タグ:アンクルタイプ ( 87 ) タグの人気記事
アンクルホルスター詳細発表。
2007年1月、THEUNCLEGUN.COMの主宰者で世界一のアンクルガン研究家Brad Ferguson氏が、ナポレオン・ソロ役のロバート・ボーンが劇中で実際に着用した専用ショルダーホルスターを基に精巧なレプリカを(下の画像・左)を造り上げた。
各部の皮革の厚さも忠実に再現、銃を入れるホルスター部の革厚=4ミリ、腋の下にくるアンダーアーム・ハーネスの革厚=2ミリ、肩に載るショルダー・ハーネス=1.2ミリ、バックストラップ=2ミリ。
ほかにもアンダーアーム・ハーネスに複雑なステッチが入ったイリヤ・クリヤキン・タイプ(下の画像・右)も完成させた。
a0077842_2218271.jpg
世界初となった2種類のレプリカ・アンクルホルスターは発表と同時にアンクルガン・ドット・コムでオーダーメードの希望者が募られ、留之助でも数個のオーダー枠を確保、アンクルタイプ留之助ver.のご購入者に提供させていただいた。
じつはたった1回で受注生産を打ち切ってしまったブラッド氏、「製造業者の希望する最低ロット数を満たすだけのオーダーがこれ以上集まるとは思えないから」というのがその理由だった。
そこで唯一精巧なアンクルガン・ドット・コム製ホルスターを、留之助がブラッド氏の理解とM氏という卓越した技術者の協力を得て複製することにした。
樹脂製P38ベースのカスタム・アンクルガンとしては先駆けのバクレツパイナップルやロジック製に加え、最近ではZEKEマルゼン製が市場を賑わし、おそらくレプリカ・アンクルガンの普及率では本国アメリカよりも高いと思われる日本に、アンクルホルスターの決定版がないのはおかしいではないか。
a0077842_234142.jpg
ガンベルトやショルダー・ホルスターに造詣の深いM氏によれば、アンクルホルスターには銃の抜け落ち防止用ストラップもなければ、ホルスターをズボンのベルトにつなぐ固定用ストラップさえなく、けっして実用的とはいえない。
つまり派手なアクションには不向きであり、まさしく映画撮影用、俳優専用に造られたことが分かる。
またイリヤ・クリヤキンのホルスターにある複雑なステッチの意味もほぼ解明できた。
ベルト固定用ストラップがないため脇腹あたりでブカブカ波打つホルスターを少しでもおとなしくさせようと、ホルスターとアンダーアーム・ハーネスの接合部裏面に補強用の革を1枚当て、それを縫いつけた結果できた単なる縫い目。
きっとイリヤ役の神経質なデビット・マッカラムの要望で、衣裳部か小道具係の誰かが手っ取り早く仕上げたのだろう、ステッチは考え抜かれたデザインというよりは即興の産物だった。
ホルスターとショルダー・ハーネスをつなぐこのアンダーアーム・ハーネスはイリヤ・タイプ(下の画像)に限り革厚を1.5ミリとし、1ミリ厚の補強用の革を当てるためソロ・タイプの2ミリより若干厚くなる。
a0077842_1352345.jpg
3月31日(火)午後10時より、留之助商店製アンクルホルスターの初回生産分20個の予約を承ります。

当ブログの右側、および商店書店の入荷新着情報の左側に専用予約注文フォームへリンクするバナーを貼り出します。
サイズはMとL、右利き用と左利き用、ナポレオン・ソロ・タイプ(税込¥25,200)とイリヤ・クリヤキン・タイプ(税込¥29,400)が選択できます。
おひとり各タイプを1個ずつまで予約できます(予約金等は一切いただきません)。
品物は4月下旬から5月下旬にかけて予約順に発送させていただきます。
ご不明な点などございましたら、こちらまでお問い合わせください。

イリヤ・タイプ・ホルスターの裏面とM氏の仕事場。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-22 23:59 | プロップ
ホルスター用の刻印です。
ワルサーP38アンクルタイプ用のショルダーホルスターの製作、着々と進んでいます。
これはホルスターの裏側に打つアンクルロゴの刻印見本です。
a0077842_182912.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-20 01:09 | プロップ
壊れてもいいから発火ブローバックさせたい。
スーパーメジャーのマルゼンさんやZEKEさんがアンクルガンを本格製品化しているさ中、真・留之助ver.で向こうを張ろうと威勢だけはいい店主である。
が、情けないかな、まだ最初のフルセットが完成に至っていないのだ。
そうこうしているうちに日本のアンクルタイプのパイオニア、ロジックさんがですね、マルシン製ABSモデルガンのP38をアンクルガン化するアクセサリー・キットを完成させ、予約受付を開始した。
こちらがロジック製アクセサリー・カタログ
こちらはアクセサリーのインストール画像や動画が見られるページ
そのページのいちばん上の「7mmキャップ火薬で数発、発火してみました。破損する事は無かったですがショートバレルはダミーカートタイプですので発火しますと破損する場合があります」という但し書きが付いた動画がゾクゾクくる。
目の毒である。
壊れるの覚悟で発火させないさいと言われてるような。
とにかくアンクルガン百花繚乱の昨今、いろんなアンクルガンがあっていいじゃないかの贅沢な時代、留之助も取り残されないようにがんばらないと。
a0077842_18581694.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-20 19:02 | プロップ
ぜんぜん大変なんかじゃないですよ。
ZEKE製アンクルタイプの記事にKさんから「大変だ」っていうコメントをいただき、はじめて知りました、マルゼンさんもやるんですね、マルゼンP38デタッチャブル
「往年のスパイアクションTV番組で大活躍した2人組のスペシャルエージェントが愛用したカスタムP38」とはZEKEさん。
かたやマルゼンさんは「往年のスパイアクションムービーに登場した主役級のP38プロップガン」。
0011ナポレオン・ソロとかイリヤとか、MFUとか、せめてナポソロとか、宣伝コピーにその手の固有名詞が使えない事情、よーく分かります。
それにしても店主も気楽に“往年”っていう言葉を口にするけれど、“過ぎ去った昔”という意味の“往年”を第三者的にナポソロ絡みで耳にすると、“過ぎ去ったオヤジ”って言われてるような気がして、いささか傷つくものなんですね。
せめて“1960年代”とか“シックスティーズ”なんて言ってもらえたら幸いです。
で、マルゼンさんは亜鉛ダイキャスト製のグリップという、本物もやらなかった荒技を利かすんですって?
