<   2008年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
ひさしぶりの20インチ、しかもオーダーメードの出現だ。
a0077842_17454987.jpg
いまから4年まえ、3インチ・ダニーの記念すべきシリーズ-1でスカルヘッド・ダニーをデザインしたのがSF在のアーティスト、ホアック・ジー。
その後も3インチや8インチ・ダニーをはじめ、キッドニンジャやオリジナルキャラの悪魔爆弾など、ヒット作をコンスタントに発表し続けている。
いわばキッドロボットモチャになくてはならない主要メンバーのひとりなのだ。
一時はナラズモノやニンジャやクノイチなど日本趣味が炸裂のカスタム・ダニーで気炎を吐いていたけれど、つい3週間ほどまえ、あのスカルヘッドを8インチにブロウアップした、見る人が見ればとってもノスタルジックな、ダニー黎明期の象徴ともいえる限定版を10個だけ発売した。
店主、買いそびれてしまったけれど、今度はその20インチ版(上の画像の左)をオーダーメードで極少数、1ヶ3500ドルで発売するとか。
興味おありの方は、sales@huckgee.comへお問い合わせください。
店主、留之助ブラスターの製作費を捻出するため、ただいま、いろんなゼータク禁欲中です、ちょっと残念。
ちなみに右はスカルハントレス・マニー、つまり女性のハンターで、こちらはホアックのeBay Storeで太平洋標準時の5月2日正午から700ドルで発売開始される。

注)キッドロボット製DIY専用フィギュアがマニー、そろそろ留之助でも仕入れようかと思っている。

下の画像は左から3インチ、8インチ、そして今回の20インチ。
大きいことは、つくづくいいことだと思うのだった。
a0077842_20453322.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-30 20:47 | イマモチャ
スコォクのモノ、入荷しました。
こいつ、もともと高価なところへもってきてパッケージがやたら大っきいからね、送料もかさんじゃって、ダニーなんかとくらべるとけっこうなお値段です。
が、東西南北360度、どこから見てもスコォク、言うことなし。
背中には公害モンスターの横顔までプリントされていて、さらによい。
Colorblok(カラーブロク)デザインの素体Monoを、いろんな味付けで料理する、いや、いろんなスタイルで演奏するアーティスト・ジャム・セッションと名付けられたこのプロジェクト、今後が楽しみでなりません。
a0077842_12332683.jpg


ジャム・セッションらしいパッケージが、またよい。
by tomenosuke_2006 | 2008-04-29 13:02 | イマモチャ
いい写真だから。
まだちょっとだけ在庫しているぬいぐるみスモーキーだけど、こんなかわいいツーショットがディーラーさんから送られてきたんで載せてみました。
ただそれだけです。
a0077842_10362811.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-28 10:42 | イマモチャ
追伸、スーパ・ショー。
いましがたエリックからスーパ・ショーの絵が届いたんで、紹介しておくね。
左上が会場になったSraight out da Jungleの店頭、右がエリック、下が店内風景、楽しそうだね。

