ネオン集め その1 きっかけ
回想。
1980年、ハリウッド。
数ブロック先にハリウッド・フリーウェイのエントランスが見えるあたり、番地でいえば5800ハリウッド・ブールバード。
マンズチャイニーズ・シアターで始まる映画街の東の端に、PIX(映画の略称)という小さな二番館があった。
白いモルタルでできた1930年代の平屋建て。
ロードショー館から落ちてきた比較的新しい映画が、ここPIXでは1本分の値段で3本楽しめた。
PIXへ出かけるなら照明の灯る夕暮れからときめていた。
昼間の殺風景な外観とは打って変わり、建物全体が宝石の如くきらめき浮かび上がって、入り口のドアをくぐるとき、まるで夢の中へ入っていくような気分にひたれるからだ。
建物の正面中央にそびえる尖頭は孔雀の羽を1枚、大きく拡大して縦に置いたよう。
羽には上から順にP・I・Xの文字と、ピンクやブルーの直線や曲線の幾重もの筋。
尖頭の下に突き出たひさしにも様々な線が縦横に走り、カラフルに波打つ噴水を思わせる。
a0077842_16321398.jpg

この写真は店主がLA在住中の1980年代、
友人のカメラマン都竹晃君がエッセイのカット用に撮影してくれたものです。


すべては昼間、白くて細い線にしか見えない無数のガラス管。
陽が西の海に沈み始めるころ、110ボルトの電流が通されて色づき、発光するのだ。
通称ネオン。
文献による1899年にイギリスで発明され、商業的使用が始まったのは1920年代に入ってからだとか。
アメリカでは1930年代にものすごい勢いで普及した。
とりわけ映画館やデパート、レストランやナイトクラブなどの商業施設が意匠を凝らしたネオンサインを積極的に採り入れ、道行く人たちにアピールしたのだ。
点滅を制御するカムとかドラムと呼ばれる機械を内蔵して、中にはアニメーションのような複雑な動きを見せるものもあった。
1930年代が不況の時代だったということと、ネオンの普及はけっして無関係ではない。
映画でいえば派手なミュージカルや歴史劇が流行ったように、家庭用品でいえば色付きのガラス器や陶磁器がもてはやされたように、カラフルに点滅するネオンは不況の憂いを吹き飛ばしてくれる幻想そのものだった。
一見、シンプルで味気ない低予算の建物も、ひと筋の色付きネオンでトリミングされるだけで、まったく別の豊かな表情に変わる。
たとえばPIX。
夜になるとモルタルの白い壁面さえ、赤や青や緑や黄色のネオンの光を浴びて発色し、その鮮やかさは好景気の1920年代に大金を投じて造られたマンズチャイニーズ・シアターと互角に渡り合える華麗さだった。

ハリウッドにかぎらず、ここ20年ほどの再開発ブームで古い建物は次々に取り壊され、ネオンもまた瓦礫とともに打ち捨てられていった。
PIXはといえば、ご多分にもれず店主がLAを離れた年の1985年に閉館となり、89年に旅行で戻ったときにはブールバードから消えていた。
きっとそのさびしさからだったと思う、かつてアメリカのメインストリートで人々をなごませながら、いまでは忘れられ、打ち捨てられそうになっているネオンを救うことに明け暮れた時期があった。
お店に飾るわけにもいかない大型のネオンサイン・コレクション。
荷物を運び出してゆとりのできた下呂市の倉庫を、近く、ネオン専用のショールームにでもしようかと考えているのだけれど。
とりあえずはこのあと、ネオン集めの栄光と挫折など、気のおもむくまま(不定期)にしたためてみたいと思っている。
つづく。
# by tomenosuke_2006 | 2006-11-02 17:09 | ムカシモチャ
レドラム・ダニーのシークレット版、求む!
