タグ:アンクルタイプ ( 87 ) タグの人気記事
アンクルグリップの“切り込み”について。
「アンクルP38の右グリップのスコープマウント基部より後端部分に大きな切り込みがあるものがあります。10年ほど前GUN誌で、この切り込みはフルオートにするときにシアを押さえる棒のようなものを差し込むためのものでは? なる記事を読んだことがありますが、真実はいかがなものでしょうか」というご質問を、M in Kyotoさんからいただきました。
そういえば以前、熱心にカスタム・アンクルガンを作っていらっしゃったバクレツパイナップルさんは、例の切り込みをキッチリ再現されて最高にマニアックでしたね。
で、いい機会なのでTHEUNCLEGUN.COMのBrad Ferguson氏に直接聞いてみると、以下のようなレスが返ってきました。
a0077842_8332196.jpg
cut away section(切り込み部)を持つアンクルガンを少なくとも2挺、劇中に確認できる。
しかしなぜグリップに切り込みが入れられたかの記録は一切ない。
アンクルガン研究者の間では、フルオートにするためのシアを操作する別パーツをそこに組み込んだという仮説が有力だ。
とはいえ、そのパーツを見たという人を私は知らないし、シリーズ全話を通じてアンクルカービンのフルオートの連射シーンはないように思う。
a0077842_1035342.jpg
つまり真相は"?"のままなのです。
そこで店主の見解を少々。
まずアンクルタイプのパーツはすべてNC旋盤や同時5軸加工機などない時代の手作りだったということ、当然個体差があり、むしろすべてがソックリ同じである必要もなかった。
スコープマウントやフォアグリップなど、明らかに形状の異なるものが存在します。
フラットグリップとラウンドグリップもどちらが先に作られたかというより、いまでは同時に存在したかもしれないと思うようになりました。
そこで例の“切り込み”ですが、簡単に抜き差しできるパーツで本当にP38をフルオート化できるのかという疑問がわきます。
むしろグリップ内部でダブルアクション用のコッキング・パーツを干渉させないようにするためには、ちょうど“切り込み”部分の肉厚を薄く加工しなければならず、それくらいなら切り落としてしまえということになったのでは。
撮影中にしばしばジャムり、応急処置した結果なのかもしれません。
個体差といえば、イリア・クリアキンの胸元をとらえた下の画像は興味深いですね。
スコープマントを取り付けるためのスリットが省略されて、カービン化できないハンドガン仕様だと分かります。
なのに例の“切り込み”があるということは、ハンドガンをわざわざフルオートにしようとしたのではなく、不発ミスを防ぐための処置だと考えた方が自然ではないでしょうか。
考えれば考えるほど楽しいのがアンクルガン。
現在、留之助ver.6のカービンパーツがそのまま応用できるアルミ削り出しのラウンドグリップ+オープンエンド・フラッシュハイダーを装着させた留之助ver.6.5を製作中です。
特製ヒップホルスターと留ブラAP用に考えていたハンドガンケースのオマケ付き、乞うご期待。
と、なんか最後はセールストークで終わってしまいました。
a0077842_11272635.jpg

