<   2014年 03月 ( 60 )   > この月の画像一覧
『ドラゴンスレイヤー』のヴァーミスラックス、予約承ります
解説はこちら→http://tenshu53.exblog.jp/19610307/
ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21836418/
a0077842_1814370.jpg
We are now taking pre-order at here.
by tomenosuke_2006 | 2014-03-30 06:55 | 商店入荷新着情報
『宇宙戦争』の火星人、小物も上出来
下の画像は『宇宙戦争』の火星人のジオラマ・ベースに飾る小物の数々である。
けっして壊れて届いたわけじゃないよ。
a0077842_1358777.jpg
で、よく見ると緑色のミニチュア本の表紙には、当然のTHE WAR OF THE WORLD(=宇宙戦争)の文字が。
さらに茶色の本にはTO SERVE MANとあるけれど、これ、1959年にはじまった大ヒットTVシリ−ズ『Twilight Zone(=ミステリー・ゾーン)』の第89話『人類に供す』の原題なのだった。
どんな話だったかというと・・・

大きな頭の宇宙人が地球を訪れ、様々な恩恵をもたらす。
戦争、病気、飢餓がなくなり、軍隊は解体され、人類は平和で満ち足りた生活を手に入れる。
じつは宇宙人が訪れたばかりのころ、彼らが落とした本があった。
彼らの真意を量りかねていた人類は翻訳チームを編成し、その本の解読に当たり、なんとか題名だけは判明する。
TO SERVE MAN=人類に供す(人類おもてなし読本)。
その本は宇宙人が人間と接する際のガイドブックだと見なされ、翻訳チームは解散するが、その一員であり主人公の友人だけは密かに仕事を続ける。
やがて人類は宇宙人から彼らの母星へ招待されることになり、主人公もそのうちのひとりに選ばれる。
そして出発の日、いままさに宇宙船に乗り込もうとする主人公のもとに、友人が血相を変えてやって来る。
「あの本の1ページ目が解読出来た。題名の"To Serve"は"もてなす"という意味なんかじゃないんだ。"人を食卓に乗せる"が正しのだ。つまりクッキングブックなんだよ!」
逃げようとする主人公。
しかし宇宙人に拒まれ、宇宙船に積み込まれたその他の"食材"ともに遥か彼方の星へと出荷されていくのである。

とまぁ、『宇宙戦争』とはまた別のよくできた地球侵略ストーリーであり、『盗まれた街』に匹敵する後味の悪さが忘れられないのだった。
芸が細かいメーカーのPegasus Hobbiesに座布団3枚!

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21812484/
a0077842_1741087.jpg
This is a corner of Sci-Fi Classic Toys of Tomenosuke-syoten. Two miniature books "THE WAR OF THE WORLD" and "TO SERVE MAN" are included in a Martian Figure.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-03-29 17:12 | Sci-Fi Classicモチャ
Christopher LeeのSF新作発売
白のStandard(スタンダード=28個限定のうちの4個)、オレンジのNautical Explorer Variant (ナーティカル・エクスプローラー=8個限定のうちの2個)、ウェザリング仕上げのMunicipal Services Variant(ミニシパル・サービス=8個限定のうちの2個)。
待望のChristopher Lee(クリストファー・リー)作、Freeman Robotics - U-23(フリーマン・ロボティクス - U-23)が到着した。
a0077842_8123451.jpg
ハンドメードの頂上クォリティとでもいおうか。
中でもミニシパル・サービスは、異なる色の塗料を重ね塗りして、針やドリルでそれを削るチッピングという手法で汚れが表現されたひときわ目を引く傑作、Three Aを超えんばかりの完成度である。
コンプリート・コレクターのためにひと組だけ3個セットをご用意、あとは単品で発売する。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Freeman%20Robotics/
a0077842_946717.jpg
Standard in white (4 of the limited 28 pieces), Nautical Explorer Variant in orange (2 of the limited 8 pieces), and the weathering-finished Municipal Services Variant (2 of the limited 8 pieces) — Freeman Robotics - U-23, a series of Christopher Lee’s challenging works of art, has arrived.
They may be called handicrafts of the top quality. Among them, Municipal Services Variant is a masterpiece on which stains are expressed using a technique called chipping, in which paints of different colors are applied repeatedly and scraped with a needle or a drill. It is completed at a level virtually exceeding Three A.
a0077842_9454387.jpg
a0077842_9455767.jpg

