<   2008年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧
ジョークのわからない人、おことわり!!
2008年最後を飾るモチャは、留之助ブラスターでもなければ、新作オブジェモチャでもない、ずいぶん長いこと話題にしなかったムカシモチャ、の中でも、とっときのビンテージ・プラモなのである。
本当は1930〜60年代製シンクレア恐竜グッズといっしょに、まず写真に撮って、12月のどこかで販売するつもりで集めてきたんだけれど、ついつい目先の銭儲けに走っちゃって、いかん。
1月2日〜5日のお年玉セールが終わったら絶対売り出すぞって公約しておかないと、またまた寝かしちゃいそうなのがビンテージ、いまさら流行遅れの心配もないからね。
a0077842_224351.jpg
1960年代はじめにRevell社から売り出されたエド“ビッグ・ダディ”ロスのカスタムモンスター・プラモの再販モノ。
再販とはいっても15〜20年以上もまえの絶版モノ。
いい機会だから青年諸君に断っておくけれど、街のファンシーショップで溢れ返っているラットフィンク・グッズと、Revell社のこのプラモは圧倒的にレベルがちがうからね。
いまは亡きビッグ・ダディがノリノリだった時代、彼の手になる粘土原型を元に作られたのが一連のモンスター・プラモなんであり、再販とはいっても60年代の金型がそのまま使われ、何ひとつとしてオリジナルと変わらない、何年経とうが、再販だろうが、ビッグ・ダディ魂が色褪せることはけっしてないのだ。
a0077842_23244498.jpg
日本でも1980年代の終わりごろだったか、Revell社の当時の日本輸入元のタカラがビッグ・ダディの名前一切なしの変なネーミングで、4種類のプラモを売り出した。
本名ドラグナットはガガ、マザーズ・ウォーリーはズズ、ミスター・ゲイザーがゲゲで、ラットフィンクにいたってはギギときた。
箱の側面にはこんなアナーキーな文章まで印刷されて、目を引いたのだった。
「別に世の中に反抗している訳じゃないけれど、別に生真面目に生きてる訳じゃないけれど、どうせこの世の中サイの目次第、きままにゆこうぜ俺達おとぼけモンスター、ジョーダンだけが友達さ」
唐十郎を連想するといったら失礼になるこの文章から、対象年齢がそう低くはないことぐらい想像つくけれど、箱の正面のこの惹句でどういう人を相手にしているのかがよく分かる。
これ、友人・知人にも伝えたい言葉なんだな、2009年こそはつつがなく過ごしたい店主としては。
「ジョークのわからない人、おことわり!!」
a0077842_004077.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-31 20:06 | ムカシモチャ
留之助ブラスター・アップツーデート-24。
完成モデルは、いわば新品の支給品。
真新しい徽章とともに新任刑事に渡される銃器工場から届いたばかりの傷ひとつないブラスターという設定だ。
一方、アーティストプルーフは何度も修羅場をくぐり抜け、生き延びたブラスター。
しばらく現役を退いていたエクス・コップがクローゼットの奥から引っ張り出してきたような1挺、渇いた油紙に包まれて、自分と同じくらいくたびれている。

APは200挺分の量産に入るまえ、3本ずつ、3回に渡る合金の配合テストで抜かれた別あつらえのモールドによるプルーフ・レシーバーを使用する。
わずかに配合比を変えて、より硬質なものから最終的に落ち着いた量産用のテストショットまで合計9本の内の8本を使い、削り出しアルミパーツなども採り入れて島田さんが料理するのだ。
以下の写真キャプションは島田メモの要約である。
a0077842_1735539.jpg
a0077842_174306.jpg

a0077842_17302686.jpg

ブルドッグ・フレームやスペイサー(前回の記事のマガジンハウジングとバレルジャケットをブリッジする錆びの浮いたパイプ)等の樹脂パーツはメタル色に塗装したが、スペイサーについては同寸のスチールパイプを調達、もしくは自作する予定。
現状キャスト樹脂製シリンダーカバーのアルミ説にのっとった削り出しパーツの製作もメニューに入っている。

a0077842_17324833.jpg
a0077842_17354676.jpg
a0077842_17363629.jpg

グリップフレームとグリップエンドは現状メタルパーツの磨きと処理でアルミニウムの雰囲気を出しているが、実際はアルミの削り出しパーツに黒色アルマイトをかけた上で削り込み、アルミ地金色を出す。

