<   2013年 10月 ( 41 )   > この月の画像一覧
留ブラ・ラバーガン、あとはヘッダーカードが届くのを待つだけ
Jakob Stærmose(ジェイコブ・シュテルモーセ)デザインのフライヤーも上がり、着々と準備が進んでいる。
工場からは検品済みの良品のみが10個単位で届けられ、ヘッダーカードが刷り上がり次第、まずは50個を発売予定。
価格は¥14,700(税込)、発売の詳しい日時は改めて。
a0077842_18403037.jpg
We will deliver Tomenosuke Blaster Rubber Gun to local collectors only. However it will be sold to foreign buyers via Hollywood Collectors Gallery in late December.
by tomenosuke_2006 | 2013-10-30 18:48 | 留之助ブラスター
Flying FortressのSDCC 2013限定Bodega、来る
先きごろ10個だけ売り出されたkaNO Bodega (Grape Drink)のAP版、もちろん店主は買いましたよ。
そのkaNOのイラストがプリントされたkaNO Online Shop限定オリジナル・グレープ・ボッデガはいまも入手可だ。
で、入手困難と思われていたのがドイツ・ミュンヘン在のグラフィティ・アーティストFlying Fortress(フライング・フォートレス)がお腹のイラストを提供したSDCC 2013限定Bodega(Blue)100個限定。
それが僅かだけれど入荷するのだ。
NYのメーカーBic Plastics版ボッデガをブラッシュアップさせた、より完成度の高いkaNOのこのセルフプロダクション版については、2013-05-20のポストを参照いただきたい。
a0077842_187536.jpg
Back by popular demand! kaNO's Bodega toy makes a triumphant return. Completely retooled, the new Bodega features a clearer body, an all new swivel head, and more secure packaging then the previous release. This collaboration features art power house Flying Fortress. Bodega has 5 points of articulation and stands at 5", comes equipped with brass knuckles and a box cutter.
a0077842_1834789.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-30 18:23 | イマモチャ
今度はK2-D2、好きにやってくれっていう感じ、でも惹かれる
Keikotrooperではじまったホンコンのアート・フィギュア・メーカーFools Paradiseのケイコ変身シリーズもこれで第4弾となる。
にしてもK3KOの出荷を待たずにK2-D2の予約販売を開始するって、ちょっと気が早過ぎるんじゃないかと思いきや、1ヵ月間限定ながら、その間に注文した人には必ず行き渡る受注生産だからなんだって。
ただし留之助への入荷は12個に決定済み。
素材はレジン、仕上げはハンドペイント、メーカーの発表によるとフィギュアは30cm high(高さ30センチ)。
だけれど下の画像の後方に見えるK3KOがジャスト30センチなので、K2-D2の場合は身長(もし直立したら)のことだと解釈した方がよさそうだ。
入荷は2014年3月ごろになる見込み、これより予約を受け付ける。
ちなみにメーカーによると、K3KOはクリスマスまでには必ず出荷されるということなので、予約されたみなさんはいましばらくのご辛抱を。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_1141482.jpg
K2-D2 will be produce to order as they are all handcrafted art pieces and limited / 30cm high / K2-D2 will be shipped on 2th Quarter of 2014.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-30 16:48 | イマモチャ
本家TUG製モーゼル・アンクルカービン完成、購入希望者募る
a0077842_17582452.jpg
すっかりナポソロアンクルガンネタから遠ざかっていたけれど、リメイク映画版 "The Man from U.N.C.L.E." は紆余曲折のすえ、"マン・オブ・スティール" のスーパーマン俳優ヘンリー・カヴィル主演で撮影中だし、じつはモーゼル・M1914ベースのアンクルカービンがTUG(TheUncleGun.Comの新名称)の主宰者であり、アンクルガン・オーソリティのBrad Ferguson(ブラッド・ファーガソン)氏によって完成していたのだった。
映画についてはカヴィルのアゴがロバート・ボーンそっくりな点や、時代設定が1960年代ということで大いに期待していたのだけれど、カヴィル・ソロのスーツ姿を見ていささか意気消沈してしまった。
あの時代の、ソロやイリヤの、だけじゃない、ビートルズやショーン・コネリー・ボンドのスリムな着こなしとは打って変わって、やや太めの仕立てが現代的過ぎるんだもの。
アンクルガンだってどうなることやら、気が気でない。
ならブラッドさんのモーゼル・アンクルカービンのリメーク版はというと、こっちはやっぱりスゴイわ。
ベースのM1914は実銃をモールド、グリップも現存するオリジナルのふたつのうちのひとつを使った完全なキャストなのだ。
下の画像はつい数日前に抜かれた第1ロット12セットのうちのひとつで、まだ湯口をトリミングするまえの状態。
で、留之助がその半分の6セットを日本のコレクターのために確保した。
興味津々の方は、右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_2136416.jpg
モーゼル・アンクルカービンについては下のタグ "モーゼル・アンクルカービン" から過去のポストを参照ください。
a0077842_2221383.jpg
Brad Ferguson, number one authority in the world for the U.N.C.L.E. gun just finished the perfect replica of Mausers M1914 based U.N.C.L.E. carbine. The grip on the pistol was molded off one of the 2 original Mausers used on "The Man From U.N.C.L.E." series. The pistol was molded off a real Mauser of the same type as the original. He has made over 20 different molds in his effort to make these look as accurate as possible. These are a combination of plastic and metal, like his plastic P-38 carbine is.