ハロウィンに出たばかりのコジック作レドラム・ダニーですが、なんと12分の1の割合でシークレット版が紛れ込んでいることが判明しました。
通常版のバナナではなくて、こっちは本格的にマサカリ握って、目はうつろ。
まぎれもなくジャック・ニコルソンなんです。
後頭部の“All work and no play makes Jack a dull boy=勉強ばっかりで遊ばない子はつまんない子になっちゃうぞ”の文字も効いてます。
覚えてますか? ニコルソンが小説書くふりしてタイプラーターで打ち出した原稿用紙にびっしり書かれてた文字、それが“All work and no play・・・”
で、これからが本題なんですが、当店で購入されたお客さまでシークレット版を射止めたけれど、通常版の方がいいとか、手放してもかまわないと思われる方がいらっしゃいましたら、高額買取させていただきます。
ご連絡、お待ちしております。
a0077842_10344171.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2006-11-01 10:39 | イマモチャ
ヤフオクに出品してみました。
a0077842_17204648.jpgヤフオクに新商品の一部を出品してみました。
これから新しいの、古いの取り混ぜながら、いろんなオブジェモチャを追加していくつもりです。
たまにのぞいてみてください。
# by tomenosuke_2006 | 2006-10-31 17:28 | 留之助商店計画
留之助ホームページのこと。
トップページのデザインを3種類用意、アクセスするたびに絵が変わるようにしました。
中身はあまり進歩してませんが、とりあえずデザイナーズトイのベースマンとビスカップ商品それぞれに値段を入れました。
a0077842_12335632.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2006-10-31 12:34 | 留之助商店計画
大頭(オオアタマ)怪人が好き。
a0077842_6465671.jpgこの場合、頭でっかちという言葉は適当ではない。
理屈っぽいヤツ、生半可な知識をひけらかすヤツ、口先ばかりで行動の伴わないヤツ、そういうヤカラをちょいと小馬鹿にして頭でっかちと呼ぶわけで、頭がからだにくらべてやけに大きく、とっても不釣り合いなヒトのことは、大頭怪人といって区別すべきである。
店主は小学生の昔から大頭怪人が好きだった。
小学4年生のとき、父の背に隠れるようにして観ていた怖〜いテレビ番組空想科学劇場アウターリミッツ
この番組こそ大頭怪人の宝庫であり、子供の店主を大頭フェチにしてくれた張本人なのだった。
これから取り上げるキャラや話の内容はけっこう古臭いが、引用するモチャはそれほどむかし製ではないということで、チョイマモチャのカテゴリで話を進めたいと思う。
さて、どっぷり平和に浸り、無気力になってしまった現代人を憂えるがあまり、科学者がある男を異星からの侵略者に改造して衆目にさらし、社会に喝をあたえようとする。
ずいぶんと強引な計画も子供には説得力に満ちて、はじめは顔にできたデコボコの異変に苦しむ実験台の男が、とうとう肩幅の倍はあるかと思われる大頭の怪人に変身するのを見て、怖い反面、これは我が身を棄ててまで世の中の役に立とうとする人の美談なのだと感動した。
彼に敬意すら抱いてしまった。
アウターリミッツ第3話“ゆがめられた世界統一”。
大頭怪人が好きになる第一歩だった。
そして2週間後の第5話“狂った進化”。
今度は人間の進化を遺伝子操作で模擬実験する科学者が登場し、素朴で学問のない鉱夫を騙してムリヤリ未来人に改造してしまう。
未来人は現代人より手先が器用だから、指は細長く、1本増えて6本になる。
未来人は現代人より頭がいいから、当然脳みそも大きくなり、大頭怪人になるのだ。
子供にはじつに分かりやすい未来人の解釈。
そして、なんと儚く悲しい青年の物語であることか。
上のサイドショートイのパッケージがその未来人本人であり、のちに0011ナポレオン・ソロで人気を博すデビッド・マッカラムが好演した。