All Photos Courtesy Brad Ferguson / THEUNCLEGUN.COM


by tomenosuke_2006 | 2009-12-16 12:16 | プロップ
アンクルタイプ留之助ver.6は22日に発売します。
右側の“Uncle Gunコレクション”のバナーをクリックされた方ならもうご存知でしょうが、アンクルタイプ留之助ver.6は22日(日)の23時に発売します。
そこで、もう少し留之助ver.6のストーリーを披露させていただきます。
ver.6は本物のサイズと形状を完全再現することを目標に完成させたプロップレプリカです。
推測や画像からの判断で造るよりは、本物を何度も手に取り、採寸し、パーツによっては型取りもしてきたTHEUNCLEGUN.COMのブラッド・ファーガソン氏の協力を仰ぐのがいちばんという結論に達し、できるだけ多くのパーツを氏から調達することにしました。
中でも単品販売していない特徴的な形状のスコープマウントは、コピーしないことを約束に2個だけ譲り受け、結果、ver.6は2挺のみの製作となったのです。
また、ストックは店主所有のTHEUNCLEGUN.COMの一般非売品(2006年版)と同じものを、ブラッドさんに2挺分お願いするつもりでいましたが、ほとんどのパーツが鉄製で重く、ABSのP38に取り付けるとバランスがことのほか悪いことに気付き、彼の了解を得て、大半のパーツをアルミに置き換えたものを日本で造ることにしました。
じつは店主、その重いストックをZEKEの真鍮製P38に取り付けていたため、マルゼンとの相性にまで考えが及んでいなかったのです。
時間はかかりましたが、いわゆるスーパーコピー品が完成し、やっと発売に漕ぎ着けた次第です。
a0077842_1039356.jpg
このアルミ製ストックは2006年版を元にしており、U.N.C.L.E. Agent Training Video.のもの(2009年版)と展開の順序が一部異なります。
ブラッドさんいわく、Collapsible Stock(折たたみ式ストック)には2種類あり、ビデオのストックはそのひとつ(2009年版)を使っただけで、どちらも本物を再現していることにちがいはない。
ver.6のストックは最初にバットプレートを起こし、リリースボタンを押してパイプを倍の長さに伸長させ、バットプレートを時計と反対方向に回すと、カシャッと音を立てて固定されます。
店主的には、こちらの方がなぜかワクワクする。
a0077842_10593936.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-11-16 11:19 | プロップ
UNCLE Gun Video - Assembly and Details
THEUNCLEGUN. COMのBrad Ferguson氏製作のビデオです。
ストックの固定用サムスクリューの径と、ストックをコンパクトに縮めた状態のバットプレートの向きがわずかに変更されていますが、他は留之助ver.6とアピアランス、サイズとも寸分の違いもございません。
ブラッドさんの許可をいただきましたので、留之助ver.6のPRを兼ねてご紹介させていただきます。


by tomenosuke_2006 | 2009-11-12 10:50 | プロップ
アンクルタイプ留之助ver.6、出来。
a0077842_21264021.jpg
▲ 右方向にサイレンサーを向け、右側面を表にしたフル装備のカービンが、マルゼン製P38ガスガンをベースにしたアンクルタイプ留之助ver.6の2挺である。
a0077842_21503972.jpg
▲ サイズはもとより、ストックの伸縮、バットプレートの折たたみなど、実物の機能を完全再現した留之助メイドのアルミニウム製ストック。
実物アンクルカービンに採用されたレミントン700BDLライフル用バットプレートを取り付けている。
a0077842_21275571.jpg
▲ スクリュー部分にアルミパーツを使用したサイレンサーをはじめ、フォアグリップ、ショートバレル、一体成型フラットグリップ、メタル製サムスクリュー付きスコープマウントは、すべてTHEUNCLEGUN. COM提供の樹脂製品。
ロングマガジンはロジック製、アルミ製ロングバレルは留之助メイド。
a0077842_2129252.jpg
▲ 本物のブシュネル製ファントム・ピストル・スコープを採用。
a0077842_21294861.jpg
▲ ショートバレルとフォアグリップは実物アンクルカービンのパーツを直に型取りしたモールドからのキャスト製品で、バレルの刻印まで再現されている。
a0077842_2131791.jpg
▲ 留之助ver.6には12ホールのメタル製クローズエンド・フラッシュハイダーとメタル製ディスプレーベースが付属する。
このベースには直接ガスガン用ロング・マガジンを装填したカービンをセットすることもできるが、マガジンに余分な負荷をあたえたくないため、ディスプレー専用にTHEUNCLEGUN. COMの樹脂製ダミ・ロングマガジンを用意した。
またダミ・ロングマガジンを取り外して、ハンドガンを直接セットもできる。
ということで、後日、購入希望者を募ります。

