タグ:ウォリブル ( 2 ) タグの人気記事
Worribleの子ども、コリブル誕生。
あのグニュグニュのヌイグルミWorrible(ウォリブル)をお買い上げの皆さまにうかがいます。
作者のAndrew Bell(アンドリュー・ベル)いわく、「あなたの問題をみごとに解消するヌイグルミの姿をかりた処方箋」っていう言葉にウソイツワリはございませんか。
イライラしたり、落ち込んでいるときなど、これをギュギュッと5秒間以上抱きしめると、にわかに気分が明るくなるっていうのはホントですか。
だったら今度のウォリブルの子どもサイズ、直径18センチの子リブル(っていうか、正式名称は味も素っ気もないSmall Stuff Edition)の効き目はどんなもんなんでしょう。
ぜひお試しくださいませ。

ただいまご予約受付中→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Worrible/
a0077842_2128482.jpg
Artist Andrew Bell brings you the perfect plush prescription for all your troubles! Each super soft and squishy Worrible is genetically engineered to be in tune with human anxiety, fear and doubt. Grab one, give it a squeeze (5 seconds or more) and your problems will be absorbed into to the Worrible's own body and subsequently converted into a calming excretion.
by tomenosuke_2006 | 2011-11-21 21:32 | 商店入荷新着情報
これまでで、いちばん醜いヌイグルミ。
ヌイグルミは、留之助の鬼門である。
とくに店主が惚れ込んで仕入れたモノにかぎって、大半が売れ残る。
たとえばリンゼー・クーンのガイコツピロやブライアン・テイラーのコーニーなどがそれである。
で、今度のも、そーゆー種類のヌイグルミではないかと思いながらも、発注かけた。
なんたってAndrew Bell(アンドリュー・ベル)初のヌイグルミなんだもん、スルーはできない。
グーグル・アンドロイド・シリーズのキー・デザイナーとしてすっかり有名になってしまったけれど、ウチでは何年もまえから“変な生き物作家”として名高いアンドリューが、メチャクチャ醜いヤツをデザインしたのだ。
名前はWorrible(ウォリブル)、最高に柔らかくてグニュグニュで、作者いわく「あなたの問題をみごとに解消するヌイグルミの姿をかりた処方箋」なんだと。
イライラしたり、落ち込んでいるときなど、これをギュッと5秒間以上抱きしめると、にわかに気分が明るくなるらしい。
そんなふうに言われると、5月中旬の入荷が待ち遠しいと思いませんか。
a0077842_22275339.jpg
ヌイグルミの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Plush/

More: ウォリブルの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-04-26 22:44 | イマモチャ