タグ:オゾマティ ( 4 ) タグの人気記事
これは見事なお手並みだ、スケルトンなオゾマティ。
1月13日のポストで紹介したShadow Mictlan(シャドー・ミクトラン)の兄貴分、Shadow Ozomahti(シャドー・オゾマティ)が到着した。
いまさら言うまでもなくDunny Azteca II(ダニー・アステカ2)をはじめ、ここんところ何かと話題のJesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンディス)の最新作だ。
で、手にしてはじめて分かったのだけれど、グレーと思っていたベース・カラーがじつはダーク・スモークなスケルトンで、各パーツをグレーやシルバーやブラックで塗装仕上げしているではないか、おみそれしましたのオゾマティなのだった。
光りにかざすとひときわ神々しく映えるアステカ神話の守護神シャドー・オゾマティには、やっぱり黄泉の国の支配者シャドー・ミクトランを並べて飾りたい。
と思う人のために、お得なシャドー・ブラザーズ2体セットを用意しました。
a0077842_18315389.jpg
ブラザーズ・セット優先販売→http://tomesyoten.exblog.jp/14034381/

More: シャドー・ブラザーズの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-23 18:53 | 商店入荷新着情報
シャドー・ブラザーズ誕生。
ウチのShadow Mictlan(シャドー・ミクトラン)が全世界的に好評だけれど、やっぱり来たね、BIC PlasticからもOzomahtli(オゾマティ)のシャドー版が。
モノトーンにシルバーを足したカラーリングも留之助限定とそっくり、ペアで飾りたくなることしきりだ。
近日入荷決定。
a0077842_14242925.jpg
と、それからUKのRAJE Toysのドクター・ブレインノームテネブレとつづくドクター・ブレイン・ベースの変身フィギュア・シリーズの次回作をJesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンディス)が担当することになった。
その名もGaiking(仮称)。
日本アニメのガイキングと古代アステカの甲冑が合体したようなデザインが勇ましい。
この秋ごろには完成するとか、こっちも楽しみ、フレー・フレー・ジェシーである。
a0077842_14433025.jpg
シャドー・ミクトラン鋭意発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/13905962/
BIC Plasticの商店在庫を見る→http://tomesyoten.exblog.jp/i38/
by tomenosuke_2006 | 2011-01-13 14:58 | イマモチャ
オゾマティにひれ伏す。
a0077842_22365179.jpg
これでも猿なのである。
しかも畏れ多い猿なのである。
遠いむかし、失われた大帝国アステカで人々に崇められた守護神Ozomahtli(オゾマティ=猿の意)を、いまいちばん燃えているアーバン・アステカ・アーティストのJesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンディス)が翻案、現代に甦らせた。
どうだ、暑苦しいだろう、残暑なんか何のそのだ。
全高10インチ(25.5センチ)、両腕・両足が可動し、メラメラと燃えさかる炎のような王冠を取り除くと、確かにモヒカンの猿が出現した、ちゃんと尻尾もある。
これより発売、箱絵がまたよい。
a0077842_3183689.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13144828/

More: オゾマティをじっくり鑑賞。
by tomenosuke_2006 | 2010-08-27 03:13 | 商店入荷新着情報
ジェシーのオゾマティ・オリジナルが入荷決定。
Ozomahtli(オゾマティ)とは、かつてメキシコ中央部で栄華を誇った失われた大帝国アステカの、古い言葉でサルのことをいうらしい。
アーバン・アステカ・アーティストJesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンディス)は、そんなサルに座禅ポーズをとらせ、燃え盛る炎のような王冠をかぶせると、守護神オゾマティと命名して、ビッグバディ・アーティスト・シリーズのBIC Plasticsから屈指のオブジェモチャを発表したのだ。
それが今年2月のこと。
面白いのはオリジナルカラー版より先に、次々とイベントやショップ限定がリリースされたことだった。
2月に開催されたWonderCon限定GIDのGHOST版を皮切りに、6月はじめにはNYのショップMyplasticheart限定のFUEGO版、6月中旬にはkidrobot USA限定のJUNGLE版、7月になってすぐSpankyStokes.com限定のOBSIDIAN(オブシディアン=黒曜岩)版が立て続けに出て、ついに最終第5弾でありオリジナル版がSDCC 2010に登場したのだ。
やっというか、そのオリジナルカラーが留之助でもフツーに扱えることになったというわけ。
次回作のミクトランでは留之助限定カラーをデザインしてくれるジェシーである、強力に押していこうと思う当店にとって、このオゾマティ・オリジナルをお届けしないのは手落ちというもの。
両腕・両足が可動、取り外し可能な王冠、全高10インチ(25.5センチ)のソフビ製。
おかげさまでゴッソリ入荷します、楽しみにお待ちください。
a0077842_18573932.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-31 19:12 | イマモチャ