<   2011年 06月 ( 47 )   > この月の画像一覧
SDCC 2011限定Circus Posterusモチャなど、留之助でも。
しばらくBrandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)の話題から遠ざかっていたけれど、来年のMonsters and Misfits II(仮題)展のことや、ブラントとFERG(ファーグ)のコラボ・フィギュアTrouble Boys留之助バージョンの打合せで始終メールをやりとりしている。
つい言いそびれていたけれど、ブラントとキャシーは5月にニューメキシコ州アルバカーキの旧ルート66号線沿いにある、ブラントいわくベリー・ヒップ・アンド・クールなNob Hill(ノブ・ヒル)というエリアに彼らのギャラリー兼オブジェモチャ屋STRANGER FACTORYをオープンし、いまは7月1日からはじまるキャシーのソロショーSweet & Sorrowや、SDCC 2011のための限定フィギュアの製作で多忙な日々を過ごしているのだ。
a0077842_2247686.jpg
で、もちろんキャシーの個展限定やSDCC 2011限定のとっておきが留之助にもやって来る。
まずは個展限定の2体(下の画像)をご覧いただきたい。
きっとMonsters and Misfits展にお越しいただいた方なら、そのAP(アーティストプルーフ)版が展示されていたのを覚えていらっしゃるはず。
あのお化けのBoo Skelve(ブー・スケルヴ)限定66個と、天狗のPurple Greeter Skelve(パープル・グリーター・スケルヴ)限定30個だ。
海の向こうではSDCC 2011開催中の7月23日(土)にミッドナイトセールの予定、入荷数は各5個ずつ、お楽しみに。
a0077842_22225819.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-06-30 23:19 | イマモチャ
グレン・バールの新画集、Glenn Barr's Faces近日入荷。
デトロイト・ベースのアーティストGlenn Barr(グレン・バール)の静かで無口なタッチの絵にすっかり魅了されてしまったのは、2009年1月発売のHI-FRUCTOSE vol.10のカバー特集を見た時だった。
故郷デトロイトの場末を思わせる猥雑なシーンを重い色調でリアルに描いたかと思えば、SFチックなマシンやクリーチャーの登場するファンタジー・アートもこなす縦横無尽さも魅力的。
そんなバールの最新画集『Faces』が7月末に入荷することになった。
これは6月26日までLAのLa Luz de Jesus Galleryで開催された同名個展の出品作をはじめ、彼が過去5年間に創作した絵画とスケッチの代表作およそ80点をハードカバー96ページにまとめた必見の集大成なのだ。
とくに“顔”をとらえた新作群の中には、映画『バーバレラ』のジェーン・フォンダやTVシリーズ『謎の円盤UFO』のエリス中尉たちも収録されて楽しみはつきない。
予約特価¥1,680(税込)で受付開始。
a0077842_2133013.jpg
ご予約はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/16535098/
バールのこんなフィギュアも発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/9703748/

More: 画集『Faces』の内容プレビューはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-29 22:03 | 書店入荷新着情報
Killjoy Dunny、今夜24時発売。
お待ちかねのKronk(クロンク)作Killjoy Dunny 20-inch(20インチ・キルジョイ・ダニー)だけど、まだ日本に入荷していない模様。
なので、今夜24時に発売しますが、お届けはKR-JPから送られてきてからになります、ご了解ください。
a0077842_0473198.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/14937073/
by tomenosuke_2006 | 2011-06-29 19:18 | 商店入荷新着情報
TTF 2011限定Cap Duck Pink。
今年もTTF 2011の季節がやって来た。
ので、遊びに行くつもりだけれど、そのまえにShonからTTF 2011限定Cap Duck(キャップ・ダック)のオファーがあったので、さっそく多めに押さえておいた。
今度のカラーウェイはピンクで、なんとミッキーのカチューシャが付くのだ。
以前、ミッキーの耳を生やしたキャップ・ダックの絵を見て商品化を期待していたけれど、このピンクには盲点を突かれたというか、じつに安上がりでクレバーなアイディアではないかい。
プラ板を切り抜いただけなんだから、Shonの創意工夫に脱帽。
a0077842_0292843.jpg


More: ピンク・キャップ・ダックの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-29 00:38 | イマモチャ
ASIA Minigodはあなどれない。
4Ωのパワースピーカーが収まる黄色の胴体がABS製だからなのか、ソフビの歴代ミニゴットより音のキレがすこぶるよい。
モノラルとはいえ、眉間の10Ωツィーターもよく働き、オーディオデバイスとしてもあなどれない仕上がりをみせる。
どこから見てもブッダ(仏)風、しかし自称ゴッド(神)。
人呼んでASIA Minigod(アジア・ミニゴッド)は、メキシコ系アメリカ人のMarka 27が中国の工場に張り付き完成させただけのことはある、デザインは自由奔放にして因襲にとらわれず、宗派の違いなどものともしない、もはや無国籍の怪しささえたたえつつ、世界でいちばんケッタイなスピーカーとなったのだった。
充電式リチウム・バッテリーで2.5時間の連続使用が可、さらにACアダプターが付属して使い勝手も悪くない。
ただいま店頭でパワースピーカーとツィーターの向きを互い違いにしたりして、聴こえ方の実験中。
a0077842_85335.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/15028048/
ミニゴッド・クラシックもよろしく→http://tomesyoten.exblog.jp/6530620/

