<   2009年 04月 ( 56 )   > この月の画像一覧
デッカード・ブラスター現地レポート-3。
例の1981モデルに白コードがなかったわけではなく、黒いビニールテープを上に貼り付けカモフラージュしていたことが当時の画像から判明した。
そのテープ片(画像右下)も出品のヒーロー・ブラスターに付属する。
a0077842_0204352.jpg
榎本店長曰く「実物のカリスマ感もさることながら、びっくりしたのは徳さんの原型の再現度の高さです。ライトカバー、レフトカバー、グリップなどもソックリ。ステアーパーツなどのサイジングは気持ちが悪いほど、コンマ1ミリの狂いもありませんでした」。
a0077842_1153659.jpg
1.ライトカバー比較。手前が留之助ブラスターのカバーパーツ。島田さんの読み通りアルミ製で、削り出しの1点モノのように思われる。
2.レフトカバー比較。こちらもアルミ製。手前が留ブラのカバーパーツ。諸説飛びかったが、白コード周りには“溝”があった。
またハートフォードやリチャードコイル版のようにシリンダーの形状に合わせてドーム型・半球状ではないかと言われることもあったレフトカバーだが、頭頂部を微妙に平面処理した徳さんの解釈に間違いはなかった。
3.4.グリップ比較。クビレ部分やすぼまり方等に若干の違いはあるが、留ブラのグリップは色味および形状において抜群の再現度だった。
a0077842_1172873.jpg
5.6.マガジン比較。下に留ブラのマガジンユニットを置いてみた。
7.持参したノギスで採寸、怖いくらいドンピシャ感のあったステアーパーツ。
8.マズルに関しても留ブラに寸分の狂いがないことを確認。
a0077842_1465760.jpg
恐る恐る重心測定する徳さん。
ヒーロー・ブラスターの重量1500グラムに対して1450グラムの留ブラだが、バランスはまさに同じ、平衡を保つ。
また、画像のように逆さにするとボルトハンドルが自然に開き、緩いと指摘されている留ブラのそれとまったく同じだった、怪我の功名。
新しい発見や謎もいくつか解明できた。
そのひとつがチャーターアームズのフレームに刻まれているシリアルナンバーの最後の数字。
“3”であることを確認した。
a0077842_2294181.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-30 08:20 | 留之助ブラスター
ミニフィギュア連発! 今度はKid Acne。
ミニフィギュアとしてはダニー同様の限定版、タラマのガンスぺ(Gamma Mutant Space Friends by Tara Mcpherson)がキッドロボット本家はおろか、海外の主要ショップで軒並みソールドアウトになってるね。
ちゃんとそうなることを想定し、次ぎにぶつけてくるための新作ミニが用意されているのだよ。
が、留之助ではまだ幾分ガンスぺ在庫しているし、あわてて売り出してもどうせ発送は5月4日以降になることだし。
a0077842_817453.jpg
つまりアレ、UKのグラフィティライターでDJのキッド・アクネが長年描いてきた不思議な生き物たちのミニフィギュア版Rollin' Stockシリーズのこと。
このまえは彼のグラフィティをチラッと紹介したけれど、今回は日本にもコアなファンがいるというDJキッド・アクネのこんなミュージックビデオをチェックしてみてください。
Rollin' Stockのキャラがチョロチョロ顔を出してます。


by tomenosuke_2006 | 2009-04-30 07:05 | 商店入荷新着情報
デッカード・ブラスター現地レポート-2。
榎本店長から届いた画像を順次紹介する。
a0077842_21592061.jpg
1.オークション会場となるProfiles in History(P.I.H.)があるオフィスビル。
2.P.I.H.の表札。
3.オークションに出品されるブレードランナーのコスチューム類。
4.ヒーロー・ブラスターが飾られているディスプレーケース。
a0077842_2281841.jpg
5.徳さん曰く「人生最良の日」。左の男性が留之助ブラスター・チームのあらゆるリクエストに応じてくれたをP.I.H.のカスタマーリレーション担当Brian R. Chanes氏。
6.左から榎本店長、Chanes氏、徳さん。
7.徳さん、島田さん。
8.左の金属棒はヒーロー・ブラスターに使われなかったステアーライフルのパーツで、今回の出品に付属する。
a0077842_2222552.jpg
9.上はチャーターアームズのバレル、下はブラスター用の予備バレルと思われる。
10.当時のものらしきポラロイド写真と、ビニール袋には今回リファインされた際に取り除かれたホワイトコードと当時のバッテリーが入っている。
11.ブラスターが収められていた当時のケース。
12.予備なのか、マガジンハウジングがもう1個あった。
a0077842_22352382.jpg
諸説飛びかったが、白コード周りには“溝”があった。
by tomenosuke_2006 | 2009-04-29 22:37 | 留之助ブラスター
軽ーく発売開始、でも発送は5月4日以降。
コジック作の新ウサちゃん全4種類を発売します。
まずふたつは去年11月、キッドロボット最初のヌイグルミとしてデビューした7インチ(18センチ)マスタッシュラビットのピンクとブルーの色染め版。
にともない、在庫僅少のオリジナルホワイト版のプライスも改訂しました。
a0077842_13154012.jpg
あとのふたつはスモーキンとマスタッシュの大きな14インチ(36センチ)ホワイト版。
これ、お手軽ナップ用ピロとしても使えそうな、いいサイズでいい柔らかさ、世界で最初の役に立つコジック・ラビットといえるかもしれない。
ちなみにスモーキンの方の例の穴は14インチでも健在、遊べる。
a0077842_13243445.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-29 13:30 | 商店入荷新着情報
デッカード・ブラスター現地レポート-1。
Profiles in Historyに出品されるデッカード・ブラスターの取材は、予想以上の成果を収めた模様だ。
詳細なレポートを榎本店長から受け取るまえに、ハリコレの胸組さん(下の画像)からうれしいメールが届いた。

