ロケット時代の雑誌でございます。
a0077842_0232620.jpg
トム・ウルフのニュージャーナリズム“ライトスタッフ”のとおり、またはフィリップ・カウフマン監督の同名映画版を観れば一目瞭然でしょ。
1960年代といえば、宇宙開拓の熱狂時代。
ペンシル型の飛行装置は、20世紀のカウボーイが馬代わりに操る当代切ってのアイコンだったんだよね、ロケットさん。
そういう時代だもの、どちらかっていうと怪奇モンスター博士のアッカーマン様が宇宙モノに手を染めたってしかたないわけね(売れるときに売る、これが生活のための処世術、資本経済に生きる者の心得ってもんです、ねっ、店長)。
SPACEMENの内容は表紙に謳ってあるように、世界で唯一の宇宙映画雑誌。
古今東西のあらゆるSF映画&TVから宇宙ネタをぜんぶ集めて料理した、いわゆるアッカーマン・レシピー。
よーは、ごった煮です。
それくらいのことはMONSTER WORLDの表紙見たってわかるよね、蛇女のドアップの横にバットマンとロビンだもの。
こっそり教えちゃうけど、SPACEMENのある号ではキングコング対ゴジラを何ページにもわたって特集しているし。
けれど、廃刊直前に出た1965 YEARBOOK(右上)の表紙絵だけは文句のつけようがありません。
はっきりいって子供にはもったいなさすぎ。
タイトルはSpacemen of Distinction(特別扱いの宇宙飛行士)とあり、本当のミス・ユニバースたちに囲まれてご満悦の宇宙野郎を描いてる。
アーティストはWally Wood=ウォーリー・ウッド(1928〜1981)。
1950年代、パルプマガジンの挿し絵画家としてスタートし、SF・ファンタジー・ホラー・ハードボイルド・エロチックと、いろんなジャンルの絵を描いてきた。
店主と同い年で非業の死を遂げたという彼を、アメリカのある評論家は世界で2番目に最高のコミックアーティストと呼んでいる。
店主、ウォーリー・ウッドについて、この機会にもうちょっと勉強してみたくなりました。

a0077842_2381995.jpg

Amazonで↑見つけたんで1-Clickしたよ。


# by tomenosuke_2006 | 2006-12-24 02:49 | ムカシモチャ
こんなのがいっぱいあるわけで。
留之助商店オープンしたての9月末だったか、10月のはじめかにお会いしたきり、あとは店長を介してヨロシク言い合ってた常連のロケットさんと、もうひとり、店主でさえ見逃してそうな極B級映画&和製ソフビの発掘人、中谷さんが、そろってお店に集まるって聞いたから出かけて行きました、先週の日曜(12月17日)の昼下がり。
楽しく盛り上がり、客足が途絶えた瞬間ねらって早々にお店を閉めると、みんなで店主行きつけの喫茶店ドン(ここから“Shopping・お買い物方法”のリンクボタンをクリックしてもらえれば、そのうちコジックの暗黒ダニーが睨みをきかす老舗喫茶店の店内が見られます)へリングを移し、延長戦にもつれこんだのでした。
フォレスト・J・アッカーマンの、通称アッカーマンションへ何度も遊びに通った話から、氏が編集長の雑誌FAMOUS MONSTERSに話題がおよんで、あげくは店主の下呂市の別荘の書庫に眠るお宝雑誌について。
中でも同じアッカーマンが1960年代に編纂したSPACEMENとMONSTER WORLD、前者は9号、後者は10号続いただけで廃刊になった幻のSFホラー姉妹誌を、いまもコンプで持ってるって言ったら、ふたりともググッと身を乗り出したんだよね。
そう、どんな表紙かって聞かれて、今度ブログで紹介する約束してたの、思い出しました。
なわけだから、まずは中谷さん系?のMONSTER WORLDでメリークリスマス。
a0077842_20332131.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2006-12-23 22:38 | ムカシモチャ
ベースマン・ファンさん、しばらくお待ちを。
a0077842_1544714.jpg