注)アンクルタイプ留之助 ver.6 はBB弾の発射機能はございません。ガスを注入しての空撃ちブローバックをお楽しみいただけます。

More: ディスプレーベースにハンドガンを飾る。
by tomenosuke_2006 | 2009-11-12 01:05 | プロップ
U.N.C.L.E. Agent Training Video updated version.
3日前にポストしたアンクル・エージェント養成ビデオ#47がアップデートされた。
ワイド画面で画像がより鮮明になり、尻切れトンボ風だったエンディングがギュッと締まって、さらにワクワクである。
http://www.youtube.com/watch?v=WRjEornNads
a0077842_1344919.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-10-30 13:00 | プロップ
U.N.C.L.E. Agent Training Video.
アンクル・エージェントを志す者はこのビデオを見よ。


by tomenosuke_2006 | 2009-10-27 10:20 | プロップ
ひさしぶりのアンクルガン・ネタ。
THEUNCLEGUN.COMの主宰者Brad Fargason氏が2008年4月に希望者を募り、1年半がかりで完成させた究極のアンクル・カービン・パーツがこのほど店主の元に。
これはさらにさかのぼること2006年3月に、本物を精査し、2年がかりで完成させた世界最初のレプリカ・アンクル・カービンの改訂版で、樹脂製だったグリップとスコープマウントをアルミニウムで再現したもの。
いずれもマルゼン製P38ガスガンにインストールできるよう設計されている。
1960年代から40年以上も『0011ナポレオン・ソロ』をひたすら愛し、とりわけアンクルガンに憧れ、少年時代にアメリカ・アイデアル社製のプラスチック・トイガンや日本製のモデルガン(こちらを参照)まで買い求め、ついにはソロやイリヤが手にしたものとソックリ同じアンクルガンを自分の手で甦らせ、同じ少年時代の夢を持ち続ける友人たちと共有したいと思うようになった。
ジュエリー・デザイナーであり宝石商を生業とするブラッドさんが造り上げたアンクルガンは、単に正確というだけではない、最近発表された日本製品や、もちろん留之助ver.(こちらを参照)など事も無げに一蹴する、かなわぬ憧憬と愛情を内包し、真打ちの凄みを宝石の如く放っているのだ。
一度、時間をみつけて、2挺になったTHEUNCLEGUN.COM製アンクル・カービンの紹介や、日本製品のインプレッションをまとめてみたいと思う。
とりあえずきょうはブラッドさんがお遊びで作ったこんなムービーでもご覧ください。


