<   2009年 09月 ( 60 )   > この月の画像一覧
生皮膚の宇宙を舞台に繰り広げられるスター・ウォーズ物語。
イレズミって聞くだけで、なんとなく凄まれそうな雰囲気である。
ならタトゥーはどうかというと、近年ではほどほどに違和感は薄らいで、いい柄とすれちがった時など「ナイス・タトゥー」なんて声をかける余裕もできたけれど(アメリカでの話)、むかしは君子危うきに近寄らずだった。
1980年代、ハリウッド・ブールバードにあったツー・ガイズ・フロム・イタリーっていうスライス・ピッツァの店が、毎週土曜の夜、バイカーズの一団に占拠されるとも知らずに、トイレから出て来ると店内がタトゥーの見本市会場に一変していて大いに狼狽えたことがあったっけ。
ま、そんなことより、いま流行りのボディ・アートっていう呼び名はどうだろう。
痛みをまったく感じさせないライトな音の響きに、救われる。
a0077842_20482139.jpg
しかも、図柄が慣れ親しんだキャラクター、たとえばヨーダやストームトルーパーだったら、SWファンに悪人はいないとか思って親しみすら感じるんじゃないのか。
けれど甘くみちゃダメだよ、SWグッズを人一倍集めているからといって、タトゥー・マシンで生皮膚をなぞられた人間とは同等でもなければ、そうたやすくお友だちになれるとも思えない、肝の入り方がちがう。
なことを考えてみたのは、入荷したばかりの写真集THE FORCE IN THE FLESH/Star Wars Inspired Body Artに圧倒されたから。
これはSWをからだに刻み、生涯をSWとともに過ごすと誓った筋金入りのSWファンの記録であり、数あるSW本の中でもとくにエグイ1冊と言えるだろう。
a0077842_221292.jpg
自身もSWのボディ・アートの実践者であり、同好の士の紹介と、ついでにSWモチャのコレクション自慢もするサイトwww.tattoosandtoys.comの管理人Shane Turgeon(右上)が編集した。
23センチx28センチ、全208ページのハードカバーの豪華本には、身も心もSWに捧げた45人のボディ・アートが400点以上の写真で紹介されている。
見事なまでに一途なSWにかける執着、生皮膚の宇宙、ここまでくると返す言葉もありません、ただただ眺めながらフォースをいただきたいと思うのだった。
a0077842_23271865.jpg
ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/12487284/
by tomenosuke_2006 | 2009-09-30 23:31 | 書店入荷新着情報
縦20センチの大きな鼻が入ってます。
この、すがすがしい色合いの化粧箱は、あの用です。
絵を見ると、アンドリュー・ベルを連想します。
箱を開け、黒のビニール袋に密封された鼻本人と対面したら、やっぱり桃屋の三木のり平を思い出しました。
これより留之助オンラインで発売しますが、そのまえに桃屋のサイトでのり平主演のナンセンス・アニメCMを観ましょう。
a0077842_1824418.jpg
直接関係ないですが、
アンドリュー・ベルの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/
アンドリュー・ベルの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/
by tomenosuke_2006 | 2009-09-30 18:30 | 商店入荷新着情報
あのムーンバスが再販になる。
真空無音の月面を真っ直ぐ滑るように低空飛行するのはムーンバス。
スペースシャトルのオリオン号に乗り込み、宇宙ステーションで一服し、球体の月面連絡船に乗り換えて、目指すモノリスの発掘現場へと移動する時、それは音もなく登場した。
大きくてごついランディングギアを出したまま飛ぶのは、空気抵抗が一切ないからだ。
高校に入学したばかりのころ、名古屋の中日シネラマで『2001年宇宙の旅』を観て、自分は中でもいちばんスピード感のあるムーンバスに乗ってみたいと思った。
そんな憧れのムーンバスを映画が公開された翌年の1969年にアメリカのAURORA社がオリオン号に次いでプラモデル化、なんてことは知る由もなく、あっという間に絶版になってしまった。
a0077842_10502039.jpg
オウロラのオリオン号はオリジナルパッケージ版も再販版も、ついでにマルサンのタイヤメカ付きやMOBIUS版まで買ったが、ムーンバスはいままで一度も手にしたことがなかった。
バスの天井は取り外し可、内装は細部まで作り込まれ、乗客乗員5名が乗り組む。
たまにeBayで見かけるけれど、完品はごく稀で、しかも700ドル以上しては手も足も出ない。
再販されなかったのはスタンリー・キューブリックがそれを認めなかったとか、原型が焼失し、金型の行方すら分からなくなってしまったとか、いろいろ言われてきたけれど、ついに来年3月の発売が決定したのだ。
しかもムーンバス・プラモを月面のジオラマで撮影したあのオウロラのパッケージが、そのまま採用されるらしい。
これは予約しない手はないでしょう、榎本店長に組み立ててもらおーっと。
Aurora Moonbus Model Kitでググれば何件かひっかかるはず、あなたもひとつ、いかがですか。
a0077842_1165352.jpg
2001年テイストのオブジェモチャをチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/6129861/
by tomenosuke_2006 | 2009-09-30 09:11 | Sci-Fi Classicモチャ
テキーラ対ハルク、最後に笑うのはどっちだ。
a0077842_15281663.jpg
2003年に映画『ハルク』のプロモーション用に特製された非売品フィギュアを、来たばかりのテキーラ・インクレディブル・エディションにけしかけてみた。
意表を突かれたテキーラ、ガンガン攻め立てられてもはや一巻の終わりかと思いきや、土壇場でサボテンパワーを爆発させて、ひとまわりでかいハルクをねじ伏せたのだった。
んー、やっぱりツオイ。
これよりテキーラ、次のリングへと向かいます。
a0077842_15344682.jpg
MUTTPOPモチャの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/i18/
by tomenosuke_2006 | 2009-09-30 09:00 | 商店入荷新着情報
留之助ブラスターAPアップツーデート-5。
アルミ製グリップフレームの黒アルマイト加工テストの結果、難題に直面し軌道修正を強いられた島田さんである。
本物のヒーロー・ブラスターを取材し、25年たっても被膜の剥離がない、とくに研磨の境界部分でそれが起きていないのは強固なアルマイト加工だからだろうと結論づけたが、実際にアルミ片でテストしてみると、あの剥げ具合が再現できないのだ。
黒い染料の層とアルミ地肌の間に硬質化したアルミ酸化層が無視できないレベルで主張している。
島田さん曰く「ということは塗装だったのか? LAで触れた本物のヒーロー・ブラスターの仕上げはやたら強度があったのに」。
a0077842_233804.jpg
↑ 左から、本物のヒーロー・ブラスターを取材するまえに作製されたAPテスト1号、アルマイト加工したアルミ片による研磨テストの結果2点、背景に見えるのは実物写真。