お正月休みのあいだに仕上げの方向性を決め、同時に接着個所を精査し剛性確保のテストをしたり、トリガー&ハンマーの干渉部シアの材質の改善を試みるという。
休みが明けるとアルミ・パーツの製作準備をはじめるとも。
1月の早い時期に、徳さんと島田さんの工房を訪ねようと思っている。
by tomenosuke_2006 | 2008-12-30 23:59 | 留之助ブラスター
留之助ブラスター・アップツーデート-23。
製作スタッフが原価で購入すれば留之助ブラスター・キットモデルの売価をおよそ1,000円は圧縮できる。
店主の提案に徳さん、島田さん、榎本店長は、ふたつ返事で応じてくれた。
その1挺を使って島田さんがアーティストプルーフを試作した。
留之助ブラスターの製造管理を担当してくれた島田さんへは、これから製作に入るAPの売上げ純利益がギャラ代わりとなる。
つまり1年以上、プロジェクトを陰で支えてくれた彼への報酬はまだ未精算なのだ。(すみません)
とりあえずきょうは大好きな鼻先のクロースアップをひとつ。
島田節全開である。
a0077842_23281924.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-29 23:28 | 留之助ブラスター
留之助商店、年末年始営業のご案内。
a0077842_1836838.jpg
12月30日(火)〜元旦(木)まで本店とオンラインショップの営業はお休みします。
初売りは1月2日(金)11時から、好評の福袋&福箱も多数ご用意いたします。
STAR WARS福袋、ROBOCOP福袋、HULK福袋、デザイナーズ・ミニフィギュア大福袋・・・各5,000円。
アクション・フィギュア福袋、デザイナーズ・ミニフィギュア特大福袋・・・各10,000円。
TERMINATOR(T4公開記念)爆裂福箱、ALIENvsPREDATOR(AvsP3&新作ALIEN製作記念)対決福箱、コジック・アナーキー仰天福箱、デザイナーズトイ福箱・・・各30,000円。
デザイナーズトイ凄福箱・・・50,000円などなど。
また2日〜5日(月)までお年玉セールを開催、留之助商店及び留之助書店の入荷新着情報に掲載の商品をまとめて5,000円以上お買い上げいただきますと1割引きになります。
福袋&福箱、1割引セールの通販受付は2日午前0時から、ご希望の方はこちらからお申し込みください。
by tomenosuke_2006 | 2008-12-28 18:28 | 留之助商店計画
ゲイリー・ベースマンのあの図録、やっと入荷。
詳しくは6月27日の記事をご参照願います。
スペイン・バルセロナのIguapop Galleryで開催されたゲイリーの個展会場限定図録、28x38センチの大判ハードカバー、フルカラー44ページ。
どの絵も、ずべてのミックスド・メディア作品も、ことごとく滴ってます。
2時間後に発売のKRINKの場合は引力の法則に従って下へ下へと滴りますが、ゲイリーは重力から解放されたかのような自由さで上にも滴るという不思議をみせる。
もはや巨匠の風格。
この1冊を見ずして、ゲイリーの2008年は終わりませんよ。
a0077842_21571871.jpg
a0077842_21584415.jpg
a0077842_21592175.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-27 22:00 | ロウブロウアート
KRINKのメールボックス、28日午前0時発売決定です。
専用注文フォームをご用意しました。
海外からの注文攻撃を受けるかもしれない、もはやプレミア付きクリンク・メールボックス、もちろん定価での発売です。
アジア地区では当店のみの取り扱い、スタンバイ願います。
注)年末のためお届けは年を越してしまうかもしれませんが、ご了承ください。
a0077842_8454650.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-26 09:00 | 商店入荷新着情報
シーズン・グリーティング・ベスト3。
今年届いたクリスマス&ホリデー・カードのお気に入りベスト3をご紹介。
まず、いちばん早くに届いたピーウィ・ハーマンのサイトメンバーに毎年まんべんなく届けられるe-cardが第3位。
永遠の錯誤キャラ、ピーウィと、本名ポール・ルーベンスの連名っていうところがいいでしょ。
a0077842_058593.jpg
トリスタン・イートンのTHUNDERDOG STUDIOSからは、これ、銀メダル。

Seasons Greetings Everyone!
Wanted to thank you for all the love and support this year!
We wish you and your families a very Merry Christmas and Happy New Year!
a0077842_162210.jpg
Looking forward to 2009!

