<   2011年 03月 ( 74 )   > この月の画像一覧
スクラッチ・ナインス・ライフのオーナーさんへ。
去年11月13日に発売したErick Scarecrow(エリック・スケアクロー)のSkratch 9th Life(スクラッチ・ナインス・ライフ)30個限定のご購入者さまに吉報です。
いま一度、パッケージに記された"L"からはじまる数字6桁の富くじ番号をチェック。
なんでも限定たったの5個のYarn Shroom(ヤーン・シュルーム)が当たるんだとか。
発表は明日のいまごろ、ESC-toy twitterで。
a0077842_129262.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-31 12:12 | イマモチャ
RAJE Toysの次なる秘密兵器は。
ここまでくるとホントにドクター・ブレインの素体をプラットフォームにしたフィギュアかよ、と思ってしまう。
UKでいちばん注目のRAJE Toysとタッグを組んだJesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンディス)のやりたい放題作の全貌が見えてきた。
とりあえずGaikingの名前で呼ばれているけれど、それが商品名になるかは不明。
日本アニメのガイキングが古代アステカの魔法で暑苦しいカラーリングとともに生まれ変わるにちがいない、年内の発売を目指して鋭意製作中だ。
a0077842_3341127.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-31 03:40 | イマモチャ
TOYS HELP US x Erick Scarecrow.
日の丸を背に立つSoopa Maria(スーパ・マリア)とLittle Axe(リトル・アクス)の2種類のアートプリント。
Erick Scarecrow(エリック・スケアクロー)から届いたレターサイズの厚紙製の封筒の束に、それぞれ1枚づつ入っていました。
もちろんTOYS HELP USのために描き下ろされた作品で、売上げの全額を義援金に充てられるよう無償での提供です。
a0077842_231551.jpg
スーパ・マリアといえばエリック創作によるもっとも成功したキャラクターのひとつで、ご存知だとは思いますが、去年末の留之助商店限定インペリアルを最後に引退してしまいました。
で、いまではこうして2Dでしかお目にかかれないのです。
a0077842_2372396.jpg
一方、リトル・アクスはマリアの後継者となるべく去年5月にデビューした期待の新人です。
童話の赤頭巾ちゃんにインスパイアされ、闘う女戦士として現代に甦ったエリック流コンテンポラリー・フェアリーテールの主人公です。
これまでふたりのアクスが発表され、近日、3代目のLittle Axe Butcher(リトル・アクス・ブッチャー)がシークレット・リリースの予定だとか。
健やかに育ち、いろんなバージョンが発表されることを期待しないではいられませんね。

Erick Scarecrow, We really appreciate your concern and support.
a0077842_253188.jpg


More: リトル・アクス・ブッチャーの画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-03-30 23:30 | 留之助イベント
TOYS HELP US x Sergey Safonov.
海外のオブジェモチャ・ニュース・サイトでロシアのアーティストSergey Safonov(セルゲイ・サフォノフ)の静かで控えめで、やさしく愛らしいレジン・フィギュアの数々を幾度となく目にして、いつかはこの人とコンタクトをとり留之助のために何か作ってもらおうと思っていたのですが、こともあろうに彼の方からTOYS HELP USに協力したいとメールをいただきました。
個人的な思いつきではじめたこのキャンペーンも、世界中から素晴らしいアーティストの参加を得て、いまではちょっとだけ有名なムーブメントになったようです。
そのセルゲイは子供のころから宇宙旅行に憧れてきたモスクワ在のイラストレーターでトイ・デザイナー。
ソ連の有人宇宙衛星船ボストーク1号が1961年4月12日に世界で初めて打ち上げに成功した日を家族の祝日にきめて、毎年欠かさずお祝いをしているといいます。
ちなみにボストーク1号の乗員は「地球は青かった」の言葉で有名なガガーリン少佐であります、懐かしいです。
そんなセルゲイのオブジェモチャは2007年の名著DOT DOT DASHや最近ではART-TOYSでも紹介されていますから、ご覧になった方も大勢いらっしゃると思います。
ひとことで言って、夢見る少年のトイ。
とりわけ最新作のLUNOは子供のころに空想した言葉を話す月面車のモチャ化で、とりわけ思い入れの強い作品だとか。
実際はハンド・キャスト・レジンの白いDIYフィギュアとして企画されたものを、TOYS HELP USのために特別に色を着けて、5つも送ってもらえることになりました。

Sergey Safonov, We really appreciate your concern and support.
a0077842_1501467.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-29 15:22 | 留之助イベント
Sucklordの漢字訳が“吸主”っていうのが笑える。
SWのブートレグ・フィギュアの数々で黒い笑いを誘うSUCKADELICであるが、彼らのこれまでの行状の一部始終を白日の下に晒すソフトカバー本とDVDを留之助商店で発売中だ。
前者は昨年6月にNYのpop-up/parasite galleryで開催されたSUCKADELICの作品展カタログで、オールカラー100ページの豪華な作り。
こんなにたくさんのイケないフィギュアを銀河系に撒き散らしてきたのかと、思わず感心させられてしまう内容なのだ。
裏表紙に印刷されたYou're an asshole for buying this(こんなの買って、オマエは見下げ果てたヤツだ)の文字に購買意欲を駆り立てられるのは店主だけか?