大頭怪人との遭遇2度目にして、子供の店主はもはや完全に気の毒な彼らの虜になってしまった。
見た目の不気味さとは裏腹の悲し宿命と計り知れない能力を、その大頭に秘めた者たちよ。
彼らと苦悩を分かち合うため、店主自ら大頭怪人になることを決意して、脳裏に焼き付いた未来人を参考にTVの中のイカれた科学者気取りで工作をはじめたのだった。
いくつものサイズの針金の輪を用意し、提灯の骨組みのように組み合わせて障子紙を貼り、大頭のカタチをした帽子をこしらえた。
今度はその提灯状の帽子に新聞紙を煮込んで作った手製の紙粘土を塗り固め、乾かして肌色に着色した。
試行錯誤の大頭変身計画はおよそ2カ月に及び、とうとう完成の日が訪れた。
大頭怪人になるため、けっこうな重さに膨れ上がったその帽子をかぶる日が来たのだ。
が、あろうことか額を包む針金の輪が何かの理由で縮んだのか、あるいは成長期にあった店主の頭がひとまわり大きくなっていたのか、どうやってもかぶれない。
憧れの大頭怪人になりきれず、泣きそうな顔で変なかたちの提灯を見つめる少年の姿があった。
大頭怪人にますますのめり込んでいく幼き時代の店主、文字通り頭でっかちな小僧っ子がそこにはいたのだった。
a0077842_21551599.jpg
重要な役をになっている風でもなく、むしろ添え物の如き存在だったにも関わらず、この映画といえば真っ先に思い浮かべるくらい強烈なメタルーナミュータント。
物質電送機の中で蝿と男が合体してできた、まんま蝿男。
地球で好き放題の火星人も、みんな立派な大頭の持ち主だった。
先の2名は'60年代アウターリミッツ以前の'50年代キャラだが、知ったのは中学生のとき、大伴昌司先生の本“世界怪物怪獣大全集”でのことである。
その本の表紙には“ゆがめられた世界統一”の大頭怪人がひときわ大きく印刷され、旧友と再会したときのようなうれしい気分で目頭が熱くなったのだった。
売れようが売れまいが、だから当店は、ここに紹介した大頭怪人の12インチ・フィギュア以外にも、バーサルモンスター・シリーズの7インチ版やそのスケルトン版、マーズアタックの小さい版や醜さからいったら右に出る者がいない大頭の円盤人(暗闇の悪魔/1957年)も網羅する。
その円盤人はプロのモデラーによるガレキの完成品で、ひとむかし前のビリケン製ソフビもあれば、US輸入品のレジンものもある。
大頭怪人には、店主、年季が入ってる分だけ、いろんな意味で誰にも負けない自信があるのだ、ど〜でもいいけどね。

見てちょ、お店で戯れる大頭の円盤人です。
# by tomenosuke_2006 | 2006-10-29 23:27 | Sci-Fi Classicモチャ
ありがたいことです。
これまでも岐阜・中日・朝日の各新聞の地方版(地元飛騨・一部岐阜県全域)で当店を取り上げていただきましたが、きょう土曜日の中日新聞の夕刊(東海3県をカバー)に、なんと2分の1ページのカラーグラフ記事として当店がでっかく紹介されました。
ひとりでも多くの東海地方在住の好き者の目に触れんことを祈願する次第です。
余談ではありますが、ターミネーターのエンスケ見上げてるのが店長です。
a0077842_19154532.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2006-10-28 19:17 | 留之助商店計画
留之助ホームページ、一部更新しました。
a0077842_11173681.jpg留之助ホームページがなかなか進まなくて、申し訳ございません。
一部、画像をアップしているデザイナーズトイのページをご覧になった方から、これってコレクション自慢のサイトですかっていわれちゃいました。
そうではないんです。
売らんかなのサイトなんです。
で、とりあえずダニーにプライス入れました。
入荷新着情報のフォーマットを変更して、商品も一部入れ替えました。
アイスボットの冷蔵庫風パッケージも見られます。
入荷したばかりのゲーリー・ベースマンの新色キューイーもあります。
バッキンハム禁猟区のクマさん・・・以前、発売されたDKNYとのコラボ版(グリーン)の色違いで、今度はオレンジとブルーの2色です。