a0077842_93833100.jpgゲイリー・ベースマンが創り出したキャラの中でも、とくにイタズラ小僧なのがホット・チャチャチャ。
お問い合わせいただいたコアなベースマン・ファンさん、ご安心ください。
メーカーに直接かけあって、ツバつけときましたから。
留之助商店が、いちばんに仕入れます。
が、まだ生産前で発売日は未定。
新しい動きがあれば、即、ご報告いたします。
いましばらく、お待ちのほどを。
ところでベースマン・ファンさんならご存知でしょうが、250枚限定のこんなポスターも在庫してます。
# by tomenosuke_2006 | 2006-12-23 01:59 | イマモチャ
ヒューブレー・オートマチックです。
さぁ、興味のある人は下の写真をクリック拡大して見てちょーだい。
店主が中学生の時、月刊少年情報誌ボーイズライフの広告見て取り寄せた上野アメ横「堀内商店」のカタログだよ。
中央上の2丁、マテルのファンナーとスナブノーズについては、ずいぶんまえにちょこっと触れたよね。
で、今回はアメリカのHUBLEY=ヒューブレーのオートマチックについて。
a0077842_22343420.jpg
むかしむかし、旅行カバンから銀色のピストルを取り出しながら「これはな、日本でニセモノが作られるくらい有名で、ホンモノは数が少なく、なかなか手に入らんオートマチックコルトなんだよ」と、もったいぶる父の言葉をいまでもはっきりと覚えている。
残念ながら、父のおみやげのヒューブレー・オートマチックは百連発の巻火薬で撃ちまくり倒して、いつの間にかなくなってしまったけれど、スナブノーズ同様、アメリカ住まいしていた1980年代にアンティック・ショップで本革製のガンベルトとセットになったの見つけて大事にしてきた。
a0077842_043693.jpg
このヒューブレー、たま〜にebayにかかることがあるのだけれど、火薬を使うタイプのトイガン(キャップガン)はオークション・ポリシーで海外発送が禁止されてるから、指をくわえてながめるだけ。
ながめながら、父のニセモノという言葉を曲解したために、大物を買い逃してしまったことを思い出したり。
それが堀内商店のカタログの中央中ほど、やや右寄りのコルト・コマンダーとPベレッタなんだな。
じつはこれ、あとになって知ったんだけれど、モデルガン・メーカーの老舗MGCが自社オリジナルを製造販売するまえの時代、ヒューブレー・オートマチックを使ってカスタムメイドしたという極上品で、けっしてニセモノなんかじゃなかった。
が、父の言葉の真意が分からなかったもんだから、コルト・コマンダーとPベレッタを無視しちゃったと。
実際はMGCがカスタム用にヒューブレー・オートマチックを買い占めたみたいで品薄となり、東京下町のオモチャ工場がコピーを作ったという話を、これまたあとになって聞いた。
スガモモデルとかいう名前だったように思うのだけれど、まちがってたらゴメン、それが父の言ってたニセモノだった。
とにかく店主はそのむかし、日本に輸入されMGCに買い占められずにすんだ本当にレアなヒューブレー・オートマチックで遊んだ数少ない少年だったのだよ。(だから?)

じっくりヒューブレー・オートマチック。
# by tomenosuke_2006 | 2006-12-23 01:18 | ムカシモチャ
特許庁より商標登録を認める旨の商標登録査定が電子通知されました。
今年7月に店名の“留之助商店”と当店の取扱商品を総称する造語“オブジェモチャ”のふたつについて、ネットで見つけた特許事務所の先生にお願いして商標登録出願の手続きをとってもらった。
費用はナンやカヤで2件分合計147,000円。
開店前で何かと出費のかさむときに、けっこう追い討ちかけられた感じだったね。
詳しくは7月10日のブログ7月12日のブログにあるとおり。
そんとき、店名のイワレを書くついでに、↓のキャラのレッドバージョンの写真を使ったんだけど、分かる人には分かるよね、アレのアメリカ版だ。
a0077842_1916297.jpg
そしてつい先日、同じ事務所の先生からメールが。
サブジェクトは、カッコ「特許庁より商標登録を認める旨の商標登録査定が電子通知されました」カッコトジ、マル。
ドキッだね。
いつかこの日がくることは分かってたし、費用も商標登録出願時より高くなることも無論。
けれどねぇ、いま留之助商店は最初の年末を迎え、これまたいろいろ出費がかさんでアップアップだというのに、またしてもの追い討ち請求。
払いましたよ、いわれるままに372,000円。

