<   2011年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧
今夜24時からのkidrobotモチャ発売について。
8人のアーティストによるスウォッチと3インチ・ダニーのセットや、ホアック・ジーのゴールド・ライフ・ダニーなど、商品の種類でいうとぜんぶで11、それがきょうの真夜中24時にいっきに発売となる。
けれど留之助オンライン入荷新着情報の更新は店主がチマチマやるんで、24時ジャストに一斉発売なんてことは絶対にムリ。
そこでお約束がございます。
a0077842_183652.jpg


こちらの画像はスウォッチと8インチ・ダニーのセット
Swatch Club Watch and 8-inch Dunny by Kozik


いまリストしてある下から順に、つまりSwatch and 3-inch Dunny by Kozikを皮切りに、上へと順番に、およそ1分間隔で発売していきます。
ので、最後はGold Life Kabuki & Kitsune by Huck Geeとなり、発売は24時10分ごろになりそうです。
それぞれ専用ご注文フォームを用意しました、ではのちほど、お会いましょう。


by tomenosuke_2006 | 2011-08-31 18:43 | 商店入荷新着情報
Luke ChuehのWhite in Black、緊急予約受付開始。
ちょうど去年のいまごろ予約を受け付けたLuke ChuehBlack in White
覚えてますよね、ルーク・チューの絵画そのままの、黒ウサギ(ソフビ製)が白ウサギのヌイグルミをまとった怖かわいい8インチ・フィギュア。
ドキッとする出刃包丁のアクセサリー付きで、何を考えているのか予断を許さない狂気の作家らしいオブジェモチャだった。
で、1年前、いずれはその逆の白ウサギが黒ウサギのヌイグルミを着けたバージョンのWhite in Blackが出るだろうと半分冗談で思っていたら、本当に出ちゃったよ。
黄色の目の黒ウサギよりも、白ウサギに赤目という自然な組み合わせの方がドスが利いている。
鼻っ柱を黒くペインとしたのも表情にメリハリがついてよい。
ちなみに黒のヌイグルミ前面のチャックはお腹のあたりまで下がるけれど、脱がすことは不可。
またヌイグルミの頭には芯が詰められ、ソフビの頭とすげ替えて真っ黒なヌイグルミのウサギに仕立てることも可。
ま、前作を知っている人には余計な話だけれど。
そうだ前作を紹介した際、言いそびれてたことがひとつ。
ルークの絵を立体化したのはDave Pressler(デイブ・プレスラー)という業界きっての彫刻家で、ウサギと同じMUNKY KINGからAngry Clobber Monkey(アングリー・クロバー・モンキー=怒りの鉄拳猿)を発表したあの彼なのだった。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/15349998/
a0077842_034383.jpg
Based on the negative of the original painting, Black in White by Luke Chueh and sculpted by Dave Pressler.
Comes with extra fur head that you can swap out with the bare one and a really sharp knife (not for kids!)
by tomenosuke_2006 | 2011-08-30 00:26 | 商店入荷新着情報
第4のSketchbotはスタイラスペンを持ったイエローグリーン。
お絵描きロボットSketchbotの新色が出るたび、作者Steve Talkowski(スティーブン・タルコウスキー)について同じ説明をしているような。
1996年にアメリカで公開されながら日本では配給されずじまい、去年12月にやっとTV放映された傑作コメディ『ジョーズ・アパートメント』のCGアニメーターで、1998年のアカデミー最優秀短編アニメ賞を受賞した『バニー』にもクレジットされている。
そんなスティーブンが本業のかたわら創作したオブジェモチャがスケッチボットなのだ。
去年のNYCC 2010と直後のDCon 2010でも彼としばらく立ち話をしたけれど、『ジョーズ・アパートメント』でゴキブリにバスビー・バークレーなみのミュージカルを演じさせただけあって、ユーモアに満ちた好人物だった。
で、オレンジ、ブルー、ピンクと続いたスケッチボットの第4の新色は半透明仕様のイエローグリーン。
お絵描きアクセサリーもバージョンごとに鉛筆、筆、ペンと持ち替えながら、今度はCGアニメ必携のスタイラスペンが付属する。
4作中、睨みをきかしたいちばんの細目の身長5インチ(13センチ)、300個限定で予価¥3,675(税込)、9月中旬入荷の予定だ。
a0077842_0434990.jpg
Brooklyn based artist & animator, Steve Talkowski, is proud to announce the launch of the fourth variant of his flagship designer vinyl character, Sketchbot!
Sporting a popping, semi-translucent green tint and limited to 300 pieces - it comes packaged with a unique stylus accessory and matching sticker. Measures 5 inches tall with 6 points of articulation.