by tomenosuke_2006 | 2013-10-28 22:21 | プロップ
Frankenstein Duck、ハロウィンの夜、予約受付開始
作者Shonからの要請で、10月30日の深夜零時、正確には29日の深夜24時にあのフランケンダックの予約を受け付けるることになった。
製作数はぜんぶで13個、内、留之助が7個、1日遅れてShonのオンラインショップで6個が売り出される。
プライスは同じ、4,500TWD=15,000JYN。
お見逃しなく。
a0077842_11304653.jpg
We will take the pre-order of Frankenstein Duck on Halloween night at here.
by tomenosuke_2006 | 2013-10-28 11:48 | 商店入荷新着情報
近日入荷のSergey Safonov作品2種
ロシアのヒーリングモチャ作家Sergey Safonov(セルゲイ・サフォノフ)のフラープスに次ぐ"ポーセリン作品第2弾"と、これまでレジン素材で極少数しか提供されなかったムーン・ワンダラーズの主力キャラの"普及版"がそろって入荷する。
前者はゴドーのスカル。
長さ22センチ x 高さ15cmという迫力サイズで、もちろんセルゲイが彫刻、名をThe end of the manという。
つまり、少年時代のコーラス・ボーイ・ゴドー、成長し紳士になったゴドー、そしてこれ、シリーズを締めくくる変わり果てたゴドーなのである。
a0077842_12554140.jpg
Here’s the final part of the Godot toy series — The end of the Man. We’ve seen him as a boy, we’ve met him as an aging man, and with this release it’s time to say goodbye. It’s more of a sclptural piece than a toy, size of the figure is 22 by 15 cm (9x6 in) which makes it almost a life size piece. The figure made of unglazed bisque porcelain.

後者はホンコンのメーカーCrazy LabelプロデュースによるMoon Fox(ムーン・フォックス)のプラモデル。
半透けブラックのMoonlight(ムーンライト)版と不透明ホワイトのCloudwhite(クラウドホワイト)版が用意され、それぞれ組立て解説書、ステッカー、コミックブックなどが付属する。
と、The Story of a Paper Moonという無料アプリをiTunesでDLいただけたら、セルゲイのヒーリング作家たる所以やら、ムーン・フォックスの謂われなどがますますご理解いただけるだろう。→https://itunes.apple.com/us/app/the-story-of-a-paper-moon/id671507237?mt=8
a0077842_0263587.jpg
a0077842_0264230.jpg
Sergey Safonov's first production piece – a Moon Fox model kit. Produced by Crazy Label, it’s a pretty accurate representation of my 2010 release, everyone’s favorite Moon Fox.
Making it a model kit was another level of fun. They carefully assembled all the little elements we loved in model kits – logos on the sprue, assembly guide, stickers (GID stars and moon), little story comic book and put it into this release.
