<   2008年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧
Junko Mizunoさんのポニーに会う。
まさかNYで水野純子さんとごいっしょできるとは。
NYに到着早々、アイコさんに連絡を入れてはじめて、純子さんがNYにいらしてることを知った。
冒頭、ふたりの組み合わせに“?”となったけれど、そういえば去年の春、LAのMerry Karnowskギャラリーで開催されたMiss Vanとのグループ展HEART THROBの記事をどこかのニュースサイトで見たことを思い出した。
まったく異なる作風(マンガとグラフィック)と性格(ケアフルとケアフリー)のおふたりはプラスとマイナスが惹き合うように、以前から親しい間柄だったんだね。
じつはキッドロボットからケイコとカオリを発表した純子さんの紹介で、アイコさんが青と黄色のバニーを作ることになったとか。
で、今回、純子さんはアーティスティックなショップがひしめくチェルシー地区のギャラリーで開催されるThe my little pony Projectのオープニングやらキッドロボットでの新作の打ち合わせのためにNYを訪れていたのだった。

a0077842_1517498.jpg
ラッキーでしょ、純子さんとお会いできたばかりか、アメリカの玩具メーカーHasbroがオンナノコモチャとして作り続けているマイ・リトル・ポニー生誕25周年を記念したチャリティ・イベントのオープニングに参加できたんだからね。
これは25人のアーティストがスキンデザインした高さ18インチ(約46センチ)のワンオフ・ポニーをオークションにかけ、収益のすべてをGive Kids the Worldへ寄付するというもの。
純子さんのほかにも、おなじみのアーティスト作品がいくつも飾られていた。
たとえばスリー・ベアーズ・ダニーのいちばんアブストラクトなクマをデザインしたり、もうすぐ発売されるキッドロボット製ミニフィギュアHeroes of Burgertownでやりたい放題のジョン・バーガーマンとか、トキドキとか、レフティのスーパードゥとか。
中でもムラサキの純子ポニーには最高モード賞を授与します。
やんちゃなヘアスタイルがいいし、透明レジンで付け足したハイヒールのヒヅメでひときはノッポなタカラヅカ風。
ご自身の絵がプリントされたイタリアン・ブランドFornarina製のブラウス姿の純子さんとポニー、どちらも可愛すぎでした。

The my little pony Projectのオークションサイトはこちら

a0077842_15341266.jpg
と、何日にもまたがってしまったけれど、この展覧会は午前にキッドロボット本家を訪ね、午後一番でアヤ・カケダさんのアトリエにおじゃまして、その足でアイコさんの個展を観たあとの出来事、最高に充実した1日でした。
まったく不案内なNYをこれほど効率良く動けたのは、じつは現地でファッション関係のお仕事をしてらっしゃる山本史子さんのアテンドのおかげだったのです、心よりお礼申し上げます。

リトル・ポニーの会場風景。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-22 23:59 | イマモチャ
Lady Aikoの個展へ。
これはね、彼氏といっしょにオマワリにパクられて連行されるパトの中で熱いキッスを交わした時のことを描いたものなんだ。

創作の技術的なことは分からないけれど、1辺が身の丈以上の大作には版画とかステンシルなどの手法が駆使されて、表現の集大成といった迫力に満ちている。
作品を前に圧倒される店主の横で作者のアイコさんが直に解説してくれた。

ここにある作品は6点ともぜんぶ、ワタシの体験に基づいている。
こっちは精神的に救いようがないほど堕ちていた時とそれを超えるまでの一種宗教的な作品。
ワタシと付き合う男たちはいつも成功してハッピーになり、終いにはワタシの元を離れていく、それをグリコのマークで。