More: アジア・ミニゴッドの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-28 12:02 | 商店入荷新着情報
和田みずなさんのHA-CHOO Monkey、ふたたび。
留之助商店開業まえの、かれこれ5年も昔に発売された、だから当然、当店未入荷だった和田みずなさんのHA-CHOO Monkey(ハチュー・モンキー)のオリジナル・ブラウン・カラーが破格値で入荷した。
同時期に発売されたVINYL PULSE Exclusive同様、またしてもデッドストックが見つかったのだ。
ハクションの瞬間をとらえたイジらしい表情、大胆な造形が、けっこう好き。
いい年のオヤジが、このお猿さんにこだわるワケは2010年4月10日にポストしたとおりである。
ハチュー・モンキーを見るたびに健康で何より、これからも無理せず、健やかに過ごそうと思うのだった。
a0077842_2050862.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/HA-CHOO+Monkey/

More: オリジナル・ブラウンの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-27 21:08 | 商店入荷新着情報
FLIX8月号は『パイレーツ・オブ・カリビアン』にあやかり。
只今発売中の映画雑誌フリックスの異色連載『映画とオブジェモチャ』の11回目。
編集長から夏向きのオモチャをピックアップしてほしいと注文をいただき、かようなセレクションとなった次第である。
それにしても暑苦しいこと、然り。
a0077842_1854690.jpg
キャプテン・ロスクロウのご注文はこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/14708907/
シン・イーターのご注文はこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/13868198/
ラヴァ・ティキ・スティッチは完売しました。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-27 18:58 | 留之助商店計画
Dunny 2011、ケース買いしてもBones Dunnyは作れない?
ダニー・シリーズをはじめミニ・スモーキンラビットチクタク・アポカリプスなどなど、ブラインドボックス・モチャの引きがよくって、いつもラッキーなあの“きつね”さんから下の画像が送られてきました。
ダニー2011の20個入りケースをお買い上げいただいたのですが、10個のパーツで完成するBones Dunny(ボーンズ・ダニー)が、ご覧のとおり、コンプリートできなかったんです。
レアだと評判のハートは射止めたものの、顔がない、片方の耳もない。
つまり“きつね”さんをしてもこうなんですから、ボーンズ・ダニーを完成させるのは至難の業だということがよーく分かったわけです。
ちなみにeBayを覗いてみると現在$100.99で入札中、希望落札価格のいちばん高いので$255なんてのもありました。
みなさんのご健闘をお祈り申し上げます。
a0077842_949420.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-06-26 10:07 | 投稿画像
Inspector Cumulusなど、新作入荷中。
まるで積雲(キュミラス)のようにパイプの煙をもくもくと顔の回りに漂わせ、誰にもその素顔を見せたことがないというへビースモーカーの警部(インスペクター)、その名もInspector Cumulus(インスペクター・キュミラス)は、フェドラハットにステンカラーのコートがよく似合う英国紳士なのである。
と、これ、UKのイラストレーターJonathan Edwards(ジョナサン・エドワーズ)が創作したコミック・ヒーローで、シーモア・シープを作った香港のオブジェモチャ・メーカーCrazylabel入魂の新作だ。
そういえばどことなくシーモア・シープのモコモコっとした感じに似ていないでもない。
5点可動のソフビ製、高さ8インチ(20センチ)、フェドラハットとパイプは取り外しがきく。
その他、既報のモチャ3種類もいっしょに入荷したので、順番に留之助オンライン入荷新着情報に並べていこうと思う。
a0077842_21533058.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-06-25 21:59 | 商店入荷新着情報
留ブラPRO、限定黒モデル、マガジン完成。
ヒビと見間違えられることもあるウェルド・ライン。
フローフロント(流動先端部)が会合した個所に出るAノッチ状の細い線状痕のことだが、案の定、黒モデル用のステアー・マガジンのトライアル・ショットにも顕著に現れた。
今月上旬に金型が完成し、13日に最初のテストが行われたが出来はイマイチ、さらに15日の2回目にも満足いかず、三度目の正直とはこのことか、やっと20日のテストで思い通りの仕上がりとなった。
あとはすべて黒染にした亜鉛ダイカスト・パーツの試作を待つのみ。
7月はじめにはその全貌をご覧いただけそうだ。
a0077842_1564186.jpg


More: ステアー・マガジンの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-24 15:09 | 留之助ブラスター