<   2008年 11月 ( 64 )   > この月の画像一覧
チョッパー、ヤフオクに参戦。
このまえマーク・ランドウハの60個のみアメリカに輸入されたチョッパーのうち2個を現地バイヤーが入手したとお伝えしましたが、それがけさほど留之助に到着しました。
準備出来次第、定価+バイヤー手数料(定価の20%)+送料(148ドル)を開始価格にヤフオクへ出品いたします。
入荷新着情報からもリンクを貼ります。
日本でチョッパーを購入できる最初で最後のチャンスでしょう、奮ってご参加ください。
参考までにeBayの出品ページをご覧にいれますね。
下は即決価格499ドル、その下は希望価格999.99ドルもしくはメイクオファー(あなたの申し出価格を検討する)。
どちらにしても当店の開始価格がバカ高くないことだけはご理解いただけると思います。
a0077842_10425757.jpg
a0077842_1043826.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-30 10:47 | 商店入荷新着情報
留之助ブラスター・アップツーデート-20。
a0077842_1884047.jpg

留之助ブラスター東京プレビュー開催
日時:12月13日(土)午後1時
場所:ハリウッド・コレクターズ・ギャラリー
東京都世田谷区下馬6-18  TEL:03-3414-6857


お気軽にお出かけください。
製作スタッフが製品説明などさせていただく予定です。
完成モデルは ¥140,000(税込)でハリコレ専売、キットモデル は¥73,500(税込)で留之助商店直販となります。
いずれも12月13日午後1時より発売開始。
完成モデルのご購入につきましてはハリコレへおたずねください。
またキットモデルは東京プレビューの日に限りハリコレ店頭で販売、同時にオンラインと電話でご注文を承り、翌日からは留之助商店の店頭でもお求めいただけます。

プロ撮、完成モデル、正側面。
a0077842_18553281.jpg
a0077842_18554692.jpg
a0077842_185604.jpg
a0077842_18561497.jpg


肝、レシーバー。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-29 19:59 | 留之助ブラスター
30日(日)午前0時、レドラム20インチの時間です。
a0077842_122316.jpg
キッドロボット製品はこのマークのある公認小売店でお買い求めください、なんてヤボはいわないけれど。
本家からKIDROBOT SEAL OF REAL(キッドロボット本物の章)というステッカーが届き、ちょっと自慢したくなったのよ。
これ、キッドロボットモチャ全製品(本家及びイベント限定販売品は別)が揃うショップの証し、日本では留之助だけ、だから今夜の20インチ・レドラム・ダニーも入荷するのです。
まえにもいったと思うけれど、このレドラム、留之助が公式に販売する最初の20インチで、8インチの方もまた留之助最初のキッドロボットモチャであり、はじめてのダニーなのだった、これも何かの縁ってもんです。
a0077842_1843927.jpg


歴代、20インチ・ダニーをご紹介。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-29 14:44 | 商店入荷新着情報
残りの予告モチャ、どんどんポスト中です。
一見、恐れ知らず、じつはただの衝動仕入れ(衝動買いのお店版)。
自分でゆーのもナンだけど留之助商店は大したもんだと思う、こんなに変なモチャを次から次に仕入れて、店主が見たかった理想のオブジェモチャ屋の道を着実に極めつつある、転落かも。
まぁ見てよ、入荷新着情報にならべたギバーキルバブルスケープ
また4つ、日本じゃウチだけっていう難しいのが増えました。
a0077842_22572872.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-28 22:57 | 商店入荷新着情報
Giant Robot最新56号、入荷しました。
アジアン・ポップカルチャー誌ジャイアント・ロボットの最新刊が入荷した。
アジア的なる興味と遊びを様々な角度から切り刻むLA発信のこの雑誌、今号は日本での取材記事が多いに目立つ。
フーディーズを着てるんだと思う、白と黒とブルーのクール三原色で余分な線が一切ないデフォルメ7インチ(18センチ)フィギュア、T-BOYを、シンガポールのモチャメーカーPlay imaginativeから出しているジャパニーズ紙細工アーティストShin Tanakaの記事(なんと厚手の紙に印刷された彼のペーパークラフトのオマケ付き)や、つい最近、初の小説集『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞を受賞した伝説の芸術家Tadanori Yokooへのインタビュー、隅田川界隈で暮らすホームレスを密着取材したSumida River Blues等々、もちろんどのページも見応えある写真や図版が満載だ。
今回、ちょっとした行き違いで入荷数がいつもの半分になってしまった。
早く見たい人はお早めに、もし売り切れて買えなかった人には次号入荷のとき、いっしょにお届けいたします。

