こーいうのは、いかがです?
ゴリラズのフィギュアがよく売れてます。
10月に入荷したCMYKエディションは最初の入荷分が完売となり、その後も問い合わせが相次いで、いま最終追加分8セットの入荷待ちといったところです。
カラーリングとパッケージ・デザインが異なる先週入荷したばかりのWHITEエディションも、ヤフオクに出品するたび希望落札価格(送料サービス)で落ちていきます。
こちらは追加入荷の予定なし、残り僅少です。
ゴリラズのネームバリューのなせるワザといったところでしょうか。
ひきかえ、ホアック・ジー作のキッドロボット君やダレク作のアイスボットの売れ行きスローなのが、ちょっとさびしいかなぁ。
銭勘定じゃなくって、この子たちの良さがなかなか分かってもらえないようで。
ゴリラズあたりをきっかけに→留之助商店得意のデザイナーズトイの世界に触れ→興味をお持ちいただいて→しまいには抜けられないところまでいってもらう。
これって、まだまだ夢のまた夢?
なら、この際だ、きょうはさらにもっと微妙なフィギュアを紹介しちゃうぞ。
a0077842_17545770.jpg
a0077842_175603.jpg
1964年から数年間、アメリカのMARX-TOYから発売された“0011ナポレオン・ソロ”(MFU=The Man From U.N.C.L.E.)のフィギュアです。
硬質ビニール製で高さ約14センチ(は、48分の1のプラモタンクと同スケールのミニソルジャーの3倍強のサイズ)。
同時期のシンクレアの恐竜フィギュアといい、これといい、小さすぎないところがじつに店主の好みを突いてます。
写真左のナポソロと右のイリクリのほかにも、レオ・G・キャロル演じたウェバリー課長(オヤッさん)をはじめ、スラッシュ・エージェント3人、シカゴギャング5人が発売されました。
特徴をうまくとらえた造型といい、手にした小道具の的確な作り込み具合といい、申し分なしです。
もちろんスラッシュ・エージェントのひとりはスラッシュ・ライフルをかまえてる。
しかし40年もまえのモノだけに、完品を探し出すのは至難のわざです。
やっと見つけたと思ったら、イリヤが手にしたアンクル・カービンやスラッシュ・ライフルの先っちょがモゲちゃってたり。
かわりに、子供の歯形がいたるところに。
そうなんです、歯が抜け代わるころの成長期の子供には、ほどよい大きさと歯ごたえを合わせ持つ硬質ビニール製のこのオモチャ、噛みつきたくなるくらい愛らしかったんでしょう。
んで、これの何が微妙かというと、ワルサーP38アンクルタイプを追求している硬派なMFUファンにはオモチャすぎて、これといってこだわりたくなるような特色もなく、しからばイマモチャのフィギュア・ファンにはというと、年齢的にも何のことだか分かるまい。
つまりまたしても誰が買うとも知れない不良在庫がいっぱいあるということ?
でも、とりあえず宣伝しておきます。
アンクル・エージェント3点セットが20500円、スラッシュ・エージェント3点セットが18900円、シカゴギャング5点セットが31500円也。
もし先っちょがないスラッシュ・ライフルを持ったのとか、サイレンサーが食べられてなくなったアンクル・カービンのイリヤでもいいから、噛んでみたいという人はお申し出ください。
送料ご負担いただければ差し上げます。
とりあえず店主も試したヤツですが、きちんと洗って送ります。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-21 17:40 | ムカシモチャ
留之助ホームページの入荷新着情報について。
新商品が気になる方は、たまに入荷新着情報をチェックしてみてください。
追加や価格改定など、けっこうヒンパンにやってます。
ハードカバー本“I AM PLASTIC”を値下げしました。
アメリカから取り寄せたときの送料を計算ミスって高く上乗せしてました。
ヤフオクへ新商品の一部を出品してますが、ホームページからの注文やお店での販売を優先していますので、在庫が少なくなってきますとヤフオクへの出品を取りやめることもあります。
とりあえず、ご報告まで。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-20 19:13 | 留之助商店計画
コジックの新作、スモーキンウンチです。
a0077842_21585333.jpg
管理が煩雑になりがちな細かいオモチャはなるべくお店に置かないようにしてるんですが、こればっかりは注文入れちゃいました。