以下は胸組さんのメールから抜粋。
a0077842_1213955.jpg
本日4時ちょっと前にプロファイル社に到着。既に米国人の買い手候補たちが下見に来ている中、友人のステファン(コレクターで出品者)にプロファイル社の人間を紹介してもらいました。
社長はJoseph M. Maddalena氏で大の日本びいき。かつては日本の会社とロック音楽関係のメモラビリアのイベントを手がけていた人。その下にいてわれわれのためにブラスターをほぼ独占させてくれたのがカスタマーリレーションのBrian R. Chanes氏。
当初はびくびくしながら写真を撮っていましたが、だんだん話が弾み「レプリカを作っているの? 一緒に現物と比べた写真もいいよ」から始まり、なんと最後は徳さん持参の日本の砂糖菓子のお土産の効果もあってか「採寸もOK」と相成った次第です。
なんと延々2時間ちかく「ああでもない、こうだったのか」などとほかの人をそっちのけにしたにもかかわらず終始取材協力をしてくれたプロファイルの人には大感謝です。 
a0077842_12265841.jpg
左から、ズタズタのターミネーター、ブラスターを手にするピカピカの徳さん、モジャモジャの島田さん、ニコニコの榎本店長。
by tomenosuke_2006 | 2009-04-29 12:30 | 留之助ブラスター
豚インフルエンザのリスクよりもブラスター取材である。
本日4月28日、午後4時10分、留之助ブラスター・チーム一行は成田発ノースウェスト便でLAへ向かった。
世界保健機関(WHO)が豚インフルエンザの警戒レベルを“フェーズ3”から“フェーズ4”に引き上げた矢先のことである。
もし大流行の直前を意味する“フェーズ5”になったら、不特定多数の人たちが出入りするハリウッド・オークションProfiles in Historyが中止されるばかりか、我がチームの帰国さえ危ぶまれる。
店主が地元に留まざるを得なかったのは、岐阜県の補助金事業の一環で高山市内に新ギャラリーを開設するための打ち合わせやプレゼンが今月末に集中したからだった。
それと日本に輸入もできなければ目の玉が飛び出そうな高額落札予想のデッカード・ブラスターはともあれ、『ターミネーター』1作目(1984年)のハンター・キラーやタンクのオリジナル・モデルが出品されると知ったときから「君子危うきに近寄らず」と決め込んでいたのだ(結果、別の意味で危うきに近寄らないことになってしまった)。
1983年だったか、『ターミネーター』のミニチュア・エフェクトを担当するジーン・ウォーレンJr.のSFXスタジオFantasy 2 Film Effectsのセットではじめて目にして以来、どこへ行ってしまったのかと思っていた憧れのミニチュア・モデル。
ネットでのオークション参加なら自制も利くけれど、オークション会場のあの独特の空気の中ではちがう自分になりそうで怖い。
留之助ブラスター・チーム一行は1日早く現地入りしているハリコレのオーナー、胸組さんの案内でオークションを2日後に控えた会場へ直行、デッカード・ブラスターとの対面を試みる。
a0077842_11374352.jpg


Screen-used Hunter/Killer
by tomenosuke_2006 | 2009-04-28 23:59 | プロップ
Waffle Micci Regular買うの、ちょっと待って。
おいしそうなマウシー・ミッチー、別名ワッフル・ミッチーのレギュラー・カラー(22個限定)がErick ScarecrowESC TOY LTD SHOPから東部標準時の5月1日午前11時に発売される。
けれど、22個のうちの5個とAP1個が、このまえESC TOYから発売されるや数分で売り切れたSOOPA MARIA SOOPETTE(30個限定)の6個とともに、留之助販売用にもうすぐ届くんで、あわてて買わないでちょうだい。
a0077842_6353100.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-27 23:59 | イマモチャ
グラン・トリノの余韻に耽る。
映画と店主というカテゴリを用意したくらいせっせと映画館通いをしているわりに、書き留めておきたいと思う作品にはとんとお目にかかれない。
途中お茶をして家に帰り、のんびり風呂を浴びたあと部屋のキーボードに向かうまで、つまり感動を醸成し言葉に置き換えるまで、長く余韻の続く映画などめったにないということなのだ。
試写室やプレビュー会場で映画をタダ観していた頃とはちがい、いまでは普通にお代を払うコンシュマー映画ファンだといことも大いに関係している。
1日数百人のビジターしかいないこんなメディアで、そのうちの何人が映画ファンか知る由もないが、口車に乗せてムダ遣いさせてはならないという変な責任を感じるのだ。
昔、配給会社の片棒を何度も担いだ気がする。

