<   2011年 07月 ( 56 )   > この月の画像一覧
留之助限定Bronze Jumping Brain最新情報。
11〜12月に発売予定の留之助限定ブロンズ製ジャンピング・ブレインがどれだけ特別なのか。
この秋、LAのToy Art GalleryやマイアミのBlack Square Galleryで開催されるEmilio Garciaのソロショーでは、留之助限定とかぶるようなブロンズ作品の販売はあるのかないのか。
エミリオにぶっちゃけ聞いてみた。
色んなカラー・テスト画像を見せられていたから、そんなのが次から次に発売されたりしたら、ありがたみもなくなってしまうし。
そしたらToy Art Galleryでは3x5インチ(7.6x12.7センチ)のアルミニウム製廉価版(ブロンズの半額ぐらい)が10個発売され、ほかに9x17x13インチ(22.9x43.2x33センチ)のブロンズ製XL-ジャンピング・ブレインを展示する。
そのあと、Black Square GalleryでXL-ジャンピング・ブレインのふたつのバージョンをそれぞれ5点ずつを展示販売する、その価格は$6,000(直近の相場で約¥460,000)。
なので、留之助限定は世界初の3x5インチのブロンズ製ジャンピング・ブレインで、製作数ももっとも少なく、年内リリースはこれのみ。
売り切れるのを待って、来年、第2弾を発表する予定なのだ。
だったらOK、自信をもって向かえます。
しかもプライスがユーロからドルに変更され、$1,500(約¥115,000)となった。
円高ドル安の恩恵が発売のころまで持続すれば儲けもんだ。

下のムービーは3x5インチのブロンズ製ジャンピング・ブレインのAP版を撮影したもの。
当店の限定色の赤とほぼ同色のものが登場するけれど、実際には脚の部分が金ピカのポーリッシュ仕上げになる。



More: ブロンズ製ジャンピング・ブレインの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-07-31 19:39 | 留之助限定モチャ
TOYS HELP US x WuzOne、これが最後のチャリティ・セール。
じつはね、ジャンピング・ブレインの作者Emilio Garcia(エミリオ・ガルシア)の弟分が、スペイン南部の観光都市セビリア在のカスタム・トイ・アーティスト、Jose Sánchez(ホセ・サンチェス)君、通称WuzOne(ウァズワン)なんである。
で、Originalfakeから2008年に発売されたKAWSのピーポ君(JPP)をクラシック・カートゥーン・ヒーローのマイティ・マウスに仕立てた彼の傑作カスタムを、チャリティ・セールTOYS HELP USに提供してもらえると4月30日のポストで紹介しながら、いろいろあっていまごろになっちゃったのだった。
何が起きたかっていうと。
こちらからウァズにマイティ・マウスの日本への送料をPayPalし、早々に送り出してもらったのだけれど、住所をミスったらしく日本経由でセビリアに戻って来てしまった。
ウァズにしてみれば送料をムダにした手前、なかなか切り出せず、といって自腹を切るだけの余裕もなかったみたいだ、1ヵ月以上、マイティ・マウスは彼のアトリエで過ごしていた。
そんな事情など露程も知らない店主はウァズに催促のメールを入れるのだけれど、気が引けたんだろうね、レスはなし。
しょうがないからエミリオに相談して、はじめて全容が判明したのだ。
最後にはエミリオがウァズからマイティ・マウスをピックアップして、送料エミリオ持ちで送ってくれることになった。
が、今度はエミリオが9月からLAで開催される個展の準備に忙殺されて、これまた送るのを1ヵ月以上も忘れていたと、そういうことなのだ。
TOYS HELP USのトリを飾るのは、いちばん世話の焼けたウァズのマイティ・マウス、感慨もひとしおです、よろしかったらお求めください。

WuzOne, We really appreciate your concern and support
a0077842_2262665.jpg
ご注文はこちらから→http://toyshelpus.exblog.jp/16032773/

