タグ:インテリア ( 8 ) タグの人気記事
月面到着
NOW ON SALE: Super-Moon in My Room

スーパームーン・イン・マイ・ルーム、発売中。
詳しくは2016-07-28のブログを参照。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/24581815/
a0077842_1025381.jpg

by tomenosuke_2006 | 2016-08-08 10:26 | 商店入荷新着情報
スーパームーン・イン・マイ・ルーム
Super-Moon in My Room

子どもだけに触らせるのは、ちと、もったいない。
2016年のNAPPA、つまりアメリカのNational Parenting Product Awards(全国養育製品賞)を受賞した、インテリアとしても利用価値大の壁掛け電飾入り月面模型、スーパームーン・イン・マイ・ルームの紹介なのである。
なぜスーパーなのかというと、先に発売されて人気を博したムーン・イン・マイ・ルームより直径が7.5センチ大きくなった迫力の33センチ。
加えて、深夜をイメージさせる自然界の音やアポロ11号の月面着陸時の実況音など、各種効果音のギミックが追加されたからスーパーなのだ。
最大の売りはムーン・イン・マイ・ルームと同じく、実際の月の満ち欠けにシンクロして、円形プラスチックの月が発光する点。
その仕組みについては店主には難解過ぎて、省略ね。
裏面にある壁掛け用の穴が、北半球用と南半球用の2つ用意され、使用者は自分の居住地によってどちらかを選ぶようになっているけれど、そこらへんに秘密がありそうだ。
本体電源はACアダプターと単四電池のツーウェイ仕様、リモコンは単二電池を使用。
もちろんリモコンでマニュアル操作も可、バックライトだけ灯してムーディな演出もできちゃうのだ。
製品画像だけでは十分にイメージが伝わらなさそうなので、YouTubeで見つけたムービーも貼っておきますね。
近日入荷の予定。
a0077842_1095446.jpg
How would you like to have a super-moon in your room? Not just any moon, but a super-moon that automatically syncs with the look of the real moon outside? 30% larger than the original, Super-Moon in My Room features a solar eclipse effect, nighttime sounds, and moon landing sound effects, plus 12 different lunar phases, a remote control, and instructions! Measures approximately 13-inches. Ages 6 and up.



MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2016-07-28 10:34 | イマモチャ
オブジェモチャなヘアサロン。
飛騨高山からクルマで南へおよそ2時間のところにある岐阜県某所のヘアサロンのインテリアを、オブジェモチャでごっそり模様替えして来ました。
お店の一部を改装したのを期に、いままでのイメージを一新してお客さまをビックリさせたいとおっしゃる女性オーナーさんから、今月はじめにご相談をいただき、店主、ハリキリましたよ。
以前からお友だち付き合いさせてもらい、彼女のお店へも何度かおジャマしていたので、どこをどのようにイジるかの打合せはトントンとはかどり、昨晩、大量のオブジェモチャを2台のクルマに積めるだけ積んで、榎本店長ともども納品と飾り付けにおじゃました次第。
こんな感じになりました。
a0077842_2365133.jpg
a0077842_2344354.jpg
a0077842_2355437.jpg
a0077842_2422419.jpg
a0077842_2442868.jpg
a0077842_2464889.jpg
a0077842_2473449.jpg
a0077842_2483140.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-10-22 02:54 | イマモチャ
お部屋をもっとアナーキーに。
THE FUTURE IS STUPID(フューチャー・イズ・ストゥピッド)、つまり“未来なんてクソくらえ”のセンテンスとマルに“A”のマークといえば、コジックさんの創作物の中でもとくに“アナーキー”と呼ばれているあぶないヤツの目印。
ちなみに“A”はAnarchy(アナーキー)の頭文字であり、Ace(エース)にもちょっと引っかけている。
留之助でもいろんなメーカーのアナーキー・キャラを扱ってきた。
1.JAMUNGOのアナーキー・ネイズ(とっくに完売)。
2.MUTTPOPのエル・パンダ・アナキスタ(あっという間に売り切れ)。
3.TREXIのアナーキー・ミニトレキシ(残り僅か)。
4.ADFUNTUREのアナーキー・テディ・トゥループ(まだ間に合う)など。
また日本では当店のみの取り扱いとなるTOY QUBE製アナーキー・シャーキーも近日入荷する。
a0077842_9135763.jpg
が、本日のメーンイベントはアナーキーの“A”のマークをインテリア・アクセサリーにしてしまったJAMUNGOの新製品のこと、こちらも近日入荷が決まった。
高さ8インチ(約20センチ)のプラスチック製で透明スタンドが付くから、机や本棚や箱形TVや暖炉や炬燵の上に飾れる。
スタンドは着脱可能、よって壁に引っかけることもできる。
バリエーションはふたつ、掛け軸代わりもなりそうな墨文字のわびさび漂う黒一色と、白に血のりの紅白レドラム仕上げ、ハロウィンにピッタリだ。
いっそのこと、クリスマスツリーのてっぺんに載せてみるのもバチ当たりでいいかもしれないね。
a0077842_11473210.jpg
a0077842_11495386.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-01 12:00 | イマモチャ
18日:まずはkidrobot本社で。
ソーホーのキッドロボットNY店は初日にmy plastic heartを訪ねたあとに寄ってみた。
ん〜、白が基調のファンシーなインテリアはまさしく最前線のアーバントイ・ブティック、だけど店員はどこにでもいそうな小僧っ子が大半を占め、一様に無愛想、大いに失望したな。
ショッピングが楽しいとは、お世辞にもいえない場所だった。
そんなことより18日の目標はキッドロボットNY本家を訪ね、留之助商店のなんたるかを知ってもらうこと。
そして最上位スペシャライズド・ストア(キッドロボット直営店でのみ販売されるエクスクルーシブ以外の全商品を取り扱うことができるキッドロボットが認めた専門店)の仲間に入れてもらうことなのだ。