・・・・・・・・・・・・・・・・レレッ?
書きながら、まえのブログ読み返してみると2度目に支払う商標登録時の費用は2件で208,000円とあるじゃないの。
お願いしてた事務所のHPの料金表も同じ金額だし、これ見ながら商標登録の流れの説明を受けたんだよね、あんとき。
何かの間違いにきまってる、さっそく連絡とって、お金返してもらわなくっちゃ。
なんでもブログネタにする心構が、こうやって余計な出費を食い止める?
とってもいいことじゃぁないですか、ややっこしい詐欺に引っかかったんじゃなければの話だけれど。
# by tomenosuke_2006 | 2006-12-22 20:39 | 留之助商店計画
こんなんがあるんだねぇ。
OFF-WORLD MFGのデスモン・ウィルカーソンから、日本製ブレラン・バッジのセットを送ってくれないかとメールがきた。
ちゃんとURLが添えてあり、見てみると。
驚いたよ。
こんなんが日本で作られていて、それをデスモンが知っている。
さすがというべきか、蛇の道はヘビなんだよね。

警告:この商品はすべて、日本国内用として製作されたものです。
米国内に持ち込む事を禁止します。
米国内に持ち込むと国外退去、禁固、罰金刑等、各州法及び各州警察法で罰せられます。