by tomenosuke_2006 | 2009-10-19 08:00 | プロップ
きょう9月22日はナポソロ生誕45周年です。
a0077842_8102393.jpg
1964年のきょう、9月22日にアメリカで『0011ナポレオン・ソロ』(The Man From U.N.C.L.E.)の放送がはじまった。
日本では『バークにまかせろ』の後番組として登場したことを、いまもはっきり覚えている。
運転手付きのロールスロイスを乗り回すプレイボーイにして殺人課の警部エイモス・バークの活躍、若山弦蔵さんのしびれるような低音とオネエ言葉のアテレコがぴったりハマっていたっけ。
お決まりのハリウッド美女とのラブシーンについ目を伏せたりした中学1年生は、バークの最終話のあとに流れた予告編の“0011”の文字と、それに続く奇妙なカタカナ“ナポレオン・ソロ”のタイトルに期待を募らせないではいられなかった。
オネエ言葉を受け継いだスーパースパイ・コンビのカッコよさ、アンクル本部への秘密の入り口と、その奥にある先端技術の粋を集めた司令室の様子にときめき、秘密兵器や変わった形の銃に目をしばたたかせる。
思えば最初に受けた感激を毎週繰り返し味わい、およそ4年間、飽きるどころかますます病みつきになっていった。
とくにアンクルガンの深みにはまり、いまだに抜け出せないでいるのだから我ながらどーしたものかと。
ナポソロ45周年、留之助商店3周年の記念に準備した限定3挺の手作りトイガン、一部修正のため今月末の発売には間に合いそうもない。
ま、こんな極私的なお遊びに付き合ってくれる人なんてそーいるとは思えないけれど、マルシン製のエクセレント・ヘビーウエイト、ダミーカーットリッジ・タイプのM1910を使ってます。
a0077842_8415418.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-09-22 09:55 | TV・映画・ビデオ
ブローニング・アンクルタイプを想ふ。
分相応をわきまえているつもりだから、誰かをウラヤムっていうことはほとんどないけれど、その昔、MGCのブローニング・アンクルタイプを手にとって見ただけでなく、自分専用をひと揃い購入され、スライドストップが壊れるまで遊んだとおっしゃるM in KYOTOさんのコメントには、そりゃもう強いジェラシーを覚えましたよ。
やはりそうだったんですね、あのチクワのような木製フォアグリップは前後し、銃のスライドそのものを動かして、先端の凹みに紙火薬を詰め込んだ真鍮カートをチェンバーに送り込む。
さすがMGCだ、こんなところにも小技が利いている。
当時、中学生の店主は京都新京極の“やまもと”から送ってもらったモデルガンと居合刀がゴッチャになったカタログのブローニング・アンクルタイプが載ったページを穴のあくほど見つめながら、丸めた人さし指と親指でセレーションをつかんで引こうとすると、あの幅広なスコープマウントがじゃまになりはしまいかと、マジ心配したものだった。
43年ぶりに合点がいった。
a0077842_12291156.jpg
a0077842_12292584.jpg
MGCのブローニング・アンクルタイプは、TVシリーズに登場したモーゼルの小型銃M1914の初代アンクルカービンをベースにしていたことは自明の理だ。
しかし中学生にそれが分かるはずもなく、およそ1年後に発売されたMGC製P38・アンクルタイプのカッコよさや、矢継ぎ早に発表される大型軍用銃に目がくらみ、ブローニングへの興味は完全に消失。
その後、グリップを変えただけのP38にアクセサリーてんこもりの中田商店製アンクルタイプや、ブローニング・ハイパワーを無理矢理アンクルタイプ風に仕立てた商品名サブマシンタイプでさえ手に入れたというのに、モデルガン人生最大の不覚はMGCブローニング・アンクルタイプを触らずじまいで終わってしまいそうな気配だということ。
あのチクワ・フォアグリップをガシャガシャやってみたかった。
中学3年生の秋の修学旅行で新京極の“やまもと”をはじめて訪れた時は、すでにブローニング・アンクルタイプはそこになく、記念にMGCのS&Wハンドエジェクター用純正木製カスタムグリップを500円で買って帰ったのだった。
a0077842_16385916.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-16 16:43 | ムカシモチャ
アンクルホルスター初回ロット分の出荷がはじまります。
お待たせしました。
留之助商店謹製アンクルホルスター初回ロット分の出荷が明日土曜日からはじまります。
染色済みの既成品を使わず、より上質な革を染め上げて仕上げるすべて手作りのホルスターです。
大量専門メーカーが金属製の抜き型とプレス機を使い、皮革パーツを流れ作業で抜き取ったわけではなく、ハンドクラフト・ホルスター職人のM氏が皮切りナイフを垂直に使いこなし、鍛え上げた腕で1点ずつ切り出す。
留之助はそういう手作りゆえの“味”を大切にしたいわけです。
ナポソロの60年代、MGMのプロップデパートメントの器用な誰かが、せいぜい10個ぐらい手作りしただろうか、その時と変わらぬアナログな技術でアンクルホルスターやアンクルカービンを作りたいと常々思ってるのだ。
下の画像はM氏からホルスターといっしょに届いた“型の付け方”を示した2点のうちのひとつ。
もう1点の画像を加えた榎本店長手作りの解説書を商品に添付させていただきますので参考にしてください。
a0077842_22412324.jpg


本格型付けの上級テク。
by tomenosuke_2006 | 2009-05-08 23:14 | プロップ