これまでも自作を語る天才たちと相見えたことは幾度かあったけれど、これほどまでに幸福を感じたことはなかった。
相手が魅力的な女性だというだけではない、彼女の全身から放たれる強いオーラにグイグイ攻め寄られ、基本“M”の店主は白昼堂々とブルックリンのBrooklynite Galleryで犯される快感に酔いしれたのだった。
満腹です、アイコさん。
美大4年生の時に就職活動でやっきになっている回りにウンザリして、いっきに渡米、危ない橋を渡りながらNYのストリートで叩き上げた彼女の絵には本物の“人生”が漲っている。
冒険王アイコが次に目指すものは何なのか、超大作6点をしたためたあとのあなたのアクティビティが気になります。
そのまえにリフレッシュがてら温泉にでもつかりに飛騨へお越しくださいね。

a0077842_10463752.jpg
いまならこちらでアイコさんの全6作品とオープニングナイトの様子がご覧いただけます。
左のリンクボタンの“SHOW”から“NOW”へお進みください。
ちなみに左から2点目が宗教的な作品、3点目の警察キャラのピーポ君がゲスト出演しているのがパトの中のキス、4点目が男を幸せにするの図
by tomenosuke_2006 | 2008-09-21 23:59 | イマモチャ
ブルックリンにAya Kakedaさんを訪ねる。
バラの花のティアラを着けたかわいい女の子が3人、陽の光が届かない森の奥深くか、それとも洞窟の中なのか、まるでブタの丸焼きのように串刺しのアザラシを火にかけている。
ひとりは積極的、ひとりは好奇心でいっぱい、あとのひとりは心配性、小学校の理科の実験の時って、かならずこんな3人がいたものだ。
NY在住の日本人アーティスト、アヤ・カケダさんの“BBQ”と題された絵本の一場面のような作品に、すっかり感じ入ってしまった。

a0077842_22492481.jpg
静寂なタッチの中にゾッとするような残酷が利いて、この続きとおぼしき作品“sick seal infected woth mushroon”ではアザラシの肉を食べた3人が、からだじゅうに発疹を浮かべ苦しそう。
アザラシの亡骸からは動脈と静脈に塗り分けられたサンゴのような不思議が立ち上り、いったいこの絵の作者はどういう雰囲気の人で、どんな声で話すのかと気になりはじめたら、いても立ってもいられなくなってしまった。
ダニー・シリーズ5で頭に二段重ねのアイスクリームをのせた、それはそれはかわいくおかしなアイスクリーム・ダニーの生みの親であり、キッドロボットと縁がなければ知らずにすんでしまったかもしれないアーティスト。
せっかく近所まで来たんだから彼女に会わない手はないだろうと、アザラシのバーベキューを囲む3人の少女のように、ちょっと心配になりながらも好奇心に胸弾ませ、かつ積極的に、ブルックリンの彼女の住まい兼アトリエを訪ねたのだった。

a0077842_23252214.jpg
インタホンから聞こえるアニメのようなかわいい声に導かれ、アヤさんのアトリエへ入る。
父親の仕事の関係で16才からジョージアに住み、NYのSchool of Visual Arts(SVA)で学んだという当年30才。
影響を受けたアーティストは恩師でもあるDavid Sandlin(デイビッド・サンドリン)だとか、Tara McPherson(タラ・マッファーソン)とは2年前からの付き合いで、彼女の紹介があって今回のDS5への参加が実現したと物腰柔らかに語る。
それにしても育ちのいいお嬢さんの雰囲気とダークな作風のギャップが、会っているだけでも楽しい人だ。
壁に立て掛けた数々の額装済み作品や、ベッドの下から取り出したシルクスクリーンを取っかえ引っかえ観せてもらった。
最近、あるグループ展で、ダニーをデザインした人でしょうと声をかけられ、キッドロボットの影響力に驚いたとか。
これを弾みにますます飛躍するんだろうね。

a0077842_4112247.jpg
近く東京上野のギャラリーで作品展が開催されるとか、詳しくは後日、こちらでもお知らせいたします。
とりあえずアヤさんがひとつずつ手作りした小粒なストラップを持ち帰り、お店に並べるつもりです。
彼女の頭の中を漂うカワイコワイおかしな生き物を、じっくり目を凝らしてご覧いただくにはちょうどよいサイズかと。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-20 23:59 | イマモチャ
18日:まずはkidrobot本社で。
ソーホーのキッドロボットNY店は初日にmy plastic heartを訪ねたあとに寄ってみた。
ん〜、白が基調のファンシーなインテリアはまさしく最前線のアーバントイ・ブティック、だけど店員はどこにでもいそうな小僧っ子が大半を占め、一様に無愛想、大いに失望したな。
ショッピングが楽しいとは、お世辞にもいえない場所だった。
そんなことより18日の目標はキッドロボットNY本家を訪ね、留之助商店のなんたるかを知ってもらうこと。
そして最上位スペシャライズド・ストア(キッドロボット直営店でのみ販売されるエクスクルーシブ以外の全商品を取り扱うことができるキッドロボットが認めた専門店)の仲間に入れてもらうことなのだ。