by tomenosuke_2006 | 2014-03-29 10:47 | 商店入荷新着情報
ことのほか美味なHint Mint発売
口の中で転がしながら徐々に溶けていくのを楽しむのが本当の味わい方なんだろうけれど、ついガリッとやっちゃうんだようね、店主の場合は。
のど飴とかフリスクとかヒントミントを無意識のうちにガリガリ砕いて食べちゃう派は、余分にお求めください。
2014-03-13のポストでご案内したGlenn Barr (グレン・バール)デザインのブリキ容器入りヒントミント3種が入荷で発売開始だ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21833240/
a0077842_6562623.jpg
On sale now at here! Hint Mint Artist Series by Glenn Barr!!
by tomenosuke_2006 | 2014-03-29 06:58 | 商店入荷新着情報
Mayari Red 3-inch Dunny、きょう午前11時
kidrobot本家限定Mayari Red 3-inch Dunny(マヤリ・レッド・3インチ・ダニー)のお届けは1週間後になります。
ご了承ください。
a0077842_7214919.jpg
Available Today 11AM JST.
by tomenosuke_2006 | 2014-03-28 07:24 | kidrobot 新製品情報
Mayari Black 3-inch Dunny、あす午前11時
手根管症候群の細密絵師 Otto Bjornik(オットー・ビョーニク)作のMayari 3-inch Dunny(マヤリ・3インチ・ダニー)の発売が目前に迫って来た。
で、ウチのような公認小売店向けのブラック版とkidrobot本家限定レッド版とのバンドルセットもご用意します。
が、レッド版はあくまでも平行輸入価格となりますので、そこんところをご承知おきくださいまし。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Otto%20Bjornik/
a0077842_20353064.jpg
A beautiful deity, Mayari is both character and myth. Wearing a crown and royal ruff, this 3-inch lunar queen comes to life with a fine line style that mimics artist Otto Bjornik’s intricate pen and ink drawings.
by tomenosuke_2006 | 2014-03-27 20:43 | kidrobot 新製品情報
どうだ、いいだろう? ミクロバスの原型だぞ!
あやさんデザインのミクロバスの原型、ほぼ完成だ。
あとは車輪の取り付け方法について、オビツ製作所のアドバイスを仰ぐのみ。
けっこう早く完成するかも。
a0077842_16231497.jpg
a0077842_16232231.jpg
Isn't that amazing!? The original model of the Micro Bus which Aya designed was almost completed. I will ask for advice on how to install the wheel to Obitsu Plastic Manufacturing Co. later.
by tomenosuke_2006 | 2014-03-27 16:51 | 留之助オリジナルモチャ
入荷遅過ぎのMEGA Android他、発売
メーカー直送のkidrobotモチャ以外、当店はよく輸送コストを抑えるため、アメリカ各地のディストリビューターやアーティストからの荷物をいったんオレゴンの倉庫に集め、まとめて日本へ送るようにしている。
なので、あるモチャの到着を待って、すでに入庫済みのモチャをそのまま倉庫に留めておくことがある。
今回の場合、前者が予約販売で売り切れたThe Last Knight(ザ・ラスト・ナイト)であり、後者の倉庫で待ちぼうけをくっていたのがMEGA Android(メガ・アンドロイド)、どちらもAndrew Bell(アンドリュー・ベル)モチャだった。
ならメガ・アンドロイドも予約販売すればいいのにと思われそうだけれど、こちらのモチャは日本のいろんな小売店から販売されるのが分かっていたから、当店の納期が遅れたりしたら予約された人を失望させかねない。
というわけでいまに至ったのである。
その他、当ブログで紹介済みのLaugh Now(ラフ・ナウ)、Evel Fett Red(イーブル・フェット・レッド)、MAD-L Phase4(マッドエル・フェーズ4)も留之助オンライン入荷新着情報に並べるのでよろしく。
a0077842_1234337.jpg
Sorry for the delay sales.
by tomenosuke_2006 | 2014-03-27 12:45 | 商店入荷新着情報
悪竜ヴァーミスラックス
こんなモチャが作られていたとは知らなかった。
1981年のSFXファンタジー『ドラゴンスレイヤー』の悪竜ヴァーミスラックスのことである。
さっそく発注かけた。
ヴァーミスラックスといえば『スキャナーズ』(1981年)のオープニングで頭を爆発させたり、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)のクライマックスで次々にナチを溶解させた類い希な才能の持ち主、そして『グレムリン』(1984年)のいたずらなモンスターたちの生みの親 Chris Walas(クリス・ウェイラス)を思い出さずにはいられない。