a0077842_2022085.jpg
本家はミッドタウンのオフィス街にあるこぢんまりとしたビルの9階全フロアを使った明るく爽やかなインテリア。
入り口をくぐると、パーテーションの向こうからスモーキンラビットがぴょんぴょん跳び出てきたのには驚いた(ウソ)。
シャノンっていうから女性だと思っていたら、なんと男性だった海外卸売り部門のマネージャー、Shannon Rivers(下の写真)とのミーティングはたっぷり1時間に及んだ。
彼の話によるとキッドロボット商品を扱う契約小売店は全世界で1000軒以上もあり、去る7月の出荷分から独自の基準が設けられて約50店舗が上位契約ショップとして、さらにそこから約15店舗が最上位スペシャライズド・ストアに選ばれた。
留之助は日本で唯一、上位契約ショップには名を留めたものの、最上位の仲間入りは果たせなかった。
つまりユニコーナサウルスはかろうじて卸してもらえたけれど、8インチ・トキドキ・ダニーや20インチ・トーマ・ダニーはダメだったのだ。
限定商品の生産数をことさらに増やす計画はないから、それらを扱うことができる最上位専門店はこれで十分というのがキッドロボットの大方の見解。

a0077842_21313452.jpg
なんとなくそんな雰囲気を察知して、日本のキッドロボット・ファンをないがしろにしないでほしい(店主がいちばん困る)と、夏からしつこくメールで直談判した結果、なんとか10月のキッドロボットモチャのうち、本来なら最上位専門店でしか扱えないナイトメア・ダニーとキッドリッパーを卸してもらえることになったのだった。
あと、11月のマル秘なヤツも。
でもそれだけじゃ心配でしょう、今後の動向が。
で、直接シャノンに会い、プレゼンというか、ねじ伏せることにしたのだ。
榎本店長が用意してくれた留之助店舗の紹介写真アルバムや簡単な翻訳キャプションを添えたブログのプリントアウト、それから当店が紹介されているWikitravelのプリントアウトに飛騨高山の英語版観光ガイドブックなど、けっこう効き目があった。
シャノン、ちょうど来春、新婚旅行で日本へ行く予定だというから、飛騨高山で大接待するといったら、それがダメ押しになったみたいだった、セールス部門の最高責任者を説得すると約束してくれたのだ。

その2日後にキッドロボット卸売り部門から“Kidrobot Q1 2009 Toys!”というタイトルのメールが入った。
来年1月〜3月発売予定のPDFファイルの商品カタログとExcelの注文書がダウンロードできるサイトのURLが記されていた。
そしてこんな一文が、
You are receiving this email because we feel you best represent Kidrobot products!
As such you are offered Kidrobot toys that will be available only to our most select wholesale clients - releases meant to drive customers to your stores to partake in the full breadth of Kidrobot products.
Customers come to depend on you for every Kidrobot toy, we want to ensure they find them!
つまり留之助は晴れて最上位スペシャライズド・ストアになったと、これからはキッドロボットモチャが何でも揃うっていうことなんだよね。