コジックの新作SHO-PO PLOPS (=ウンチ、チャッポン)という名のスモーキンウンチです。
いわゆる開けてみるまで中身が分からないブラインドボックス入りで、気になる色ツヤは写真の5色に20分の1のシークレットを足したぜんぶで6種類。
盛り上がり具合は、およそ2インチ(5センチ)。
臭いは、フツー。
このスモーキンウンチの何が店主をその気にさせたかというと、じつはキッドロボットの10インチ・スモーキンラビットにぴったりのケールでできている点。
a0077842_2251147.jpg
上の写真のような飾り方が楽しめます。
8インチのスモーキンダニーにもフィットするかどうか、今週末の入荷を待って確認したいと思います。
1個=850円、20個入りカートン(6種類コンプできます)=16400円で発売の予定です。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-19 22:08 | イマモチャ
続報・ドン・ガバチョ・ダニー
昨夜は名古屋レインボーホールでクラプトンに盛り上がったあと、“プラダを着た悪魔”を観るという満腹の週末を過ごさせていただきました。
榎本店長、留守番ありがとね。
で、就寝まえ、いつものようにあっちゃこっちゃのオモチャ・サイトをチェックすると、おや?、ポール・スミスのダンディ・ダニー改めドン・ガバチョ・ダニーの8インチがキッドロボットのオンラインショップに。
なんと11月24日金曜日午前11時(NY時間)から、少数限定ながら注文を受け付けるんだと。
特約店への卸しはなく、お値段は85ドル、日本のポール・スミスの方が安い。
店主は何がなんでもポール・スミスの青山SPACEへ行く。
行ってキッドロボットにはない3インチ・ドン・ガバチョとTシャツのセットを買う。
お店で、どんなふうにダニーが飾られるのかも見てみたいし。
きょうのお昼、その青山SPACEのショップマネージャーから電話があり、上の方から取り置き禁止のお達しがあったと教えられる。
ただし店主はお達しまえの問い合わせだったため、特別にオッケーだと。
ありがとうございます。
厚手な生地の、濃い色合いのラフなジャケットがありましたら、それもいっしょに購入させていただきますのでよろしく。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-19 20:57 | イマモチャ
ポール・スミスのダニーですよ、絶対いい。
コラボがオハコのベアブリックとは一線を画すのが、ダニーの慎しみ深さである。
ソーソー始終コラボらない。
最初が2005年、NYのチャイルド・ショップヨヤマートと出したブラウン・ダニー。
たった600個限定で、ヨヤマートとキッドロボットで半分ずつ販売し、あっという間にソールドアウトになった(もちろん当店に在庫あり)。
今年のはじめ、ベルリンの携帯電話メーカーがコラボで出したセルフォン・ダニーはゴールドが333個、シルバーが222個限定で、手書きのナンバリング入り。
やっかいなことにキッドロボットでの取り扱いはなく、ドイツ国内だけで販売され、手に入れるのに苦労した(2個ずつ在庫あり)。
まぁ、ダニーに関しては日本でいちばんの苦労人と信じてやまない店主だが、コラボ・ダニーの第3弾、1000個限定のポール・スミス版は、ちょいとしくじっちゃったわ。
a0077842_2343136.jpg
セルフォン・ダニー同様、キッドロボットでの取り扱いはなく(アナウンスもなく)、ポール・スミスのみでの販売。
イギリス、アメリカ、ホンコンで発売初日にソールドアウトになったと聞いて、あわてて名古屋高島屋のポール・スミスに問い合わせるといまいち要領を得ず、なんとはなしに日本では出ないものと思い込んじゃって、eBayで高いの落札した。
で、そのあと念のためポール・スミス・ジャパンに電話を入れると、もうじき日本でも発売されるんだと。
しかも店主が落札した半額以下で。
ポール・スミス・デザインのこのダンディ・ダニー(店主はドン・ガバチョ・ダニーと呼ぶことにします)の8インチ版(上の写真)単体が8400円、3インチ版とTシャツのセットが10000円。
日本での販売数は未確認だが、とりあえず東京は渋谷店、渋谷JEANS SHOP、青山SPACEで。
その他、仙台、京都、福岡の合計6個所の路面店で来週11月25日土曜日に発売される。
