作風が特徴でしょう。
漫画がダリと契りを結んだような絵も描けば、ギーガーやフランスの幻想画家ディマシオのオーラを浴びて育ったと思えなくもない危うい作品もこなす。
これからがとっても楽しみ、ハイ・フルクトースで日本画壇(?)のお勉強もできるのです、発売までいましばらくお待ちください。
a0077842_23315628.jpg


ハイ・フルクトースその他のどんよりはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2008-02-27 00:05 | 書店入荷新着情報
リップル君発売記念リップル君アートです。
シアワセ・フィギュアリップル君の発売を記念して作製された30セット限定のナンバリング&サイン入りポスターが、リップル君到着から1日遅れで作者のスケット・ワンから送られてきました。
怒らせると本当は怖い悪党リップルと、いつもの善人リップルが、それぞれ28センチ×43センチのフレームに収まってます。
さっそく留之助書店に並べましたので。
a0077842_2275492.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-26 02:31 | 書店入荷新着情報
キャシー・オリヴァス個展開催記念リミテッド・ブルー。
a0077842_0201113.jpg
MINDstyleから出たキャシー・オリヴァスのベニーと赤い鳥はじつに傑作だった。
なんとそれのSDCC限定モノクロ版だけれど、ウチではまだ売れ残ってたんだね、世界でも類を見ない珍現象だぞ。
ま、それはともかく、そのキャシーの個展がGallery 1988 San Franciscoで今月末から開催されるのを記念して、おもに会場で売り出される300個限定のベニーと赤い鳥のリミテッド・ブルーが2個だけ入荷することになった。
下の画像をご覧ください。
先ごろNYで開催されたInternational Toy FairのMINDstyleのブースで初公開され、話題になったリミテッド・ブルーのスナップショットです。
留之助に、もーそろそろ届くころかな、興味のある方は早めにお問い合わせくださいね。
a0077842_032699.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-26 00:43 | MINDstyle 新製品情報
サンフランシスコに知り合いがいればなぁ。
a0077842_211386.jpg
巨大な銀色の円盤でワシントンDCに降り立った平和の使者“クラトゥ”と、その従者で身長2.6メートルの物言わぬ銀色のロボット“ゴート”。
忘れもしないSF映画『地球の静止する日』(1951年)は、『禁断の惑星』(1956年)とともに語り継がれる50年代2大ロボット映画の傑作である。
『世紀の謎・空飛ぶ円盤地球を襲撃す』(1956年)の侵略ロボットにゴートの面影を見るのは、両者が親戚とか従弟同士というのではなく、単にレイ・ハリーハウゼンがメカのデザイナーとしてはイマイチ独創性に欠けていたことを意味している。
ゴートは怖いロボットのナンバーワンでもある。
無言で何を考えているのか分からないところが怖いのだけれど、さらにバイザーが電子音とともに開き、その下の黒いレンズの奥からあらゆる兵器を分解してしまう特殊光線を発射するところが、とても怖くてカッコいい。
a0077842_22263026.jpg
その怖いゴートの正確なレプリカがハリウッドのフレッド・バートン・プロダクションで製作されていると聞いたことはあるけれど、このたび映画ミュージアムで5年近く展示されてきた定価9600ドルのフレッド・バートン製中古のゴートがeBayに出品された。
上の画像がそれで、ただいま入札13件、4150ドル、オークション終了まであと6時間。
赤外線リモコンでバイザーの開閉がコントロールでき、電子音も鳴る。
留之助店内の真ん中でお客さまを迎えるロボット・ロビーと並べたらさぞかし壮観だろうと思い、物欲がムクムクと頭をもたげたけれど、出品文にこうあった。
「これはサンフランシスコにあり、引き取りに来てくれることが条件」
なんとなくサンフランシスコに知り合いがいなくて、ホッとしたのだった。
by tomenosuke_2006 | 2008-02-25 22:56 | プロップ
サンデー・ショッピングのご案内。
a0077842_13552360.jpg
着々と新製品が届いてる。