いまでこそ優れたプライマーが開発されたり、電着塗装や塗料自体が工夫されて、アルミ地肌と塗膜が化学反応を起こして密着するなど、アルミの着色加工は格段に向上したが、25年もまえの映画撮影当時にはアルミを手軽に着色処理する方法はなかったというのが留ブラ・チームの見解だった。
ゆえにアルマイト加工という結論に達したのだが、どうやら勝手な思い込みだったらしい。
その後の島田さんのリサーチによると、1960年代にフォードモータースによって電着塗装が実用化され、1980年代には現在の技術と変わらないまでに進歩していたのだ。
「少ロットでも対応してくれる業者に電着塗装を丸投げするか、あるいは手間はかかるが高性能プライマーの厄介になって高強度塗膜が得られるアルキド樹脂で黒色塗装をかけるか、とにかく仕上がりを期待してほしい」と、島田さん。
そのお手並みは、今週末、じっくり拝見させてもらえる。
a0077842_23451438.jpg
島田考察その4/5「LA取材の結果、変更または追加するAPステアーマガジン周りの仕様について」

LEDユニットが収納されるステアーマガジン・ボトムの後端にクリアーパーツの仕切りが確認できた。(画像-19)
APテスト1号では黒いABS板を使い2つ目の固定用マグネットのステイとして製作したが、これをクリアABS板に換装して表現する(画像-20、21は実銃ステアーライフルのマガジン部)
マガジンカバー前下部、固定スクリュー穴周りにパーティングラインを再確認、現パーツから削り出しの手法で表現する。(画像-22)
以下の画像はその作業手順である。
ヤスリとカッターの刃、研磨布を使ってパーティングラインを再現している。
樹脂の黒色をさらに濃くするため樹脂用染料で加温染色、乾燥後、拭いて艶出しする。
a0077842_235871.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-09-29 23:34 | 留之助ブラスター
2年ぶりに2号が入荷、illo.マガジンのこと。
2年前のいまごろ、季刊をうたい創刊されたイラスト専門誌illo.の2号が、ホント、忘れたころに出版された。
編集に2年を費やしたかどうかは分からないけれど、依然、濃い内容であることに変わりはない。
しかも世界にはこんなに素晴らしい絵を描くアーティストが、店主が知らないだけだろうけれど、まだまだいるんだなと目の保養と知識の補給までできて、これは雑誌の体をした堂々たる画集なのである。
a0077842_94257100.jpg
ざっと参加アーティストを列挙すると、まず今号のカバーを自画像で飾ったトロントのイラストレーター兼漫画家のMichael Cho
人と恐竜が共存する遥か未来の地球を描いた画集『DINOTOPIA/Journey to Chandora』(2007年)で話題になった恐竜の復元画家James Gurney
1930年代の不況期のアメリカで失職した芸術家たちを救済するためルーズベルト大統領が推進したWPA(Works Progress Administration=事業促進局)計画、そこから生まれた力強く洗練されたアートスタイルをデプレッション・モダンというが、まさにその21世紀版たる絵を描き続けているNYの女流画家Nancy Stahl
人やさりげないモノを通じてアメリカを綴る同じくNYの女流画家Zina Saunders
ご覧になれば、いつ出るかいまのところ定かじゃない第3号がきっと待ち遠しくなるはずだ。
a0077842_1172135.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-09-28 11:09 | 書店入荷新着情報
いまだから明かす、グリーンティの秘密。
昨夜、留之助開店3周年記念セールの第1弾にお付き合いくださったみなさん、ありがとうございました。
店主の不注意でグリーンティの専用注文フォームのつもりがストロベリーのものにリンクを貼っちゃい、さぞかし戸惑われたかと思います、失礼しました。
榎本店長がキチンと正して、まちがいなく先着順に処理させていただきました。
で、さっそくきょう朝から代引き注文分の発送がはじまったところで、ひとつ打ち明けることが。
じつは留之助スペシャルのアイスクリーム・ミッチーは、エリックが挑戦した初のGIDペイント使用の夜光版だったんですよ。
ペパーミントグリーンで塗り分けられた頭のグリーンティ・アイスや目が暗闇で煌々と発光し、その明るさにはきっと驚くはず、到着を楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_20283461.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-09-27 20:33 | 留之助限定モチャ
きょう9月27日(日)は、原宿へどうぞ。
こんにちは、お元気ですか?
いつものように突然ですが、27日、日曜日(明日です)
東京原宿で行われるグループ展に出品します。
一日だけのスペシャル企画のために、東京オリンピックと
日本らしい素材を使ったLADYAIKOの新作です。