More: WuzOneのMighty Mouseの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-07-30 22:50 | 留之助イベント
留之助限定Bronze Jumping Brain続報。
6月1日のポストEmilio Garcia(エミリオ・ガルシア)が当店限定のBronze Jumping Brainを準備中だとお話したら、高額なブロンズ製より、買いやすい樹脂製を希望するといった内容のコメントをいただいた。
じつは店主もまったく同じことを考え、エミリオには透明のレジン製とか、メタル風のペイント仕上げなどをリクエストしたのだ。
なんといってもブロンズは値段が高い、ということは投じる金額もハンパじゃないだろうから。
しかし彼としては、ほとんどのアイディアをTOY2Rの2-inch Jumping Brainで出し切り、だからまったく新しいアプローチのジャンピング・ブレインを創りたいのだった。
なので仕上げも製作数も発売時期も、すべてエミリオにまかせることにした。
その結果、赤く古びた感じの胴体と磨き上げられた金色の脚を持つツートーンでいくことに。
製作数は5個を予定、価格は€1,500(現時点のレートで約¥166,000)、11〜12月に日本で優先販売したあと、様子を見て世界販売に切り替える。
下はその参考画像だ、留之助限定は黒の部分が渋い赤色になると思っていただければ結構である。
a0077842_10543328.jpg
a0077842_10544496.jpg


More: エミリオ・ガルシアのソロショー情報。
by tomenosuke_2006 | 2011-07-30 11:23 | 留之助限定モチャ
Circus Posterusモチャ、ちょっとだけ発売延期。
明日土曜日のミッドナイトセールを楽しみにお待ちのみなさま、どーもすみません。
Brandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)のコラボ作品、Boo Skelve(ブー・スケルヴ)とPurple Greeter Skelve(パープル・グリーター・スケルヴ)をはじめ、Travis Louie(トラヴィス・ルイ)のStan Skelv(スタン・スケルヴ)やChris Ryniak(クリス・ライニャック)のUnripe Bubblegut(アンライプ・バブルガット)の4種類、各5個ずつの発売をちょっと延期させていただきます。
SDCC 2011前に発送されるはずだった待望のモチャたちですが、都合でそうもいかず、コミコンがよっぽど忙しかったのか、アルバカーキの自宅に戻ると、ブラントもキャシーもダウンしちゃったみたいなんですよ。
予約販売も検討はしてみたのですが、なんといってもレジン製、破損の心配もあり、現品を見ないまま売り出すのはいろんな意味でリスクが大き過ぎます。
どうかご理解ください。
発売日につきましては、改めて当ブログでお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
a0077842_1615854.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-07-29 16:17 | 商店入荷新着情報
SDCC 2011限定モチャ、近日到着、その5。
去年6月、LAのロウブロウ・アート・ギャラリーCorey Helford Galleryで開催された女流画家Brandi Milne展のオンライン・プレビューを観て、ミュシャをなぞった古風な作品やら、幻想と怪奇をキャンバスにあぶり出した“おまじない”のような色調の絵にすっかりハマってしまった。
で、モダン・アール・ヌーボーと勝手に名付け、ギャラリー謹製の35部限定のジクリーなど取り寄せて楽しんでいた、ら。
3DRetroが彼女の絵Bunny Ride, Go!をソフビ・フィギュア化すると知り、オーナー兼プロデューサーのBen Goretsky(ベン・ゴレスキー)のセンスのよさ、目の付け所に舌を巻いたのだった。
a0077842_053175.jpg
ディズニー・ランドのあるアナハイムで生まれ育った独学の画家ブランディ・ミルン。
幼少のころからクラシック・カートゥーンに親しみ、塗り絵で遊び、いまではキャンバスに愛と喪失と悲嘆を投影する大人の作家に成長した。
そんな彼女の最初の立体化作品バニー・ライド、ゴー!は、イチゴを抱いた少女がカーニバルの古ぼけたウサギの乗り物でまどろむ様子を、見事、絵画のタッチで描いた傑作モチャだ。
強く抱きしめすぎてイチゴからは血のような果汁がしたたり落ちる、生々しく、ちょっとコワイ。
このカラーウェイは100個限定、ほかにあと1種類、別バージョンの100個が発表されることになっている。
そういえば3DRetroがプロデュースするペッパーのラグナーといい、ベリコーズ・バニーのネイザン・ハミルといい、そしてブランディも、全員がLAベースのアーティストばかりだ。
もしかしたらこれからもLAのアーティストによるコアなオブジェモチャが、LAで気勢を上げる3DRetroブランドで楽しめるかも。
ちなみに下の画像はブランディ・ミルン様、見目麗しく、ますますファンになりそうじゃございませんか。
a0077842_1443543.jpg


