<   2012年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
BLUECANVASの最新12号、入荷
説明不要のスーパー・アート誌最新号の入荷である。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/18033767/
a0077842_0204978.jpg
参加アーティスト / Featured Artists:
Erin Anderson, Liz Brizzi, Alla Bartoshchuk, Elliot Brown, Kevin Chen, Casey Childs, Hilary Clay, Alejandro Fuentes, Anthony Granato, Ivan Green, Michael Harris, Larissa Kulik, Austin McCormick, Artstudio Norarts, Tran Nguyen, Lorella Paleni, Serena Potter, Stephen Remick, Van Saro, Lauren E. Simonutti, Simon Taylor, Jeffro Uitto, Daniel J. Valadez, Michael Ward, Donalee Peden Wesley.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-27 23:59 | 書店入荷新着情報
留之助限定Cap Duck Mouse、進捗
Shon作Cap Duck Mouse(キャップ・ダック・マウス)12個限定、完成。
a0077842_9521454.jpg
Cap Duck Mouse by Shon was completed!

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-05-26 23:59 | 留之助限定モチャ
留之助限定TB no.7、とっくに入荷しているのだけれど
留之助限定トラブルボーイ・ナンバー7・ドリフター、6月16日深夜24時発売決定、価格は¥13,500(税込)。
a0077842_23404121.jpg
Tomenosuke Exclusive Trouble Boy #7 DRIFTER will be released on June 16th, midnight JST for US$150.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-25 23:59 | 留之助限定モチャ
半年待った甲斐あり、Skin Deep 5-inch Smorkin' Labbit
色やスキンが変わるだけで、革新的なスモーキンラビットになかなか会えず、いくぶん食傷気味だったファンのみなさん、特別なラビットの登場だ。
去年11月のDCon 2011で抽選販売され、めでたく当選するも、展示品以外は後日発送するといわれ到着を心待ちにしていたScott Wilkowski(スコット・ウィルコウスキー)作のSkin Deepシリーズの、中でもいちばん人気だった5-inch Smorkin' Labbitがようやく届いたのだ。
解剖学的に精巧かどうかはどーでもよい、ウサギのかなりリアルな感じの骨格化石風が透明レジンのボディにSkin Deep(スキン・ディープ=皮一重)で見事に収まる。
ソリッド・レジンゆえのズッシリ感で手応え十分、有史前のスモーキンラビットを思わせてロマンさえ漂うのだった。
a0077842_918245.jpg
作者のスコット・ウィルコウスキーは、SideshowをはじめMcFarlane ToysやDisneyやSanrio製品を数多く手がけるウィスコンシン在の彫刻家である。
3年前のDCon 2009ではじめてスキン・ディープのカスタム・フィギュアを発表すると一躍注目を集め、その後JAMUNGOとコラボしてBUD版をSDCC 2010と2011で売り出し大ヒットさせた。
とはいってもあくまでも量産困難な手作り、このスモーキンラビットもたったの25個限定で、こうして売り出されるなんて奇跡なんである。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_9183956.jpg
Scott Wilkowski the creator of Skin Deep is a Wisconsin-based artist and sculptor. He perfected the process he used to produce Skin Deep for The Custom Yoka Show, which premiered at Designer Con in 2009. His piece was the first to sell and was so popular it became a special edition with new pieces showing and selling out at each of the seven stops on The Custom Yoka Show US gallery tour. The pieces he created as a collaboration with designer toy creator JAMUNGO for San Diego Comic-Con in 2010 and 2011 were also instant sell-outs. We will release very limited number of Skin Deep 5-inch Smorkin' Labbit at our online store soon.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-25 23:59 | 商店入荷新着情報
最後のカラーウェイのGipper Reagan Bustも入荷
Kozik画伯のパッケージ・グラフィックがまたよい。
a0077842_22501665.jpg
3DRetro限定のゴールドがGipper Reagan Bust(ギッパー・リーガン・バスト)の最初のカラーウエイなら、こちらは最後の一般小売店向けオレンジ版。
途中、ピンクやレッドやカッパーなど色々出たけれど、〆はコジックのプライベート・ブランドULTRAVIOLENCEっぽいオレンジで納得なのだ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/18076240/
a0077842_22481778.jpg
This orange colorway was made for the retailers, but it is the same edition size as a store exclusive.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-24 23:59 | 商店入荷新着情報
3DRetroモチャは忘れたころにやって来る
おいおい、これをつぶさに紹介したのは2月24日のポストだったぞ、しかも即入荷しそうな話をしたものだ。
が、あまりに入荷が遅くって、そのうち忘れちゃったじゃないか。
LAの友好店3DRetro限定のGipper Reagan Bust in Gold(ギッパー・リーガン・バスト・イン・ゴールド)がいまごろ届いた。
B級ハリウッド映画の元俳優であり、1980年代に君臨した第40代アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンのライフサイズ・バスト・スタチュー。
"DESTROY"のプレートは取り外し可能で、下には人の良さそうなつぶらな瞳が隠れていたのだった。
大胆な原型彫刻はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンデッド・チェのBrin Berliner(ブリン・バーリナー)だから間違いない。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/18075757/
a0077842_21483398.jpg
I talked about the 3DRetro Exclusive Gipper Reagan Bust in Gold three months ago and I almost forgot it. Sometimes 3DRetro toys strike when we lose our memory of the previous one.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-23 23:59 | 商店入荷新着情報
留之助限定TB no.7、ファクトリー・ファイル
去年10月19日、工場(ThreeA/Threezero)との連絡役も務めるFerg(ファーグ)からBrandt Peters(ブラント・ピータース)を介して届けられた初期のファクトリー・ファイルである。
FERGいわく、tanto knifeとeye patchの仕様については、まだ検討中だということだった。
a0077842_8233226.jpg
I received the the factory file for Trouble Boy #7 DRIFTER from Ferg through Brandt Peters with a short memo by Brandt on October 19, 2011. "FERG told us they are still working on the new elements we have planned (tanto knife and eye patch)".