と、きのうの夕方、アイコさんからメールが。
添付の招待状のイントロを転載すると、

”TOKYO! TOKYO!! TOKYO!!! ”展のお知らせ
TOKYO INVITATION(以下、TI)では2016 年東京オリンピック・パラリンピック大会の開催を願い、「アート/ファッション/デザイン=PR」と考え、東京がもっと元気になるように活動してきました。
今回、これまでにご賛同頂いた世界各国のアーティストやクリエイターの他に世界都市である” TOKYO "を代表するアーティストを集め、新たにアーティストの作品を展示し” 東京 ”の魅力に出会う合同展覧会を開催致します。

いくら遊んでばかりいるとはいえ、ヒマで遊んでるわけじゃなくって、遊びで忙しいわけで、こー突然じゃ、さすがの店主もムリです。
お近くの方、都合がつくシアワセ者はどうぞ原宿へ。

日程:9/27(日)開廊時間13:00〜18:00
会場協力:VACANT http://www.n0idea.com/vacant/top.html
住所:東京都渋谷区神宮前3-20-13 TEL:03-6459-2962
主催:TOKYO INVITATION http://www.tokyo-invitation.com/
後援:東京オリンピック・パラリンピック招致委員会
入場料:無料
a0077842_1172048.jpg


More: 顔ぶれ。
by tomenosuke_2006 | 2009-09-27 01:30 | ロウブロウアート
棚ぼた? 瓢箪から駒? いえいえHI-DEFからT&M!
kaNOのホワイト・ハイ-デフ、世界各地から問い合わせが舞い込んでます。
kaNOの地元のNYのコレクターからも絶対コンプリートしたいと熱烈なコールをもらったりして、ふと思った。
これって、中国の工場からホンコン経由でNYに届き、NYとサンディエゴを往復(9月24日のポストを参照)したあと、晴れて飛騨高山に届いたものの、またしてもNYへ送り返されるわけで、けっこうな長旅じゃないかって、25%削減に逆行してはいないかって。
なことより、本題はヨーロッパからの問い合わせだ。
その中に10月からEU5カ国を巡るJoe Ledbetterの個展会場のオーナーさんがいらして、ハイ、勘のいい人ならお分かりですよね、5カ所の個展会場でしか売られない合計250個のTerror and Magnusのアイスカラーを、ハイ-デフとトレードすることになったんですよ。
ジョーレッド・アニマルのすべて(日本ブランドを除く)を集めている店主としては、いずれeBayに出品されるだろうあのT&Mアイスを、1000ドルぐらいの予算で競り落とすしかないと思っていたから、瓢箪から駒、じゃなかった、HI-DEFからT&Mでしょ?
顧客係りの榎本店長が交渉に当たり、およそ6個のトレードが成立したので近日中に予約を受け付けようかと思います。
a0077842_10502487.jpg
ジョーレッドの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Joe+Ledbetter/
ジョーレッドの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Joe+Ledbetter/
by tomenosuke_2006 | 2009-09-26 10:55 | イマモチャ
明、26日土曜日のミッドナイトをお忘れなく。
Erick Scarecrowの新作アイスクリーム・ミッチーには2種類あって、ひとつは先刻ご承知のグリーンティ・チョコレート、通称留之助スペシャル20個限定。
もうひとつはエリックのESC eBay Shopで東部標準時9月26日午前11時から売り出される25個限定のストロベリーです。
で、このストロベリーは留之助と中野ブロードウェイのOne upさんにもわずかですが入荷する仕組みになっていて、当店ではあしたのミッドナイトにふたつを約5分の時間差で発売します。
想像を絶する争奪戦になる模様、焦らず、慌てず、でも、ゆっくりしていると先を越されてしまいそう。
a0077842_2244763.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-09-25 22:06 | MIDNIGHT SALE