タグ:オー・ノー・サシミ ( 8 ) タグの人気記事
O-No Sashimi: Red、とっくに入荷してました。
お客さまから催促されてハタと気づきました。
変な生き物作家Andrew Bell(アンドリュー・ベル)のユーモア・ヒット作O-No Sashimi(オー・ノー・サシミ)の新色Red版を先日のLA出張から持ち帰っていたのに、セールスするのをすっかり忘れてました。
以後、気をつけます。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/16949192/
a0077842_1011889.jpg
O-No Sashimi makes its debut in the red version of the original Never Look Back II print on which it's based. Low price, fun packaging and multiple display options make this a worthy addition to the O-No Foods line!
by tomenosuke_2006 | 2011-11-24 10:01 | 商店入荷新着情報
NYCC 2011/Andrew Bellとも名刺交換。
モチャや書籍やポスターの新製品が出るたび話題にしてきたAndrew Bell(アンドリュー・ベル)さんとはすっかりお友だち気分なのだけれど、じつは一度も面識がなかった。
のでNYCC 2011のDumbrellaブースでプロモーションに立つと聞き、この機会に何がナンでも顔見知りになろうと思ったのだった。
キャシー・オリヴァスとブラント・ピータースが主催するアーティスト集団Circus Posterus(サーカス・ポスタラス)の一員になったみたいだし、うまいぐあいに『Monsters and Misfits』展を話題にすれば即わかってもらえて、いろいろと話が弾む。
消え入りそうな細い声で、繊細な物腰、O-No Sashimiが日本でもバカウケだと話すと「サンキュー」を連発してた。
で、今回のコミコン会場で発売されたオー・ノー・サシミのRed Snapper(レッド・スナッパー)版は、夏にシンガポールで開催されたSTGCCD 2011限定の赤いのとよく似ているけれど、シッポが浸かる器やタレの色などが微妙に異なる。
聞けばいずれ卸販売があるということで、記念にひとつだけ、サイン入りを購入、アンベル・ファンのみなさんはしばしお待ちを。
a0077842_16335814.jpg
a0077842_1638068.jpg
それよりも幸運だったのは、展示してあったワンオフ・カスタムを譲ってもらえたことなんである。
2009年にFilth Wagon(フィルス・ワゴン)の発売を記念してkidrobot LAで開催されたカスタム・ワゴン・ショーの出品作。
ワゴンの屋根にヌイグルミにもなったWorrible(ウォリブル)が縛り付けられている傑作で、いままで大事に保管してきた愛着の一品だとか。
いや、店主用ではなく、たびたびアンベル・モチャの画像を投稿いただいている熱烈コレクターさんのために直談判したのだった。
a0077842_1717930.jpg
Andrew Bell is set to release a brand new version of his O-No Sashimi figure in the cool looking "Red Snapper" edition. This is perfect if you love red but missed out on the super limited Singapore edition as a small number. Tomenosuke will release this edition soon.

More: アンベル作フィルス・ワゴンの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-17 17:32 | モチャ行脚
O-No Sashimi、こうやって並ぶとますますキレイだわ。
北海道にお住まいのAndrew Bellの熱烈コレクターさんから、キレイなサシミの画像が届きましたので、ご紹介。
サシミはあとホワイトとブラックのふたつのカラーウェイで完結する予定だけれど、さて、どのタイミングで出るかはまだ未定。
とりあえず今年も出かける来月開催のNYCC 2011にアンベルさんがゲスト参加するのが決まってるので、白か黒、どっちかは出るでしょう、サインでもしてもらって持ち帰る予定だ。
NYCから帰って2週間後にはLAのDesigner Con 2011へ榎本店長と行く計画で、うまくいったら最後のサシミをゲットできるかもね。
a0077842_22121466.jpg
This beautiful photo of the first three colorway of O-No Sashimi has been sent by our friend who is crazy collector of Andrew Bell's.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-17 23:59 | 投稿画像
O-No Sashimi、新着カット。
並べたり、積み上げたり、これは文句なしに遊べるオブジェモチャである。
注)14歳未満のこども相手に企画された商品ではない。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/15390991/
a0077842_20391987.jpg
Now on sale, O-No Sashimi Green Edition by Andrew Bell.
This is work of art, not a toy.
This product not intended for children under the age of 14.