by tomenosuke_2006 | 2012-05-22 23:59 | 留之助限定モチャ
Ayaさん、ご来店
帰国ついでに、飛騨高山まで遊びにいらしたAya Kakeda(アヤ・カケダ)さんである。
胸の白いキャラは留之助のために年末完成予定のセラミック製フィギュア、ボックス君の手作りブローチ版で、店主と榎本店長、それぞれ微妙に異なる子をひとつずつおみやげにいただいた。
んで、ソフビ・フィギュアや展覧会のことなど、留之助プロデュースでできそうなこと、いろいろ楽しい話をしたのだった。
a0077842_22444034.jpg
NY based artist Aya Kakeda came out to Hida-Takayama to visit while she was back in the country. The white character on her jacket is the brooch version of a hand-made ceramic figure “Box-kun” which is going to be ready for us by the end of the year. She brought it as a souvenir. We enjoyed talking over a variety of things I might be able to produce, including toys and exhibitions.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-21 23:59 | 留之助商店計画
これはデカ過ぎでしょう
パリのArtoyzソロショー好評開催中のEmilio Garcia(エミリオ・ガルシア)から面白い画像が届いた。
スーパービッグな怪物ジャンピング・ブレイン。
室内で飼うのはムリ、屋外でも簡単に跳び越されないよう、相当高い柵のある場所じゃなきゃ。

ところでArtoyzで展示即売中の作品のお取り寄せが可能です。
ご希望の方は右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_20275419.jpg
This super big Jumping Brain is the latest work of Emilio Garcia's. It is impossible to breed it in our home.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-20 20:34 | イマモチャ
留之助限定TB no.7のYakuzaたる所以
Trouble Boy #7 DRIFTER(トラブルボーイ・ナンバー7・ドリフター)の準備段階のころ、Brandt Peters(ブラント・ピータース)とフィギュアに付属させる"Yakuza"のシンボル・アクセサリーについて話し合った。
そのひとつが"tanto knife"、つまり業界用語でいうところの"ドス"だった。
また、最終的に割愛されたものもあった。
Brandtのコンセプト画にも描かれているバッジである。
有名な組織の本物のバッジの画像を参考用に送ったが、くれぐれも実在のバッジを連想するようなデザインだけは避けてくれと頼んだものだった。
が、最終的に割愛されて、内心、ほっとした。
「君子危うきに近寄らず」というでしょ。
一方、ブラントは早い段階から"tatoo"のアイディアを持っていた。
今度のトラブルボーイの特別な点は、服の下に潜む全身を覆うブラント・タッチとでもいうべきタトゥーなのだ。
下の画像が、2011年7月7日に彼から届いた最初のタトゥー・レイアウトである。
a0077842_18421041.jpg
At the preparatory stage of the Trouble Boy #7 DRIFTER, I talked about the symbol accessories of the Yakuza with Brandt Peters. One of them was “tanto knife” that comes along with the Mac11. However, some of the ideas were finally omitted. One example was a badge which was drawn on the concept art of Brandt's. I sent him a picture of real badges which is famous as a symbol of Japanese syndicates; however, I told him that our design should not be associated with the real one. Finally the idea was not adopted, so honestly I was a little bit relieved. It was just like ”Better safe than sorry.”
On the other hand, Brandt had a tattoo idea from the early stage. The special point of the Trouble Boy this time is the hidden tattoo covering the whole body under the clothes presented by so-called Brandt’s specialty touch. The above image is the first tattoo layout sent from Brandt on July 7, 2011.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-20 18:56 | 留之助限定モチャ