タグ:ゴーストバスターズ ( 5 ) タグの人気記事
赤ちゃんマシュマロマン、予約開始
PRE-ORDER: Baby Puft by Alex Solis

眉間のシワがすごい。
よだれがリアル。
シカゴ在のアーティスト、アレックス・ソリスのBaby Terrors(ベイビー・テラーズ=恐怖の赤ちゃん)と名付けられたイラスト・シリーズから、1984年のホラー・コメディー『ゴーストバスターズ』の巨大ゴースト、ステイパフト・マシュマロマンの乳児期を描いた、その名もベイビー・パフトが、Mighty Jaxxでソフトビニール・フィギュア化される。
予約開始は、メーカーと足並み揃えて日本時間の3月11日深夜24時。
お届けは4月〜6月の予定。
メーカーによると、これからアレックスの各種ベイビー・テラーズをフィギュア化していくらしい。
フェイスハガーやチェストバスターではなくて、あの黒いエイリアンがまんま赤ん坊になったベイビー・ゼノモーフや、生まれながらに禿げ上がったベイビー・ビートルジュースなんかもいたりして、楽しみである。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/aHFpQC
a0077842_17341589.jpg
a0077842_20251350.jpg
Made in soft vinyl (the first time in this particular medium), Baby Puft is also the first of many characters from the Baby Terrors series to come!

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-03-12 00:08 | 商店入荷新着情報
出し惜しみしていた大作2点、発売
2013-01-02のポストをご覧になったアート・ファンのみなさんから、何かとお問い合わせいただきながら留之助書店に並べないでいたストリート・アーティストにしてコラージュの王様Bobby Hill(ボビー・ヒル)のマシュマロマン(=ステイ・パフ)をそろそろ発売する。
作者自ら手刷りしたハイコントラストのスクリーン・プリントをベースに、アクリル絵の具による手描きやその他の技法を駆使して仕上げたミックスド・メディア作品、NYの喧噪と混乱を封じ込めたようなエネルギッシュかつ楽しさ溢れる大作だ。
一応、6種類のカラー・バリアントで各10点ずつ描かれたのだけれど、限定60作品はすべて異なる表情を有し、当店に入荷したブルー・バリアントとブルー&イエロー・バリアントの2作品(本ポストで掲載の画像)も例にもれず、サンプルと大きく異なる、のがまたよい。
キャンバスのようにどっしりとした厚手のフレンチ・ペパーの表と裏にボビー・ヒルの大胆なサインが入り、加えてギャラリー1xRUN(ワン・タイム・ラン)の保証書が付く。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Bobby%20Hill/
a0077842_22491127.jpg
Bobby Hill's Stay Puft. 19 x 25 Inches Mixed Media Silkscreened on 140 lbs French Paper. We carry two different color variant of the most frightening monster in NYC. The left is one of edition size ten "Blue & Yellow Variant" and the right is also one of edition size ten "Blue Variant".

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-03-17 23:04 | 書店入荷新着情報
Bobby Hillのマシュマロマン・スクリーンプリント
NYを根城に活躍するストリート・アーティストにしてコラージュの王様Bobby Hill(ボビー・ヒル/TVアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』の登場人物と同姓同名だがまったくの無関係)の最新スクリーンプリントが入荷する。



1984年のSFコメディ『ゴーストバスターズ』に登場した数々のモンスターの中でも、最高に意表を突いてくれたマシュマロマン(=ステイ・パフ)がビルの谷間をのし歩く名シーンをアダプトした作品。
氾濫する色彩や躍動的な筆のタッチがモンスターに追われて逃げまどうNYの喧噪と混乱を見事に描いて素晴らしい。
作品は6種類のベースカラーによる各10部ずつの限定だが、いずれもボビー自らの手仕上げのため、同じものはふたつとしてない。
到着が楽しみだ。
a0077842_18282.jpg


Stay Puft by Bobby Hill
480mm x 635mm

New York City artist Bobby Hill brings wholly unique edition of his hand-painted screenprints. Bobby focuses on New York City, but the attention is drawn to the impending destruction from the massive marshmallow man.
by tomenosuke_2006 | 2013-01-02 01:15 | ロウブロウアート
Christopher Leeの、あのSWポスターなど
最後にイラストレーターChristopher Lee(クリストファー・リー)を話題にしたのは彼のキャラクター、メローの真っ白な3DRetro限定版マーシュ・メローの入荷をお知らせした2007年7月のポストだった。
以来、オブジェモチャ・ビジネスからは遠ざかり、絵の世界で活躍する彼とはなかなか接点が見いだせずに5年の歳月が過ぎてしまったのである。
a0077842_17582197.jpg