YouTubeにはこんなムービーもアップされた。
さらにカスタム・スーパ全作品がflickerのここでで見られるようになった。
a0077842_5194019.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-28 05:26 | イマモチャ
スーパ・ショー、絶賛開催中。
NYのストリート系ショップSraight out da Jungleで4月19日から開催されているスーパ・ショー。
エリック・スケアクローが創作したビデオゲーム・マシン・モチーフのDIYモチャを若手ロウブロウ・アーティスト総勢33人がスキンデザインして、ただいま展示即売中だ。
残念なことにこのショップのサイトはまだ製作途上だから作品の紹介もなければ、買うこともままならない。
というわけで、代わりにここで店主のお気に入りを数点、ご紹介させていただきます。
どうしても欲しいっていう人がいらっしゃいましたら、お問い合わせください、まだ売れないでいるようでしたら代行輸入も可。
それにしても傑作ぞろい、こういうのを見せられると、DIYというモチャ遊びはまだまだ日本では未開の文化だと思うのでした。
a0077842_21553563.jpg
a0077842_21554839.jpg
a0077842_2156326.jpg
a0077842_21561539.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-27 21:58 | イマモチャ
3インチのバロネス・ダニーって、ご存知ですか?
まずは8インチの夜光ピンクなバロネス・ダニーをご注文いただいたみなさん、なんとかご予算内での確保ができましたので、お知らせします。
到着次第、お送りしますね。
この290個だけ作られたバロネス・ダニーのうち、100個はキッドロボット主催のイベント会場で販売されたってこと、まえにも書きました。
そのイベント、7 Deadly Sins Birthday Party(七つの大罪・誕生パーティ)とキッドロボットから去年6月に発売されたサイボーイズ・七つの大罪は別に関係なさそう。
とにかくパーティの乱痴気はこちらで紹介されてるんで、よかったら覗いてみてください。
で、ここからが本題。
じつはこのパーティの参加者100名だけにブラックなバロネス・ダニーの3インチ版が配られたらしいのだよ。
歴代3インチの中でも3本の指に入るレア度とかで、小さいくせに8インチのバロネスより高騰している、っていうか、大きい方はすでに20以上がeBayに上がったけれど、この小さいのはまだ2個しか売買されていない(よく知ってるでしょ、ずっとウォッチしてるから)。
そういう3インチだもの、8インチのピンクといっしょに1度はお店に飾らなきゃならんでしょ、だから落札しましたよ。
それがきのう到着し、梱包を解くと、なんと未開封。
とりあえずしばらくは箱の状態で飾るつもりです、もったいなくって。
a0077842_11411355.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-26 11:45 | イマモチャ
ゾンビペット・ダニーの発売は27日0時に決定。
お間違えのないように。
あした26日(土)は大いに夜更かししていただき、真夜中0時ジャスト、つまり27日(日)0時になるまでお待ちください。
キッドロボット本家の発売から遅れること48時間、待望のゾンビペット・ダニーのご注文を承ります。
かならず“専用注文フォーム”からお願いしますね。
a0077842_1922642.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-25 19:13 | MIDNIGHT SALE
売れないかなぁ、売れないよね。
お値段はリーズナブルなのに、もののみごとに売れないのがジェレミ・ライメルのDIYシンク-アップやジーン・マリー・スワーヴの怪獣ワガモ、分かる気はする。
その流れからいくとコレも売れ残るだろうなぁと思いながら、店主としては手にとってみたくもあり、20個しか作られないと聞かされたりしたから、ここで仕入れないと悔いが残るんじゃないかと。
それがアリゾナのグラフィティ・アーティスト、KILL作のGODAMNIT!(ガッデムイット!)とInvader Ron(インベーダー・ロン)の2ヶである。
a0077842_21115326.jpg
どちらも3インチのミニフィギュア・サイズでレジン製、ゴールドとブラックのハンドペイントでブロンズっぽく仕上げられている。
バチ当たりな名前のガッデムイット!(左)は無神論者で冒涜的なカイジュウということらしい。
一方、インベーダー・ロン(右)は学生相手の売人だとか、お〜怖。
店主、ガッデムイット!全20個をとらえた下の画像がけっこう気に入っている。
こんなふうに縁の下にいたら、呪われそうな感じしませんか。
わら人形よりも効き目がありそう、いろんな使い道がありそうだね。
a0077842_21324360.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-24 21:34 | イマモチャ
涙目の悪魔君、です。
彼の名はKeek(キーク)といいます。
堕天使ルシフェルの元で立派な悪魔を目指して修業を積みました。
一番の教えは「地上の者共を混沌と恐怖に陥れる」こと。
果たして厳しい修業を終え人間界に来てはみたものの、もはや地上ではキークなど必要としないほど破壊がすすみ、悪魔の子としてのプライドは粉々にされてしまいました。
かくしてキークは生きる目標を失い、The Saddest Dvil(もっとも悲しい悪魔)と呼ばれることになったのでした。
a0077842_12225849.jpg
というよなストーリーをこしらえ、おむすび型の大きな頭の悪魔をデザインしたのはDevil's Head Productionsを主催するトビー・ダトキーウィクツ。
去年10月に粘土とワックスで作ったプロトタイプを発表してからずっと、その進行ぐあいを見せてもらってきた。
たとえば11月はじめには配色表が公開され、キークのあの情けない顔がじつは泣き顔だったと判明したり。
a0077842_1240456.jpg
同じ11月下旬にはメラメラと真っ赤なパッケージデザインが出来上がった。
a0077842_12435728.jpg
発売は1月と聞かされていたけれど、それからが長かった。
2月に延期されたかと思ったら、今度は3月から出荷になると知らされ、つい最近、やっと注文の受付けメールが届いたのだ。
高さ6.5インチ(16.5センチ)、ピンクや血しぶき版なども計画されているようだけれど、留之助にはこのオリジナルのみの入荷。
上のパッケー展開図の左からふたつめ、上からふたつめの正方形部分の上3分の2がくり抜かれ、ウィンドー加工される。
a0077842_132119.jpg
キークのこんな面白いムービーがあります。
by tomenosuke_2006 | 2008-04-23 23:59 | イマモチャ
ひとつお利口になりました。
留之助商店のお客さまでヒップホップユニットLUNCH TIME SPEAX(ランチ・タイム・スピークス)のリーダー、GOCCI(ゴッチ)さんから、エリック・スケアクローのOSK(OLD SKOOL KAIJU / 古い学校モンスター)に関するこんなメールをいただきました。

店主は響きが面白いので「フルイガッコウ」と訳しておられると思いますが、
HipHopでは現在の地点から見てOLD SKOOL(約80年代の音、人物、物)、
またNU(NEW))SKOOL(約90年以後のそれら) などと表現し、
古い一派、新しい一派的なニュアンスで使われています。
未来なら今もまたOLD SKOOLと呼ばれる時が来ます。
現在のまさしく「NU SKOOL TOY」はHipHopとも密接な関係があると思います。

今度エリックに聞かなきゃと思っていた“?”が一挙に解消し、胸のつかえが下りました、ありがとうございます。
“OLD SKOOL KAIJU”というシリーズ名に、わざわざ“古い学校モンスター”と和訳タイトルを付けたのはエリック、のわりには“学校”を“SCHOOL”じゃない“SKOOL”にしたワケを知りたかったんですよ。
韻を踏んでいたんですね、世界でいちばんヒッピホップなトイデザイナーのエリックらしく。
と、ヒップホップなんて言葉を気楽に使ってますが、何も分かってない店主なんです。
GOCCIさんのおかげで、ひとつ勉強になりました。
ところでOSKのダイジンのうち、NYCC 2008会場限定スーパー・ヴィラン・ダイジンが入荷することに。
ヒップホップなオブジェモチャ、もといヒップホップなNU SKOOL TOY、あのKISSAKIもいっしょにやって来ます。
a0077842_22192363.jpg


こちらにESC-TOYのフライヤーがあります。
by tomenosuke_2006 | 2008-04-22 01:00 | イマモチャ