追伸:ポール・ポープのプレイメイト・フィギュアの実物を手にとって見たけれど、素晴らしかったね、あしたのキッドロボットを感じました。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-19 23:59 | 留之助商店計画
シーモア・シープ・あんどん版。
オランダ人アーティストMetin Seven(名前の読みが分からない、誰か教えてください)といえば、コミックからアニメ、グラフィックやインテリア・デザインまでこなすヨーロッパ・ベースのマルチアーティストだけれど。
代表作はというと、やっぱり3D-CGを駆使したウェッブ・コミック『シーモア・シープ』だろうね。
自称、由緒正しきスコットランド生まれの羊“シーモア・シープ”と、知ったかぶりでちょっと生意気なモグラ“マーティ・モール”のおかしなおかしな冒険談。
皮肉を利かせた掛け合い漫才の面白さは、オマセな子どもから、いい年の大人まで幅広く支持を集めている。
今年はじめにはAdfuntureと競い合うホンコン発のオブジェモチャ・ブランドCrazy Labelがソフビ化して売れ行きも好調、だからこんなのが作られることになったのだ。
a0077842_8153890.jpg
USBケーブルにつなぐとこの上なく柔らかな光が灯るシーモア・シープ・あんどん版。

a0077842_8281391.jpg
お尻にUSBケーブル用モジュラージャックを装備する。
Macのノートブックにこんな感じでつないで使うと、お月見風な神秘的レイアウトが楽しめる。(注・Mac専用というわけではない)

a0077842_8374495.jpg
もちろんトレードマークのゴーグルがUSBケーブル共々付属する。
by tomenosuke_2006 | 2007-12-08 08:45 | イマモチャ
こういうことになってたんですか。
このまえ、トロントのクラブCIRCAにできたキッドロボット・パーティルーム記念の10インチ・ボンデージ・ラビットを紹介したよね。
そのパーティルームのオープニングナイトの模様がキッドロボットのサイトに紹介されてるんで、覗いてみてちょうだい。
釘付けになったのはこのインテリア、時計じかけのオレンジのミルクバーのスモーキンラビット版じゃございませんか。
ウォルター・カーロスのシンセサイザーが聴こえてきそうだよ。
いまならお宅にもコジック風ミルクバーが作れます、当店在庫のスモーキンラビット・スツール、あと3つほど。
a0077842_14211185.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-11 14:24 | イマモチャ
FURNISH
a0077842_23235039.jpgベルリンの出版社Die Gestalten Verlag (dgv)から4月に出る本、FURNISH(ファーニッシュ/英語版)やほかにも2種類、売りにくいのは分かってるけど、オーダー入れちゃった。
と、そのあとすぐ店長から定時報告の電話があって、アメリカからSWINDLEの9号と最新版10号、それにもう1種類、変わった本が届きましたよ。
?・・・そう、そう、そうだった。
思い出したよJeremy Fish(ジェレミー・フィッシュ)が去年出した作品集I'm With Stupid(オバカと一緒)も注文してたんだわ。
こうなると、オブジェモチャ系の本も堂々たる品揃えだねぇ、けっこうな在庫ってことだ。
ジェレミーの本と彼のオブジェモチャ、それからあとの2種類の本We Love Magazines(4月発売)とSuper Sonic:Visuals for Music(5月発売)についてはおいおい紹介するとして、まずはFURNISH、サイズは23cm×28cm、オールカラーの272ページ。
“21世紀のための家具とインテリアデザイン”というサブタイトルのこの本は、世界の家具作家や建築家やグラフィックデザイナーによる最新作を網羅している、らしい。a0077842_23335389.jpg
下にこの本の中身を4見開きほど紹介してるから、ま、見てちょうだい。
雨風しのげたらそれでいいとか、用を足せれば十分みたいな、簡素とか質実というのかな、そういう思想と対峙するのが、この家具たちだね。
もはやアート、芸術との共生、風呂上がりにこういう家具のまえをステテコ姿で横切るのはいけません、ってか。
ならリラックスできないか、緊張を強いられるかっていうと、ユーモアや遊び心を感じさせてくれるから不思議、とってもシュール。
使い勝手や機能をウンヌンするのは20世紀の家具でよろしい、21世紀は精神のおさまり具合や居心地のよさを優先するのだ、ということ、この本の写真から読みとることができる。
たとえば右下の白いプラスチックのツルンとした一人掛けの椅子だけど、なんか日除けがついた乳母車のような、母のような、子宮のような、“ただいまぁ”みたいな感じ、受けませんか?
こういう高そうな家具はとりあえず写真で十分、本で満足、店主はオモチャでとっくに代用してますから。
留之助ではじめてダニーを見たある中年男性が「なんだ、貯金箱にもならんのかぁ、くだらん」といったけれど、銀行スーベニアのソフビ貯金箱は20世紀の遺物ってとこでしょう。
で、ダニーはといえば21世紀生まれの居心地のいい異物なんだよ、分かる人には分かるよね。
本国アメリカでは発売後、数分で売り切れた フライング・フォートレスの新作ダニーですが、留之助にはまだ在庫あります、買うならいまですよぉ、なんてことここでいうつもりじゃなかったんだけどなぁ、“本”末転倒とはこのことだね。

FURNISHのハイライトはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2007-03-29 03:34 | 書店入荷新着情報