もちろん店主、当日は富山空港から羽田へ出て、青山のSPACEへ行くつもり。
8インチはすでに3個取り置きをお願いしたが、Tシャツは種類があるらしく、見て買いたい。
開店早々のSPACEでダニーを3つ買ってうれしそうにしている変なオヤジを見たら、それは店主のことです。
帰りの飛行機まで時間ありそうなので、お茶でもごいっしょにいかかです?
ぜひ、声をかけてくださいね。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-18 00:02 | イマモチャ
留之助ホームページ更新情報
じつにささいな更新ですが、トップページからWEIRAD AND UNUSUAL その他、変で普通でないモノへとたどっていただけましたら、その変で普通でないモノの最初のページがご覧になれます。
とりあえずどんな品物構成になるかぐらいは、ご想像いただけるかと思います。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-17 13:55 | 留之助商店計画
超SF映画ついでに。
a0077842_1555633.jpgきのうのコメントに、ヨヤマート・ブラウン・ダニーをお買い求めいただいたお客さまから拙著“超SF映画”についてご質問が。
ありがとうございます。
謹んでお答えします。
思えばむかしむかし、はるかかなたの(でもないけれど1980年の夏)世田谷区三軒茶屋で“超SF映画”は生まれました。
明治大学SF研究会の菊島、大沼、杉本という三傑SFマニアを助手に、およそ6カ月でものにした450ページ。
映画が誕生したばかりの1897年から1980年5月21日アメリカ公開された“スター・ウォーズ/帝国の逆襲”に至る外国SF映画のすべて(全900作品)を、日本未公開作品も含めて、製作国公開年度順、同一年度原題アルファベット順に並べた事典みたいなものです。
使用した図版は1000点以上あったかと。
長年かけて集めたスチルやポスターなどのコレクションを使い、当時としては資料的価値の高い内容に仕上がったと思います。
印税と引き換えに何十冊も本著をもらって、それを担いでLAに移住、映画の取材に持参しては名刺代わりに使いました。
どこの馬の骨とも知れない若造が、この本のおかげでいっきに信用され、次なる興味・・・SFXの取材に大いに役立ったのです。
で、ついでというか、ひとつ面白い話を。
当時、セクシーロボットを描き始めたばかりの空山基さんの作品に一目惚れして、店主自らカバー装画をお願いしたわけですが、アートディレクター川島進さんのワザも冴えて最高の装丁本になりました。
ハリウッドでも、内容はともかく、表紙だけは必ず褒めてもらったものです。
スピルバーグ、ジョン・ブアマン、リドリー・スコット、若かりし日のジェームス・キャメロン・・・お褒めいただいた方の名前をあげたら枚挙にいとまがありません(ちょっと大袈裟?)。
1984年のある日、友達付合いしていたロブ・ボーティンが電話をかけてきました。
“ハウリング”(1981年)で画期的な狼男の変身シーンを作り、“遊星からの物体X”(1982年)で好き放題やった天才スペシャル・メーキャップ・アーティストです。
いま企画中のロボットのオマワリが主人公の映画に、君の本の表紙絵を描いたイラストレーターを起用したいと思うんだけれど、紹介してくれないか。
じつに面白い申し出で、すぐさま日本の空山さんに連絡を入れると、オレ、英語からっきしダメだし、ま、テキトーに断っといてよ。
それを聞いて残念がるロブでしたが、結局は彼がデザインもこなし、生まれたのがあのロボコップだったのです。
いわれてみればセクシーロボットとよく似てるでしょ。
目の辺りのスリット具合といい、オシドリ夫婦な感じがしませんか。
“超SF映画”がなかったら、あんなにかっこいいロボコップは生まれてなかったかも(とっても大袈裟?)。
店主、ですからロボコップには格別な思い入れがあり、1987年の映画公開以降、商品化されたほとんどのロボコップモノはシャンプーボトルも含めいろいろ集め、恐ろしく在庫してます。
最近またロボコップのリバイバルなんでしょうか、マクファーレン、NECA、HOT TOYSが競って精巧なフィギュアを発表。
もはや衝動にかられて仕入れ続けてます。
留之助商店のウリはデザイナーズトイだけではないということ、ついでに言っておかないと在庫がたまる一方で・・・。
a0077842_2339367.jpg