きれいです、よろしく。
# by tomenosuke_2006 | 2006-10-27 11:19 | 留之助商店計画
[左]いまじゃ、そこらじゅうでハロウィンじゃないですか。
a0077842_2330711.jpg
[右]そのようですね。
[左]でも、きのうのブログ、飛騨の冬支度の話からダレクのアイスボットをクリスマスにぜひみたいな、香具師(やし)の口上風で終わっちゃって、いよいよ来週に迫ったオレたちハロウィン族のこと、完全に忘れてる。これって手落ちってもんでしょう。
[右]ホント、手落ちです。
[左]10月31日のハロウィンのあと、アメリカじゃ11月の第4木曜日にThanksgiving Day(サンクスギビング=感謝祭)をお祝いして、徐々に盛り上がりながらクリスマスに突入する。
[右]はい、突入です。
[左]つまり、その盛り上がりの入り口がハロウィンで、クリスマスが出口みたいなもの。これからの2カ月こそ、1年でいちばん思い出がつくられるときなんだよね。
[右]そう思います。
[左]ティム・バートンのナイトメア・ビフォア・クリスマスは、いいとこ突いてたね。ハロウィンVS.クリスマス、入り口と出口の戦いだ。
[右]戦いはどっちに軍配が・・・。
[左]とーぜんハロウィンの勝ちでしょう。ハロウィンは不死身だからねぇ。
[右]ニッポンのハロウィンが、また面白いことになってますよ。
[左]そう、それをいいたかったの。ハロウィン=(イコール)スポンサー付のコスプレ大会かバレンタインデーPART2ってとこか。とにかく背後に抜け目のない商業主義のニオイがプンプンするね。
[右]それをいうなら留之助商店も?
[左]だったらいいけど、悲しいよ。ハロウィンの雰囲気は皆無っていうか、見方によってははじめっから怪奇っぽいっていうか。ほかにもマクファーレン版がいたと思うけれど、オレたちいろんなマイケルが特別目立つ場所に飾られるわけでもなく、いつもとおんなじ、冷遇されている。いったい店主は何を考えてんだか、聞いてみたいわ。
[右]ぜひ、聞いてみたいです。

はいはい、ではワタクシ店主のハロウィン観など吐露させていただきましようか。
ハロウィンは店主が生まれるよりもまえの大昔から続くよその国の宗教的な行事らしいけれど、日本に上陸した日のことはよく覚えている。
いまから28年前の1978年、ジョン・カーペンターの映画が万聖節の前夜の10月31日をハロウィンと呼び、ただならぬ日だと教えてくれたのだった。
配給元のジョイパックフィルム(現ヒュ-マックスシネマ)がカーペンター作曲の音楽やら効果音をリミックス、映画の恐怖をさらに誇張していたことを知る人は少ない。
オリジナル版のサウンドトラックは日本版より相当控え目なのだ。
そして2年後の1980年、LAに住み始めた店主は、おかげさまで毎年、本場のハロウィンを経験できるようになった。
10月を迎えるとメインストリートはハロウィンの飾り付けで秋色に模様替えして、家の軒先には顔型にくりぬかれたカボチャのジャック・オ・ランタンが通りを見据えるように置かれる。
夜ともなると目や口をかたどった穴からオレンジ色の灯がもれ出し、街はいつになく静まり返って見える。
そしてハロウィン当日、てんでに仮装した近所の子供たちがTrick or treat(トリック・オア・トリート=ナンかくんないとイタズラするぞ)といいながら、まじに店主のアパートにまで訪ねて来たのだった。
ハロウィンの中にいるような気がした。
TVはホラー映画特集を組み、映画街ではその後11もの続編が作られることになるスプラッター13日の金曜日の記念(?)すべき第1作目が公開されて大入満員中だった。
夜のハリウッド大通りはさながら仮装のお披露目会場といったところか、通りのあちこちに人だかりができ、歓声や悲鳴が聞こえてくる。
1980年のハロウィンでもっとも旬な仮装は、やっぱりホッケーマスクの殺人鬼だった。
1981年のハロウィンに、別の街で、子供たちがもらった手作りのキャンディに赤唐辛子が入っていたという小さな事件が起きた。
1982年には針入りキャンディが配られたというニュースがセンセーショナルに報じられ、翌年からは子供たちのトリック・オア・トリートする姿が影をひそめてしまった。
