<   2011年 01月 ( 46 )   > この月の画像一覧
さすがにデカイ、ピコ&ウィルシャー発売開始。
DCon 2010で仕入れたJoe Ledbetter(ジョー・レッドベター)の真っ黒なPico & Wilshire Lava Edition(ピコ&ウィルシャー・ラバ版)の時はそうでもなかったけれど、このオリジナルカラー版を見てたまげた。
おいしそうなカフェオレ色の膨張色だからだと思う、とにかくデッカク見える、いや実際にデカイ。
ジョーレッドの大胆な絵を、あまり深く考えないで一途に立体化したら、ついこうなっちゃった的な、つまり必然的な大きさ。
たとえばサーベルタイガーのピコだけでも身長6インチ(15センチ)、ということはほとんどジュンコキャット並の発育のよさなのだ。
それが12インチ(30センチ)のウィルシャーにおんぶすれば、もはや高さは38センチにもなろうかという、とくに日本の住宅事情にはアゲンストなボリュームで、どう飾ればいいのだろうかと悩みながら買うっていうのも一興かと思うのだった。
a0077842_20202152.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/14094646/

More: ピコ&ウィルシャーの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-31 21:03 | 商店入荷新着情報
Lady Butterfly by Aiko.
a0077842_2255935.jpg

▲アイコさんと店主/Aiko and I at Tomenosuke Workshop

7ヵ月目にして、やっとこの日を迎えることができた。
NY在の日本人アーティストレディ・アイコさんといっしょに進めてきた留之助商店初のアート・フィギュア、レディ・バタフライ(限定100体のうち一般販売分50体)入魂の儀。
アイコさんのシンボル・キャラクターを、とにかくMade in Japanにこだわり抜いて立体化したソリッド・レジン作品に、作者アイコさんのハートとソウルを目一杯吹き込んでもらい最後の仕上げとするのだ。
a0077842_2218040.jpg

▲原型 Original Sculpture

アイコさんが立川市にアトリエのある彫刻家阿部順之介さんと付きっきりで原型を仕上げたのが去年の6月末、静岡市のRCベルグさんが13個に分割されたソリッド・レジンのパーツを100体分届けてくれたのが8月末。
下呂温泉の自動車板金工場の塗装職人さんに仮組をあずけ、ラメ入りブラック版の塗装テストをしてもらう一方で、閉店後の留之助商店3階の工房では榎本店長と助っ人の中谷さんが最初の25体をせっせと組み立てる。
パーツを磨き、パーツ接合部の溝をパテで埋め、美しくシームレス化するのにおよそ1ヵ月を要した。
a0077842_22502777.jpg

▲レジン・パーツ Resin Parts

さらに同時期、アイコさんデザインのパッケージの試作が飛騨高山の専門工場ヒダシキで繰り返されていた。
銀の箔押しの技術的な問題に直面しながら、次々にアイコさんから新しいアイディアがもたらされ、いったい何種類の校正刷りを出してもらったことか。
最後には箔押しだけを新潟市の印刷会社が請け負うこととなり、校了するまでに3ヵ月を費やした。
そのころには別の25体の組み立ても済み、2番目のカラーウェイ、シルバー版も完成していたのだった。
a0077842_23514418.jpg
a0077842_2352297.jpg
a0077842_23523246.jpg

▲パッケージ・グラフィックの変遷/Transition of Package Graphic

a0077842_23524415.jpg

▲最終デザイン/The Final Design

いまでは留之助商店が一般販売する5色各10体のうち、3色30体が完成し、その第1弾として白銀の高山にふさわしいシルバー版を2月14日のバレンタイン・デーにデビューさせることが決まった。
アイコ入魂のレディ・バタフライ、作品の詳細は追ってお伝えする。
a0077842_0415077.jpg

▲アイコさん撮影/Photo by Aiko



More: レディ・アイコ・サイン会。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-31 01:12 | 留之助オリジナルモチャ
純子猫入荷、発売開始。
Kidrobot x Sanrioコラボレーション・シリーズの中でもひときわ異彩を放つJunkocat Chococatが入荷した。
で、間髪入れずに発売だ。
しかしこのボコボコの頭を見て、1981年のデイヴィッド・クローネンバーグ監督のSF映画『スキャナーズ』のクライマックス、正と悪のサシの超能力戦を思い出すのは店主だけだろうか。
物凄いパワーの念力攻撃をうけ、破裂直前のチョコキャットという感じが際立ってよい。
a0077842_18175347.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13990355/

More: ジュンコキャットの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-30 18:25 | 商店入荷新着情報
海の向こうのナーサリー・アート展。
きょう、NYに負けず劣らず極寒の飛騨高山へ、半分仕事・半分遊びで出かけていらしたレディ・アイコさんに教わった。
Nursery Art(ナーサリー・アート)とは子供部屋に飾るアートのことで、欧米では古典的な芸術のジャンルとして確立されているんだと。
LAのギャラリーCorey Helford Galleryではじまる"In The Nursery"は、そんな絵や彫刻などのナーサリー・アートを、アイコさんをはじめアダルトな25名の気鋭ロウブロウ・アーティストたちが持ち寄った興味津々なグループ展で、オンラインからでも作品が鑑賞できる。
ぜひチェックしてみてほしい。
a0077842_23394534.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-01-29 23:52 | ロウブロウアート
ウォー・ベイビー・ピンク版、本日台湾より着。
a0077842_2275580.jpg
ShonのWar Baby Color Series-U(ウォー・ベイビー・カラーシリーズ-U)、つまりピンク版が到着した、ので、さっそく発売する。
ただし、あれだけサインを入れるように言っておいたのに、完全に忘れちゃったみたいで、本体のどこにも、箱にさえない。
そこらへんがまた彼らしいところで憎めないのだけれど。
代わりにステッカー2種類のオマケでご勘弁を。
a0077842_2226481.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/14079710/