a0077842_2022085.jpg
本家はミッドタウンのオフィス街にあるこぢんまりとしたビルの9階全フロアを使った明るく爽やかなインテリア。
入り口をくぐると、パーテーションの向こうからスモーキンラビットがぴょんぴょん跳び出てきたのには驚いた(ウソ)。
シャノンっていうから女性だと思っていたら、なんと男性だった海外卸売り部門のマネージャー、Shannon Rivers(下の写真)とのミーティングはたっぷり1時間に及んだ。
彼の話によるとキッドロボット商品を扱う契約小売店は全世界で1000軒以上もあり、去る7月の出荷分から独自の基準が設けられて約50店舗が上位契約ショップとして、さらにそこから約15店舗が最上位スペシャライズド・ストアに選ばれた。
留之助は日本で唯一、上位契約ショップには名を留めたものの、最上位の仲間入りは果たせなかった。
つまりユニコーナサウルスはかろうじて卸してもらえたけれど、8インチ・トキドキ・ダニーや20インチ・トーマ・ダニーはダメだったのだ。
限定商品の生産数をことさらに増やす計画はないから、それらを扱うことができる最上位専門店はこれで十分というのがキッドロボットの大方の見解。

a0077842_21313452.jpg
なんとなくそんな雰囲気を察知して、日本のキッドロボット・ファンをないがしろにしないでほしい(店主がいちばん困る)と、夏からしつこくメールで直談判した結果、なんとか10月のキッドロボットモチャのうち、本来なら最上位専門店でしか扱えないナイトメア・ダニーとキッドリッパーを卸してもらえることになったのだった。
あと、11月のマル秘なヤツも。
でもそれだけじゃ心配でしょう、今後の動向が。
で、直接シャノンに会い、プレゼンというか、ねじ伏せることにしたのだ。
榎本店長が用意してくれた留之助店舗の紹介写真アルバムや簡単な翻訳キャプションを添えたブログのプリントアウト、それから当店が紹介されているWikitravelのプリントアウトに飛騨高山の英語版観光ガイドブックなど、けっこう効き目があった。
シャノン、ちょうど来春、新婚旅行で日本へ行く予定だというから、飛騨高山で大接待するといったら、それがダメ押しになったみたいだった、セールス部門の最高責任者を説得すると約束してくれたのだ。

その2日後にキッドロボット卸売り部門から“Kidrobot Q1 2009 Toys!”というタイトルのメールが入った。
来年1月〜3月発売予定のPDFファイルの商品カタログとExcelの注文書がダウンロードできるサイトのURLが記されていた。
そしてこんな一文が、
You are receiving this email because we feel you best represent Kidrobot products!
As such you are offered Kidrobot toys that will be available only to our most select wholesale clients - releases meant to drive customers to your stores to partake in the full breadth of Kidrobot products.
Customers come to depend on you for every Kidrobot toy, we want to ensure they find them!
つまり留之助は晴れて最上位スペシャライズド・ストアになったと、これからはキッドロボットモチャが何でも揃うっていうことなんだよね。