I didn’t know such a toy had been produced. That’s "Dragonslayer"'s Vermithrax. I ordered it right away.
It strongly reminds me of Chris Walas, the man with exceptional talent who exploded the head at "Scanners" opening and dissolved Nazis one after another at "Raiders of the Lost Ark" climax, and he is the genius who designed naughty little monsters of "Gremlins".
a0077842_1852242.jpg
▲▼クリスの家にて。
@ Residence of a Chris Walas's in northern California at early 1980's. photos by Shinji Nakako.
a0077842_18521850.jpg
まだ私が独身のころ、リック・ベイカーからクリスを紹介された。
優秀な者ほど激務を強いられるILMを飛び出して、そのまま北カルフォルニアに自身のワークショップを開設したばかりのクリスは、ひさしぶりにハリウッドの旧友を訪ねていたのだった。
私の(最初の)新婚旅行はクリスの家に招かれて、どれだけ遊んでもらったことか。
どの部屋にも彼が作ったモンスター・マスクが並べられ、リビングの暖炉の上には威風堂々とヴァーミスラックスのハンドマペットが飾られていた。
そう、クリスこそはゴーモーションのドラゴン・モデルを彫刻し、さらに複雑なメカニズムのハンドマペットを創り上げたマイ・ヒーローなのだった。

When I was still single, Rick Baker introduced me to Chris. Chris had left LIM, where talented individuals had to suffer hard work, and just started his own workshop in northern California. He was visiting his old friend of Hollywood for the first time in a long while.
I was invited to Chris’s home in northern California for my (first) honeymoon, and I had a tremendous time playing with him.
Every room was crammed with monster masks he created, and Vermithrax hand mappet was stately sitting on the fireplace of the living room. That’s right. Chris is my hero, who sculpted go-motion Dragon model and created hand mappet with further complex mechanism.
a0077842_1933539.jpg
あの時、ハンドマペットを見上げながら欲しくてたまらない欲求を必死に抑えた私は、いまこのモチャでなんとか満たされそうな気がする。
ドラマチックな構図、精密な仕上げ、『宇宙戦争』の火星人と同じPegasus Hobbies製と知り、ますます期待は高まる。
ちなみにクリスの家を離れる日、彼から譲り受けた『ギャラクシーナ』(1980年)のエリアン・マスクや『おかしなおかしな石器人』(1981年)の雪男のマスクはいまも我が家で元気にしている。

With this new toy, I feel like I can finally satisfy that urge that I felt back then, looking up at Chris' hand mappet desperately trying to suppress the feeling that I had to own it. Its dramatic structure, exquisite craftsmanship, and knowing it was made by the same Pegasus Hobbies that made "War of the Worlds" Martian figure, have pushed my expectations up even higher.
By the way, on the day that I left Chris' house, he presented me with several alien masks of “Galaxina” and the Bighoot mask of “Caveman”. Of course, they're still happily living at my house even today.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-03-26 18:55 | Sci-Fi Classicモチャ
正式名はPumpkin Fuzzlethumps
Chris Ryniak(クリス・ライニャック)が自分のいちばん好きなオレンジ色で仕上げたパンプキン・ファズルサムプス。
目玉が入ると、さらに愛嬌が増す。
4月中旬の発売をお楽しみに。
a0077842_18103367.jpg
Chris Ryniak's Fuzzlethumps was completed with his most favorite color. It is released in the middle of April. Don't miss it!
by tomenosuke_2006 | 2014-03-26 18:19 | 留之助限定モチャ