<   2010年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧
静かに進行していたフォアグリップが完成しました。
アンクルタイプ留之助ver.6の唯一気がかりだった樹脂キャストのフォアグリップを、アルミ削り出しで完全再現するという計画、遂にアルマイトの仕上げも終わり、めでたく完結しました。
ver.6の購入者さま用の2個と自分用の1個、それに予備の計4個。
拘りの徳さんが最初に造った4個を納得出来ないという理由で破棄しちゃったために時間がかかりましたが、出来は完璧です。
取るに足らない数のアルマイト加工を快くお引き受けいただいた福井県福井市の三和メッキ工業さんの仕事も申し分なしです。
a0077842_14242426.jpg
a0077842_14243380.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-31 14:27 | プロップ
NYCC 2010限定モチャ発売、再開します。
NYへ出かけるまえにお知らせしたと思います、待望のNYCC 2010限定Erick Scarecrowモチャのうち、いまからスーパ・マリアのソフビ版Wet Suit Maria Green(ウェットスーツ・マリア・グリーン)を発売します。
エリック会心の作、片足立ちながら見事なバランスで安定感抜群、世界限定300個のうちの12個ひとつひとつにサインを入れてくれました。
箱にではなく、わざわざマリアを取り出して、丸い頭の後ろにです。
a0077842_2213561.jpg
15個限定中3個のPretty Boi Dramatic Bastard(プリティボーイ・ドラマチック・バスタード)は運次第、数が数だけに、こっそり同時発売します。
で、S.Maria Glow in the Dark Pink(スーパ・マリア・GID・ピンク)30個限定中、けっこう強引に引っ張って来た8個は、今度の土曜のミッドナイトにしようかと思っています。
下の画像でウェットスーツ・マリアのかわいらしさがお分かりいただけるでしょうか。
デイビッド・ホーヴァス作の8インチ・エッグドロップ・ダニー(2005年)とのツーショットです。
a0077842_2185569.jpg
新マリアのご注文はこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/13538790/

More: プリティボーイの出来の良さ。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-31 02:23 | 商店入荷新着情報
留之助限定キャップ・ダック・GID、テスト版。
本当ならこれも4周年記念モチャのひとつになる予定だったShonのキャップ・ダック・GIDブルー。
生産窓口のホンコンのHOW2WORKがノンビリしているからなのか、Shonの人柄のせいなのか、理由は分からないけれど遅れに遅れている。
で、きのう、やっと工場から彼のもとにテスト版の画像(下)が届いたのだけれど、見てがっかり、キャップの左右と後ろに入る“丸留印”を含む文字や記号がすべて省略されていたのだ。
デザイン画を参照→http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=201007/23/42/a0077842_9261055.jpg
むろんやり直し、ということはさらに時間がかかるということで、4周年は早い時期に断念していたけれど、この分だとクリスマス前の発売もあきらめないといけないのかなぁ。
a0077842_1312352.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-30 01:42 | 留之助限定モチャ
お待たせしました、明日土曜日深夜24時発売です。
a0077842_15413551.jpg
留之助開店4周年記念モチャの中でも、店主がいちばん趣味に走ったのがPierre Rouzier(ピア・ルージーア)のトレイン・イン・ヴェイン、別名Futura Airflow(フューチュラ・エアフロー)であります。
ピアのブログでこれの未完成彫刻を見て一目惚れ、ひとつ自分の机の上に飾りたくてコンタクトをとったのが、そもそものはじまりでした。
ベイビー・ドラゴンのヴェイパーやカエルのサースティンの販売は、ある意味、トレイン・イン・ヴェインを仕上げてもらうための信用と実績づくりを兼ねていたわけなんです。
それぞれ異る色をした6台のトレインは、いずれも留之助限定カラーで、今後けっして同じ色が使われることはありません。
TallとShortの2種類のスタンドに載る6種類のトレインをご覧ください。
a0077842_15532684.jpg
▲ Darkgray Chrome / Short