ますますグリップあたりに重みが集中しそう、アルミなら天にも昇る気分なのに。
しかも「実物のプロップガンのデザインを踏襲しつつ握りやすさも考慮」とは、その気配りに頭が下がります、実物を徹底的に模写しようという病的なお考えではない。
マズルブレーキは強度重視の8ホールでアルミ製なんですかァ、12ホールのスチールがイカスのに。
つまりKさん、大変なんかじゃないってことですよ。
真・留之助ver.とは対極にある、目指すものもまったくちがうマルゼンP38デタッチャブル、店主はとりあえず買いますけど。
a0077842_18253080.jpg
画像は真・留之助ver.がお手本にしている実物のアンクルガン。
刻印はもとよりアルミニウムのグリップとヘキサゴンスクリュー(赤丸)も完全再現する。
a0077842_18342715.jpg
真・留之助ver.ではもちろん実物同様スコープマウント取付スリット部にマウント固定用のネジ穴は開けない。
下の画像は最近THEUNCLEGUN.COMのブラッド・ファーガソン氏から届いたジョーク、2挺拳銃用アンクルショルダーホルスター。
真・留之助ver.計画にはブラッドさんが休止しているアンクルホルスターの国内製作もメニューに入っている。
a0077842_19103612.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-24 19:53 | プロップ
あのZEKEさんがアンクルカービンを造るんですね。
ZEKEのあの拘り抜いた真鍮モデルのファンでね、マルゼンP38エアソフト用のac41パーツなんて2挺持ってる。
うち1挺のバレルを徳さんに頼んでお決まりの長さにバッサリ切り落としてもらい、同じく銃口にお決まりのサイズのインチネジを加工してもらって、THEUNCLEGUN.COMのブラッド・ファーガソン氏が去年11挺のみ復刻したオールメタルのアクセサリーパーツをインストール、重量感はもとよりヒンヤリ感まで本物そっくりのアンクルカービンに仕立ててニンマリしている。
そういう楽しみを叶えてくれたZEKEさんが、なんとなんと(2回も繰り返しちゃったよ)アンクルカービンを造るんだって、寝耳に水の素晴らしい出来事じゃないですか。
まずはP38カスタム・エクステンションバレル・セットを100組限定生産。
以前ZEKE製品を買い物した有限会社ホビーフィックスさんからの案内では、12月5日から29,800円で予約受付開始する。
興味のある方はそちらへメール(hobby_fix@msn.com)で問い合わせてみてはいかがでしょう。
a0077842_8464476.jpg
あっ、そうそう、ウチでもじつはアルミグリップなどを採用した“真・留之助ver.”を製作中だったんだ。
100なんていう大それた数じゃないよ、本物のブシュネル・ファントム・ピストル・スコープレミントン700BDLライフル用アルミ製バットプレートが調達できている分だけ、つまりごく僅か。
で、ZEKEさんの図面を拝見する限り、アウターバレル以外は“真・留之助ver.”といろんな点で異なっているから興味深い。
別にそこまで拘らなくていいっていう100人より、留之助はごく僅かな目利きというか、いっしょに遊んでくれる仲間を近く募集するのでお忘れなく。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-23 10:02 | プロップ
ロジック製モーゼル・カービンが発売になりました。
ロジックさんのサイトでモーゼル・アンクルカービン用パーツの注文受付けが始まりました。
先行発売されたM1914本体を購入済みなら、あと2万円でカービン化できるのだからうれしい。
ストックの伸縮機能がP38用より進化して、ロジックさんの創意工夫、ここにあり、ですね。
さっそくアンクルガン・ドット・コムのブラッドさんにも教えてあげようと思います。
a0077842_178482.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-25 17:09 | プロップ
ロジック製モーゼル、アンクルカービンへ。
着々と進んでますね、ロジックさんのモーゼル・アンクルタイプのカービン化計画。
スコープにロジック製P38・アンクルタイプでも使用されていたブシュネル型を流用したほかは、専用のスコープマウント、フォアグリップ付きエクステンションバレル、ロングマガジンを新調、あとはストックのみという感じです。
黒いボータイにタキシードのナポソロがモーゼル・アンクルカービンを縦にギュッと構えたあのポーズを早く真似してみたい?