土曜日、名古屋のミッドランド・スクエア・シネマでクリント・イーストウッドの主演・監督作『グラン・トリノ』のレイトショーを観た。
話の筋からしてこじんまりとした作りのわりには薄らぐことのない余韻こそ、もはや映画の神が乗り移ったとしか思えないイーストウッドの器量による。
当年78才のイーストウッド最後の出演作だというが、『荒野の用心棒』(1964年)や『ダーティハリー』(1971年)の時代から彼の映画に親しんできた者にとっては、イーストウッドがかつて演じた無敵のアウトローが晩年を迎えたとしか思えないキャラクターにほくそ笑み、これぞ有終の美を飾るにふさわしいスターの肖像を見るようでもある。
朝鮮戦争に従軍し、傍らには手入れの行き届いたM1カービンとコルト・ガバメントを置く、つねに戦闘態勢でいる男。
フォードの自動車工場で務め上げ、いまも新車同然の72年式グラン・トリノを慈しみ、メインストリートを我が物顔で行き交う日本車を苦々しく思う男。
最愛の妻に先立たれ、ふたりの息子やその家族とは相容れず、気に入らないと犬のように唸る男。
時代の変化を受け入れようとはせず、現世に未練なく、肺を病む頑固な老人は、隣に越してきたラオス人の少年と奇妙な友情を深めながら、ある不幸な事件をきっかけに人生の退き際を見つける。
これは観る者によってさまざまな感慨を覚えさせるいくつもの顔を持った映画といえるだろう。
店主はあまりにも現実的な設定や生き生きとした登場人物たちに、これが作り話であることを忘れ、老人の命に代えた指南で人生の尊さを学ぶだろうラオス人の少年とその姉をマジで羨ましく思った。
言い換えれば姉弟を演じた無名の俳優ふたりは、現在最高のスターと共演し、最高の監督の愛情溢れる演技指導を受けたのだ、何と幸せな経験だろう。
物語の悲しい別れとは裏腹に爽やかな未来を予感させる映画、名画の有りようをいま一度教えてくれる傑作である。
今度のアカデミー賞は『グラン・トリノ』が主要部門を総なめすることは間違いない。
もちろんエンディング・クレジットとともに流れるジェイミー・カラムの主題歌も。


by tomenosuke_2006 | 2009-04-26 23:59 | TV・映画・ビデオ
オンリー50セットのVerdigris Versionはいかが?
世界50セット限定のMechtorians Mini FiguresのVV=バーディグリス(緑青)バージョンが2セット届いた。
けれど3月はじめの記事で紹介したときのVVとは異なり、青というよりは緑、読んで字の如く青錆びが浮いた、店主としてはより好感が持てる色合いとなっていた。
同じキャラをふたつならべて比較すると、見事にそっくりだが瓜二つというわけではない。
ハンドペインティングならではの世界に同じものが二つとしてない“個”としての存在を強く感じさせてくれる、別格のメカトリアンズなのだ。
どうぞご希望の方がいらっしゃいましたらinfo@tomenosuke.comまでお問い合わせください。
a0077842_036161.jpg

↑ ミニ・スティーブン・レポッド



じっくり青錆び仕上げをご覧ください。
by tomenosuke_2006 | 2009-04-25 00:46 | MINDstyle 新製品情報
MINDstyle x Disney's STITCHに大泣き。
MINDstyleとディズニーのコラボによる5インチ(13センチ)スティッチ・フィギュアを使った6種類の製品版が、先日オーランドで開催されたFX conventionで先行発売された。
これ、シリーズ-1に当たり、今後いろんなアーティストによる新作が続々と発表されるらしい。
文句なしに、キレイ。
人選が、ユニーク。
kaNOがいて、怒れるパンダAngry Woebotで有名なハワイのアーティストAaron Martinを起用したところが泣かせる。
が、もっと泣きたくなるのは、ディズニー・キャラクター商品の日本での販売ライセンスをMINDstyleが持っていないということ。
つまり留之助商店としては、いつものMINDstyleモチャのようには輸入できないのだよ。
平行輸入しかないのか、何かウマイ手を考えねば、いろいろ模索中である。
a0077842_19132465.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-24 20:15 | MINDstyle 新製品情報