左から当店在庫のマクファーレン版ジオラマベース付き12インチ、NECAの存在感たっぷり18インチ、香港Hot Toysの物凄いディテーリングの12インチです。Hot Toysからは今度フライトパックを装備した“3”のロボコップが出ます。待ちきれません。



見てください、フライトパック装備のロボコップ
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-16 23:45 | TV・映画・ビデオ
バクレツさん、ありがとう。
ワルサーP38アンクルタイプ(ハンドガン)のカスタムメイドで有名なバクレツパイナップルさんが、やってくれました。
マルゼンP38ガスブローバックエアーガン対応のアンクルタイプ・ロングマガジン(下の写真)の製作を開始されたんですよ。
これでロジックさんのパーツといっしょに組み上げれば世界で最初のガスブローバックするアンクルカービンの出来上がりです。
a0077842_9194517.jpg

アメリカのU.N.C.L.E. Gun.Comもマルゼン用のロングマガジン(下の写真)を作ってますが、こちらは外見だけのダミー。
手にしてほくそ笑み、飾って満足するアメリカ式の価値観に基づく製品で、じつは1年近くまえに受注しながら、まだ製品化できてません。
a0077842_9215672.jpg
バクレツさんのロングマガジンは延長部分にマルイ製の“作るモデルガンキットP38”のマガジンを応用し、両サイドのマガジンホールからは内部のスプリングが見えるという凝りようです。
ガス注入用のロングアダプターと、ガスボンベのノズルにかぶせる逆噴射防止用オーリングが付属して、仕上げはマットブラック塗装。
詳しくはバクレツさんのホームページをご覧ください。
これが届いたらお店にアンクルカービンを1セット、出そうかと思います。

a0077842_9533475.jpg

上の写真は店主の書庫から苦労して見つけ出した米誌Popular Scienceの1965年12月号の記事のスキャン。ナポソロの珍発明品(クレイジーガジェット)が真面目な科学雑誌に紹介されました。今度はリアルなスラッシュライフルが欲しいなぁ、個人的に。どなたかCMCのM1かM2カービン・ベースに作っていただけませんでしょうか。


# by tomenosuke_2006 | 2006-11-15 10:00 | プロップ
留之助ホームページ更新情報
やっとデザイナーズトイキッドロボット君のページをアップしました。
ぜんぶで21点、かわいいですよ。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-15 07:32 | 留之助商店計画
お約束のファースト・インプレッション。
確かに送料かかるはずだよ。
このサイズ(25.5cm×30cm)、このページ数(360ページ)、じつに重い。
風呂場の体重計に載せてみると、2.5kgときた。
キッドロボットから出た世界のデザイナーズトイを紹介した本“I AM PLASTIC”。
よっこらしょと持ち上げて、彷彿とするものが。
そう、店主がまだボーヤだった26年まえに作った本超SF映画が似たようなサイズで、ページ数は90多い450ページ。
ただし紙質がキメの細かいグラビア用ではなかったから、重さで250グラム負けた。
ま、勝ち負けの問題ではなくて、キッドロボットのポール・バドニッツが編纂した本について、お約束のファースト・インプレッションだ。
a0077842_142153.jpg
ひとことでいうならこの本は、書名どおりのプラスチックな内容である。
なら拙著はブリキほど古臭くはないけれど、いいとこセルロイド止まりか。
映画のフィルムにはセルロイドが使われていることだし、いまほどデジタルではなかった時代の映画本ということでピッタリの例えかもしれない。
ひきかえ“I AM PLASTIC”はプラスチック=デジタル時代の申し子バドニッツ(キドロボット創業まえの彼は原子力発電所安全解析プログラム用のコードを書くほどコンピュータに精通していた)による、もっとも新しいオモチャ=プラスチック製デザイナーズトイの興隆(本の副題“the designer toy explosion”にならって“爆発”というべきか)を、大量の写真と最小限度の文字情報で表現した刺激そのものである。
a0077842_143489.jpg
全ページがキリヌキ写真の一見無秩序な羅列。
実物を知らないかぎり、それらデザイナーズトイのサイズは分からない(が、プラスチックの質感は誰もが知っている)。
本著は説くことを目的とせず、周知の素材を糸口に、スケール無視で縮小拡大した写真を頼りにデザイナーズトイのありようを感じさせんとする実験的な試みであり、それ自体がアートだと見た。
アーティストへのインタビューが巻末に掲載されているが、会話というよりはアンケート調査の結果を見るよう。
しかしその記号的な言葉の交換が、また、らしいところでもある。
バドニッツは序文の冒頭でポップアートのカリスマ、アンディ・ウォーホルのこんな言葉を引用している。
「みんなプラスチックさ、でもぼくはプラスチックが大好き。ぼくはプラスチックになりたいんだ」
書名“アイ・アム・プラスチック”は、だから現代ポップカルチャーの最前線にいるバドニッツのマニフェスト。
デザイナーズトイという山の頂に立った男の自信に満ちた声なのだろう。

店主、先週末から下呂市の別荘にいて“I AM PLASTIC”を手にするまえ、ひさしぶりにウォーホルの“ぼくの哲学”でも読み返そうかと書庫から持ち出して来ていた。
だからどーしたってこともないけれど。
a0077842_3314141.jpg
店長、さっそく“I AM PLASTIC”をヤフオクに出した。
7200円の希望落札価格はバカ高な送料のことを考えれば、しょうがないか。
“超SF映画”は7800円だったけれど、値段では店主の勝ち?
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-14 04:07 | 書店入荷新着情報