More: オー・ノー・サシミの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-09-07 21:51 | 商店入荷新着情報
もーちょいお待ちを、大人のママゴト・セットのO-No Sashimi。
日本の生食文化の犠牲になってきた魚類たちに弔いのオブジェモチャを、と思ったかどうかは知らないけれど、変な生き物作家Andrew Bell(アンドリュー・ベル)がO-No Sushi(オー・ノー・スシ)に続き、今度はO-No Sashimi(オー・ノー・サシミ)を料理した。
サシミは彼のイラスト・シリーズNever Look Back(ネバー・ルック・バック=けっして振り返らないで)の見事な3Dアダプテーション、大胆輪切りの姿造りなのだ。
で、近日、留之助に大漁陸揚げされるのはグリーンのレギュラー版で、交換可能な目ん玉2セットと着脱自在のヒレがひとつがい付属する。
と、みなさんにはとくに目ん玉にご注目いただきたい。
自分の立場っていうか、空気がぜんぜん読めない頼りなげな上目遣いと、完全にあきらめきった流し目、魚にも喜怒哀楽やら波乱の人生があるのだった。
という意味で、このモチャは稀に見る大人のママゴト・セットなんである。
a0077842_262447.jpg
11インチ(28センチ)x 8インチ(20センチ)の透明フタ付きトレーに盛りつけられての出荷、予価¥3,675(税込)。
そうそう、並行輸入のご依頼をいただきましたブルーのSDCC 2011限定と、レッドのSTGCC 2011限定の各サシミがグリーンより一足先に届きそう、入荷しましたら榎本店長より早々にご連絡させていただきます。
a0077842_2245139.jpg


More: ブルーとレッドのオー・ノー・サシミ画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-08-26 02:37 | イマモチャ
SDCC 2011限定モチャ、近日到着、その1。
現地バイヤーさんがコミコン会場を駆けずり回って集めてくれたSDCC 2011限定モチャ各種、だいたいは当店モジャンさんのリクエストに応えるためだったけれど、まだほんの少しストックがあると連絡してきた。
たとえばAndrew Bell(アンドリュー・ベル)のコミコンでしか買えない2種、6個、気になる方は右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_1473930.jpg

▲ O-No Sashimi Blue by Andrew Bell

a0077842_18154828.jpg

▲ Google ANDROID Heroes and Villains


by tomenosuke_2006 | 2011-07-27 15:25 | イマモチャ
アンドリュー・ベルの『けっして振り返らないで』第3弾。
一見、穏やかな佇まいに、してやられてしまうのだけれど、実際は“超”がつくほど残酷なのがAndrew Bell(アンドリュー・ベル)のNever Look Back(けっして振り返らないで)シリーズなのである。
そのグリーン、レッドと続いた次なる新作はまな板の上の真っ青な怪魚の生き造り、もうじきご賞味いただけます。
a0077842_22191042.jpg

▲ Never Look Back 3 (blue)
けっして振り返らないで(青版)シリアルナンバー&サイン入り
216mm x 280mm


by tomenosuke_2006 | 2011-06-09 22:22 | ロウブロウアート
これは、まず、青森の君に買っていただきたい。
a0077842_18161441.jpg
青森県在住の生物専攻の学生さんで、秋に友だちとふたり、高速代を浮かすため一般道をズルズルと南下、2日間かけて留之助商店に辿り着いたAndrew Bellファンの好青年君のために、このアートプリントを仕入れます。
ほかにも希望者がいらっしゃった場合を考え、3枚ずつ注文を入れましたが、まずは青森の彼を優先させていただきますのでご了承ください。
店主がアンドリュー・ベルを紹介した過去ポストの「アタマん中、変な生き物でいっぱい」とか「変な生き物作家」というセンテンスが、生物を専攻する彼の琴線にピピッときたらしい、結果、アンドリュー・ベル・モチャとアートワークのコンプリートを目指すハメに。
就職もめでたく内定したとかで、給料取りになったら当店でアンドリュー・ベルといわず、もっともっと変なオブジェモチャを買ってくれると約束してくれたし、そういうお客さんはエコヒイキしないとね。
a0077842_18262265.jpg

▲ Never Look Back (green)
けっして振り返らないで(緑版)シリアルナンバー&サイン入り
216mm x 280mm

a0077842_18305920.jpg

▲ Never Look Back (red)
けっして振り返らないで(赤版)シリアルナンバー&サイン入り
216mm x 280mm


アンドリュー・ベルの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/
アンドリュー・ベルの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/
by tomenosuke_2006 | 2009-12-14 18:36 | ロウブロウアート