ロジックさんのサイトのここも面白いから見てください。
小型パーツ製作用に自作したPC制御できる小型CNCスライス盤の製作工程が紹介されています。
ロジック製品の精度がますます高くなりそうです。
a0077842_6445987.jpg
a0077842_6451550.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-02 00:05 | プロップ
アンクルガン・ドット・コムのサイトがリニューアル。
ブラッド・ファーガソン氏のサイトTHEUNCLEGUN.COMがリニューアルされた模様だね。
アンクルガン・アクセサリーやホルスターのオリジナル製品紹介、DVDのディスカウント情報やFAQなど4つのカテゴリーに分けられ、ギャラリー・ページなども追加されて以前より見やすくなった。
ただし肝心のギャラリー・ページは工事中、ホルスターなどの品切れ商品もそのままという感じなのは少々残念だけれど。
ところでただいま新アンクルタイプ留之助ver.を2挺のみ製作中だ。
マルゼンのP38エアソフトをベースに、アンクルガン・ドット・コムから調達した各種アクセサリーに本物のブシュネル・ファントム・ピストル・スコープレミントン700BDLライフル用アルミ製バットプレートを採用した、現在考え得る最も幸福なフルセットだ。
完成次第、ずっくりご紹介させていただきます。
a0077842_163933.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-30 23:59 | プロップ
ロジック製モーゼル・アンクルタイプが到着しました。
ロジックさんからモーゼルM1914のアンクルタイプを作りはじめたと知らされたのはまるっと1年前の2007年6月上旬。
その製品版が完成し、とうとうきょう届いた。
2003年にロジックさんが作った最初のアンクルタイプ、“無可動銃アンクルタイプフルキット”を彷彿とさせる半透明のプラスチックケースに入れられて。
a0077842_1912423.jpg
上の画像の左が新作M1914、右が5年前の無可動P38版を収めたケース。
夏のリリースにぴったりなアクアカラーの把手がついたケースの留め具をパチンとはずしてフタを開けると、M1914がエアキャップにくるまれ待っていた。
なんとチャーミングに仕上げられたことだろう、長いあいだ離れ離れになっていた我が子と再会するような喜びが込み上げる。
M1914といえば六研原型製作、タナカ製造、中田商店販売のアルミ文鎮しか知らず、去年、モデルガンショップアンクルさんで予約した頑住吉さん作のM1914は手に入らずじまい、ロジックさんだけが頼みの綱なのだった。
a0077842_2211755.jpg
M in KYOTOさんからいただいたコメントにもあったが、1903年生まれのコルト・オート・ポケットよりあと(1914年)に生まれながら、M1914は古めかしく武骨な面構えをしている。
しかしモデルアップにたっぷり時間をかけたロジックさんのM1914はリアルなくせに不思議と古ぼけて見えない、むしろスマートなのだ。
それは過剰な思い入れや偏った拘りを感じさせないロジック流のモノづくりからきているのだと思う。
銃に“さわやか”なんていう形容は適当ではないかもしれないが、ことこのM1914に関してはその言葉を賛辞に代えたい。
半透明の専用ケースがマッチしている。
前後するスライド、着脱可能なマガジン、振り回して遊ぶモックアップ銃としての条件は十分に満たしているし、あとはカービン用パーツを1日も早く完成させて、本当の意味のロジック製モーゼル・アンクルタイプに育て上げ、とどめの魂を吹き込んでやってほしい。
期待しています。
a0077842_2229151.jpg
THEUNCLEGUN.COMの主催者、ブラッドさんからもロジック製モーゼル・アンクルタイプを4挺頼まれ、あしたEMS便で発送する。
どうも彼は自分のところのパーツを使ってモーゼル・アンクルカービンのコンバージョンを目論んでいるふうだ。
by tomenosuke_2006 | 2008-06-24 23:13 | プロップ
あんまりよく分からない。
アンクルガン・ドット・コムのブラッドさんから、「もし私が次世代のナポソロを作るなら、スラッシュライフルとスラッシュユニフォームはこんなデザインでいきたい。君はどのライフルが好みかね?」。
っていわれても、店主は昭和46年(1971年)の銃刀法改正以前に作られていた古き良き時代のモデルガンで育った世代だから、好きな銃の種類も当時のころのものに限られ、こんなにモダンなのは名前も知らなければキョーミも湧かないのよ。
物騒な現実世界を連想させる近代兵器の数々、あのアンクル対スラッシュの呑気な戦いとはほど遠いものがある。
でも、せっかく送ってくれた画像だし、とりあえず紹介させてもらいます。
a0077842_012958.gif

by tomenosuke_2006 | 2008-06-21 00:01 | プロップ