More: スケッチボット・イエローグリーンの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-08-29 00:47 | イマモチャ
Jon Burgermanが描き下ろした6インチのJinny。
Jinnyといっても、当ブログで名前が上がるのはこれがはじめてである。
最近のヒット作でいったらGoogle Android 2Dunny 2011のような3Dキャンバス・タイプのミニフィギュア・シリーズで、去年創業したばかりのUKのメーカーBitbot Toysのデビュー作だ。
8種類のフィギュアで構成され、1ケースにブラインドボックス12個入り、もっとも少ないレシオで1/24ということは、2ケース買えばほぼコンプリートできる入門編的内容、ただし留之助では取り扱いを見合わせた。
先述のグーグル・アンドロイドダニーや、けっこう入れこんだBic Buddy Atirst series 1のような作者の顔ぶれに華やかさがなく、デザインもヒネリに欠けていたからだった。



けれども、今度のジニーだけは例外だ。
留之助ではテスト販売で終わってしまった(iPodに屈してしまった)MP3プレーヤーのMUGOBlow Up Dolls series 3、もちろんUK DunnyやフランスのARTOYZElements Alpha Seriesでも大活躍の、つまり名だたる3Dキャンバス・シリーズすべてを制覇したUKの落書き作家Jon Burgerman(ジョン・バーガーマン)が、新たに企画された6インチ(15センチ)サイズのジニーを、いつもの即興的タッチでデザインしたのだ。
2.5インチ(6センチちょい)のミニ・シリーズでは表現しきれないゴチャゴチャっとしたスキン、塗料がまだ乾いてなさそうなライブ感、これぞバーガーマン節全開の傑作なんである。
Jinny Bigtop(ジニー・ビッグトップ)、500個限定、予価¥6,300(税込)、今週あたり入荷するはずだ。
a0077842_1212349.jpg
Bitbots is very excited to officially announce Jinny Bigtop by Jon Burgerman! The new 6" Jinny will be released 1st September 2011. This release is limited to 500 pieces worldwide. We hope you love the design of this amazing Jinny.

More: ジニー・ビッグトップのパッケージ・グラフィックはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-08-28 21:10 | イマモチャ
Erick Scarecrow、100番目の新作Upchuck予約受付中。
ゲボする道化師Upchuckが、Erick Scarecrowの通算100番目のクリエーションなんだってね、おめでとう。
アプチャック(5.5インチ=14センチ)とDoll Vomit(ドール・ヴァーミット=人形が混ざったゲボ=3.5インチ=9センチ)の手染めレジン・フィギュアの2点セット、10個限定。
東部標準時8月31日正午にはじまるEST TOY - eBay Storeでの発売に先駆け、予約を受け付けます。
ご希望の方はいまのうちに右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_038838.jpg
と、我らがエリックは、ただいま9月末に開店5周年を迎える留之助の記念フィギュアを鋭意製作中だ。
2008年12月に留之助エクスクルーシブとしてデビューし、その後、数々のカラーウェイが発表されて世界中のコレクターを虜にしながら、2010年12月にこれまた当店のエクスクルーシブとして惜しまれつつもシリーズの幕を閉じたあのスーパ・マリアの、跡目を継ぐべくデザインされた姉妹キャラ。
話題騒然の予感、続報をおまちください。
a0077842_23114113.jpg
Erick Scarecrow has reached 100 toys released. That first one was Erick's Liberty vinyl figure, and number 100 is the upcoming Upchuck resin piece.
by tomenosuke_2006 | 2011-08-28 00:19 | イマモチャ
留ブラPRO、限定黒モデル、月刊GUNレビュー。
月刊GUNの11月号でポリス・モデルをご紹介いただきました。
a0077842_11154088.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-08-27 11:17 | 留之助ブラスター
留ブラPRO、限定黒モデル、Package Art by Aiko。
NYを拠点にアーティスト/デザイナー/キュレイターとしてグローバルかつボーダーレスに活躍しているLady Aikoによるポリス・モデル専用パッケージ・アート。
前作のヒーロー・モデル用アートをモノトーンに置き換え、BLASTERの文字はシルバーの箔押しにした。
巧妙なステンシル、ストリート・アートの香り、このカオスな雰囲気がたまりません。
オール・ブラックのポリス・モデル発売に合わせて、アイコさん作のレジン・スカルプチャーLady Butterfly Black ver.(10個限定)も近日発売の予定だ。
現在帰国中の彼女に9月1日、飛騨高山へお越しいただき、ラメ入りブラックに仕上がったレディ・バタフライを入念にチェックしてもらう。
ということで、お会いするのがとっても楽しみなのだ。
a0077842_10534720.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-08-27 11:02 | 留之助ブラスター
留ブラPRO、限定黒モデル、発売詳細。
留之助ブラスターPROポリス・モデル(通称・黒モデル)限定300挺の発売日が決まりました。
9月3日(土)午前11時より、ハリウッド・コレクターズ・ギャラリーの店頭とオンラインでのみ、お求めいただけます。
オンラインからのご注文は、ハリコレのトップページから該当ページへ進んでいただくか、右の"Blaster 留ブラ"のバナーの先、ポリス・モデルのフライヤーの下に貼られる"ご注文ページへ"のリンクボタンをクリックしてください。
a0077842_2316125.jpg