a0077842_15573455.jpg
▲ Metallic Purple / Short

a0077842_1601390.jpg
▲ Candy Red / Short

a0077842_1624662.jpg
▲ Metallic Black / Short

a0077842_1642767.jpg
▲ Iron Rainbow / Tall

a0077842_1654116.jpg
▲ Electric Lemonade / Tall

More: オーセンティック・カードとサイン入り。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-29 16:15 | MIDNIGHT SALE
ワケアリっていうんですか、とにかく破格でご提供。
どこよりもフンダンに新作・新顔を発売するのをモットーにしているわりには、長らく飛騨高山を離れていたために思うようにならず。
留守中に届けられた荷物を本日やっと榎本店長とウキウキ開梱、ルンルン商品チェックした次第です。
で、さっそく夕方、留之助オンライン入荷新着情報に、これがラストチャンスの再入荷スティックメンや、埋もれていたマニアッ君の新色2体を並べました。
どちらも特価販売です、お見逃しなく。
a0077842_0454624.jpg
届いた荷物の中には一度も当ブログで広報したことがないものもございます。
たとえば有名なRunaway Brainの暴走ミッキー。
ただし当店のは広く普及しているメディコム製ではなくて、LAのショップ&メーカーSpan of Sunsetが3年前に発表し、ライセンスの関係で公式には輸入されなかった4つのカラーウェイからなるシリーズの、各150個限定のもっともレアだったキャンディフレーク(赤)とクロームの2種、全高19センチです。
アメリカ本国のDisney Hot House Design TeamのNikos Constant(ニコス・コンスタント)のデザインを、モチャの造型では定評のあるMonster 5が立体化した、いまでは伝説のフュギュアなんです。
ペットフードの箱を模した大きなケースが、これまた話題になりました。
3年前はTシャツのオマケが付いたのですが、こちらのモチャにはTがない代わりに破格のプライスとなってます、つまりワケアリ?
a0077842_1145489.jpg
ほかにも同じSpan of Sunset x Disneyモノの大好評だったBLOC28のミッキーマウスとNew Era 59Fiftyのセットも再入荷、のちほど、破格でご提供です。
ただしキャップのサイズは"7 1/4"の"S"サイズのみ、いわゆるワケアリ?

スパサンの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/i53/
by tomenosuke_2006 | 2010-10-28 23:59 | 商店入荷新着情報
留ブラPRO、職人さんの手。
a0077842_026580.jpg
本日10月27日は留ブラPROにとって記念すべき日となった。
全金型の修正個所承認。
1週間後にはサンプル色で構成された組立品が上がり、それを見てカラーリングを決定、いよいよ量産開始となる。
「これで終わりが見えた」とは、技術・法律など総合的観点からつねにアドバイスいただいているマルシン工業株式会社代表取締役社長であり、全日本トイガン安全協会会長の川嶋博氏と、マルシン工業を定年退職されたあとも留ブラPROの世話役としてお力添えいただいている、同じく安全協会の理事でもいらっしゃる石垣修介氏の感慨のこもったひとことである。
a0077842_0263296.jpg
留ブラPROチームにひとりとして立体図面が読める者がいなかったために、当初、いろんな方にご迷惑をおかけした。
原型師徳信尊さんの鋭い拘りにも徹底的に付き合っていただいた。
設計者、金型製作者、すべての職人さんに、まずは峠を越えられたことの感謝を申し上げたい。
本当にありがとうございます。
あとは予定通り、クリスマスまえに発売できるよう更なるご協力をお願いいたします。
a0077842_026535.jpg