A New Hope
405mm x 510mm each


が、今年3月、スター・ウォーズ(エピソード4〜6)を題材にしたポスター3部作を発表したものだから、興味がいっきに再燃したのだ。
店主が愛して止まない最初に作られた真のスター・ウォーズの、それぞれのタイトル・ロゴのまわりに懐かしのキャラとメカをふんだんに配した楽しくも愛情溢れる傑作。
ワコムの液晶ペンタブレットCintiqとPhotoshopを駆使して描き上げたという個人的な作品だ。
で、さっそく彼のオンライン・ストアへ直行するも時すでに遅し、ポスターは完売。
縁がなかったものとあきらめていたら、なんとクリス君、DCon 2012にブースを出して最後の数部を、これまた店主好みのゴースト・バスターズの新作ポスターといっしょに売っていたのだ。
もちろんサインを入れてもらって、留之助書店で発売予定。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Christopher%20Lee/
Christopher Leeの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Christopher%20Lee/
a0077842_18234157.jpg
I'm a huge fan of the first real Star Wars Trilogy (Episode 1 - 3) - the familiar characters and machines scattered abundantly around the title and logo - it's a joyful and passionate tour de force. It's a private work created using Wacom's Cintiq LCD pen tablet and Photoshop. It's been long sold out at the artist Christopher Lee's online store, so I gave up getting my hands on it. Luckily I found it at Chris's booth at the DCon 2012. I got it signed and took it home with me.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-11-16 20:30 | 書店入荷新着情報
いいねぇ。
スケット・ワンはやっぱりいいねぇと心の底から思わせてくれるシアワセ・フィギュアの登場だ。
その名はRIPPLE、覚えてやってちょうだい。
a0077842_23303695.jpg
このリップル君を見て、まず連想するのは1984年のSFXコメディ『ゴーストバスターズ』の、あのマシュマロマン。
マンハッタンに突如現れた、ちっとも怖くない巨大モンスターである。
SFXスタジオのボスフィルムで何度か撮影を見学したり、ある時は人手が足りないからっていうんで表情を操作するケーブルの1本を持たされたりして、思い出とくに深い。
いまでは日本スペシャル・メイクアップ界の第一人者といわれている江川悦子女史も、店主の隣りでケーブルを引っ張っていたっけなァ。
なわけだから1984年にツクダから発売されたソフビのマシュマロマン(いちばん出来がいい)には感じるところ大で、いまも留之助商店のビンテージコーナーを賑わしている。
多い時には10数個在庫があったけれど、マシュマロマンを知ってる人におよそ半分、単にかわいいとこが気に入ったっていう人に約半分引き取られて、いまはこの3人が残るのみ(美品、高価買い取り中)。
a0077842_021275.jpg
リップル君を見てマシュマロマンを連想したように、マシュマロマンにはじめて会ったときはミシュランタイヤのマスコット、ビベンダム君が脳裏をよぎったね。
白いトグロウンチのような(こりゃ失礼)、鏡餅のような(縁起がいい)、実際は大小さまざまなサイズのタイヤを積み上げて人型にしたという、あのキャラである。
動きにくそうな体型なのにいつもアクティブなポーズで、底抜けに明るい表情を振りまいている。
ちなみにレッドガイドブックの所以は、なんて話はしないよ。
そんなことより今年はビベンダム君生誕110周年なんだ、お目出度いんだから。
a0077842_050181.jpg
110年のあいだに何がどうなったかというと、まず靴を脱ぎ、からだの段々が徐々に消え、手の指が5本から4本へ、終いには鍋つかみ風になって、つまりデフォルメが着々と進んだと。
けどホワホワの柔らかな感じ、ニッコリな口元、パッと明るい瞳など、シアワセ・フィギュアの3原則に変わりはないのだ。
最小限の曲線で描かれたリップル君、そのホワイト・バージョン(500個限定)のニックネームがマシュマロっていうのも何かの縁か。
ほかにフロック加工のブラック・バージョン(300個限定)もあり、こちらは通称リコリス(甘草風味のキャンディ)。
ともに背丈は8インチで、着脱可能な5種類の福笑い風の目が付属する。
a0077842_3355475.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-13 23:59 | イマモチャ