More: カラーシリーズ-Uの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-29 22:38 | 商店入荷新着情報
エリックの新キャラ、スケッチ・ママ、デビュー。
ひさしぶりに我らがErick Scarecrow(エリック・スケアクロー)の話題である。
極寒のNYでなかなか仕事がはかどらず、とくに透明レジンを使った留之助限定スーパ・マリア・インペリアルの製作にてこずっている模様、出荷まであと少し待ってほしいと連絡があった。
なので、ご注文をいただいたみなさま、よろしくお願いいたします。
で、本来ならもっと早くにデビューのはずが、天候のせいでやっと発売になるのが、NYCC 2010でそのプロトが展示されていた新キャラのSuketchi Mama(スケッチ・ママ)だ。
手が鉛筆の画家スケッチ・ママが、描いた絵を実体化させる魔法のキャンバスPaddopa(パドッパ)と、何でもかんでも色を付けたがるPaint Shroom(ペイント・シュルーム)を従え世界を旅する。
っていう、エリックの本領発揮といった感のコンテンポラリー・フェアリーテールな作品。
ママは6インチ(15センチ)、パドッパは4インチ(10センチ)、シュルームは3インチ(7.5センチ)のレジン・フィギュア3点セット、で、パドッパにはエリック直筆のペンシル・スケッチとサインが入る。
世界限定30個、その内、留之助にも数点の優先割り当てあり。
ご希望のみなさんは右の“Inquiry お問い合わせ”のバナーか、ご注文・お問い合わせのページから、特急でご連絡ください。
a0077842_10134433.jpg


More: スケッチ・ママと仲間の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-28 09:20 | イマモチャ
奇跡のデッド・ストック3品の最後の3番目。
3番目はこれが通算3度目の発売となるGerms Zacarias(ジャームス・ザカリアス)作のConehead(コーンヘッド)。
商品詳細は2度目に定価発売したときの2010年3月12日のポストを参照のこと。
ちなみに最初の発売は2007年8月、並行輸入価格(定価よりチョイ高い)だった。
で、今回は定価の半額にも満たない特別価格、ただしこれもスラップ・ハッピー・ホワイトパール版と同じく6個のみの入荷だ、つまり善は急げっていうこと。
ブロムのスティックメンと同じ時代の、創業間もないMINDstyleのじつにパワフルな傑作、ようするに題材が冒険的な上に、仕上げが驚異的なのである。
a0077842_22381647.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/14065641/

More: コーンヘッドの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-27 23:17 | 商店入荷新着情報
留ブラPRO、Propsummitの比較画像が面白い。
PropsummitのMarushin "Tomenosuke PRO" Blaster Japanというスレッドの最新18ページ目に、実物のステアー・マンリッヒャー・ライフルのマガジンやレシーバーと留ブラPROとの比較画像が大量にアップされている。
投稿者のHelder22氏は、ご自身が所有するステアー・マンリッヒャー・ライフルとチャーターアームズ・ブルドッグに留ブラPROのパーツを合体させて、よりリアルなブラスターの作製を計画されている方だと聞く。
そんなマニアがPROのレシーバーについて、とりわけ内側の見えない部分について、本物のステアーを実際に見てデザインしたのは明白だとコメントしてくれている。
a0077842_21585080.jpg
a0077842_2211251.jpg
詳しくはこちらをご覧ください→"http://www.propsummit.com/viewtopic.php?t=2228&postdays=0&postorder=asc&start=340
by tomenosuke_2006 | 2011-01-27 22:15 | 留之助ブラスター
留ブラPRO、2次ロット、まもなくハリコレで予約受付開始。
ハリウッド・コレクターズ・ギャラリーで2次ロット400挺の予約受付が近日開始されます。
右のTomenosuke ブラスターのバナーからもハリコレのご予約ページへリンクの予定です。
クレジットカードがご利用いいただけるようになりました。
アメリカからのご注文も承ります。
商品の発送は2月21日からとなります。
a0077842_22552345.jpg
Hollywood Collectors Gallery takes the order from the United States on February 21.
by tomenosuke_2006 | 2011-01-27 21:19 | 留之助ブラスター
奇跡のデッド・ストック3品のうちの2番目発売。
2年まえ、Brandt Peters(ブラント・ピータース)のピースメーカー32.9発売の際、店主秘蔵の絶版ブラント・モチャを記念に大放出してご好評いただいた。
こちらのポストを参照→http://tenshu53.exblog.jp/8122965/#8122965_1
で、その時、たったひとつしかないところに複数の購入希望者が現れたのがこれ、SDCC 2008限定のVintage Slap Happy White Pearl、スラップ・ハッピーのホワイトパール版である。
単色ながら、なみいるDIYモチャとは一線を画し、ひときわ光彩を放っている。
16インチ(41センチ)の身の丈は威風堂々として、いまだにマスプロデュースされたブラント作品にこれを越える迫力のソフビ・フィギュアは登場していないのだ。
たった6個と数に限りはあるけれど、記念大放出のときよりも、さらに発売当時の定価よりも、だんぜん安くご奉仕開始。
a0077842_23103996.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/14058614/

More: スラップ・ハッピー の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-26 23:33 | 商店入荷新着情報