More: バニー・ライド、ゴー!の原案となった元絵はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-07-29 01:49 | イマモチャ
SDCC 2011限定モチャ、近日到着、その4。
たったひとつしかないTrouble Boy No.88に10件近いお問い合せをいただいたけれど、値段を聞いて購入を決められた方はおひとりのみ、丸くおさまりました。
定価100ドルのフィギュアを手に入れるためにバイヤーさんが投じた労力など考えると、こうして日本にいながらにして手に入ってしまうのだから、まぁ、しょうがないかと思うわけで。
ただしきょうのコレとアレはちがうよ、留之助と付き合いも長いLAの友好店3DRetroがプロデュースして、ちゃんとウチのためにキープしてくれてたヤツ、もちろん定価で提供できるのだ。
a0077842_22221451.jpg
その、コレとはSWでルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルの息子にしてアライグマのボリスの作者Nathan Hamill(ネイザン・ハミル)の新作ソフビ。
黒と銀のツートン・カラーのロケットにまたがった喧嘩大好きのウサちゃん、Bellicose Bunny GID edition(ベリコース・バニー夜光版)だ。
銀河系を独裁せんとする悪〜い帝国軍と命を張って戦う正義の使者という設定、SWを思わせてほほ笑ましくもかわいいフィギュアなんである。
高さ6インチ(15センチ)、50個限定で、コミコンではすでに完売の稀少作。
留之助オンライン入荷新着情報で近日発売の予定だ、ご期待ください。
a0077842_22365855.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-07-28 22:44 | イマモチャ
小松左京先生がお亡くなりになりました。
日本SF界のドン、小松左京先生が7月26日午後4時36分、肺炎のためにお亡くなりになりました。80歳でした。
1980年に店主がLAへ引っ越し、SF映画三昧の日々が送れたのも、太っ腹な小松先生のご支援があったからこそ。
ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

小松先生とのご縁について書かせていただいた過去ブログ
8ミリ映画上映会のお知らせ/前編→http://tenshu53.exblog.jp/5370833
8ミリ映画上映会のお知らせ/後編→http://tenshu53.exblog.jp/5484305
by tomenosuke_2006 | 2011-07-28 18:28 | TV・映画・ビデオ
SDCC 2011限定モチャ、近日到着、その3。
これ、絶対欲しいよね、FERG(ファーグ)x Brandt Peters(ブラント・ピータース)のトラブル・ボーイ、No.88。
ベレー帽にトラックスーツ、サイレンサー付きハンドガンにAK風の自動小銃がついて、たったの100個限定、ひとつ余分に届く。
eBay相場は定価の3倍強なんていうメチャクチャなことになっている。
ご希望の方は右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_702317.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-07-28 07:03 | イマモチャ
ロジック製、懐かしすぎるアンクル・グリップ。
P38やM1914ベースのTV版プロップの再現だけでは飽き足らず、現行のABS製ブローニング・ハイパワーを昭和46年規制前に中田商店から発売された珍品アンクルガンに変身させるグリップを復刻したロジックさんなんである。
だからマルシン製ABSモデルガンのP38用に中田商店型アンクル・グリップを作りはじめたと聞かされたって驚かない。
亜鉛ダイカスト製のストックを取り付けると、あまりの重さにブヨブヨと軋み、いつヒビがいってもおかしくないと思わせた懐かしのプラ・グリップ。
それをマルゼンのエアガンではなく、マルシン用に復刻させたところがとくにうれしいのだった。
マルシンのP38と中田商店型アンクル・グリップこそは最高のコンビネーション、というか、当時マルシンは社名を丸真ダイカスト工業といい、中田商店ブランドのモデルガンのほとんどを下請け生産していた。
つまりあのアンクルガンは紛う方なきマルシン製品だったのだ。
だから同じDNAのマルシン製ABSモデルガンにロジックさんが手作りしたグリップが似合わないはずがない。
ロジックHPの画像を見ると、40ン年前のモデルガンをめぐる大人たちの喧騒と、その成り行きを不安に駆られて見守るしかなかった少年時代が蘇るのだった。
a0077842_15461830.jpg
ロジックHPの詳細画像ページはこちら→http://www.logic.ne.jp/p38mrnaka/
by tomenosuke_2006 | 2011-07-27 15:48 | ムカシモチャ
SDCC 2011限定モチャ、近日到着、その2。
ただし定価で購入し、プロフィットをオンし、ときにはeBay相場を見ながら値段を言ってくるから、けっして安くはない。
それでもバイヤーさんに頼るっきゃないのよ、MADの8-inch Zombie Robber Dunnyのブラック版とJesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンディス)のBandito Muerto(バンデット・ムエルト)、こちらもモノトーン。
恐れ多くてここでプライスを口にするのもはばかれる、気になる方は右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_1514368.jpg

▲8-inch Zombie Robber Dunny Black by Mad

a0077842_157342.jpg

▲ Bandito Muerto by Jesse Hernandez


by tomenosuke_2006 | 2011-07-27 15:30 | kidrobot 新製品情報