More: 丸真ダイカスト工業株式会社。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-27 23:59 | 留之助ブラスター
FERGと約束しました、彼のモチャを積極的にセールスします。
FERG(ファーグ)といえば、7年前、Van Beater(ヴァン・ビーター)とともにイタズラな、じつに男の子らしいモチャメーカーJAMUNGO(ジャムンゴ)を旗揚げした気鋭のデザイナーだ。
最近ではJAMUNGOをヴァン・ビーターにまかせ、自分はホンコンのTHREEZEROが製造と販売を受け持つ新ブランドPLAYGE(プレイグ)を立ち上げ、ミリタリー色濃厚なフィギュアを矢継ぎ早に発表している。
テキサス州オースチン生まれで、ずっとオースチン在住。
ほかの少年たちのようにビデオゲームに熱中することはなく、スピードメタルを聴き、スケートボードで育った。
好物はSci-Fiと戦争映画、自作の起源はすべてそこにあると語る。
a0077842_4343419.jpg
そういうファーグのPLAYGEブランド・モチャを、THREEZEROからビジネスライクに仕入れる気は毛頭なかった。
アーティストに興味があるだけに、ちゃんとコンタクトをとり、留之助商店を知ってもらった上で、彼と彼のモチャを愛情込めて日本に紹介したかったからだ。
と、そんなふうなことを考えていたら、持つべきものは友である、こちらの気持ちをまるで見抜いたようにBrandt Peters(ブラント・ピータース)が旧知のファーグに留之助を推薦してくれていたのだ、知らないところで。
ファーグの方から突然メールが舞い込んだ。
こうなると話は早いよ、さっさとPLAYGEモチャの新しいところの入荷が決まった。
まずは近日発売のPlayge Rat(プレイグ・ラット)のオリジナル版とプレイグ版の2種、そのあと11月下旬には新作Gassed S003 and K11 ROVR(ガスドS003 & K11ローヴァ)の2体セット、さらにほかにも。
というわけで、これからはファーグの動向を逐一ご報告させていただきますね。
a0077842_5383687.jpg
a0077842_6411079.jpg
上の画像が1/6アクションフィギュア仕様のプレイグ・ラット。
赤目がオリジナル版の300個限定、緑目がプレイグ版の100個限定、当然後者の入荷数は前者の1/3と少ない。
3ピース・スーツを着込み、スーパーリアルで特徴的な手首2種、散弾銃スパイス-12、弾薬帯、短剣が付属。
加えて、後頭部を押すとペロッと舌を出すお遊びギミックが内蔵されている。
a0077842_6351147.jpg
一方、ガスドS003とK11ローヴァのセットはというと、ガスドは防弾チョッキ着用でレッド・ドット・サイト付き短機関銃UMPを装備、手首2種、着脱可能なヘルメットが付属、ローヴァにはモジュラーハーネス、着脱可能なポーチとヘルメットが付属する。
微に入り細を穿つ装備の数々、生粋の男子にはこういうディテールがたまらんのであります。
“某国のすぐカッとなる暴徒共を鎮圧せよ”ゴッコでもしようかな。
a0077842_6352463.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-27 07:40 | イマモチャ
こういう手がありましたか、風船アイスクリーム。
目と鼻の先にいながらローマで開催中のBuff Monster(バフ・モンスター)のショーには寄れず、24日午後3時にミラノを発ち、ヒースロー〜成田〜セントレア〜飛騨高山に帰り着いたのは25日の深夜。
いつもながらセントレアから自宅までのおよそ250キロの運転がトドメです、いささか疲れました。
けれど、そんな間にもモチャ・メールがいくつも入っていて、そのひとつ、The Loyal Subjectsからのオファーにさっそくレスした次第です。
a0077842_144859.jpg
先月、LAのCorey Helford Galleryで開催されたバフの作品展で、ひときわ目立っていたのが巨大なアイスクリームのスカルプチャー(上の画像)。
それをどこかのニュースサイトで見て、大きくっていいなぁ、背も高いけど値段も高いんだろうなぁ、運良く資金のメドがついて買えたとしても飾る場所がないなぁ、これじゃネオンと同じで宝の持ち腐れになるだけだなぁ、とか、いろいろ思いをめぐらせたものでした。
そういうアイスクリームがThe Loyal Subjectsによって取り扱いいたって簡易な、頃合いの大きさ(小学4年生の平均身長)の、しかもサイフにやさしいビニール風船で再現されたのだ、これは買いでしょう。
250個限定、今月末出荷予定、早く振り回して遊びたいです。
a0077842_2215013.jpg
バフモンの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Buff+Monster/
バフモンの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Buff+Monster/
by tomenosuke_2006 | 2010-10-26 23:59 | イマモチャ
FLIX12月号はMINDstyle映画モノ。
当店ユーザー、つまりオブジェモチャ・コレクターの8割以上がオトコという実情からいっても、女性読者が大半を占める隔月刊の映画雑誌FLIXの連載『映画とオブジェモチャ』は、女性ユーザー獲得に大いに役立ってます。
榎本店長の報告によりますと、おかげさまで毎回紹介される当店のURLから入荷新着情報をたどり、それなりにカワイイところをオーダーされるFLIX読者がけっこういらっしゃるらしいのです、ありがたいことです。
a0077842_22544786.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-25 23:59 | 留之助商店計画
イタリアで見つけたオブジェモチャ的なるモノ-その3。
じつは“的”でも何でもなく、そのものズバリのお店の話です。
一度は覗いてみたかったミラノで唯一のオブジェモチャ専門店ATOM PLASTICに寄りました。
a0077842_2274860.jpg
すっきりしたホワイト基調の店内には、kidrobotやToy2Rやベアブリックやアグリードールなどのエントリーレベル・モチャとTシャツ系の軽いアパレルがディスプレーされ、壁面の“TOYS ARE NOT FOR KIDS!”の大きなゴシック文字が目を引きます。
開店して1年半、オーナーはMarco Plate'(マルコ・プラーテ)、もちろんモチャ好きが高じてショップを構えるようになった同好の士であります。
イタリアではDunnyよりQeeファンが多いとか、6個入荷したジョー・カポビアンコのザ・ブライドがまだ完売しないとか、「所変われば品変わる」を強く感じた次第です。
a0077842_2283144.jpg
来てよかったのは、つい最近LAのディストリビューターさんから照会のあったVery Bravoブランドのけったいなフィギュア2体の素性がここで判明したこと。
ベジタリアンを皮肉ったCarrot Slayerと、とっても危ないネーミングのGhetto Reaperが、なんのことはない、マルコ・プラーテ本人がデザインしたオリジナル・トイだったんです。
それぞれ250個限定で大半がアメリカを経由して世界に配給中だとか、もちろん店主も留之助で発売することを固く約束したのでした。
a0077842_3181797.jpg


More: こちらが近日入荷のVery Bravoモチャ、2体。
by tomenosuke_2006 | 2010-10-24 23:59 | イマモチャ