一応こんなことが書かれているよとメールしておいた。
に〜ぜきさん、これ、持ってます?
もし、なら、どんな品物なのか教えてください。
・・・なんかBBSっぽい。
# by tomenosuke_2006 | 2006-12-22 00:06 | プロップ
アンディ・マウスとレブロン、入荷したよ。
a0077842_21163041.jpg
11月末のブログで紹介したキース・へリングのアンディ・マウスと、12月はじめに紹介したレブロン・ジェームスのNIKE TV-CMフィギュア4点セットがまとめて入荷した。
両方とも海外の有力ショップさんとの奪い合いで、新参者かつ力不足の留之助商店への割り当ては極僅少。
飛ぶように売れるはずないから、かえって助かるわ。
アメリカのディーラーさんの話によると、日本で注文入れたのはいまんとこウチだけだって。
これって日本の先輩同業者さんたちが知らない商品だってこと?
それとも売れないってこと分かってて仕入れないんだろうか?
a0077842_21523667.jpg
どちらにしても店主、ほしいなぁと思う新作モチャはとりあえず入れてみることにしてるんで・・・。
届いたばかりの大きな段ボール開けて、大満足。
はじめて目にするグラフィカルなパッケージに、ますます注文してよかったと思うのでした、とくにアンディ・マウスのウィンドーボックスはアート。
店長、お店の目立つ場所にならべといて。
留之助ホームページの入荷新着情報にもアップしなきゃね。
# by tomenosuke_2006 | 2006-12-21 21:49 | イマモチャ
きょうのミーティングは楽しかった。
きょうは原宿界隈を最新のSクラス・ベンツで案内してもらい、開発中のビルや地上げ交渉中の物件を見て回ったあと、赤坂で楽しくミーティングして戻って来た。
といっても、原宿に留之助商店を出すわけじゃないよ。
東京で地上げ屋さんやってる幼馴染みが、いま建設中の竹下通りのビルのアプローチにユニークで面白い仕掛けができないかって、声かけてくれたんだ。
地上げっていうと、追いたて屋みたいなイメージ持つ人が多いかも。
でもそれは大いなる勘違いというか、無知。
本当は、権利関係が複雑に入り組んだ地域を、絡んだヒモを解きほぐすがごとく、地道に立ち退き交渉しながら買収していく都市開発の専門業者のことをいうんだ。
もちろん立ち退きを希望する人の生活を考えながら手間暇かけて世話もする。
細かな不動産関連の法律に精通し、トラブルなしに土地を買収するプロフェッショナルを地上げ屋さんというのだよ。
幼馴染みはその上、建築基準法にも詳しく、土地を最大限に有効活用するためのあらゆるワザを長い経験から修得している。
才に長けている人と会って感心はしても、スゴイなぁと惚れ惚れすることはめったにない、けれど幼馴染みは希有な後者なんだ、店主にとって。
長年の興味本位な経験に基づく偏った趣味の店主にどんなお手伝いができるか、とにかく面白い宿題を持ち帰ってきたのでした。
# by tomenosuke_2006 | 2006-12-20 01:04 | 留之助商店計画
そろそろロウブロウ・アート。
a0077842_0385187.jpg
ずっと留之助ホームページに載せたいと思ってるんだけど、撮影に自信がないからそのままになってるもの。
それが長年コツコツ集めてきたロウブロウ・アートのコレクションなんだよね。
お店の壁の空いたところに、めいっぱい掛けてるよ。
開店からこっち、約2カ月半で売れたのは3点かな。
多い? 少ない?
ホームページのトップに使ったゲイリー・ベースマンのシルクスクリーンが、遠くからの電話注文で。
あと、ティム・ビスカップのリトグラフ2点セットが店頭販売。
店頭販売って、いい響きだなぁ。
E-MAILや電話でセールスするのと違って、ナマでお客さんの反応が見られる。
TVより舞台で演じる方がいいっていう芸人さんがいるけれど、それとどこか通じるような。
とくにこの世界の品物は、店主、語って売りたい。
けどお店は飛騨高山はキャスパー・ストリートの真ん真ん中。
ネットに頼わざるをえないんだ、残念だけれど。
ただいま額装済みなのがおよそ30点、額装待ちはもっとある。
で、今度のお正月、いとこのカメラマンが帰省ついでにロウブロウ・アート・コレクションをあるだけ撮ってくれることに。
これで1月中にはホームページの“ロウブロウ・アート=教養知性の希薄な芸術作品”のページがなんとかなるメドが立った。
売りにつながればうれしいね。

左上から下へ、ゲイリー・ベースマンの“さみしがり屋クリーミィ”、ティム・ビスカップの“ブロウ・バード・ブロウ”、ホアック・ジーの“おたずね者”。右上から下へ、フランク・コジックの“スモーキンラビット”、デイヴ・ホワイトの“キッドロボット・ナイキ・エアーマックス・ワン”、シオナ・ホンの“ファンタスティック・フライヤー”。


# by tomenosuke_2006 | 2006-12-19 00:56 | ロウブロウアート
コジック・ファンさん、ごめんなさい。
コジックが仕上げたジュマンゴの9インチ・フィギュア、ネイド君だけど、先のブログで希望者を募ったくせに、ごめん、残念な報告しなきゃなんないんだ。
つまり、とっくにソールドアウトになっちゃってたよ。
仕入れたくても、もうムリなんだよね。
アメリカのディーラーさんから話もらったのは11月末。
っていえばOFF-WORLD MFG版のブラスターでバタバタやってたころで、ついネイド君のこと、うっちゃってたよ。
もともと黒が350個、白が70個というジュマンゴらしい少数限定販売。
アメリカ、カナダ、イギリスからオーダーが殺到して、2日でハケちゃったってさ。
店主、アンテナは高いつもりだけれど、まだまだフットワーク足りない、53だもんね。
ことのついでに教えてちょうだい。
日本のアパレル・ブランド、ヒステリック・ミニ用にコジックがデザインしたメカミニ(日本語読みだとメチャミニ)のこと、何でもいいから知りたいです。
a0077842_1657514.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2006-12-18 17:01 | イマモチャ