ジャイアント・ロボット誌とは直接関係ないけれど、たびたびお問い合わせいただくPlay imaginativeモチャについて。
そりゃもちろん、T-BOYなんかkaNOのマネーグリップやボッデガを飾っているショーケースに、背丈も匂いも同じくらいだし、ならべたらかっこいいと思う。
けれど、このメーカーさんの日本での浸透度はかなり深いし、新参の留之助の出る幕はないと思ったりするわけなんです。
a0077842_9534416.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-28 09:59 | 書店入荷新着情報
残りのビップラ、1日遅れで到着。
Madのシェーム・ザ・クラウンとニコラス・ルサッフルのヴァイニール・アタックがきょう届き、これで業界注視の新興モチャメーカーBIC Plasticsのデビュー作全5種が揃い踏みだ。
ところでビップラのBICはビックカメラのBICと同じだけれど、だれもが一度はビッグ(BIG)カメラの間違いじゃないかとか、BICなんて単語は辞書に載ってないぞって思ったことあるんじゃないの。
好奇心旺盛な人ならちゃんと調べをつけてるよね、ビック(bic)とは英語のスラングで、外見だけでなく中身も大きいことをいう。
そう、ビップラのオブジェモチャは箱もデカけりゃ、中身はもっと大きい(気がする)。
小ぶりだと思っていた6インチ(15センチ)のボッデガでさえ、箱から取り出してみると予想を裏切る迫力だったし、どちらも10インチ(25センチ)の新着クラウンやアタックときたら箱からはみ出しそうな勢いでビック・リなのだった。
a0077842_1361161.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-28 02:00 | イマモチャ
ビップラには「デカした!」といいたい。
スケッチアーティス、噂にたがわずデカイ、30センチ。
当店人気のヘビー級、トビーHKのインクレディブルMDと互角に渡り合う大きさだ。
体重ではMDより勝っている、2000グラム強。
ステンドグラス風のこのデカ面、見れば見るほどいろんなキャラが浮かんでは消え、不思議不気味な香りを放つ。
キャリングハンドル付きの大きなボックスを開け、そっと取り出し、大きさ比較に3インチ・ダニーとならべてみた。
お分かりいただけますよね、メーカーBIC Plasticsの無鉄砲さ。
スケッチアーティスの腕に巻き付けられたエアキャップを取り除くのは物好きなあなたにおまかせします、これより発売開始です。
a0077842_1233834.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-27 12:31 | 商店入荷新着情報
業務連絡、3度目の本紙校正。
アイコさん、留之助ブラスターのキット用パッケージ(グレー&ブルー・バージョン)の3度目の色校正です。
先の校正で下の白い絵を潰してしまったブルーですが、透明度を上げてもらいました。
女性の鼻のラインや瞳にかかるブルーをご覧ください。
以前よりはマシになったと思いますが、それでも十分とはいえず、さらに薄くしたのが右下の四角いブルーです。
最終的には全体のグレーに赤味を足し、ブルーは四角い方でいくことにしました。
また完成モデル用のパッケージ(ブラック&オレンジ・バージョン)ですが、アイコさんの原稿のCMYKの黒よりやや濃いイメージになります、ご了承ください。
地元飛騨高山の箱屋さん、シルク印刷所の職人さん、みなさんアイコさんの作品とあって、緊張して仕事に当たってくれています。
これで12月13日(土)の東京でのプレビューになんとか間に合いそうです。
a0077842_2111214.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-27 02:22 | 留之助ブラスター
kaNOついでに、ボッデガ発売。
6インチ(15センチ)といっても、不思議とこのボッデガは大柄に見えるし、とにかくクール。
NY、ゲットーで生まれ育ったkaNOらしい洗練でいっぱいだ。
2ケース入荷したうちから1個抜いて、迷わず店主のkaNOコレクションに加えました。
あなたにも絶対オススメ。
a0077842_23415189.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-26 23:45 | 商店入荷新着情報
ホント、kaNOってヤツは、ウマイ、うますぎる。
a0077842_21252074.jpg
LAの369 East First Streetといえばリトルトーキョー界隈だと思う、そこのJapanese American National Museumで12月6日(土)から面白いカスタム・トイ・ショーが開催される。
題してDreams to Dreams、親日派のDacosta Bayley(ダコスタ・ベイリー)が創作したソフビモチャ、Dreams Come True Objectの頭文字をとってDCTO(ディクト)と名付けられたモダンダルマを、内外40人以上のアーティストたちがカスタマイズ、一堂に展示されるのだ、縁起がいい。
日本からもItokin Parkさんをはじめ楽しい顔ぶれが参加するし、ダコスタを支援してディクトを早い時期から販売してきたNYのオブジェモチャ屋ToyQubeのあるじでデザイナーのKeith Poon(キース・プーン)も出品メンバーに名を連ねている。
で、ボッデガのkaNOも。
まぁ見てください、kaNOから送られてきたディクトの画像、その名もK-wing rebel dcto。
あえて説明は省略しますね、May the force be with you。
a0077842_23113880.jpg
a0077842_23124185.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-26 23:23 | イマモチャ