追伸:ポール・ポープのプレイメイト・フィギュアの実物を手にとって見たけれど、素晴らしかったね、あしたのキッドロボットを感じました。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-19 23:59 | 留之助商店計画
夜は両手に花で焼き肉だぁ。
コリアン・ウェイにある韓国料理店ソウル・ガーデンで美女ふたりと焼き肉で盛り上る。
下の写真はほろ酔い気分で通りを歩き、エムパイア・ステート・ビルディングをバックに記念撮影したときのもの。
店主デレデレで、いまにも顔が崩れ落ちそうである。
ちなみに向かって左の女性はレディ・アイコさん。
8月13日にポストしたとおり、渡米の目的のひとつは彼女に現地で会うことだったが、Brooklynite Galleryの個展へ出かける前夜、牛タンつつきながら面と向かったのだった。
右の女性は、サプライズゲストっていうか、ありえねーっていうんですか、骨付きカルビが大好きな水野純子さんである。
両手に花でも、これはスーパーアートフラワーでしょう。
店主、有頂天で、もはや人生を全うしたような気分になりました。
アイコさんの個展や、じつは突然知らされた純子さんのグループ展については、のちほど報告させていただきます。
a0077842_1026552.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-18 01:00 | イマモチャ
TOY QUBEのKeith Poonと契りを交わす。
TOY QUBEといえばNYの老舗オブジェモチャ・ショップであり、かに座やシャーキーなど魅力的なオリジナルモチャを製造販売していることでも有名だ。
そのオーナー兼デザイナーのKeith Poon(キース・プーン)とは去年のSDCCで名刺交換していたけれど、彼らの製品はオブジェモチャの専門卸売り会社DKE TOYSから仕入れてきた。
ただしDKEでTOY QUBEがすべて揃うかというと、そうではなかった。
業者を頼らなくても自分たちだけで売り切る自信のあるパワフルな作品や、生産数が極少数のエクスクルーシブなどはけっして飛騨高山まで回ってこないのだ。
エリック・スケアクローと別れるとクィーンズのフラッシング・モールにあるTOY QUBEへと向かう。
誰でもDKEから仕入れられるようなモチャじゃないのが欲しいから、キースともうちょっと親交を深めてもおきたかったし。
TOY QUBEは中国人街の中ほどにある、一昔前の、少々荒れたショッピング・モールの2階奥に店を構えていた。

a0077842_14551393.jpg
趣味が同じだったり、目指すものがよく似ていると、国籍や男女の別、年の差などに関係なく打ち解け合えるものだ。
で、店主のような高齢だと相手にいたわりの気持ちが芽生えるのか、とにかくナイスにしてくれる。
だいたいのことは聞き入れてくれる。
さいわいDKEとの契約はそれほどタイトでもないらしく、今後TOY QUBEの全オリジナルは直接卸してもらうことになった。

a0077842_15353648.jpg
たとえばTOY QUBEのお抱えスカルプター、Mike "Nemo" Mendez (マイク・ネモ・メンデス)作の戦支度のラビット君、ハーレマンガスの200個限定ブラックと300個限定ホワイト。
いずれもウィンドーボックスにマイクのサインが入る。
シャーキーは9月14にポストしたホワック・ジー作品以外にも、歴代コジック版全種、最新Tim Tsui(ティム・スイ)版などが送られてくる。
下の画像が店主の要望をすべて聞き入れてくれたTOY QUBEファミリー、左からキース・プーン、名前忘れちゃったけれどキースの可愛い奥様、右がダンカン・プーン。
みんなとってもいい子たちだった。

a0077842_1614988.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-18 00:00 | イマモチャ
17日:Erick Scarecrowとお座敷会談。
メール交換しはじめて1年ちょいながら、エリック・スケアクローとはそれこそ昔ッからのツレのような間柄である。
彼はオブジェモチャ・アーティストであるばかりか、自らモチャメーカーEST TOYを主催するビジネスマンでもあり、つねづね感心な男の子だと思っていた。
で、彼のブルックリンのスタジオを訪ねる予定がお互い都合が悪くなり、17日夕方、店主の滞在先のホテルまで出かけてきてくれた。
話は前後するけれど店主が泊まるキタノには和室の特別室があり、たまたまホテルに到着した初日、チェックイン時間より2時間以上も早かったため、すぐに使える部屋は特別室しかなく、予約した部屋と同じ料金でそちらに回された。
最初は得したような気分になったけれど日本の旅館と瓜二つ、まるで下呂温泉か飛騨高山にいるような感じで部屋に入ると旅人気分は消え失せてしまう、誤算。
しかも机なし、座卓でノートブックを広げなければならず、腰痛持ちの店主には苦しい限りの2日目なのだった。
もしエリックがキタノを訪れることにならなければ、当然部屋を換わっていたことだろう。