by tomenosuke_2006 | 2013-10-27 00:37 | イマモチャ
最新kidrobot black、発売
ヴァイナル製にしては値が張るけれど、それもそのはず妥協皆無で製造原価には糸目もつけず、生産数をグッと抑えるからさらにコストは跳ね上がる。
そう、多少フトコロにゆとりがあって、真に欲しい人だけがそのアーティスティックでレアな作品を存分に味わえばよいのだ。
みたいなコンセプトで作られるのが、旬なロウブロウ・アーティストを起用して年に1、2度リリースされる特別なオブジェモチャ・シリーズ、kidrobot black。
これぞ業界のリーディング・カンパニーkidrobotの面目躍如たるところなのである。
で、おかげさまでこれからはkidrobot blackも留之助に直接配給してもらえることになったというわけ、じつによろこばしい。
Craww(クロウ)のMurder(マーダー=殺人)、高さ305ミリ、200個限定。
a0077842_15382317.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21243544/
a0077842_15384180.jpg
解説 / クロウの芸術(本家ブログより)
あなたはその忘れがたい美に気づいたばかりかもしれないし、何年も前からその作品を追いかけているかもしれない。しかし、いまや誰もがCrawwのアートに気づいた。
イギリス、シェフィールドのこの独学の芸術家で常習的な落書き屋は、長年にわたって描きまくり、膨大な量のインクを消費してきた。空想、音楽、コミック、 自然、ジン、それに活発すぎるくらいの創造力から得たインスピレーションを使って、Crawwは暗くすばらしい場所についての美しく、忘れがたく幽玄的な作品を、絵の具や鉛筆を使って、またデジタル処理を利用して描き出す。
その作品は、落胆し悲嘆に暮れた、痛みが顔に表れた繊細でもろい姿を描き出し、動物や不気味なイメージがまとわりついていることがよくある。Crawwの暗く心を乱す作品は、想像のなかで見つけた秘密のストーリーと、変貌し続けるキャラクターたちの曖昧なつながりを探求するものであり、それゆえ彼のメランコリックな少女たちが髑髏(されこうべ)や烏に従順に服従しているのをしばしば目にすることになるのだ。それらの姿には、見る者を惹きつけ、言葉を奪いとり呆然とさせるところがある。
a0077842_15504163.jpg
The Art of Craww
You may have just noticed the haunting beauty or have been following his work for years, but the art of  Craww is now on everyone’s radar.
Based in Sheffield, England this self-taught artist and habitual doodler, has been painting and spilling copious amounts of ink for years. Using inspiration from daydreams, music, comics, nature, gin and an overactive imagination, Craww paints, pencils, and digitally depicts beautiful, haunting, and ethereal works of dark and wondrous places.
Often, his work depicts a delicate frail form with despondent and heartbroken pain on their face entwined with that of an animal or macabre image. Craww’s dark and disturbing works explore the secret stories and ambiguous connections of a constantly evolving cast of characters found in his imagination which is why many times we see his melancholic girls gently subdued with a skull or crow. The figures have a way of seducing you in and leaving you speechless and haunted.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-26 16:00 | kidrobot 新製品情報
今度のハロウィンはFrankenstein Duckだって
ハロウィン・バージョンっていうのなら、ハロウィン(10月31日)までには完成させてほしいものだけれど、Shonの場合はハロウィンのころから作りはじめる。
なので完成は11月下旬だったら御の字だ。
13個限定製作のうちの6個を留之助で発売、入荷日が確実になり次第、予約受付の予定でいる。
そうそう、これは暗闇で怪しく光るGID仕様、とりあえず画像でフランケンダックの雰囲気だけでもご覧あれ。
a0077842_11571353.jpg
This one's name is Frankenstein Duck for Halloween. Creator Shon will send us 6 of a total of 13 in late November...I believe.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-26 12:27 | イマモチャ
HI-FRUCTOSE vol.29、発売中
a0077842_9503990.jpg
Eric Fortuneの魔物な絵が表紙を飾るニュー・コンテンポラリ−・アート・マガジンHI-FRUCTOSE最新刊の恒例のプレビューである。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/20876177/

今号もまた別版のスケッチブックのオマケ付き、その特別な16ページは女流画家Femke Hiemstraによる幻想的な石墨画の数々だ。
さらにストリートパフォーマーOlekの多様な作品をはじめ、今年7月から創作の拠点をアメリカ・ウィスコンシン州マディソンに移した超細密画家池田学や、長野美術専門学校でイラストレーション講座の講師も務める下田ひかりといった日本人アーティストの傑作も網羅され、じっくりたっぷり楽しめるのだった。
a0077842_1057579.jpg
↑ Olek
a0077842_10573355.jpg
↑ Femke Hiemstra sketchbook insert

This issue features a beautiful cover by the amazing Eric Fortune and a very special 16 page Sketchbook insert by Femke Hiemstra, featuring beautiful reproductions of her graphite work. This issue also includes an extensive feature on instilation/street artist Olek, the hyper detailed works of Ikeda Manubu, new paintings from Jennybird Alcantara, Japanese artist Hikari Shimoda, painter Kehinde Wiley, the book sculptures of Georgia Russell, the ink drawings of Ken Garduno and Mexican street/gallery artist Curiot. Plus, multi-page reviews on the new Mark Dean Veca book and more!

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-26 11:07 | 書店入荷新着情報
留ブラ・ラバーガン、近日発売、続報を待て!
下の画像は留ブラ・ラバーガンのB5版フライヤー。
いまではすっかり留ブラ専属アーティストのJakob Stærmose(ジェイコブ・シュテルモーセ)作。
a0077842_22401918.jpg
This flyer was designed by Jakob Stærmose.
by tomenosuke_2006 | 2013-10-26 08:44 | 留之助ブラスター