日を追うごとに治安の悪化するハリウッド大通りの乱痴気は相変わらず続いたが、暴力沙汰や発砲事件がしばしば起きるようになった。
賢い人たちはクラブや友人の家など、もっと安全でプライベートな場所でハロウィンを楽しむようになったのだった。
a0077842_991390.jpg

上の写真は、1982年のアメリカで最もリキの入ったハロウィンの仮装。SFXメーキャップ・アーティスト、リック・ベイカー(右端)と彼の仲間たちです。彼らはこのあとハリウッド大通りへ繰り出し、道行く人たちをたっぷり楽しませたあと、ジョン・ランディス監督主催のハロウィン・パーティへと向かったのでした。ちなみにこの写真、若き日の店主が撮りました。


店主にとってハロウィンとは、情緒であり、アメリカの秋のムードであり、過ぎ去った若き日の思い出なのだ。
だから最近の我が国のハロウィン事情についてはよく分からないし、知りたいという気持ちも起きない。
いまさら日本で、とりわけこの飛騨高山で、何をどうしてよいのやら。
というわけで、君たちマイケル・マイヤーを冷遇してるってのは誤解ってもんだよ。
左の12インチのサイドショー版マイケル君(5000円)、右の18インチのネカ版君(12800円)も、分かってちょうだい。
どちらも買い手が現れますように、店主、こうしてダラダラ文章書いて紹介してんだから。
# by tomenosuke_2006 | 2006-10-25 23:45 | チョイマモチャ
Dalek ダレクのアイスボットと冬支度。
10月も下旬となれば、ここ飛騨高山では冬支度の心配がはじまる。
雪が降るたびに早起きして、せっせと雪の始末する店長の姿やら高山の壮絶な冬景色を想像したら、値段の割にはなかなか売れない店主好みのアイスボット(下の写真)を連想した次第。
a0077842_15505511.jpg
NYベースのカルトなグラフィティ・アーティストDALEK=ダレク作の高さ10インチのフィギュア3種、左からクロ、アカ、シロのアイスボットである。
ダレクのバックグラウンドについては、店主、詳しくは知らない。
本人もあまり語りたがらない。
とにかくNYのいたるところでイタズラ描きを繰り返し、いつの間にかその芸術性が認められて、いまでは堂々とイタズラで生計立てる身分になったと。
彼の創作した有名なキャラにスペースモンキーがあり、以前キッドロボットからそのフィギュア版(当店に在庫あり)が限定発売され、あっという間に完売した。a0077842_20444652.jpg
また4つのレンズを搭載したパノラマ連写カメラダレク・スーパーサンプラー(35ミリフィルム使用)をデザイン。
ショッキングピンクのボディにスペースモンキーをあしらっている。
さて、話をアイスボットにもどそう。
パッケージが、また、イカスんだよ。
見たい人は、留之助商店まで出かけておいで。
ムリなら、もうじきアフオクに出品するから、そのときに。
それぞれ冷蔵庫をかたどった箱におさまり、冷やしておけばおとなしくしているけれど、外に出したら何をしでかすか分からないイタズラな雰囲気が、じつにダレクなのである。
今年のクリスマスのデコレーションは、ひとまずアイスボットでしょう。
間違っても雑貨屋やファンシーショップのありきたりは買わないように。

ところで留之助商店がある本町商店街の歩道は、雨・雪よけのアーケードで整備されているが、なぜかお隣の薬屋さんの前だけそれがない。
ボコッと穴があいたように途切れているのだ。
そこだけアーケードが省略されている詳しい事情は知らないが、なことより問題は冬、雪がもろに吹き込んで、きっとうちの店先はとくにスゴイことになるのではないか。
店長、がんばってくださいね。
# by tomenosuke_2006 | 2006-10-24 21:39 | イマモチャ
1960年代年表をちょっと更新しました。
当ブログに以前載せた1960年代年表にネタをふたつ増やしました。
“年表”で検索かければ、見られます。
たいしたことではありませんが。
# by tomenosuke_2006 | 2006-10-24 08:24 | ムカシモチャ