a0077842_18173180.jpg
で、こんな記念写真となったわけ。
エリック、大いに喜んだ。
新しいムラサキのキッサキはサイン入りでエリックからのプレゼント、後日留之助にも入荷予定。
知ってましたか、脇に差した刀のようなモノの先端部分(キッサキ)は鉛筆をイメージしていたことを。
キッサキの生業はアーティストであり、さまざまなカラーバリアントは創作での葛藤を表す。
もちろん見せてもらいましたよ、マル秘なスケッチやプロトタイプや新製品画像を。
その中にはクリスマス前に発売されるキッサキの敵役もあり、素晴らしいぞ。
これは葛藤するキッサキの心の中に生まれた邪悪な念の象徴で、まったく新しいデザインの通称メデューサ、またしてもユニークな日本名を持つ。
つまりキッサキはアーティストの精神世界をエリックらしく表現したシリーズなのである。
同時にOLD SKOOL KAIJUの新作も発売される。
こちらも新デザインの怪獣風ヴィラン、ユーモアがたっぷり利いている。
ちなみにSOLD OUTのウルトラ・ダイジンは地球を守る正しいロボット、夜光ゲッタ・ダイジンはウルトラを助ける謎の使者(ウルトラの兄と噂されるが定かではない)、スーパーヴィラン・ダイジンは敵が作ったクローン・ロボットという設定。
ということでいろんな謎が解けたのだった。
オブジェモチャ・メーカーの社長としての見解等、興味深い話も聞いたけれど、それはまた別の機会に。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-17 22:59 | イマモチャ
kaNOとmy plastic heartへ。
colette x GAPの手提げ袋を持ったまま、kaNOとの待ち合わせ場所のロウアー・イーストサイドにあるWhole Foods Market2階のカフェテリアへ向かう。
ホールフーズといえばアメリカとイギリスでチェーン展開するナチュラル&オーガニック・フーズのマーケット・チェーン。
作品展の準備で雑然とした仕事場なんかで会うより、こっちの方がいいとkaNOが指定してきた。
近くには仲良くしているショップのmy plastic heartもあるし、まだ行ったことがないなら案内したいとも。
メールで何度かやりとりしただけだというのに、オーガニック・ジュースを飲みながら旧知の中のように話が弾んだ。

a0077842_13243758.jpg
kaNO持参のMacBook Proで、マル秘プロジェクトのスケッチやプロトタイプの画像をいろいろ見せてもらった。
中でも身長10インチ(25センチ)のワックス原型に目がとまった。
鉄人28号似の顔にヤカンの把手を付けたようなロボット風、みなさんにもお見せしたい不思議デザインの一等賞だった。
発売はクリスマス前だけれどメーカーとの契約でこれに関することはいっさい語れないと、そんな生真面目なところがまたkaNOのかわいいところだと感じた。

a0077842_15361778.jpg
新興のモチャ・メーカーBIC Plasticsから発売予定だったBodega(ボッデガ)は、ようやく今月末からの出荷となる。
スプレー缶がモチーフなのはひと目で分かるけれど、右手にカッターナイフ、左手はメリケンサックで武装する、けっこうあぶないヤツだと判明した。
スケルトン・ボディの中の赤色はGIDで、ほかにも4色が順次発売されるとか。
全5色の夜光シーンはさぞかし幻想的だろうと想像してみたけれど、よかったらグリーンを留之助エクスクルーシヴにどうかなんて言われて、返事は保留、4色でもきれいにちがいないと思い直すのだった、だって引き受け数が300個だもんね。
楽しいおしゃべりのあと、kaNOのマネーグリップ・レッド版エクスクルーシブを販売したり、マネーグリップのDIYを使ったアーティスト・ショーGet a Grip!をはじめ、しょっちゅう面白いイベントを主催しているNYオブジェモチャ界の老舗マイプラスチックハートへ。
オーナーのVincent Yuも若くていい子、大いに盛り上がり、kaNOがサインしたマネーグリップ・レッド版をお持ち帰りしたのだった。