で、一等賞は留之助がいつもお世話になっているLAのモチャ・ディストリビューター、DKE TOYSからのカード。
コジックさんの書き下ろしトナカイ・ラビットがいいね。
そーいえば来年前半、ほとんど1ヵ月おきにスモーキンラビットの大小新作がキッドロボットから出る予定、ファンのみなさん、お楽しみに。
a0077842_1171047.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-25 23:00 | ロウブロウアート
黄金のコイビト。
去る9月、NYで目一杯仕事をしたあと移動した先のLAでは、ひとつだけアポをこなして、あとはのんびりを決め込むつもりでいた。
そのアポこそ、コイビトのヨースケ・ヤマモトさんのアトリエを訪ねること。
用意周到に日本からコンタクトをとり、日取りを決めて、さて、彼からもらった住所へ向かうと。
ダウンタウンはリトルトーキョーの先、治安のよろしくないエリアにあるレンガ造りのロフトに辿り着いた。
もう、その風景を見ただけでヨースケさんの好感度は倍増した、間違いない。
店主がLAへ入るのに合わせて、日本から家内と連れ立ってやって来た飛騨高山の老舗旅館の若女将もいっしょだった。
どこにでもあり気な和風旅館の室内装飾に飽き足らなくなっていた彼女にハイ・フルクトース8号に載ったヨースケさんの作品を見せたら、自分もぜひ会ってみたいと言ったからだった。
が、結果はヨースケさんがいちばんご存知で。
急用で昼間出かけることになった彼は店主のiPhoneに連絡を入れてくれたのだけれど、メールで伝えておいた電話番号が間違っていたらしく、とにかく会えずじまいで終わったのだ。
女性ふたりに叱責を受ける、ヨースケさんに会えずに失意のどん底の店主は、午後1時過ぎから朝方まで、もはやふたりの下僕を強いられて、ハリウッド・セレブが通うエステにネイルサロン、ジョージ・クルーニーがお忍びで出かけてくるというレストランやLAでいちばんのブルースバーへお連れすることとなり、それはそれで、まぁいい経験をさせてもらいました。
a0077842_227298.jpg
高さ7インチ(18センチ)のコイビトのSDCC 2008限定漆黒版を手にしたとき、Brendan Monroe(ブレンダン・モンロー)作のSour(サワー)をなぜか連想した。
ひとたび目にしたら、けっして忘れられない、忘れようにも奇妙が脳内に巣を張って記憶以上の存在として生き続ける。
かっこ悪いが、美しい。
読み解くのは難しいが、分かる気がする。
あり得ないが認めざるを得ない、異次元の生き物のようなこの世のもの。
留之助はヨースケ・ヤマモトさんの“本格的日本デビュー”となる、言い回しを変えれば“故郷に錦を飾る”お手伝いができることを光栄に思う次第です。
発売元のMUNKY KINGのオンラインショップではとっくにソールドアウトになったコイビト・ゴールド、世界限定500個、ただいまより発売します。
by tomenosuke_2006 | 2008-12-25 22:58 | 商店入荷新着情報
おかげさまで完成モデルも完売しました。
ハリコレさんが本日午後1時から発売した留之助ブラスター完成モデルですが、たった3分で売り切れたと聞きました。
大勢の皆さんに支持していただき、製作チームにとりましても最高の吉報、何よりのクリスマス・プレゼントになりました。
心より御礼申し上げます。
先の記事でお伝えしましたとおり、キットに加え完成モデルも完売して、あと残るは島田英承さんによるアーティストプルーフのみ。
着々と試作が進行中で、近日中にはその一部をご覧いただけると思います。

さて、突然ですが留之助ブラスターは初回200個で製造を終了することと相成りました。
追加生産の最低ロット数100個は当店にとりましてあまりにハードルが高く、加えてシリコンモールドによるキャストメタルの品質が格段に向上するとは考えにくく、精度の高い商品を提供するためには徳さんが取り組んでいる気が遠くなるような後加工と修正作業を要し、現在のような価格での提供は不可能と判断したからです。
何卒、ご理解ください。
a0077842_22523268.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-24 22:58 | 留之助ブラスター
おかげさまでキット・モデルは完売しました。
アーティストプルーフ8(予定)、完成モデル80、キット108、予備4、合計200のうち、おかげさまでキットはすべて完売いたしました。
ありがとうございました。
本日からキットのご注文フォームを留ブラキット・キャンセル待ちご注文フォームに変更させていただき、予約分がキャンセルとなった場合に限り、順番にご案内させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
a0077842_10295474.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-23 23:59 | 留之助ブラスター