こちらのリンクで内容をプレビューできる→http://boo-hooray.com/suckadelic/the-suckadelic-art-toy-universe
a0077842_12202511.jpg
後者のDVDは日ごろから本気か冗談か分からないような自社モチャの手作りCMやショートフィルムを撮り続けて来た映画好きな彼らのムービー大全集、上映時間は約30分。
100部限定製作で、パケの裏にはSucklord直筆のシリアルナンバーとサインが入る。
おろかな内容はもちろんのこと、コピー機で印刷したと思しき手作りのラベルが気の毒なくらい面白いし、DVDメディアも飾りっ気がない生のままでつい口元がほころぶのだった。
しかしパケ裏のSucklordを“吸主”と漢字変換したのを見て、お見事と思うのは店主だけか?
a0077842_12184468.jpg
ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Suckadelic/
by tomenosuke_2006 | 2011-03-29 12:33 | 書店入荷新着情報
留ブラPRO、ステアー・マガジン。
a0077842_055337.jpg
a0077842_06550.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-28 23:45 | 留之助ブラスター
TOYS HELP US x Aiko.
NYにいるAikoさんが連日震災関連の報道を見聞きし、心を痛めながら完成させたステンシル作品です。
彼女の言葉を借りれば「まるでシェルターにいるような気分でスタジオに籠って悶々と作っていたので、作品に猛烈にリアルな悲壮感が漂ってしまいました」ということですが、どうして、押し寄せる諸悪を跳ね返す逞しささえ感じさせる傑作だと思います。
タイトルは"TSUNAMI"、キャンバスボードをベースにしたミックスドメディア作品、もちろんオリジナル。

Aiko, We really appreciate your concern and support.
a0077842_22545176.jpg

Tsunami by Aiko
10" x 14" (254 x 355mm)



More: 追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-03-27 23:03 | 留之助イベント
アマンダのコンクリート彫刻2種、発売開始。
2月15日にポストしたAmanda Visell(アマンダ・ヴィゼル)の心安らぐエコ作品が無事入荷した。
何が無事かっていうと、以前、店主がコレクション用に個人輸入した同種のコンクリート素材のキャスト彫刻が、情け容赦なく真っ二つに割れて届いたことがあるから。
なのでディストリビューターさんには、いま一度、中味を点検し、いつもよりもさらに細心の注意を払って送るよう頼んでいたのだった。
で、この大小3つの彫刻からなる作品だけど、パッケージ・アートのように三層に並べ、立体的に飾るのがいちばんシックリくるかも。
a0077842_13345182.jpg
a0077842_1335250.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Concrete+Sculpture/
by tomenosuke_2006 | 2011-03-26 13:41 | 商店入荷新着情報
Monsters and Misfits展、プロダクト・カード発表。
Monsters and Misfits(モンスターズ・アンド・ミスフィッツ=怪物と不適応者たち)展限定フィギュアのプロダクト・カードをご覧いただきたい。
これは会場の日下部民藝館で展示販売されるワンオフの絵画やカスタム彫刻とは異り、複数個製作され、価格もリーズナブルに設定された一般頒布用作品。
それぞれ限定製作数の半分を留之助商店が販売、あとの半分はKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)とBrandt Peters(ブラント・ピータース)が運営するCircus Posterus(サーカス・ポスタラス)から5月にオンライン販売される予定だ。
留之助では4月13日の展覧会初日に会場にお越しいただいた方に優先提供、残りを展覧会作品専用オンライン・カタログ(4月上旬オープン予定)で13日深夜にミッドナイトセールする。
a0077842_2101352.jpg
上はいずれもブラントとキャシーのコラボ作品のKuma Skelve(クマ・スケルヴ)。
左がクリア・ボディのSpecter Edition(スペクター=幽霊版)、高さ10インチ(25センチ)、世界限定30個のうち15個を当店が販売する。
右がFrost Edition(フロスト=厳寒版)、高さ10インチ(25センチ)、こちらも世界限定30個のうち15個を当店が販売する。
a0077842_11324638.jpg
上はいずれもChris Ryniak(クリス・ライニャック)の作品。
左は展覧会カタログの100部限定スペシャル・エディションに付属するBlue Crumbeater(クラムイーター=パンくず喰い)、高さ2.5インチ(6.5センチ)、当店販売分は50。
右はBubblegut(バブルガット=風船腹)、高さ6インチ(15センチ)、世界限定66個のうち33個を当店が販売する。

下の画像はクリスのワンオフ作品。
左からBlack Forest Freyja(ブラック・フォレスト・フレイジャ)、Black Forest Crumbeater(ブラック・フォレスト・クラムイーター)、Black Forest Kumunk(ブラック・フォレスト・クマンク)、どれもこれも素晴らしく緻密な彩色が施されている。
a0077842_1222392.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-26 12:05 | 留之助イベント
TOYS HELP US x Michael Lau.
荒々しくも大胆な彫刻に迷いは微塵も窺えない。
眺めるだけで気持ちがいい、一本気な仕事ぶり。
天才のパワーがフィギュアを介してここまで届く。
熱くなる、元気が伝わる。
これぞ無尽の技量力量に秀でたMichael Lau(マイケル・ラウ)作品の神髄なのである。
a0077842_037117.jpg
去年のクリスマス・シーズンに香港の銅鑼湾にある時代廣場(タイムズ・スクェア)を埋め尽くしたマイケルのクリスマス・デコレーション、KINDERGARDENER!を記念していくつかのフィギュアが製作されたと聞いたけれど、こうして間近に見るのははじめてだ。
一見木製品のように見えるフィギュアは、ソフビの素体を筆塗りで仕上げている。
足の裏にはマグネットが仕込まれ、キャラクターの名前がプリントされたそれぞれ異るかたちの鉄製プレートの上にスクッと立つ。
左からBB、スクエア、DJ・トミーの3人、マイケルがTOYS HELP USのために無償で送ってくれました。
a0077842_053583.jpg
圧巻は後ろ姿。
なんとひとつひとつマイケルが"TOYS HELP US!"の文字とお馴染みの自画像にサインを添えてくれたのです。
これ以上、何も望むものはありません。

Michael Lau and Florance Yip, We really appreciate your concern and support.
a0077842_1891.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-26 01:14 | 留之助イベント