今日から火曜まで3回に分け、小出しに入荷新着情報へアップしていくんで、よかったら覗きに寄ってくださいね。
まずはよそのフィギュア・ショップさんも扱いはじめたトゥィキム・デザインのマーベル・キャラSUBSCASTSシリーズの最新2作がどこよりも早く、きっと中間業者がいないぶんいちばんリーズナブルに登場だ、お見逃しなく。
それから、上のイラストのアレも。
ついでにお伝えしておきますが、ダニエル・モナハンのサンチョの今度は200個限定の新色カナリア・エディション(下)も、わずかだけれど発注かけたからね。
これが留之助に入ってくる最後のサンチョ・バリアントになる見込み、渇いた砂漠に溶け込むさすらいな色合いがこれまたいいと思います。
a0077842_1358465.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-24 11:00 | 商店入荷新着情報
ドイツ発・ホンコン経由・飛騨高山行き。
手間ひまかけたクールなロケ写真もよいし、300ページにおよぶ情報量もハンパじゃないオブジェモチャ写真事典のDOT DOT DASH
その分厚いハードカバー巻頭の序文を数ページ繰ったその直後、いちばんはじめに登場するのが下の見開きだ。
中でも、波荒く寒々とした曇り空のドイツはタイメンドルファ(Timmendorfer)ビーチで撮ったという、VANSのスポーツシューズを履いた原寸大フィギュアと熟年オヤジ・スイマーとのツーショットには、店主、ドキッとさせられた。
ドット・ドット・ダッシュを手にした人なら、まずこのページに釘付けになったにちがいない。
a0077842_233757.jpg
それはドイツ出身で現在はホンコンに居を移し創作活動を続けているマーク・ランドウハがVANSの雑誌広告ためにデザインし、自ら彫刻、撮影したもので、短髪がフレーク(Flake)、ちょい長髪がフルイド(Fluid)という。
2年前、等身大の1/3サイズ(25インチ=63.5センチ)もあるフレークの大型フィギュアがヨーロッパのVANSショップのディスプレー用に300体作られ、その一部が市販されたとは聞いていたけれど、VANSのサイトやeBayで売られているのを見たためしがない。
筋肉の隆起を簡潔な筆致で誇張し、たとえば腹部を生き生きと美しくスタイライズしてみせるランドウハの技に感服する。
ボード・ブロードを例にあげるまでもなく、ついタワワなの女の子に傾倒しがちな店主ではあるが、このランドウハ・ボーイズには同性ながら憧れてしまう。
ホンコンを仕事場に選んだドイツ人らしいテイストというべきか、生っ粋のホンコンっ子では作れない、かといってドイツにいてはこうはならない、本場フランクフルトソーセージをアジアで食い倒れる感じ。
そういうランドウハのロンドン、ベルリン、パリ、バルセロナ、ユトレヒト(オランダ)のVANSショップ用に作られた400個限定の新フレークの内、半分の200個がヨーロッパ以外の諸国オブジェモチャ屋へ卸されることとなり、留之助にも入ってくるんだよ、毎度のことながら極少数。
a0077842_0465549.jpg
a0077842_047715.jpg
a0077842_0511329.jpg
フレークのこれはペイン(pain=痛い)バージョンっていう。
スケボでひっくり返ったのか、ケンカをしたのか、胸のワンポイントのように血のにじんだ絆創膏とグルグル巻きの包帯が痛々しく、グッと歯を食いしばったモノクロ風63.5センチである。
当店取り扱いのオブジェモチャの中でも真っ先に長身で、なんとパッケージは幅38センチ×高さ79センチ×厚み18センチと巨大。
さらにフレークの傷を負うまえとあとの顔を描いた大判ポスター(56センチ×91.5センチ)が2種類同梱されるというから楽しみだ。

ペイン・フレークのパッケージングはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2008-02-24 01:16 | イマモチャ
あからさまにカッコいいふたつの?/??。
a0077842_018090.jpg
白(色)っぽい方はエイジェ(Ajee)のパンティ・ショー・ダニー、黒っぽいのはスパキッチ(Supakitch)ダニーといいます。
ミニフィギュアにだけは手を染めないよう堅実に生きてきた店主ですが、このふたりはとくべつ欲しい。
a0077842_0561585.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-23 00:00 | イマモチャ