タグ:クリーミー ( 4 ) タグの人気記事
ゲイリ−・ベースマンの新色クリーミー、発売
Creamy P.P.Puppy and Creamy Ube by Gary Baseman

クリーミーの留之助未入荷分、2種類も、3DRetroから持ち帰りました。
ブルーのクリーミーはP・P・パピーといいますが、溶けて流れ出たアイスがブルーでなくてイエローなのは、きっとピーピー(おしっこ)のつもりなんでしょうね。
エクボがあったり、お腹にシミがあったり、足の裏もデザインされて、けっこう凝ってます。
一方のパープルのクリーミーはウベ(Ube)といい、フィリピン産のベニ山芋を練り込んだアイスです。
どちらもウィンドーボックス仕様の各200個限定、これより発売いたします。

お詫び)2014-01-14のブログでクリーミー・シリーズがチョコレート版をもって完結すると説明しましたが、作者ゲイリ−・ベースマンの希望でシリーズ第2弾が始まりました。その一番手がP・P・パピーになります。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/vlIxVl
a0077842_188286.jpg

by tomenosuke_2006 | 2016-10-25 05:49 | 商店入荷新着情報
Creamyをコンプする最初で最後のチャンス
お漏らししているわけじゃない、暑さのあまりコーンの底からアイスクリームが溶け出して、このままではグチョグチョになってしまう風前の灯のCeamy(クリーミー)なのである。
とっとと食べちゃうか、しばし冷凍庫にでも待避させようか。
a0077842_12273130.jpg
ロウブロウアート界のゴッドファーザー Gary Baseman(ゲイリー・ベースマン)の情けなく愛おしいアイコニック・キャラクターを、LAのオンラインショップ兼メーカーの3DRetroがものの見事にオブジェモチャ化、去年8月にその小売店向けレギュラー・カラー版200個限定のうちの当店配給分12個が即完売したのを覚えていらっしゃる方も少なくないと思う。
じつはそれよりもまえ、Toby Edition(トビー版)が去年の4月25日から8月18日までLAのSkirball Museumで開催されたゲイリーの大作品展『The Door is Always Open』のために200個作られ、うちおよそ100個が関係者やVIPに配られ、残りが会場のギフトショップで販売されて、オープン初日には姿を消していた。
さらにその後もNYCC 2013でChocolate Dipped Creamy(チョコ浸けクリーミー=200個)や、ベースマンのオンラインショップでMint Chocolate Chip Creamy(ミントチョコチップ・クリーミー=200個)といった限定版が現れるも、これまたあっという間にコレクターに拉致されてしまった。
で、レギュラー・カラーに次ぐ近日リリース予定の小売店向けChocolate Creamy(チョコレート・クリーミー)でシリーズはめでたく完結するのだ。
a0077842_116079.jpg
前置きが長くなってしまったけれど、ようするに去年11月、DCon 2013のついでに3DRetroの新社屋を訪ねた際、レギュラー・カラー以降のクリーミーすべてを、それぞれ数に限りと販売時期の制限はあったけれど、特別に卸してもらい、やっとまとめて発売できる日がきたのだ。
もちろんいまではeBayで馬鹿値で売買されているトビー版(プロダクション・プルーフの3個)も含まれるし、ミントチョコチップ(プロダクション・プルーフの6個)の販売に関してはゲイリーの許諾済み。
なので、数の少ないトビー版に限り、チョコ浸け、ミントチョコチップ、チョコレートを合わせた4点セットで、他の3種は単体で売り出したいと思う。
レギュラー・カラー版購入者にとってはクリーミーをコンプできる最初で最後のチャンスだ、そうでない人も絶対お見逃しなく。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Creamy/
a0077842_12483028.jpg
It is the first and last chance of making complete collections of the Gary Baseman's Creamy series.

Gary Basemanの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Gary%20Baseman/
Gary Basemanの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Gary%20Baseman/
by tomenosuke_2006 | 2014-01-14 13:10 | 商店入荷新着情報
こちらはGary Basemanのアイコン・キャラ、発売
いじってやってください。
Gary Baseman(ゲイリー・ベースマン)x 3DRetroの情けないくらい愛らしい傑作フィギュア、Creamy(クリーミー)、限定200個。
高さ5インチ(12.5センチ)という控えめなサイズが、これまたキャラクターの性格をよ〜く表していると思う。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/20949637/
a0077842_14431343.jpg
Gary Baseman has teamed up with 3DRetro to bring his iconic character Creamy in a beautiful 5inch vinyl. Enjoy his all of his adorable, drippy goodness!

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-08-19 04:55 | 商店入荷新着情報
ワン・パウンド・モチャの予約を受け付けます。
去年のいまごろ120ドルで100個だけ発売されたジョー・レッドベターのメタル・フィギュアBummerの狂騒を覚えてらっしゃいますか。
ビニールやプラではないという素材の目新しさも手伝って、一瞬で売り切れたかと思うと即座に2倍の値段でeBayに出品され、落札価格は14倍強、目を疑いましたよ。
製造発売元はLAのFULLY VISUALというできたての会社で、その後もアマンダ・ヴィゼル、ホアック・ジー、コジック、バフモンスター、ルーク・チューたちの小さくて重いモチャをリリースしてきた。
たぶん発売順でいうと5番目あたりだと思う、コジックのあとのGary Baseman作品、Creamy(下の画像)が完売したころから過熱気味だったブームも落ち着きをみせて、ある程度、欲しい人に行き渡るようになった。
a0077842_17373952.jpg
このシリーズの面白いところはモチャが缶詰めされている点。
留之助でもジョーレッドのバマーとゲイリーのクリーミィ、どちらも未開封を在庫しているけれど、どなたか気前のいい人にお買い上げいただき、目の前でガリガリ切り開いていてもらえたら10%OFFにしますが、いかがですか。
なんてことより本題です、ゲーリーのメタル・フィギュア第2弾、予約受付のお話。
いまもLAのCorey Helford Galleryで展示中の絵(6500ドルで原画を購入することもできる)Clown Cone(下の画像)を元にFULLY VISUALがプロデュースした立体作品100個限定の予約を募ります。
a0077842_17524812.jpg
これより30時間、3月4日23時59分が締め切り。
このクラウン・コーンはメーカーが小売店に卸す最初の作品で3週間前の2月11日に発売開始された。
ので、どれだけ当店が取り寄せられるかは未定、予約は早めがいいかも。
大きさはシリーズ中いちばんノッポの6インチ(15センチ)、目方もワン・パウンド(454グラム)と最重量級だ。
しかも仕上げがいままでにない多色のシルバー、ゴールド、カッパー、ニッケルをいぶしたような取り合わせで、不思議と金属のヒンヤリ感はおろかアイスクリームの冷たささえ感じさせない、ところはゲーリーの絵的でもある。
これが缶詰めになっているかは未確認、できれば簡単に取り出せて、難なくもとに戻せれるようなパッケージを希望。
a0077842_1851228.gif

by tomenosuke_2006 | 2009-03-03 18:00 | イマモチャ