a0077842_16342484.jpg
朝、目覚めたら、マネーグリップが窓辺に立ち、物思いに耽りながらマンハッタンを眺めていた。

右がmy plastic heartのヴィンセント。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-16 23:59 | イマモチャ
16日:NY初日、まずcolette x GAPのニューショップへ。
コムデギャルソンがH&Mとコラボしたようなものか、ハイブランドが低価格路線の大型チェーンと協業する、流行りみたいだね。
ミッドタウン・サウスにあるホテル、キタノ・ニューヨークにチェックインし、さっそく5番街にできた期間限定ショップ、colette x GAPへ向かう。
なんでもシリーズで限定販売されるアーティスト・Tシャツが引っ張りだこらしいけれど、ずいぶんまえにTシャツを卒業した店主の興味はトーゼン、オブジェモチャ的なるものとの遭遇だった。

a0077842_111190.jpg
9月6日から10月5日までのたった1ヵ月足らずで終わってしまうとは思えないキッチリとした店構え、スチールサッシの重たいドアをあけてcolette x GAPに入る。
工事現場の警戒色、黒と黄色の縞模様のテープやコーン風の二等辺三角形を白い店内の随所に配置して、楽しくアクセントをつけている。
商品のほとんどはパリのコレットから直送されたもので、本日分のアーティストTシャツは1時間足らずで売り切れたとか。
別の日に即完売したというiPhone 3G用ケースがほしかった。
で、店主が買い求めたのはマグカップとスケールと残り4つとなったパリの女性アーティスト、Genevieve Gauckler(ジュヌヴィエーヴ・ゴクレール)作のフィギュア3点セットだった。
ウィンドーボックスにはTokyo 41% Paris 59%の文字、側面にはSTITCH 、時しらず、BEAMS Tのロゴが。
怪しいとは思いつつ、勢いで買ってしまった。
よくあるのよ、こーいうことって、無知のなせるワザ。
じつは日本で買えるものを海外で買ってしまう、しかも日本よりもバカ高く。
本当ならiPhoneでSafari立ち上げて、アーティスト名で検索すれば、だいたいのことは分かる。
なのにこういうときに限って、うまくiPhoneが使えなかったんだ。
出国まえにiPhoneのサポートセンターで教わったとおり“設定”をタップ、次に“一般”から“ネットワーク”へ行き、“データローミング”をオンにしたのに、こっちのキャリアのT-Mobileに繋がったり、繋がらなかったり、まるっきり不安定なのだ。
で、いろいろイジリ回し“ネットワーク”の画面で“データローミング”をオンにするとき、“3Gを有効にする”をオフにするといいことが分かったのは、夕方、ロウアー・イーストサイドでマネーグリップkaNOに会う直前のことだった。

a0077842_15464477.jpg
キタノのロビーでcolette x GAPお持ち帰りモチャを記念撮影。
そのあとネットで調べてみると、ジュヌヴィエーヴ・ゴクレールのフィギュア3点セットは去る7月、東京界隈で6,300円で売られていた形跡を発見、オロオロ。
ちなみに店主は135ドル+消費税8.625%を支払いました。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-16 22:59 | イマモチャ
4号と最新5号がそろって入荷しました。
あしたセントレアをAM8:40発のJALで成田〜NYなんだけれど、まじめに2時間前にチェックインするとなると、飛騨高山を3:40に出ないと間に合わないことになる。
寝る時間、あるのかなぁ。
クルマ運転しないといけないし、徹夜は危険だろうなぁ。
旅支度はまだだし、しかもきょうは敬老の日で銀行はお休みだってこと、けさ気付き、せめて両替ぐらいは済ませておきたかったなぁ。
んで、この期に及んでパスポートの有効期限は大丈夫だったか気になったりする性格なんだよね。
来年2月まではOKだと分かりホッとしたけれど、国際免許証は完全に切れていた。
まぁ、日本の免許証でなんとかなるでしょう。
そういう微妙な時期に、せっせと商店と書店に新商品をならべているのは、別に余裕があるからじゃない。
むしろ一刻も早く資金回収しなくちゃならないから、切羽詰まってるってこと、というわけでただいま好評のマットポップ漫画の4号と最新5号、書店に平積みしました。
お得な5冊セットなんてのも作ってみました。
ちなみに今回のNY〜LAの旅は、老人週間(9月15日〜9月21日)にぴったり重なるんだね。
a0077842_13191792.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-15 13:20 | 書店入荷新着情報