ハリウッド・コレクターズ・ギャラリー
住所/〒154-0002 東京都世田谷区下馬6-18-8
電話/03-3414-6857
地図/Googleマップ


by tomenosuke_2006 | 2011-08-26 23:32 | 留之助ブラスター
もーちょいお待ちを、大人のママゴト・セットのO-No Sashimi。
日本の生食文化の犠牲になってきた魚類たちに弔いのオブジェモチャを、と思ったかどうかは知らないけれど、変な生き物作家Andrew Bell(アンドリュー・ベル)がO-No Sushi(オー・ノー・スシ)に続き、今度はO-No Sashimi(オー・ノー・サシミ)を料理した。
サシミは彼のイラスト・シリーズNever Look Back(ネバー・ルック・バック=けっして振り返らないで)の見事な3Dアダプテーション、大胆輪切りの姿造りなのだ。
で、近日、留之助に大漁陸揚げされるのはグリーンのレギュラー版で、交換可能な目ん玉2セットと着脱自在のヒレがひとつがい付属する。
と、みなさんにはとくに目ん玉にご注目いただきたい。
自分の立場っていうか、空気がぜんぜん読めない頼りなげな上目遣いと、完全にあきらめきった流し目、魚にも喜怒哀楽やら波乱の人生があるのだった。
という意味で、このモチャは稀に見る大人のママゴト・セットなんである。
a0077842_262447.jpg
11インチ(28センチ)x 8インチ(20センチ)の透明フタ付きトレーに盛りつけられての出荷、予価¥3,675(税込)。
そうそう、並行輸入のご依頼をいただきましたブルーのSDCC 2011限定と、レッドのSTGCC 2011限定の各サシミがグリーンより一足先に届きそう、入荷しましたら榎本店長より早々にご連絡させていただきます。
a0077842_2245139.jpg


More: ブルーとレッドのオー・ノー・サシミ画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-08-26 02:37 | イマモチャ
ひさしぶり、Gary Basemanの新作モチャは風船Tobyなのだ。
お馴染みLAのThe Loyal Subjectsから突然の吉報。
あのTobyがInflatable Toy(インファタブル=風船)になって帰ってくるのだ。
あのトビーって、どのトビーかっていうと、2005年のGary Baseman(ゲイリー・ベースマン)の個展『For the Love of Toby』でその奇怪な姿を現し、記念にCritterbox(現在活動休止中のホット・チャチャチャのメーカー)が本革製のヌイグルミに仕立てて200個だけ会場で販売した幻のトビーのことなんである。
a0077842_1105036.jpg
今度のトビーは四つん這いだし、見た目、馬乗りできそうだし、正式名称がToby’s Wild Ride(トビーのワイルド・ライド)だし、だからといってロディ感覚で小さい子どもにあたえちゃダメだよ。
あくまでも大人のヌイグルミ風船、ま、適度にやさしくしてあげた方が末永く付き合えるってもんでしょう。
前足から頭のてっぺんまで36インチ(92センチ)、鼻の先からシッポの先まで同じく36インチ(92センチ)の巨大さがよい。
予価¥8,400(税込)、9月のうちには届くはず。
a0077842_11311347.jpg


More: 風船トビーの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-08-25 11:37 | イマモチャ